» 投資初心者向けのおすすめの勉強方法と少額で始められる投資方法のメインビジュアル  » 投資初心者向けのおすすめの勉強方法と少額で始められる投資方法のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.8.8

投資初心者向けのおすすめの勉強方法と少額で始められる投資方法

 

投資を始めようと思うけど、そもそも投資のことがわからない。どこでどのように始めたらいいのか、一体手元にいくらあれば始められるのか。不安に思っている方のために、まずは何から勉強して何から始めていいのかを解説します。

 

投資初心者はここからチェック!

 

 
投資は全くの初めてという方は、まずはここからチェックしましょう。
 

投資とは

そもそも投資とは何でしょうか。貯金や預金の貯蓄とはどう違うのでしょうか。投資はいま手元にあるお金に働いてもらって増やすことに、貯蓄は自身が働いてお金を貯めることに重点をおいています。
 
企業がお金を調達するために発行する株式や借金するために発行する債券に投資をし、長期間保有をすることにより株式の価格(株価)が上がることにより将来的に保有している資産の額を増やすことを目的とすることです。株式や債権は金額が上がったり下がったりするので将来の運用の成果は予測することができないです。
 

投資の種類

投資は、先に書きましたとおり株式、債券などで運用します。不動産も投資商品の一つです。短い期間の投資で大きな利益を狙う人もいますが、基本は長い期間投資をし、かつ一つの種類の投資商品にだけ投資するのではなく、株式や債券、不動産などに分散して投資することが基本です。
 

投資のメリット

投資するメリットにはさまざまあります。例えば株式に投資する場合は、株式の価格が値上がりすることによって、株式を売った時に買った時の価格との差額が利益(キャピタルゲインといいます)となります。
 
 
また、会社の業績に合わせて、決算時期等に会社が自社の株式を保有している投資家に支払う配当金を受け取ることができます(インカムゲイン)。企業によっては自社の商品やサービスの割引券や商品券などを株主に優待として与えて株主になってもらえるような努力をしている会社もあります。
 

投資のリスク

投資をするのにはリスクがあります。大きく二つあります。信用リスクと価格変動リスクというものです。信用リスクとは、株式を購入した会社がつぶれてしまう可能性があることです。価格変動リスクは、値上がりすることを期待して購入した株式が、値下がりする可能性があることです。
 
 
これらのリスクに対応するには、投資する時間を分散すること(時間分散)、購入する株式を分散すること(銘柄分散)、購入した株式を長期間保有し続けること(長期投資)の3つの方法があります。時間分散は、投資を一度に行うのではなく、投資する時期を何度かに分けて時間分散することにより、投資するタイミングを外すなどのリスクを回避できます。
 
 
そうすることによって、株式の価格が高いときにだけ投資をしてしまうことを避けることができます。銘柄分散は、一つの企業の株式にだけ集中して投資してしまうと、例えばその企業が倒産してしまった時などは、投資した金額がゼロになってしまう可能性もあります。株式はさまざまな業種があるので、異なる業種の株式は価格が正反対の動きをすることがあります。
 
 
こうした正反対の動きをする株式を組み合わせて投資することによって、片方の株式の価格が下がっても、片方の株式の価格が上がるのでリスクを減らすことができます。株式は、価格が大きく変わるリスクがありますが、長期間の投資をすることにより、短い期間の投資に比べて、価格が変動する幅をならすことができます。
 
 
短い期間で株式が売買されている市場をみると、世界経済全体に影響を与えるような出来事などがあると大きく株価が短期間に上がったり下がったり動くことがあります。このような一時的に大きな出来事があっても、過去の統計によれば、長い期間で株式を見ると緩やかに上昇する傾向がありますので、長期投資をすることによって価格変動リスクを減らすことができます。
 
 
出典:日本証券業協会 NISAデビューの前に投資ってなに?3つのキホン
http://www.jsda.or.jp/nisa/investment/basic/index.html#anchor_04
 
 

投資初心者におすすめの勉強方法

 

 
 
投資は奥が深いです。もっと知識を深めて、もっと先人たちから知恵を学び、さらに投資をしている仲間を見つけ情報交換するために、投資関連の本やセミナーや勉強会を探しましょう。
 

投資関連の本で知識や用語を勉強する

どこの本屋さんに行っても投資関連の本は何種類も置かれています。初心者向けから上級者向けまで用意されています。オマハの賢人と呼ばれ、世界の保有資産ランキングでも毎回上位に入るウォーレンバフェット氏が書いた「バフェットの銘柄選択術」などは、どのように株式のを選ぶべきか非常に参考になります。
 
 
他にも投資を始めたばかりではわかりづらい証券用語についてわかりやすく書いた解説書はたくさんありますので、本屋で手にとって自分にとっつきやすいか感触をつかんでみるといいと思います。
 

証券会社のサイトで基本知識を勉強する

野村證券のホームページには株式や債券などをまとめて証券と呼びますが、その証券の難しい言葉を解説した証券用語解説集がありますし、大和証券ではインターネットライブセミナーを行っています。日興証券では、「はじめての株式投資」という解説ページを用意しています。
 
 
各社投資に興味を持ってもらい理解してもらうことで顧客が増えますので、解説を充実させ無料で勉強できます。紹介した以外にもかなり充実した解説ページを各社用意していますので色々と探ってみてください。
 
 
出典:野村證券 証券用語解説集
http://www.nomura.co.jp/terms/
 
出典:大和証券 インターネットライブセミナー
http://www.daiwa.jp/seminar/live/
 
出典:日興証券 はじめての株式投資
https://www.smbcnikko.co.jp/first/stock/index.html
 

成功している投資家のブログを購読する

自分が投資で成功するにはやはり成功している人の真似をすることが一番の近道です。特に株式は毎日のように激しく値動きをし知識と経験がなければ怖くて手出しすることが難しく感じるでしょう。
 
 
成功している人がどのように考え、どのようにコントロールして投資しているか、ブログがたくさんあるので大いに参考にしてみてください。参考までに個人投資家ブログのランキングを以下にリンクを貼りましたので参考にしてみてください。
 
 
出典:資金調達プロ 個人投資家ブログ30選!ランキングベスト10は誰?
https://shikin-pro.com/guide/4341
 

成功している投資家から情報を得る

ブログ以外にも成功している投資家から積極的に情報を得てみるといいと思います。成功している投資家は本を執筆し、講演をし、メルマガを書き、もちろんブログもtwitterもやっている方は多いので参考になる情報はたくさんあります。積極的に情報を得ましょう。できれば、リアルで会ってみるとより貴重な話が聞けるかもしれません。
 

投資セミナーや勉強会に参加する

セミナーや勉強会に参加をして、成功している人の話を聞くのも参考になるはずです。本とは違って生で話を聞くと講演者もなかなか外に向かって話していないことも話してくれて、貴重な意見を聞くことができる時があります。また、セミナーや勉強会では横のつながりも作ることができます。勉強をするだけでなく、同じ思いを持った仲間を作ることでより投資が楽しくなることでしょう。

 

投資初心者におすすめの投資先の選び方

 

投資が初めての人にとって、多くの投資先があることはわかっても、何に投資したら自分の大切な資産が増える確率が高いか、選ぶのに困ると思います。何よりも大事な資産を減らしてしまうリスクを少なくすることが大切ですので、その考え方を見ていきましょう。

 

少額資金で投資が始められる

せっかく苦労して貯めてきたお金を自分の身内でもない会社に投資するということは、かなり度胸がいることです。1万円ならばすぐに出せる金額かもしれませんが、いきなり100万円の投資となると躊躇する人も多いことでしょう。初めて投資をするならば、やはり少額で投資することをおすすめします。

 

株式など特に値動きが激しくリスクが高ければなおさらです。少しずつ投資をすることができれば投資のコツを掴みつつ、価格の動きを研究しながら利益を得る方法を学べます。一気に大事な資産を無くさないようにまずは少額で投資すると良いでしょう。

 

ハイリスク・ハイリターンを避ける

高いリスクのある商品は、高い利益(リターン)を得ると言われています。これは初めての投資では避けるべきです。最近は、仮想通貨への投資が流行っています。何倍どころか何百倍にも資産が増えることが夢ではないように喧伝されています。しかし、非常に価格変動が激しい商品で、逆に1日で大きく資産を減らす可能性も高いです。

 

投資金額の何倍も借り入れをすることにより投資をすることができ(レバレッジをかける)ます。為替取引をレバレッジをかけてできるFXもそうですが、価格変動が高い商品は初心者の方は避けるようにしましょう。どのように価格が動いているかを把握できないと資産を一気に減らしてしまう可能性が高いです。せっかく貯めた資産ですからあくまでもリスクを減らした投資が大切です。

 

中長期で資産運用しやすい

一時的に価格が大きく下がる暴落があっても、特に毎年安定して利益をあげている企業の株式は長い期間保有しているとプラスに転じやすい傾向にあります。長期間保有することで資産価格が下がるリスクを減らしやすいです。価格変動が激しく先が読みにくい商品よりも、価格が安定していて、利益を得やすい方が良いでしょう。

 

安定して利益をあげている大企業の株式や人口が多く入居者が多い都心の不動産は中長期的に利益を得やすい傾向があります。価格が動きにくい商品や一時的な値下がりをしても将来値上がりして価格が戻り、収益をあげる期待が高いものを選ぶことが安心につながります。

 

少額で始められる投資初心者におすすめの投資方法

 

 

では、投資初心者にはどのような投資方法が適しているのか具体的に見ていきましょう。

 

投資信託

投資信託は、株式に債券などは多くの会社や国に投資するものですが、複数に投資することができてそれをパッケージにした金融商品です。一つの商品で複数の株式あるいは債券などに投資できその一つの投資信託への投資だけで分散投資ができます。

 

東京証券取引所という日本の株式を売買できる証券取引所の代表的な225銘柄の株価を使って算出した日経平均株価に連動させることを目的としたインデックス投資信託と呼ばれるものやその日経平均株価などの価格を上回ることを目的としたアクティブ投信と呼ばれるものなどがあり、投資の目的に応じて商品を選ぶことができます。種類別に投資信託を選ぶことで、分散投資をできるので、リスクの分散をするには非常に使いやすい商品です。

 

株式ミニ投資

株式を買い付ける最低の単位を単元株というのですが、株式ミニ投資は単元株が100株の株を10株でも購入することができる制度です。少額からの投資を可能にし、通常の10分の1の価格で一つの株式に投資できるのであれば、通常なら1つの株を買うのに必要なお金で複数銘柄買う(保有する)ことができることになるので、分散投資になります。リスクを分散でき、複数の種類の株に少ない金額で投資できるので投資初心者の方で株に興味がある人には買いやすいのでおすすめです。

 

株式累積投資(るいとう)

株式累積投資は、株式を毎月一定額積み立てていく投資法です。毎月積み立てることで、一度に大きな金額を必要とせずに投資ができますし、株価が高いときも低いときも同じ金額を投資しますので、時間のリスクを分散できます。

 

暴落した時には多くの株を買い付けできますし、高い時に買っても、いずれ株が安くなった時は多くの株を買い付けできるので、合計の株の買い付け額は平均化されますので安心です。これをドルコスト平均法と言います。

 

単元未満株取引

単元未満株取引は、株式ミニ投資と近いものがあります。100株の単元株(最低取引株数)とされていても100株未満で取引することです。少額での取引ができますので一度に多くの金額を一つの銘柄にだけ投資する必要がないので、リスクを分散することができます。

 

不動産投資信託(REIT)

REITは不動産を投資対象とする投資信託です。不動産投資は一つの物件に何千万円もの投資をしますが、REITは投資家から集めたお金と投資法人と呼ばれる不動産を保有するためだけの会社が借金をしたお金と投資家から集めたお金で複数の物件に投資し、その家賃収入で得た利益の中から投資家に配当を渡します。比較的購入金額に対して配当金が高く、複数物件へ投資するので、個人で一軒の物件を何千万円もかけて投資するよりリスクを分散することできます。

 

NISA

NISAとは、2014年1月にスタートした個人投資家のための税金を優遇する制度です。NISAでは毎年120万円までの株式投資による利益には税金がかからない非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・売却利益等が非課税対象となります。

 

出典:NISAとは? 金融庁 https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview/index.html

 

NISAには他につみたてNISAという制度もあります。つみたてNISAは2018年1月からスタートした少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。新規投資額の枠は年間最大40万円を上限として最大20年間計800万円を投資枠とできます。その間に得た配当から得た利益や売却益は非課税となるサービスです。少額から始められて節税もできる点が初心者にはおすすめできます。

 

出典:つみたてNISAとは 金融庁https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview/index.html

 

iDeCo

iDeCoは老後資金を貯めるために利用する制度です。投資信託の積み立てや定期預金などを自分で運用法を選んで毎月一定額を老後まで積み立てていくものです。魅力なのは、積み立てた金額全額が課税される基準となる課税所得から引かれるので節税をできるため、税制上のメリットがあります。かつ、毎月投資信託などを積み立てるので積み立て投資と同じ効果を得ることができるのが魅力の制度です。

 

投資初心者に不動産投資はおすすめ?

 

 

不動産投資は比較的安定して収益を得られる投資と言われますが、初心者の方には向いているでしょうか。一つの物件に数千万円も投資する方法です。多くの人が借金を抱えることにもなりますので、いきなり投資するというには抵抗もあると思います。金銭的に余裕があるという人はチャレンジするのもいいと思います。あくまでも投資は自己責任ですので、メリットとデメリットを知り自分に向いているか見極めましょう。

 

不動産投資のメリット

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの代表的投資方法と言えます。株式をほどリスクが高く無いけれども、比較的高いリターンを得ると言えばイメージが湧くでしょうか。一戸建てやアパート、区分マンションなどの証券では無い現物として存在する不動産を購入し、人に貸し出すことによって家賃収入を得る運用方法です。

 

あるいは土地の値段が上がったり、修繕をして古い家屋を現代の人にも魅力的な家屋に改造するリノベーションをすることで家の価値を上げることによって、高く売却してキャピタルゲインを狙うこともできます。しっかりと人が借りたがる物件を狙えば、賃借人を探すことに困ることは少なく安定した家賃を得ることができ、比較的高い利回りを狙えます。

 

不動産投資のデメリット

災害にあったりなかなか入居者が入らなくて赤字になるケースもありますので、しっかりと人が借りたがる物件を手に入れることが重要です。不動産は高価な物ですので借り入れして購入する場合も多々あります。その場合は、家賃が思うように入らず借金をし過ぎてしまうと、破産に追い込まれかねませんので多額の借入には注意しましょう。

 

まとめ

 

投資にはさまざまな方法があります。利益を急ぐあまり、初めての方は無理な投資をしてしまいがちですが、肝心なのはリスクを抑えることというのはご理解いただけたでしょうか。

 

リスクを抑えるためにできるだけ、投資する商品を分散して、時間を分散して、長い目で見て投資を続ければ、利益を得る確率が高まってくることを実感できてくるのではないでしょうか。その上で投資を楽しめるようになっていただけたら幸いです。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る