» はじめての投資、押さえておきたい基本!のメインビジュアル  » はじめての投資、押さえておきたい基本!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.11.9

はじめての投資、押さえておきたい基本!

 

皆さんのなかには投資を行って、より良い生活を送りたいと考えている方がいらっしゃると思います。

 

しかし、投資のイメージとして、大きく損をするのではないかという不安を持つ方も多いでしょう。そこで今回は、投資初心者向けて投資を行う上でこれだけは押さえておきたい基本を分かりやすく解説していきます。

 

投資の基本知識

 

 

まず始めに、投資にまつわる基本的な知識を整理していきましょう。

 

投資とは?

そもそも投資とはどのようなものかご存知でしょうか。投資とは投資信託やFX、株式、仮想通貨といった様々な金融商品を売買し、その売買差益や配当などの利益を得ることになります。

 

投資はタンス預金や貯蓄と違い、資産を大きく拡大させていくことができる可能性を秘めています。加えて、投資による資産形成は、汗水垂らす肉体労働とも異なり、お金そのものが資産を増やしてくれる不労所得となります。

 

投資は自己責任が原則

そして、投資は自己責任というのが大前提です。つまり、他人がブログやツイッターなどのSNSで、投資によって大きな利益を上げている手法を真似したものの、上手く儲けられず資産が目減りしてしまったとしても、それはあくまで自己責任というのが原則です。

 

投資にリスクとリターンはつきもの

また、投資にはリスクとリターンが必ずついてきます。大きく資産を増やしていこうと思えば、リスクを積極的にとって高いリターンを狙える金融商品に投資しなければなりませんし、一方で、手堅く資産運用を考えている場合には、ローリスク・ローリターンの投資商品を選択する必要があると言えるでしょう。

 

まず資産運用といって思い浮かぶのは、銀行の普通預金だと思われますが、普通預金をしているだけではお金はほとんど増えないのが現状です。投資は決して無理をしてはいけませんが、投資によってどのくらいの利益を上げたいのか、もしくはどのくらいのリスクは許容できるかを踏まえて、ご自身が許容できるリスク・リターンに見合った金融商品を選択していきましょう。

 

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

 

投資に関する勘違い

 

 

ここからは、投資にまつわるちょっとした勘違いの例をご紹介していきます。

 

大きな資金は必要ない

まず1つ目は、投資といっても必ずしも何百万、何千万といった大金が必要であるわけではありません。特に投資初心者の人にとっては、数百円もしくは数千円から始められる投資商品もありますので、まずは少額から投資を始めて経験を十分に積むことが大切になってくるでしょう。

 

投資はギャンブルではない

2つ目は、投資は決して丁半張ったの博打やギャンブルではない、ということです。投資には元本確保型の金融商品もありますが、株式や投資信託といったリスクをとった投資商品であっても、長年投資で成功している人たちもいます。

 

長い年月を積み重ねて得た経験則や様々な分析手法を駆使して、投資を成功させる確立を高める工程を踏んでいるのです。そこは、決して一か八かのギャンブルの世界とは異なるものであることを覚えておきましょう。

 

専門知識がある人だけがするものではない

3つ目は、投資は金融の専門知識を持った選ばれた人たちだけがするものではありません。インターネットが普及した現代では、金融業を専門としていない多くの個人の投資家も、ネットや金融情報誌などで価値ある情報を収集して、実際に投資を行っています。

 

つまり、これから投資を始める方は、金融のプロフェッショナルである機関投資家や、投資の世界で成功をおさめている個人投資家が、どのような情報をチェックしているか確認することが非常に大事なことといえるでしょう。

 

どのような企業に投資すべきか?

 

それでは、実際に投資をする際に、どのような企業に投資をすべきなのでしょうか。ここからは、投資判断を下すうえでのヒントとなる事項を説明していきます。

 

海外で活躍する企業に投資する

まず1点目が、海外で活躍する企業に投資することです。グローバル化が進む現代において、小売りや外食、アパレル、アミューズメントなど世界を股にかけて活躍する企業に投資をすることで、拡大する市場の需要を取り込む形で、それらの企業も大きく成長し、実りある投資となる可能性があります。

 

成長が期待できる企業に投資する

次に2点目は、成長が期待できる企業に投資することです。最近では、様々な分野で自動化、AI技術を活用したビジネスが生まれています。特に日本においては、長い目で見て少子高齢化社会が今後ますます進み、産業の活力となる若い世代が減少することが見込まれています。そのような中、これらの分野で高い技術力をもった企業は、今後も成長が期待できるため、投資を行う選択ができると考えます。

 

経営が安定している企業に投資する

そして3点目は、経営が安定している企業に投資をすることです。経営が安定しているとは、例えば、それぞれの企業が定期的に公表する決算短信やアニュアルレポートなどを見て、安定的に業績が拡大している企業に投資することが挙げられます。

 

一方で、1年間は大きく利益を伸ばすことができても、その後2年、3年と大幅な損失を出してしまうことは往々にしてあります。堅実な経営が行われているかチェックすることも、投資を成功に導く手法の1つといえるかもしれません。

 

おすすめの投資方法

 

 

そしてここからは、少しでも利益を大きく残すためのおすすめ投資方法をご紹介します。

 

安い時に買う

まずは、安い時に買うことをおすすめします。基本的に、投資の世界では安値で買って、十分価格が上がったところで売ることにより、その売買差額が利益になります。例えば、企業の株価が大きく下落したあと、その理由が一時的なもので、今後、業績の拡大が見込まれるのであれば、リスクをとって株価が安い時に買うことで、将来大きく株価が戻れば、利益を得られる可能性が高まると考えまれます。

 

長期保有する

次に、長期保有することが挙げられます。これは、投資した企業が将来大きく成長を遂げる可能性を持てるのであれば、短期的な株価の値動きに翻弄されず、じっくり腰を据えて時間をかけて株を保有した方が良いでしょう。

 

結果的に後から株価がついてくる形で、利益を大きく伸ばす可能性があります。例えば、成長のための投資がかさみ、1度、四半期決算が市場予想を下回ったことで株価が売られたとしても、そこは慌てずに、将来を見据えた前向きな投資を行っている期間であると捉え、長期投資を行うことで、将来その投資が実る可能性を期待できると思われます。

 

時には損切りをする

一方で、時には思い切りよく損切りをすることも必要です。例えば、リーマンショックやITバブル崩壊など、相場が大きく急落する局面においては、むやみに保有はせず、たとえ少し損が出ていたとしても一度売ってしまうことも戦略の一つといえます。

 

リーマンショックの時のように、基本的には、誰もどこまで相場が落ちていくか的確には分かりませんので、相場の急変時には一度ポジションを持たず相場環境を確認することが大切なことになってくるでしょう。

 

分散投資する

また、分散投資をすることも有効な投資戦略と考えられます。例えば、日本一国に投資するのではなく、成長の果実を享受できるよう世界中の成長国に分散投資したり、株式だけでなく債券や不動産投資信託などにも分散して投資を行うことで、リスクを抑えた資産運用になると考えられます。

 

複利運用する

複利運用することも資産を大きく増やしていくには大切なことです。福利運用とは、投資によって得られる利子や配当金をそのまま投資に充てることで、元本が大きくなり、資産が増えていくスピードが高まることを指します。そして、投資する期間が長ければ長いほど福利の効果も大きくなります。

 

毎月一定額を買う(ドルコスト平均法)

そしてドルコスト平均法を用いた投資手法もあります。これは、毎回一定の同じ金額を投資することで、安値の時に多く買い、高値の時は少量を買うという仕組みであり、結果として全体の購入価格が安定する効果を期待できます。

 

投資の商品種類

 

 

そしてここからは、具体的な投資商品をご紹介していきましょう。

 

預金

まず銀行預金は基本的に元本が目減りすることのない元本保証の投資商品です。ただし、現在は金利が非常に低いため、ローリスク・ローリターンの代表格といえることから、少しでも金利の高い普通預金・定期預金でお金を貯めていきましょう。

 

債券

次に、政府や地方公共団体、企業などが発行する債券です。定期的に利子を受け取ることができ、満期に元本が返済されます。なお、債券の発行体によって受け取る金利などに多少の差があります。

 

また、個人向け国債と呼ばれる国が発行主体の個人で購入できる国債もあります。定期的に利子が支払われ、満期になれば元本の返済を受けることが可能な元本保証の投資商品であるため、安心して投資を行うことができるでしょう。銀行や証券会社などの金融機関にて1万円から購入できるため、少額投資を始める方にとってもおすすめです。

 

株式

株式投資は、企業が発行する株式を購入し、その株価の値上がり益(キャピタルゲイン)を狙ったり、毎年もらうことも期待できる配当金(インカムゲイン)を狙ったりする投資のことです。

 

株式投資は一日の間で売買を繰り返し行う短期的な投資(デイトレード)もできますし、数年スパンでじっくり株価の上昇、配当をもらい資産形成を図る長期投資を行うこともできます。

 

なお、これまでご紹介した預金や債券がローリスク・ローリターンの投資商品とすると、株式投資は元本保証はなくミドルリスク・ミドルリターンの投資商品といえるでしょう。

 

また株式投資では、企業によって最低購入金額が決まっているので、投資の際はそれぞれ確認する必要があります。加えて、株式投資累投(るいとう)といって、毎月一定額を積み立てていく投資手法もあり、個人向け国債同様に少額から投資を始めることも可能です。

 

投資信託

投資信託は、多くの投資家から資金を集め、まとまった大きな資金として資産運用のプロフェッショナルが株式や債券などに投資を行う商品を指します。運用が上手くいったときには、稼いだ資産運用益を投資金額に応じて投資家のみなさんに分配します。

 

一方で元本保証の投資商品ではないため、運用が上手くいかなかったときは、投資金額が目減りし損をすることもあります。投資信託も株式投資同様、ミドルリスク・ミドルリターンの投資商品に該当します。

 

投資信託はバラエティに富んでおり、公社債投資信託は株式に一切投資せず、公社債と短期金融商品などで運用を行う投資信託もあれば、リスクを積極的にとる株式投資信託もあります。

 

そのため、投資信託への投資を通じて大きなリターンを期待しているのか、もしくは着実に安定した利益をあげたいのか、ご自身のリスク許容度に応じて投資信託を選択することが重要となってきます。

 

一方で注意点もあります。投資信託を保有すると、その間信託報酬と呼ばれる手数料がかかってきます。特に長期保有を検討している方人にとっては、この信託報酬が高いか安いかによって運用パフォーマンスが大きく左右されますので、投資信託を購入する際には、信託報酬がどのくらいかしっかり確認するようにしましょう。

 

FX

FXとはForeign Exchangeの略で、外国為替証拠金取引のことを指します。主要取引通貨であるドル円やユーロドル、ポンドドルなどを売買し、その価格の差益を狙う投資です。株式投資は取引時間が決まっていますが、FXは基本的に土日を除く24時間取引を行うことができます。

 

また、FXではレバレッジといって、少ない元手で大きな金額を取引でき、ボラティリティ(値動き)が高い相場であれば、短期間のうちに利益もしくは損失が発生することもあり得ます。ハイリスク・ハイリターンの投資商品といえるでしょう。

 

仮想通貨

仮想通貨投資は、ビッドコインやイーサリアム、リップルといった電子的な通貨で差益を狙う投資で、現在進行形で進化を遂げている金融商品といえるでしょう。こちらは新しい投資対象であり、ボラティリティが非常に大きいため、億り人を輩出するほど短期間に資産を2倍、3倍にも増やせる可能性がある一方で、資産が急減してしまうこともありえます。非常にハイリスク・ハイリターンの資産運用といえます。

 

不動産

最後に、不動産投資とは、テレビCMや金融関連の雑誌などでも多く特集されている賃貸マンションやアパートの経営を指します。賃貸物件からの家賃収入により、安定した収入を得ることが期待されますが、ターゲットとなる借主を定め、どの地域でどのような物件を購入するか、しっかりリサーチする必要があるでしょう。

 

不動産購入後はプロの管理会社に任せれば、時間的制約も限られたものになると考えられます。加えて、ローンを組める方であれば、少額の自己資金で始められることもメリットといえそうです。

 

まとめ

 

最後となりますが、少子高齢化を背景として国の財政が窮しているなか、これからは自己責任のもと自ら投資を行って資産形成を図る時代に突入しています。今回ご紹介した投資のポイントやおすすめの投資手法などを踏まえて、着実に資産を増やし、より良い生活を送るための術を身につけていきましょう。

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る