投資信託は個人投資家にとっても一般的な投資手法となってきています。投資信託の利回りを引き出すためには、どのような点を重視すれば良いのでしょうか。詳しくみてみましょう。

投資信託には初心者でも投資できますが…  

「投資信託は少額から投資ができる」「簡単に分散投資ができる」「プロが運用をしてくれる」などの理由から初心者向けの投資商品と言われています。

しかし、投資信託の投資対象や税制度は非常に複雑で投資初心者が簡単に理解できるものではありません。投資信託を購入する際に、理解しておくべきポイントを説明いたします。

投資信託の仕組み

投資信託は投資信託運用会社で作られます。そして、銀行、郵便局、証券会社などの販売会社で販売されています。投資家から集められた投資財産は、信託銀行によって資産が管理されます。

運用会社は投資の実行を信託銀行に指図する権限を持っており、信託銀行は、その指示通り株や債券などの売買を行うのです。

また、運用している財産は信託銀行で分別保管されており、運用会社や販売会社が破綻した場合でも運用財産は毀損しない仕組みがとられています。

参考:https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/about/scheme/

 投資のプロが資産運用します

投資信託はファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが運用しています。
約款によって投資対象や投資する地域、どのような基準で投資対象を選別するかなどの基準が決められています。

投資信託ごとに決められた基準に基づいてプロが投資対象を選別してくれるため、投資家が細かく投資対象を選ぶ必要がないことが魅力の1つとなっています。

例えば、「オリンピックがあるから日本株が上がるだろう」と予想をしても、「具体的に、どの企業の株を買えばいいか」ということはなかなか初心者には難しいものです。日本株の中でどの株が上がりそうかという選別はプロがしてくれるので投資の知識や経験があまりない方でも安心して購入することができます。

運用益が出るあらゆるモノに投資します

投資信託とはあくまで「器」で、料理に例えるとお皿です。投資信託という器で「何を運用するか」が大切です。投資信託では株、債券、不動産などの伝統的な資産に加え、金や原油などの資源にも投資できます。投資信託で投資をする対象には制限が無く、運用益が出るあらゆるモノに投資をすることができます。

インデックス運用とアクティブ運用

投資信託は、大きく「インデックス運用型」と「アクティブ運用型」に分類できます。

インデックス運用型とは日経平均やTOPIX、MSCIコクサイやS&P500などの代表的な指数に連動するように設計されている投資信託です。

一方アクティブ運用型の投資信託は、運用テーマが決められておりファンドマネージャーが投資対象の企業を選別することで、インデックス運用よりも高い利回りを目指します。投資テーマは割安株を対象とするもの、高配当株を対象とするもの、医療やテクノロジーなどの成長分野に投資をするなど、さまざまです。

投資先別 投資信託の商品の種類

投資信託ではあらゆるモノに投資をすることができます。具体的にどのような投資対象があるのでしょうか、具体的に見ていきましょう。

国内株式

日本国内の株式に投資をする投資信託です。よく目にするような大企業や住んでいる地域の企業など、身近な企業に投資することができます。

国内株式は為替変動の影響を受けないため、株式に投資する投資信託の中ではローリスク・ローリターン寄りと言えます。

外国株式

さまざまな国の株式に投資をする投資信託です。アメリカやヨーロッパなどの先進国の企業に投資をする投資信託や、インドやブラジルなどの新興国の企業に投資する投資信託もあります。また、さまざまな国の企業に分散している投資信託や1つの国の企業に投資している投資信託もあります。

外国株式は株式の価格変動もあるうえに、為替の変動もあるため国内株式と比べてもハイリスク・ハイリターンの投資対象と言えるでしょう。特に新興国は先進国に比べて市場規模が小さいため景気変動の影響を受けやすく、よりハイリスク・ハイリターンな投資といえるでしょう。

国内債券

日本国内の国債や社債などに投資をする投資信託です。債券は株式に比べるとローリスク・ローリターンの投資対象といえます。日本は日銀のマイナス金利政策が導入されて以降は超低金利の環境ですので、高い利回りを期待することはできませんが、比較的値動きは安定しています。

外国債券

外国の国債や社債などに投資をする投資信託です。外国は日本よりも金利が高いため、高い利回りが期待できます。特に新興国の債券や、ハイイールド債券と呼ばれる先進国の高利回り企業の社債はリスクもありますが、その分高い利回りが期待できます。また、外国の債券の場合は債券価格の変動に加え為替の変動があるため、国内の債券よりもリスク・リターンともに高くなります。

不動産(REIT)

不動産に投資をする投資信託もあります。不動産に投資をする投資信託はREITと呼ばれています。

REITの特徴は高額のオフィスビルや商業施設、居住用マンションなどを投資信託の仕組みを使って小口証券化したことで個人投資家が少額でも投資できることです。

不動産の賃料収入は株の配当などに比べると変動が少ないため、継続的に安定した配当収入を得ることができます。

REITは海外の不動産に投資をしているものと国内の不動産に投資をしているものがあります。日本の不動産のみを対象としているREITはJAPANの「J」をとってJ-REITと呼ばれています。

商品・種類が多くて複雑

投資信託は商品や種類が多くてとても複雑です。各社似たような商品を多数用意していて、素人にはどこが違うのかを判別することは非常に困難です。投資信託を選ぶ際にはどのような点に注意をすれば良いのでしょうか。

チェックする項目が多い

投資信託はチェックする項目が非常に多い商品です。具体的にどのような点をチェックするべきなのでしょうか。くわしくみていきましょう。

①投資対象としている地域(国内か海外か、海外であれば先進国か新興国か)
投資対象とする地域によってリスク・リターンは大きく変わります。新興国はリスクが高く先進国は相対的にリスクが低くなります。国内の投資対象に投資をする投資信託であれば為替リスクがありませんので、海外に投資をしている投資信託よりもローリスク・ローリターンの投資信託であるといえます。

②何を投資対象としているか(株、債券、不動産など)
投資対象によってもリスク・リターンが大きく異なります。何を投資対象としているかも必ずチェックする必要があります。一般的に株はハイリスク・ハイリターン。不動産投資信託(REIT)はミドルリスクミドルリターン。債券はローリスク・ローリターンと言われています。

株や債券、不動産に分散投資をしているバランス型もありますので、投資信託での分散投資を検討されている方は選択肢の1つとして考えておくと良いでしょう。

③手数料は安いか(購入手数料、信託報酬、信託財産留保額)
投資信託を購入するうえで、手数料は非常に大切な要素ですので、必ずチェックしましょう。

初めは購入手数料に目が行きますが、より重要なのは信託報酬です。
信託報酬は自分の代わりに投資する対象を選んでもらうための手数料のようなものです。

信託報酬が差し引かれた金額が基準価格となるため一見わかりにくいですが、長期で持つ場合ほど信託報酬によるリターンの差が出ますので、必ずチェックしましょう。

ハイリスクよりもローリスク・ローリターンから始めよう

投資信託はさまざまな商品がありますが、初めて投資信託を購入する方はローリスク・ローリターンの商品で始めた方が良いでしょう。

ハイリスク・ハイリターンの商品は売り時や買い時も難しく初心者向けではありません。まずはローリスク・ローリターンの商品でじっくり長期投資をするつもりで、少額から購入する方が良いでしょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

投資信託選びはポートフォリオが大事  

ポートフォリオとは投資信託をはじめとする投資商品の組み合わせのことです。ポートフォリオを組むことによりさまざまな投資対象に分散することでリスクの分散を図ります。

投資信託は国内外の株や債券、不動産などに投資をすることができますが、1つの商品が常に利回りが高く価格が上がり続けることはありません。しっかりポートフォリオを組みさまざまな投資対象に分散して投資することでリスクを抑えることが重要です。

利回りはどうか

投資信託を選定するうえで利回りは非常に重要ですが、利回りが高い商品はリスクも高い傾向にあります。どの程度のリスクをとるか、どの程度のリターンを狙うかを検討するうえで利回りは非常に重要な要素となります。

投資先は分かりやすいか

投資信託はプロが運用をしていますが、自分が理解できない投資信託を購入することはお勧めできません。何に投資をしているかわからない商品を購入しても売り時や買い時を判断できないからです。

投資信託は非常に複雑な投資対象に投資をしているものもありますが、自分が理解できる範囲のわかりやすい投資信託を購入しましょう。

手数料はどうか

投資信託には購入時に手数料が掛かるものもあります。手数料が高いと実質的なリターンが悪化しますので、投資信託を選ぶ際は手数料をしっかりと確認して購入するかを決めましょう。

また、投資信託の購入手数料は販売会社が決めることができます。同じ投資信託でも販売会社によって手数料が異なる場合があります。同じ投資信託であれば当然値動きは同じですので、購入手数料が安い販売会社で購入した方がお得ということになります。

信託報酬はどうか

  信託報酬とは自分の代わりに投資する対象を選んでもらうための手数料のようなものです。信託報酬は年間何%という割合で決められており、信託報酬を差し引いて基準価格が算出されているため表面上は分かりにくくなっています。

しかし長期で保有することが多い投資信託では、毎年のリターンに影響するので非常に重要な要素です。投資信託を購入する際は信託報酬も必ず確認しましょう。

長期・短期のリターン成績はどうか

投資信託を購入するうえで過去のリターンを確認しておくことも必要です。特に重要なのが長期・短期の両方のリターンを確認しておくことです。
短期のリターンが良くても、たまたまその期間が良かっただけかもしれません。
過去の成績を見る場合は必ず長期・短期両方でのリターン成績を見るようにしましょう。

リスク・健全度はどうか

投資信託はリスクがありますが、過度にリスクをとって運用をする必要はありません。

金融危機に陥っている国の債券などは利回りもかなり高くなっていますが、リスクが高すぎるため避けた方が良いでしょう。資産運用では、あえて火中の栗を拾う必要はありません。

健全度の高い資産に分散投資をするのが、資産運用の王道です。

投資信託の利回りの正しい見方

投資信託の利回りを確認するには何に注目してどのように見れば良いのでしょうか。確認していきましょう。

インカムゲインとは

インカムゲインとは株式の配当金や債券の利子収入、不動産の家賃収入など、資産を保有していることで定期的に得られる収入のことです。債券や不動産に投資をしている投資信託であればインカムゲインを中心に利回りを想定することになります。

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは、保有している資産が値上がりした場合に売却した時に得られる売却益のことです。割安株や成長株に投資をする投資信託の場合はキャピタルゲインを中心に利益を想定することになります。

利回りは双方を加味して考える

利回りはインカムゲインとキャピタルゲイン双方を加味して考えます。インカムゲインは比較的安定した収益を得ることが可能ですが、キャピタルゲインは予想とは逆に値下がりしてしまう場合もありますので、リターンが得られないこともあります。

長期運用ならキャピタルゲイン

長期運用の場合はキャピタルゲインを獲得する方法が一般的です。長期見通しで成長が期待できる地域や企業は短期的には値動きが大きく一時的に損失が出る場面もある一方で、長期投資をすることで大きな利益を得られる可能性があります。

短期運用ならインカムゲイン

短期的運用であればインカムゲインを獲得する方法も検討すると良いでしょう。配当収入や利回りは必ずしも長期間安定しているとは限りません。利回りが良い投資対象に投資をして、利回りが落ちてきそうであれば、別の高利回り商品に切り替えていくのも良いでしょう。

投資信託の利回りをよりよくする方法

各種税制メリットを得られる制度を活用することで実質的な利回りをよくすることができます。具体的に見ていきましょう。

NISAを利用する

NISAとは政府が「貯蓄から投資へ」の流れを加速させるために作った、株や投資信託で得た利益に課される所得税の軽減制度です。NISA口座で運用した売却益や配当益は年間120万円までであれば最長5年間非課税で運用することができます。

参考:https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/nisa/overview

つみたてNISAを利用する

つみたてNISAは年間40万円までの非課税枠で最長20年間投資ができる制度です。通常のNISAよりも年間の購入可能金額は少ないものの、長い期間非課税で運用することができます。

また、積立投資は毎月一定額を購入することで、購入するタイミングを分散できるため購入価格の平準化に繋がり、大きな損失リスクを回避することができます。つみたてNISAは長期でコツコツ投資をすることに適した制度であるといえます。

参考:https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview

確定拠出年金を利用する

個人型確定拠出年金(通称:iDeCo)を利用することも、1つの選択肢です。iDeCoは所得控除が使えるため所得税・住民税の節税に繋がるうえ、運用期間中に何度でもスイッチングができるため、相場に合わせて投資対象を変更しやすい点も魅力です。

ただし、投資信託を使っている場合は信託財産留保額(解約時手数料)などのコストがかかる場合もありますので注意をしましょう。

iDeCoで積み立てたお金は原則60歳になるまで現金化することができませんので、長期で運用しても問題ない資金で積み立てをする必要があります。
老後の資産を形成する場合には、iDeCoは優秀な制度と言えるでしょう。

参考:https://www.ideco-koushiki.jp/guide/

利用できる投資信託に限りがある

 つみたてNISAやiDeCoで購入できる投資信託には限りがあります。長期運用を目的とした投資信託しか基本的には利用できないため、短期的に成長が期待できそうなテーマ型の投資信託に投資をすることができません。通常のNISAは利用できる投資信託に制限がありませんので、制限なく利用したい方は通常のNISAを利用すると良いでしょう。

まとめ

投資信託の利回りを高める方法についてここまで解説をしてきました。最後におさらいをしておきましょう。

まずは少額から始めよう

投資信託のメリットの1つは少額から分散投資をできることです。いきなり大きな金額で運用をするのでは無く、まずは少額で始めてみましょう。

NISAや確定拠出年金を利用しよう

NISAや確定拠出年金の税制メリットを享受することで、実質的な利回りが高くなります。
ご自身が使える税制メリットを正しく理解してお得に投資をしましょう。

プロの話を聞いて理解できたものに投資しよう

投資信託は非常に複雑な投資対象に投資をしている商品もあります。
金融機関の専門家から説明を聞いても理解できない商品に手を出すのは避けた方が良いでしょう。

ご自身が理解できる投資対象に投資をしている投資信託を選ぶことで、売り時を見極めやすくなります。

監修者:尾山 道郎(ファイナンシャルプランナー)