投資信託は、専門家が運用するためリスクが低いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、投資信託にもリスクはつきものです。
おもに次の5つのリスクがあります。

① 価格変動リスク

② 金利変動リスク

③ 為替変動リスク

④ カントリーリスク

⑤ 信用リスク

今回の記事では、それぞれのリスクにどのように対処すれば良いのか解説します。

投資のリスクとリターン

投資にはリスクとリターンがあります。一般的にリスクは「危険」という意味で使われますが、投資の世界では「結果が不確実であること」を意味します。

つまり、「予想通りにならない可能性」を指し、具体的には値動きの振れ幅のことです。投資のリターンとは、投資を行うことで得られる収益のことです。以下の図をご覧ください。

有価証券Aよりも有価証券Bの方が価格の振れ幅が大きくなっているので、「有価証券Bのリスクが高い」と判断します。

リスクとリターンは表裏一体

リスクとリターンの関係は表裏一体です。リスク(振れ幅)が大きい金融商品は、高いリターンを期待できますが、損失も大きくなる可能性があります。一方、リスクの小さい金融商品は、損失の可能性は低いものの、期待できるリターンも小さくなります。

投資信託では株式の組み入れが高いほどリスクとリターンが高くなり(ハイリスク・ハイリターン)、債券の組入比率が高いほど(ローリスク・ローリターン)になります。

預貯金・債券・投資信託・株式のリスクとリターンを比較すると以下の通りです。

投資信託のリスク

投資信託は、値動きのある株式や債券などに投資するため、元本や利回りの保証はありません。基準価額(日々算出される投資信託の価額)は株式市場の動向などにより変化します。

基準価額に影響を及ぼすような投資信託のリスクとして以下のものがあります。 

日常的リスク

為替が円高になる・株価が下落するということは、よくあることなので「日常的リスク」と呼ばれます。日常的リスクに対して資産を守るためには、対処法を考えておく必要があります。日常的リスクは次の3つです。

① 価格変動リスク

   

投資信託が組み入れている有価証券(株や債券)の価格が変動するリスクのことです。景気が良くなると家計の余裕も高まるので、株式市場は活況になります。一方、不景気になるとリスクのある株式ではなく、手堅い債券を買う方が多くなります。

景気を判断するためには、景気動向指数、日銀短観、米雇用統計など内外の経済指標をチェックするようにしましょう。

経済指標のチェック方法に関する記のリンクはこちらから↓
【株式投資入門】投資のためにチェックしておきたい3つの経済指標

景気は一定のサイクルで循環する傾向があります。景気回復局面では株式が、景気後退局面では債券が有利になります。景気の局面によって株式と債券の組入比率を変えることがベストですが、タイミングを完璧につかむことはプロでも困難です。

一時的な下落に慌てて売却することのないよう、景気や市場は循環しているということを理解して余裕のある運用を行うことが大切です。

② 金利変動リスク

    

金利の変動が債券価格に影響を与えるリスクのことです。一般的に、金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。また、満期までの期間が長い債券ほど、金利変動の影響は大きくなります。

金利上昇局面では債券価格は下落しますが、株式は上昇しやすくなります。ですから、株式を組み入れた投資信託を持っていれば、債券価格の下落に対するヘッジ効果があります。

③ 為替変動リスク

   

為替レートが変動するリスクのことです。円とドルやユーロなど外国通貨の交換レートは常に変動します。外国建ての資産に投資する投資信託の場合、円高になれば基準価額にマイナス、円安になればプラスの効果があります。

為替変動リスクを避けるためには、「為替ヘッジあり」の商品を購入することで対応できます。為替ヘッジとは、一定の為替レート(1ドル=100円など)で外貨と円を交換する契約を結ぶことです。

為替ヘッジのコストがかかり、円安による為替差益の恩恵はなくなりますが、円高による基準価額の下落の影響を軽減させることができます。為替レートの動きが気になる場合は、為替ヘッジありの投資信託を購入するようにしましょう。

突発的リスク

どこかの国で大地震が起きたり、戦争や暴動が起きたりすることは、事前に予想することが難しく、めったに起こらない出来事なので「突発的リスク」といいます。突発的リスクに対応することは難しいので、万が一のことが起きても大丈夫なような(破産しないような)運用を心がけるしかありません。

リスクを軽減させる方法として「格付け」を利用しましょう。

格付けとは、国や企業の通知表のようなもので、主に債券に投資する際に使われます。格付けは「AAA」や「B+」などアルファベットを用いて表記されるのが一般的です。「AAA」がもっとも安全性が高く、B、C、Dになるほどリスクが高くなります。

米国のムーディーズやスタンド&プアーズなどが有名です。とくに債券型の投資信託で利回りが高いのは、B格など格付けが低めの債券がメインになっていることがあります。

格付けが低い債券ほどカントリーリスクや信用リスクが高く、債務不履行になる可能性が高くなるので注意しましょう。

それでは、突発的リスクについて見ていきましょう。

④ カントリーリスク

その国の経済、政治、社会に潜む固有のリスクをカントリーリスクといいます。具体的には急激なインフレや通貨の急落、国債の債務不履行(デフォルト)などです。一般的には先進国よりも新興国の方がカントリーリスクは高いと考えられます。

⑤ 信用リスク

信用リスクは、「クレジットリスク」や「デフォルトリスク」とも呼ばれます。発行体である国や金融機関が、元本や利息の支払いができなくなるリスクです。

投資やお金の殖やし方を学べる『マネカツセミナー』
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

自分自身のリスク許容度も理解する

投資でどの程度のリスクやリターンを目指すのかというのは、投資経験や年齢、資金量によって異なります。3つのバランスを考えて「どの程度まで損失がでても大丈夫か」というリスク許容度をしっかり理解しておくようにしましょう。

投資経験

   

投資経験が長ければ、大きな相場変動があっても冷静に対処できる可能性が高くなります。その分、リスク許容度も大きくなります。

年齢

   

年齢を重ねるほど、時間的な余裕がなくなるので、失敗したときに取戻すことが難しくなります。逆に若ければリカバリーのチャンスがあります。ポートフォリオ(資産の配分)では、若い時ほどリスクの高い株式の比率を高め、年齢とともに債券の比率を上げていくのが王道です。

余裕資金

   

同じ10万円の損失でも、金融資産100万円と1,000万円では重みが異なります。余裕資金が多ければ多いほどリスクを取ることができます。自分の家計や生活に支障をきたさないような投資を行うようにしましょう。

モーニングスターのリスクメジャーをチェックしよう

出典:モーニングスター

投資信託の格付けを行っているモーニングスターでは、個々の投資信託のリスクを「リスクメジャー」として1(低)から5(高)までの数字で表しています。

リスクメジャーでは、値下がりをリスクととらえた「下方リスク」が、全ファンドの中でどの水準にあるかを示しています(下図)。過去3年、5年、10年間の各期間で評価されています。

出典:モーニングスター

投資信託のリスクを測る参考にしてみてください。

まとめ

今回は、投資信託のリスクについて解説しました。主なリスクは次の5つです。

価格変動リスク

金利変動リスク

為替変動リスク

カントリーリスク

信用リスク

投資信託は複数の資産を組み合わせるので、個別の株や債券に投資するよりもリスクは低くなりますが、ゼロにはできません。

また、大きなリターンを目指すにはリスクを取る必要があります。個々のファンドのリスクとともに、年齢や資産など自分自身のリスク許容度を考えて投資信託を選ぶようにしましょう。

記事 山下 耕太郎

【過去記事はこちらから】

【株式投資入門】投資のためにチェックしておきたい3つの経済指標

【株式投資入門】投資のためにチェックしておきたい5つの情報サイト

【株式投資入門】投資のために知っておきたいテクニカル分析!2つのチャートの見方

【株式投資入門】NT倍率とは|日経平均株価とTOPIXの仕組みと違いを知ろう!

【株式投資入門】インデックスファンドとアクティブファンド|5つの違いとは?

【株式投資入門】インカムゲインとは?キャピタルゲインとの違いとメリット・デメリット

【投資コラム】積立投資は「つみたてNISA」で始めよう

【投資コラム】分散投資とは?メリット・デメリットと4つの方法を詳しく解説

【投資コラム】信用取引とは?押さえておきたい4つの仕組みとメリット・デメリット

プロが教える株式市場下落時の5つの対処法!フラッシュクラッシュとは?

ETFとは?株式・投資信託との5つの違い

投資やお金の殖やし方を学べる『マネカツセミナー』
↓ 詳しくは画像をクリック ↓