こんにちは!マネカツ運営局の斉藤です。

マネーの基礎知識に、相続という分野があります。相続ってどういうことか、知っていますか。

祖父母が亡くなって、親が対応しているのをみた…なんていうのが、マネカツ世代の経験値かもしれません。

かくいう私も、両親健在。なにかを相続した経験はありません。

でも、知っておいて損はないというよりは…知っておくべきことがら。

だってだれでも最後は最期で、亡くなるのです。人が死亡したとき、その財産はどうなるか、

決めているのは民法という法律です。

人は生まれてから死亡するまでは、物を売る・買う、あげる・もらう、

所有する・捨てる などができます。

ところが死亡すると、売買もできないし、所有もできないのです。

「ここは死んだじいさんの土地だ」というセリフなら、どこかで聞いたような気もしますよね。

でもそういう状況は、ナイのです。

そんなわけで、死亡と同時に相続が始まります。

おじいさんの土地は、じいさんが亡くなった時点で、相続人の土地になるんです。

相続人が複数のとき、いないとき、ルールがあります。

そもそも相続人って?

このへん、引き続き、みていきますね。