マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 非正規社員が社会保険に入るにはのメインビジュアル  » 非正規社員が社会保険に入るにはのメインビジュアル

M life 記事

お金 2014.9.28

非正規社員が社会保険に入るには

 

こんにちは。マネカツ運営局の福田です。

ワークライフバランスを考える機会の多い、マネカツ世代。
公務員、正社員、非正規社員のお金の違いを学んでみましょう。
今日は出産や育児関連のお金のちがいに注目してみます。

 

①②公務員、正社員
産休は取得可能。
育休は取得可能。
出産育児一時金、出産手当金、育児休業給付金がもらえる。
公務員は雇用保険に加入しませんが、育児休業給付金は支給されます。

 

③非正規社員
産休は取得可能。
育休は、同一の事業主に1年以上継続して雇用され、
子が1歳になる日を超えて引き続き1年以上雇用される
見込みのある場合、取得可能。
国民健康保険、健康保険加入者は出産育児一時金をもらえる。
健康保険加入者は出産手当金をもらえる。
雇用保険加入者は育児休業給付金がもらえる。

 

社会保険(健康保険・厚生年金)に加入すると、
出産・育児で受けられる給付が手厚くなりますね。

 

2012年 8月に国会で、労働が週20時間以上、
月収8万8000円以上などの条件を満たすパート社員を、
新たに社会保険の適用範囲に含める法案が成立しました。

 

条件もいろいろで、法律も変わったりするんです。
自分ならどうか、新しい働き方ではどうか、その都度確かめることが
必要といえそう。

 

働き方を考えるときは、ぜひ思い出してくださいね!

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る