マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 堅実にコツコツお金を貯める”養老保険”のメインビジュアル  » 堅実にコツコツお金を貯める”養老保険”のメインビジュアル

M life 記事

お金 2015.6.18

堅実にコツコツお金を貯める”養老保険”

こんにちは、マネカツ運営局の齊藤です。

貯蓄ができる保険として挙げられる“養老保険”。一方で、「保険料が高い」や「月々の負担が重い」という理由で解約されてしまいがちな保険。しかし、実際はどうなんでしょうか。

そこで今回は、貯蓄目的で作られた“養老保険”を分析していきたいと思います。


 

養老保険とは・・・

生命保険のうち一定の保障期間を定めたもので,  満期保険金(満期金)と死亡保険金が同額という保険です。貯蓄が目的なのですが、もし被保険者(保険の目的となる人)が亡くなった場合は、契約成立翌日から目標金(満期保険金)を死亡保険金として受け取ることができます。つまり、死亡リスクを同時にカバーした保険です。

 

積立タイプ一括払いタイプ

養老保険には・・・「毎月いくら積み立てるといくらの満期金をお約束します」の積立タイプ,   一括で支払いし、何年後かに満期金を受け取る一括払いタイプがあります。つまり、保険料を月払いで払うか、年払いで払うかの違いです。当然ですが、一括払いのほうが利回りは高いです。ただし一括払いには落とし穴があります。

養老保険には大きな死亡保障を確保するには莫大な保険料が必要です。したがって貯蓄を目的とした加入が一般的です。この保障機能を生かすためには、月払いか、年払いなど分割して保険料を積み立てていく形にする必要があります。そのため、一括払い(一時払い)では・・・保障機能は全く効果がありません。この点を理解して検討する必要があります。 


※相続税の観点から見た場合、一時払いの場合も支払われるのは死亡保険金となるため、通常の積立預金の払い戻しとは異なります。そのため、生命保険の非課税枠や、生命保険金受取人を指定できるという点でメリットがあります。

マネカツ ブログ作成 写真用(手のお金)

 

◇運用商品としての“養老保険”

損するリスクをとらないで大きなリターンをとることは難しい“養老保険”。しかし、普通預金や定期預金でノーリスクで積み立てるのであれば、養老保険には保障がついています。その点では有利ではないでしょうか。

 


みなさん、どうでしょうか。“養老保険”のイメージ変わりましたか。

“養老保険”を保険と考えず、“積み立て”として捉えてみてください。

あなたも堅実にコツコツと・・・お金を貯めてみませんか。

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る