マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 必見!お金が貯まる体質になるためには!?のメインビジュアル  » 必見!お金が貯まる体質になるためには!?のメインビジュアル

M life 記事

お金 2015.6.25

必見!お金が貯まる体質になるためには!?

こんにちは、マネカツ運営局の齊藤です。

今回は「お金が貯まる体質になるためのコツ」を紹介していきたいと思います。

◇ 3ヶ月家計簿をつけてみよう!

お金を貯めるコツとして、自分の収入に対して何にどのくらい使っているのかを把握することが大切です。そのために、家計簿を活用することをおすすめします。家計簿というと「1円単位で細かくつけなければならない」という苦手意識を持つ人がいるかと思います。しかし、そんなに神経質になる必要はありません。美容費に2万円、食費に3万5,000円というようにざっくりつかめることができれば大丈夫です。まずは3ヶ月大まかな気持ちで自分がどのくらい何に対して使っているのか把握しましょう。

 

◇貯蓄の目標は手取りの収入10~20%

家計簿をつけると、支出の中にたくさんの「ムダ」があることに気がつきます。家計簿をつけることによって、自分の行動パターンを見つめ直し、「大きな支出の見直し」と「細かい節約」でムダを省くことが節約への第一歩です。1カ月の貯蓄目標は、手取り収入の10%~20%が目安です。一人暮らしのシングルや子どもがいる家庭の場合なら10~15%、自宅から通っているシングルやDINKS家庭の場合なら20%は毎月貯蓄しましょう。派遣社員やアルバイト、フリーランスなどボーナスがない人はがんばって20%を貯めておきましょう。

 

◇固定費と変動費を分けて考える

家計を見直すときには、「固定費」と「変動費」に分けて考えることが重要です。家計のバランスを保つために大きなポイントとなるのが、住居費や保険料、通信費など毎月ほぼ一定金額で決まって出ていく「固定費」です。固定費は、家計に占める割合が比較的大きいので、見直しをすれば節約の効果が期待できる上に、さらに一度見直してしまえばずっと支出を抑えることができます。固定費と変動費にかけられる金額を考えながら、自分の価値観やライフスタイルに合った家計バランスを見つることが需要です。たとえば・・・「多少住居費が高くなっても、快適に過ごせる環境を手に入れたい」, 「そのために、外食費やレジャー費は抑えめにしよう」というように支出を調整していく場合、節約をしても満足度の高い暮らしが維持すことができるでしょう。

 

マネカツ ブログ作成 写真用(電卓&お金)

 

お金を貯めることが苦手な方は・・・ぜひやってみてください。

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る