マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 少子高齢化社会と年金の関係をよく知ろう!のメインビジュアル  » 少子高齢化社会と年金の関係をよく知ろう!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2016.9.15

少子高齢化社会と年金の関係をよく知ろう!

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

こんにちは!マネカツ運営局の福田です!今回は現在、日本で問題になっている少子高齢化による年金問題について解説していきます。

 

皆さんは将来、年金制度は破たんしてしまうと言われてるのは、ご存知でしょうか?ご存知の方の方が多いとは思いますが、皆さんが支払っている年金保険料は、自分の為ではなく、高齢者の世代に支払っているだけであって、自分の老後の為のお金ではないのです。

 

 

20、30年後には、一人の成人が一人の高齢者を支えることに


 

 

2030年には1.8人が一人に高齢者の生活を支え、2050年には、1.3人。だいたい一人が一人の高齢者を支えていくことになります。

 

これは、少子高齢化が問題になっており、1940年では、女性は生涯に4人ほど生んでいました。しかし現在では、1.42%、1人から2人という非常に少ない水準になっています。その理由は、結婚をしない女性や子供を持たない女性が増えているからと言えます。

 

少子高齢化が進むことによって…


 

少子高齢化が進むことによって、一人当たりが支える金額が高くなってしまい、結果的に高齢者世代の生活水準を維持できなくなりますそれが、破たんにつながるという事なのです。

 

若者世代の保険料が高くなる → 高齢者世代の給付額が少なくなる →  高齢者世代の給付の開始期間が遅れる

 

それに追い打ちをかけることにより、2010年から2060年の50年で、人口が約55%減少すると言われています。

 

 

この負の連鎖が続けば続くほど日本は回復していきません。政府はこの出生率を2.07%に上昇させることを目標にしていますが、なかなか難しいのが現状です。

 

 

今後年金制度もなくなるかもしれないと言われていますね。自分の身は自分で守るという事が、今の時代に大切になっていきます。日本の情勢が悪くなってきているからこそ、もっとお金について知っておく必要がありますね!

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る