マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 子育てにかかるお金はしっかりと把握しておきましょう!のメインビジュアル  » 子育てにかかるお金はしっかりと把握しておきましょう!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2017.4.17

子育てにかかるお金はしっかりと把握しておきましょう!

皆さんこんにちは!マネカツ運営局の福田です。 ライフイベントとして子育ては欠かせない部分ではないかと思います。今回は、「子育て」というテーマを軸に、生涯にかかるお金を解説していきます。

 

ライフイベントとしては、結婚、出産、教育資金、住宅購入費、老後の資金、突発的な出費(入院費など)、自動車購入費などが上げられます。その中でも、結婚し、子供が出来たとき教育にかかるお金は、住宅の次に多くかかります。

 


「教育費と養育費」


子供の養育費

出産から大学卒業の22歳までの養育費

出産・育児費が約91万円

食費が約671万円

衣料費が約141万円

医療費、美容院の出費が約193万円

お小遣いやレジャー費が約469万円

私的所有物費が約93万円

 

これらを全て合計すると、1640万円になります。

 

そして、

 

教育費

幼稚園が3年間で約66万円

小学校が6年間で約308万円

中学校が、3年間で約229万円

高校が3年間で約252万円

大学が国立、4年間で約492万円

 

合計で1340万円になります。

 

参考(AIU保険「AIUの現代子育て経済考2005」)

 

教育費と養育費で2980万円になります。1人の子供を育てていくのに、この出費が相場になります。約3000万円。この金額に他のライフイベントが加算されます。

 

お金のことに対してしっかり考える時間がない中、立ち止って考えてみると、これだけの金額がかかるということに改めてお気づきになるかと思います。かといって貯金しようと思い、貯金を始めても今の生活を削ってまで貯めていくことは難しいかと思います。そして直ぐにお金は貯まっていかないのが現実です。

 

そういうときこそ、しっかりとお金に向き合うということが大切で、「お金を貯めていく」という思考から、「お金を増やしていく」という思考にシフトチェンジしていくことができれば、増えないお金を除々に増えていきます。

 

資産運用を行う人々が増えてきたのも、そういった思いを持つ人々が存在するから。ということに繋がりますね.だからこそ、お金に対する知識を多くの女性の方に身に付けて頂きたいと思っております。また、そういった知識を多くの女性の方に伝えるということも私たちの使命でもあります。

 

マネカツセミナーでは、お金のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナーが、将来にかかる費用や解決策などを、セミナーを通して皆さんにお話しています。

 

女子会のように、楽しみながらお金の勉強をしてみませんか? マネカツセミナーはこちらから申し込みいただけます。

 

 

スイーツ&ドリンク付の無料セミナーですので、お気軽にお申し込みください!

お待ちしております^^

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る