» 備えがあれば女性も安心!親が元気な内に介護費用を貯めておくメリット!のメインビジュアル  » 備えがあれば女性も安心!親が元気な内に介護費用を貯めておくメリット!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2017.8.8

備えがあれば女性も安心!親が元気な内に介護費用を貯めておくメリット!

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

親が要介護の状態になると、近親者のそれまでの生活は一変します。必要な費用を親自身が賄えない場合は、子どもの負担となることもあります。親が元気な内に、資金面を含めた用意を考えおくことは大切です。備えや心構えがあれば、もしもの事態が起きても落ち着いていられます。

 

 

介護費用は何にいくらかかる?


 

介護費用は要介護となった親のために必要な費用です。現在の介護保険では、費用は無料ではなく、要介護者本人の収入に応じて、1割負担と2割負担が課せられます。介護ザービスのメニューは様々で、人それぞれです。要介護者となった場合は、どの介護サービスを受けるかを、ケアマネージャーと相談の上、決めることになります。

 

 

介護には在宅の場合と、施設へ入所する場合があります。在宅では、受けるサービスが訪問入浴やデイケアなどの場合は、頻度に応じて費用が発生します。看護師の訪問看護やヘルパーによる家事サービスを継続的に受ける場合は、継続した費用が発生します。在宅の場合は日々の生活費の他に、介護サービスのための費用が発生することになります。

 

 

老人ホームなどへの入所の場合は、さらに負担が重くなる恐れがあります。老人ホームは公的なものと、民間が運営するものとがあります。

 

 

公的なものは要介護度が高い方が優先的に入居の対象となるので、要介護度の低い方の場合は、入れるかどうかは定かではありません。もし、公的な老人ホームが利用できない場合は、民間が経営する老人ホームを利用することになります。

 

 

民間が経営する老人ホームは費用や待遇が様々です。一人部屋の狭い個室と食事や入浴のサービスが受けられる最低限の施設でも、毎月、それなりの費用が発生します。

 

 

ホテルのように豪華なサービスが受けられる施設では、料金はかなりの額になります。親が要介護になった場合は、本人の収入はもちろん、子どもからどれだけ援助を受けられるかにより、受けることのできるサービスが異なることになります。

 

 

介護費用は親自身が出すのが基本


 

介護費用は子どもが出すのではなく、親自身が出すのが基本です。親はそのために、保険の費用を払い続けているはずです。しかし、事前に備えはあったにしても、想定していた通りに事態が進むとは限りません。介護を受ける対象者の増加により。介護は施設で行うものから在宅で行うものへと変革を迫られています。在宅の場合は本人以外に介護をする近親者が必要となります。

 

 

在宅介護を選択する場合は、寝たきりの親を近親者が自宅でみる必要が生じます。自宅で同居する近親者の負担は相当なものです。介護サービスを利用するにしても、在宅の時間の方が長くなるのが一般的です。

 

 

介護費用のほかに、毎日の食費と生活費を加算すると相当額が必要となります。それらの費用を全て年金で賄える高齢者は多くはありません。預金等の資金がなければ、高齢者だけで事態を乗り切るのは容易ではありません。

 

 

公的な老人ホームへの入居は、対象者の増加により年々、難しくなります。それに対して、民間の老人ホームは整備が進んでいます。民間の老人ホームへ入居する場合は、待遇と費用を比較して、無理のないところへの入所が勧められます。

 

 

一時金はさほどでなく、毎月の支払いだけで済む老人ホームもあります。しかし、部屋の設備が充実し、自宅と変わらないような生活ができる老人ホームは、毎月の支払い以外にも、相当額の一時金が必要です。それらの費用を、高齢の親だけが負担するのは無理な場合もあります。

 

 

親が元気なうちにすべき4つのこと


 

親が元気な内にすべきことがあります。女性でも、少子化時代には何らかの負担が発生するのを覚悟する必要があります。備えは親が健康な内にする必要があります。介護が必要になってからでは、日々の生活に追われて何もできなくなります。備えの第一は、その時の心構えを、親が元気な内にしておくことです。

 

 

備えとしてできることの第二は、資金の用意です。親にもしものことがあった場合、一定額の金銭的支援ができれば、選択肢が大幅に増えます。親が余裕の無い生活を年金だけで行っていた場合は、介護が必要となった場合は、かなりギリギリの生活となるはずです。

 

 

本来受ける必要のあるサービスも、お金が捻出できないことにより、諦めなければならない場合も発生します。その時、娘からの金銭的援助がどれほどの助けになるかは、簡単に想像できます。

 

 

備えの第三は、親が要介護状態となっても、子どもが支援できる体制を確保することです。子どもが同居していない場合、或は近くに居住していない場合は、万が一の場合を考えて、何らかの対策をとる必要があります。

 

 

方法としては、親を身近に呼んで生活する方法、或は、子どもが親のそばに居住する方法が考えられます。相当額の資金が無い限り、民間の老人ホームへの入居は無理なことが前提としてあります。

 

 

備えの第四は、生活空間の確保です。理想的な介護は子どもと親が同居することです。少子高齢化の社会では簡単ではありませんが、必要な生活空間があれば、無理ではありません。戸建て住宅の場合は、1階に独立した高齢の親のためのスペースがあれば、無理なことではありません。

 

 

親が万一の場合に備えて、子どもが心構えをするのはすばらしいことです。親が要介護の状態となったら、公的な機関に助けを求めるのは恥ずかしいことではありません。しかし、その前に、近親者としてやっておくことがあるはずです。

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る