» 一人暮らしの30代女性必見!平均の美容代とお金を注ぐべきポイントは?のメインビジュアル  » 一人暮らしの30代女性必見!平均の美容代とお金を注ぐべきポイントは?のメインビジュアル

M life 記事

お金 2017.8.9

一人暮らしの30代女性必見!平均の美容代とお金を注ぐべきポイントは?

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

女性であれば誰でも気になってしまうのが美容問題でしょう。自分の生活を賄う必要がある一人暮らしの女性は、毎月の美容代にはいくらかけるのが普通なのか悩ん だことはありませんか?そしてお金をつぎ込むべきポイントとは一体どこなのでしょうか。

 

 

美容代がかかるポイント


 

女性は30代になると一気に老化が進むといわれていますが、現代では多くの美容術があります。ですからアンチエイジングも進化の一途を辿り、まだまだ女性が美しくなるための方法が編み出されることでしょう。

 

 

しかし、美しさにはお金と時間がかかることも事実です。日々の細かい努力も大切ですが、その努力にもお金を掛けられた商品が必要になってきます。例えば肌。20代ではなかった皺やシミが出始め、髪はどんどんつやを失ってきます。

 

 

ちらほらと白髪が見え出すと美容院に走ってしまう人も多いでしょう。実際に家計アプリを使用する一人暮らしの女性の美容代を年齢別にわけてみると、30代女性は平均して19461円使っていますが、内訳でみると一番使っている美容代はコスメ代の6034円です。

 

 

つまり、美容代がかかるポイントは顔のケアであるということです。毛穴の開きやシミ、皺への対応をしようと美容コスメに支払う金額が多くなるのでしょう。クレンジングから洗顔料、化粧水、クリームや美容液に日焼け止めやファンデーションまでコスメに入るものは数限りなくあります。

 

 

勿論一人暮らしであれば住居費や食費、雑費なども生活費の全てがかかりますから美容代だけにお金をつぎ込むわけにはいきません。削れるところは削った結果が平均の19461円なのです。

 

 

内訳ではコスメ、ジムやマッサージ代、美容室代が20代の平均美容代を超えています。健康にも美容にも意識がハッキリとむきだし、お金と時間を使って解決しようとする女性が増えてくるのでしょう。

 

 

見た目に直結するのは?


 

肌の衰えもそうですが、頬のたるみや毛穴の開きなどは化粧品でどうにかすることも可能ですし、笑顔でいるだけで明るく華やいで見えますから顔はパッとみた老化を感じるのには時間がかかるものです。問題は髪です。

 

 

見た目に直結するのはその人の髪といっても過言ではありません。髪はその人の栄養状態も如実に表してしまいますし、白髪は1本でも出ていたらすぐに老けてみせてしまうものです。一人暮らしだからといってまあいいかと手入れを怠っていると、白髪ありのぼさぼさ頭の後姿はかなり老けてみられているかもしれません。

 

 

そして、髪型が決まっているとそれだけでお洒落に見えます。髪にボリュームを出すことで若々しさを演出できますし、艶とはりがあれば美しい髪の毛になります。美容代をかける場所とすれば、美容院代がおすすめなのはそういうことからです。

 

 

白髪はすぐに染め、寝起きでも整っているような髪型にすることでその見た目効果を実感することでしょう。化粧は20代の頃に流行っていた化粧をしていると逆に浮いてしまうことで老けて見えることもありますから、基礎化粧品はきっちりと良いものを使って隠すメイクは卒業するようにしましょう。

 

 

第一印象を大きく左右するのはメイクよりも髪型、髪質です。言い換えれば髪型さえ手入れを欠かさなければあとは自然であっても綺麗に見られるということ。見た目を大切に思うのであれば、まずは髪の手入れにお金をかけることにしてください。

 

 

じわじわ効果が見えるのは?


 

美容や健康へじわじわと効果が見えるのは、やはり体のケアです。例えばジムに通ってのボディメイクやマッサージでのデトックス、整体へいって体の不調を治したりすることで、体の内側から元気になって外側の美しさのレベルもアップさせようということです。

 

 

歳を経ることでの衰えは自然なことですから、それは仕方ありません。しかしいくつになっても筋肉は鍛えられますから、筋肉を鍛えて代謝をあげ痩せやすい体、温かい体をたもっておくことで、結果的に肌も髪も精神も生き生きとしていられるのです。

 

 

代謝がよくなれば血流がよくなりますから冷え症などの防止にもなりますし、体の内側から綺麗でいることで見た目も違って来ます。一人暮らしの女性ではジムにいって汗を流し、1日の会社勤めで溜まったストレスを発散させ、ついでにお風呂も済ませるという人が多いのですが、それでも美容代としては月に1万円以内で済んでしまうのです。

 

 

健康と美容を手に入れることができ、またお風呂をすませることで光熱費の削減にも繋がるので、おすすめしたい美容代使用例です。いくら美しい顔をもっていても肌がくすんでいたり下腹がぽっこり出ていたり病気がちだったりすれば残念なことも多くなってしまうはず。

 

 

健康管理は美容管理に繋がっていますから、30代を超えたら体作りにも時間とお金をかけるようにしてみてください。10年後の自分が綺麗のままでいられるかどうかは、体作りにあると言えるのです。

 

 

30代一人暮らしの女性が毎月の美容代に費やすのは平均で19461円です。その内訳はコスメが一番多いのですが、美容院へいって髪のケアをしたり、綺麗な体を作るためのジム通いや整体通いなどをおすすめします。美しさは内側からと覚えてください。

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る