» 40代女性のための「年金を見据えた」資産運用のメインビジュアル  » 40代女性のための「年金を見据えた」資産運用のメインビジュアル

M life 記事

お金 2017.9.25

40代女性のための「年金を見据えた」資産運用

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

高齢者の急増と少子化の影響で年金への不安感が増しています。今、40代の女性も例外では無く、本当にこれからもらえるのか不安を感じる人が少なくありません。そのため、これらとは別に資産運用で賄おうという動きが出てきました。

 

年金だけだと将来が不安


 

急速な少子化と高齢化で、将来もえらえるはずの年金に不安が増している人が少なくありません。今までしっかりと支払ってきたのだから、その分はもらえないと困るという人も大勢います。40代女性の中には、そろそろ将来を見据えて公的年金以外の収入の確保方法を模索する動きも出てきています。

 

 

もらえるならそれに越したことはない年金ですが、人口減少も始まって本当にもらえるのかどうか不安は増すばかりです。40代の女性の人たちも、本当に65歳からもらえるのかしらと不安に思っている人も大勢いる状態になってきています。

 

 

こんなときだからこそ、老齢年金以外の収入の確保方法を考える必要があると言われ始めました。ただ、具体的にどう行動を起こすのかというと、民間の保険でカバーするという人もいれば、公的保険に上乗せで対応をするという人、不動産や株での投資などを考える人もいるわけです。

 

 

現役での労働を終えて豊かな老後を迎えられるようにするためには、収入確保が欠かせません。ただ、その収入を得るためにはいくつも方法があり、人によってそのベストな選択は様々というわけです。

 

 

一番よいのは、確実な公的年金ですがそれだけで豊かな老後を送れる時代は終わりました。そのため、色々と考えて行動を起こすときが近づいています。40代の女性もそうした動きを見据えている人、かつ行動に移している人が多くなってきているわけです。

 

年金で資産運用!?


 

 

公的年金以外にも私的な年金すなわち生命保険等での民間の保険などもあります。ただ、民間の生命保険は運用面で不安が残りますし、運用を民間企業が行う以上、損失が出る可能性も捨てきれません。したがって、公的なところあるいは制度面で優遇が図られるところでの年金運用による資産形成を図ること、そのことを視野に入れるときが来ているわけです。

 

 

昨今、新しい年金運用の方法が政府から発表され、にわかに注目を集めています。この新しい年金運用では、かつては対応していなかった厚生年金や共済年金現在では厚生年金へと移行しつつありますが、会社員や公務員も資産形成のために、新しい年金運用に加入が出来る時代になりました。

 

 

いわゆるイデコと呼ばれているものがそれで、加入希望者が自分で決めて加入を行い、運用を委託していくものです。掛け金が全額社会保険料控除として節税に繋げられるメリットもあり、注目が集まっています。

 

 

ただ、そうはいっても日本では古来より貯蓄こそが美徳として考えられてきました。したがって、急に制度が出来たからといって、すぐにこの制度を利用しようという人が爆発的に増えるとは限りません。

 

 

それでも社会保険料控除などの節税も含めて、新しい制度が出来たことは40代の働く女性などにとって魅力的に見ている人も大勢いるのが実態です。今後は、貯蓄から投資へと舵を切る人も増えていくと見込まれています。

 

年金を運用する方法


 

年金を運用する方法としては、一般的には公的なものは公的機関が運用し、生命保険会社などの民間企業などにあっては、民間企業が生命保険等への支出金、出資を募って対応に当たってきました。

 

 

ところが新しい制度では、運用先を自らが決めてさらに60歳になったときにもらうのかあるいは将来先々でもらうのかなどを決めることが出来る仕組みになっています。掛け金等も自由に決められますが、社会保険料控除のことを考え、また生活に必要な資金などもありますから、無理な出資は出来ません。それでも貯蓄で眠らせておくよりはと、こうした制度に魅力を覚え、行動に移している人が出てきました。

 

 

今後も、貯蓄では全く増えない状況からの脱却と40代女性の将来への不安などから、この年金運用はますます加速していきます。ただ、公的年金でも私的な生命保険等でも同じですが、株への過度な依存が目立つ場合には、暴落等により出資金が目減りする可能性は否定出来ません。

 

 

ましてや、これからの日本は人口減少ということで、経済活動そのものが縮小していくと考えられています。そのため、年金を株だけに頼るような運用では無く、幅広く様々な運用で手堅く収益を得られるようなものなども人気が出るとみられます。出資した人が損をしないである程度は利益を享受出来る仕組みが求められています。

 

 

 

会社員や公務員などのような労働者の中で、40代女性などのように将来の年金不安を感じる人が多く現れてきました。政府が新しい運用方法を示して節税なども歌うなどし、加入者の増加を見越しています。

 

 

40代女性はそろそろ現役リタイア後の収入を考えていく時期にさしかかっています。年金だけでは不安だと言うことで、この新しい運用での対応を考える人も少なくありません。ただ、まだこの制度自体が始まったばかりです。

 

 

貯蓄から運用へという動きが加速するかどうか、制度の成否がそこにかかってきますし、加入者増加及び将来への不安払拭になるかどうか、注目が集まっています。

 

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る