» 海外でまとまった収入がある場合の確定申告はどうすればいいの?のメインビジュアル  » 海外でまとまった収入がある場合の確定申告はどうすればいいの?のメインビジュアル

M life 記事

お金 2017.9.27

海外でまとまった収入がある場合の確定申告はどうすればいいの?

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

グローバリゼーションが進んだ現代社会でおいて海外で収入を得ると言う機会は今後ますます増えていくと考えられています。外国で生活をする機会があるかもせない人にとって確定申告の問題はしっかり調べておきたいことの1つになってきています。

 

海外での収入の扱い


 

基本的に海外での収入も国内での収入と同じように所得として扱われることになるのが一般的です。しかしながらそのような場合において日本国内でどのような生活をしているのかという点において扱いが分かれるのが現在の制度です。

 

 

そのため海外での収入についても国内での収入と同じように税金がかけられると言うのを基本的な認識として持っておく一方で、その収入の扱いがどのようになるのかについては個別に確認してみる必要があります。

 

 

海外でビジネスを行う企業が増加傾向にある現代社会において、一般のサラリーマンでも海外で生活をしなければならない機会が増えていくことが予想されます。場合によっては海外に拠点を置いて現地での生活を余儀なくされる場合もあるでしょう。

 

 

一次的な出向で済む場合もあれば、現地で長期間生活しなければならない場合もあるのです。いずれの場合も現地で給料を得て生活をすることになるのですが、日本人として日本に税金を納める必要があるのか、確定申告はどのようにすればよいのかについてはまだ勝目しっかりと把握しておかなければならない問題であると言えるのです。

 

 

テーマは税金になりますので、知らなかったでは済まされない問題に発展する可能性があります。確定申告の仕組みについては十分に理解しておくようにする必要があるでしょう。

 

住居者か非住居者か


 

海外の収入に対してどのように課税されるのか、どのように確定申告を行うべきなのかについては日本における居住者に該当するのかしないのかで決まる仕組みを持っています。

 

 

日本における居住者に該当しない人の場合には、何かしらの事情で海外に移住しそこで1年以上生活をしている場合が該当します。このような場合は海外の法律に基づいて収入に対する税金を納めることになります。そのため日本への納税が必要になると言うことにはあたりません。

 

 

しかしながら海外での生活が比較的短期であり日本に住んでいる住居者に該当する場合にあたっては、日本での収入も海外での収入も両方合わせて課税対象となる仕組みを持っています。これは一時的に海外に所得を持つような場合も含まれるので、日本に住んでいる場合にはすべての収入が課税対象になると考えなければなりません。

 

 

しかしながらそのような場合問題となるのが海外での収入に対して現地の税制に基づいて徴収されている場合です。海外の収入に対しては現地と日本の両方から税金を請求されることになるため二重課税になってしまうのが大きな問題となっています。

 

 

このような問題を解決するための仕組みも用意されていますので、日本の住居者である状態のまま海外の所得がそれなりにある場合においては、特別の控除の手続きを申請することで二重課税の問題をクリアすることができる仕組みになっています。

 

確定申告時のポイント


 

確定申告は日本の住居者の場合には必要となります。海外に移住することが確定している場合も、日本での住居者であった期間は確定申告の義務が発生するというのが一般的な流れです。

 

 

このような場合年度の途中で海外に移住した場合確定申告の手続きを自分で行うことができない場合もあり得ます。このようなケースにおいては確定申告の手続きを専門家に委託することでクリアすると言う仕組みが許されていますので、必要に応じて活用するのが良いでしょう。

 

この確定申告は海外に移住することが決まっているのであれば移住する日までで区切って必要な税金を納めなければなりません。また海外から戻ってきた場合も、日本の住居となった段階から課税対象になると考えるようにしなければなりません。

 

 

確定申告の際にそのような中身について明確にまとめなければなりませんので、あらかじめ知識として確定申告時のポイントについて理解しておくことが推奨されます。

 

 

このような仕組みについて十分に理解をしていない場合、誤った判断をしてしまうこともあります。このような問題は必要に迫られて初めて調べるケースも少なくありませんが、正しく的確な判断をするためにはあらかじめこの仕組みについて理解をしておき、間違いのないように対応できるよう準備しておく必要があるのです。このような対応するために必要な知識を身に付けておくことが大切です。

 

 

 

日本に納める税金については明確なルールが存在しています。その分かれ目となるのが日本の住居者がそうでないのかと言う点に集約することができます。もしも日本の住居者であるのであれば海外の収入も日本の収入もすべて対象となります。

 

 

しかしながらそうでないのであれば日本の所得だけを計算すれば十分であると言うルールになっているのです。このどちらに該当するのかは1年以上の期間海外に定住するのかどうかで決まる仕組みになっていますので、あらかじめそのような条件について把握しておくと良いでしょう。この違いについては十分な理解が必要です。

 

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る