マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 自分の資産を守るために身に着けたい「感情に左右されない損得勘定」のメインビジュアル  » 自分の資産を守るために身に着けたい「感情に左右されない損得勘定」のメインビジュアル

M life 記事

お金 2017.10.2

自分の資産を守るために身に着けたい「感情に左右されない損得勘定」

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

女性は男性と比べると感受性が強い方ですから、時には冷静な判断ができなくなる時もあります。資産やお金を増やすとき、損得勘定は必要だと思いますが、その時に「思考」を働かせて感情をブロックすることをおすすめします。

 

時に感情は判断を鈍らせる


 

感情は時には判断を鈍らせます。好きか嫌いかで損得を決めていると、せっかくのチャンスを逃してしまう時がありますから、注意してほしいです。感情を抑えて「どうすべきか」考えるのは、実は男性でも難しいやり方とも言えます。

 

 

人は感情で動きますから、それを上手く思考に変えるだけだと思っています。どうやって好き嫌いを抑えて、資産を増やしていくか一緒に考えていきましょう。

 

 

感情には喜怒哀楽がありますが、時には喜んで、ある日に怒ったりします。場合によっては哀しんだり、遊んでいる時に楽しんだりします。しかし、思考はそれらの感情を無視して、どうしたら良いか解決策を見つける機能でもあるので、少し難しい働きです。

 

 

資産家の多くは思考を上手く使って損得を見極め、資産を増やしていると思います。また、男性だけでなく30代から40代の女性資産家もいらっしゃいます。

 

 

思考を働かせるには、「事実を優先させる」必要があると言えます。事実はすでに決まっている事柄や法則を意味します。例えば事務の仕事をする時に、ルールに沿って段取りを組んで作業していかないと成功しないです。

 

 

好き嫌いを抑えてルールに沿うのも思考の一種です。失敗は損、成功は得と言えますが、失敗しないように考えるのも、損得で必要なスキルだと思います。ぜひ、試してみてください。

 

お金を使うタイミングで一回冷静になる


 

お金を使う前に一回、冷静になってみましょう。感情的な買物は「あれが好きだからほしい」で決めますが、思考的な買物は「これは役に立つから買うべきだ」という考えを優先させます。

 

 

好きな物は興味があったり気に入ったから好きになるわけです。それが実用性があるか考えると、必ずしもあるとは言えません。本人が良いか悪いか以前に、お金が入るかの問題となります。

 

 

思考だと実用性のない物や損得に関係ない物は省こうとします。利害を優先させる様子がありますが、特にデメリットを省きます。「合理的」と言いますが、そこに好き嫌いを無視するところが出てきます。

 

 

しかし、本当は「得したいから損は嫌だ」という考えが根本にありますから、人は結局のところ、好き嫌いで判断しているのだと思います。

 

 

男性は理屈っぽいところがありますが、利己主義な考えがポイントです。全ての人がそうとは言えないですが、好き嫌いをストレートに出さないで損得勘定していますから、感情が置き去りになりがちです。

 

 

話を戻しますが、お金を使う前に一回冷静になると良いと思います。好き嫌いを抑えて、「自分に本当に必要か・得になるか」考えてみてください。目の前に1万円のぬいぐるみがありますが、それを買って飽きた後に、売るといくらになって、いくら損するか、後先のことを考えて計算する行為を思考と呼びます。

 

自分にとって得か損か


 

けれども、資産やお金の話は置いて自分にとって得か損だけの話になると、視点は変わります。1万円のぬいぐるみが前から欲しくて、買った時にものすごく嬉しいなら、本人には得です。欲求が満たせた時や願いが叶った時に精神的な得をゲットできます。

 

 

実は損得にも具体的なものと抽象的なものがあり、具体的だと資産やお金です。抽象的だと欲求や快楽となりますが、どちらもセットになっていると思います。

 

 

損得勘定も欲求から来ますから好き嫌いも出てきます。どちらが強くなるかで、具体的か抽象的か優先させるのは本人次第です。色々な考えや価値観がありますから、自分にとって得するやり方を見つけて欲しいです。

 

 

もしも30代から40代の女性が資産やお金を優先したいなら、抽象的な得を抑えて、具体的な得に意識を向けていく必要があるはずです。「利益になるか・どうすべきか」を意識して、やり方を考えていくと自然に計算にも思考にも強くなっているでしょう。人は一人では生きていけないですから、困ったら思考が強い友人に相談したり、意見ももらうと何かヒントになると考えます。 

 

 

女性は直感が鋭い人が多いです。実は「思考は段取り、直感は答え」と言えますが、思考が苦手なら直感を上手く使って、損得を判断するのも良いと思います。直感はギャンブルや投資、株に大役立ちですから、時には女性が有利になるはずです。

 

 

 

感情、好き嫌いは時には判断を鈍らせますから、注意してください。好き嫌いを抑えて「どうすべきか」意識を持っていって、損得勘定したり計算するとお金や資産を増やすポイントになります。思考を使うコツは事実に沿って、ルールに従っていくと使いやすくなるはずです。

 

 

お金を使う時に一回、冷静になってください。好き嫌いを抑えて、買う物が本当に必要か考えてから使うと散財を抑えられます。けれども、本当に欲しいなら精神的な得をゲットできますから、お金や資産以前の問題なら買って損はないと思います。資産やお金が欲しいなら損得勘定は必須なはずです。

 

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る