» 独身者と既婚者で課税される金額はどう変わる?のメインビジュアル  » 独身者と既婚者で課税される金額はどう変わる?のメインビジュアル

M life 記事

お金 2017.10.2

独身者と既婚者で課税される金額はどう変わる?

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

独身者の場合と既婚者の場合とでは、税金の負担が違い、特に扶養に入っているときには社会保険などの負担もしなくて良い場合がほとんどです。そのため、独身で過ごしていく人の中には不公平感があるともよく言われています。

 

既婚者が使える配偶者控除


 

既婚者の場合には、配偶者が主として稼いでくることから、家事を中心にパートなどの補助的な収入源と見なされるようになっていました。社会保障や税金の負担でも独身者よりは配偶者として扶養に入る方が、負担は少なくなる傾向にあります。

 

 

ただし、この配偶者控除は、パートなどであっても収入が大きい場合には、この控除が受けられなくなります。それでも段階的に控除額が少なくなっていく仕組みすなわち特別配偶者控除としてある程度の優遇措置が設けられているところです。

 

 

税負担で問題になるのは所得税と住民税ですが、いずれの税も特別配偶者控除の場合、課税される可能性が高くなります。ただし、急激な負担になることは少なく数千円から数万円程度を年間で負担するイメージで問題はありません。

 

 

配偶者控除では、よく103万円の壁と言われています。この仕組みは基礎控除38万円と給与所得控除の65万円の合計103万円までの収入なら、控除により課税されることはないような制度になっています。

 

 

このようにこの103万円の壁が、独身者にとっては優遇措置に見えてしまうことで、お金の面で不公平感を生み出す原因になってしまっています。ただ、収入をもっと稼ぎたい人にとってはこの壁が反対にネックになることも有り、人それぞれ色々な思いを抱くことにもなっているわけです。

 

働く女性には障壁になる


 

独身者にとっては103万円の壁というのはありません。基礎控除と給与所得控除で確かに103万円にはなりますが、独身ですからこれ以上の稼ぎが実際には無いと生活そのものが厳しいのが現実です。したがって、よほど収入が少ない人で無ければあまり気にしない数字になります。

 

 

既婚者の人にとってはこの103万円が大きな壁に見えてしまうことが往々にしてあります。もっと稼ぎたいという配偶者にとっては、この収入の壁が仕事をセーブしてしまわざるを得ない状況に陥らせているものです。出来ればもっと稼ぎたい、仕事がしたいという配偶者の不満が高まるのも無理はありません。

 

 

さらに問題になり得るのが、主として稼いでいる人側の給料に何らかの助成が付いている場合です。配偶者が家庭にあって支えているから、しっかりと仕事を出来ているのでそのフォローとして手当を支給している場合がままあります。

 

 

その配偶者がしっかりと働くような立場になると、その手当の意味が薄くなったりあるいは意味が無くなってしまいます。この点で、働く女性にとっては障壁になっている現状が現在の日本というわけです。

 

 

夫婦共働きが当たり前になっている現状では、あまり現状に即した制度にはなっていない、かつての高度成長期などの時には有効な制度の名残と言って良いものなので、現在には合っていません。今後政治側で制度変更がなされていく可能性は高まっています。

 

自分に関わる制度は調べておきましょう


 

配偶者控除や収入額による特区別配偶者控除などは、知っておかないと後々追徴課税などが発生したりします。しかもその際には延滞税などが付いているなど、問題がある状態です。したがって、こうした制度をしっかりと知っておいて対応をすることで、未然に無駄とも思える税金の負担を避けることに繋がります。

 

 

既婚者の場合には収入額によって配偶者控除から特別配偶者控除、さらにその特別配偶者控除には段階がいくつかあり、その額に応じて金額の変動があります。こうしたことを知って対応をすることが求められているわけです。昔のように、主として稼いでいる事業所の庶務などが懇切丁寧に教えてくれる時代では亡くなりましたので、余計に正しい知識が求められています。

 

 

また、配偶者手当などが受給出来る場合には、その要件も調べておかなければ行けません。その要件を満たしていない場合特に考えられるのは収入面でオーバーしているようなときですが、条件を満たさないのに受給していると、不正受給と見なされるおそれが出てきます。場合によっては懲戒処分等の対象になりかねません。

 

 

既婚者だけでは無く独身者の場合でも、税金と社会保険、雇用保険等の制度と勤務先独自の手当、さらには福利厚生などの対応をしっかりと知っておくことが求められています。誰かが教えてくれるだろうでは、重要な情報を見落とす危険性がある時代なのです。

 

 

 

既婚者も配偶者もそれぞれ税金や社会保険、雇用保険等も含めて福利厚生などを自ら学ぶ時代になっています。雇用先がこうした面の削減を行っている以上、今現在における制度を自ら学んで対応をする姿勢が求められているのです。

 

 

特にお金に関するものは、雇用先でもかなり厳重に見ています。疑われたりしないように、また、正しく受給出来るように知識と行動が必要です。場合によっては政治や行政からの受給可能なものを調べる子動力も必要になりました。こうした行動が既婚者であれ配偶者であれ、それぞれがこの生活を無事に送ることが出来る原動力になるのです。

 

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る