マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 女性が得を出来る税務優遇措置にはどんなものがある?のメインビジュアル  » 女性が得を出来る税務優遇措置にはどんなものがある?のメインビジュアル

M life 記事

お金 2017.10.2

女性が得を出来る税務優遇措置にはどんなものがある?

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

日本には、女性が得をする税務優遇措置があります。お得な制度は、賢く利用することで経済的に楽になります。学生時代から将来のことを考え、得する制度を調べて備えている人も少なくありません。現在は、インターネットが広く普及しているおかげで、どのような制度があるかを一瞬で調べることができます。

 

 

メジャーな配偶者控除


 

日本には、配偶者控除や扶養控除があります。配偶者控除も扶養控除も、面倒を見る家族がいる人の税負担を軽くするための控除です。

 

 

子供など扶養親族が多い人は、それだけ生活費や学費がかかります。夫婦が共働きの家庭は、出産や育児によって収入がダウンすることも多いです、扶養親族がいる納税者には、一定の配慮をしてあげようという制度が扶養控除なのです。税の優遇措置として有名な配偶者控除は、扶養控除を配偶者にあてはめたものです。日本では、一般的に、夫が納税者で、妻が配偶者というケースが多いです。

 

 

会社で働いている人の場合、年末調整があり、所定の書類に記載して会社に提出すれば、配偶者控除や扶養控除を受けることができます。配偶者控除の金額は、一般の控除対象配偶者の場合は38万円です。老人控除対象配偶者の場合は、48万円です。老人控除対象配偶者とは、その年の12月31日時点の年齢が70歳以上の人を指します。

 

 

配偶者が障害者である場合、配偶者控除の他に、障害者控除を受けることができます。障害者控除は27万円ですが、特別障害者の場合は40万円、同居特別障害者の場合は75万円を受けることができます。

 

 

その年の途中で結婚して会社を退職した場合、配偶者控除を受けられると考える女性は少なくありません。しかし、所得税は年収で考えます。ですから、退職時の給与の合計によっては、夫は配偶者控除を受けられないケースもあります。

 

103130万の壁」問題


 

日本でよく耳にするのが、103万円の壁と130万円の壁です。103万円の壁というのは、妻の年収が103万円であれば、夫が38万円の配偶者控除を受けることができる制度です。妻の収入に所得税がかからない場合、それだけ税金上有利になります。そのため、妻が収入を考えるときに103万円がひとつの目安となっているのです。

 

 

103万円は、給与所得控除と基礎控除を足したもので、扶養に廃つている配偶者の収入が社員やパートなどの給与であれば給与所得控除を使うことができ、上限が103万円になります。

 

しかし、配偶者がフリーランスで収入を得ている場合など給与以外の収入になると、給与所得控除が使えないのです。この場合、基礎控除にあたる38万円が、配偶者控除を受けることができる上限となります。

 

 

配偶者は、働き方や収入を得る方法により、利用できる控除と控除額が変わるため、注意する必要があるのです。

 

 

扶養の収入制限を超えた場合でも、別の控除に該当する可能性があります。その控除とは、配偶者特別控除というものです。ですから、103万円を超えても、その時点で控除額がゼロになるというわけではないのです。

 

 

130万円の壁は、社会保険の壁です。妻の年収が130万円以下の場合は、社会保険料を負担する必要がありません。しかし、年収が130万円を超えてしまうと、扶養から外れて自分で社会保険料を負担する必要が出てきます。

 

 

配偶者の女性が税の優遇措置を受ける場合、注意するポイントがいくつかあるので、その点を把握しておく必要があります。

 

制度をどう考えるか


 

女性の中には、税の優遇制度についての知識があまりなく、夫にすべて任せてしまっている人もいます。しかし、家庭の収入に大きく関わってくる問題なので、配偶者側の女性も税制度についてはしっかりと把握しておく必要があります。隅々まで税の優遇措置を把握していれば、後で知らなかったと後悔することがありません。

 

 

法改正があった場合も、逐一チェックすることが大事です。税金や社会保険の負担を避けるために、仕事を控えている女性は少なくありません。しかし、能力があるのに仕事をセーブするのは、世帯年収を上げるチャンスを逃すことにもつながります。

 

 

配偶者の年収がどのくらいであれば、損をしないで世帯年収を上げることができるのか、所得税や社会保険料などの負担を考慮しながら、計算ツールを使ってシミュレーションしている女性も少なくありません。

 

 

雇用状況や働き方により、収入も支払う税金も違ってきます。社会保険料の支払いが大変でも、長い目で見ると病気やケガをした時に手厚いサポートを受けることができたり、生活の基盤を安定させることができるというメリットがあります。

 

 

世帯のライフプランは、長いスパンで考えることが大事です。将来のことも考えて、現在の働き方を選択している人は多いです。インターネットを利用すれば、税金に関する新しい情報をすぐに入手することができるので、定期的にチェックすることが大切です。

 

 

税の優遇措置を賢く活用することは、家庭を預かる主婦にとって重要なことです。2016年末に発表された税制改正では、配偶者控除の大幅な変更が大きなニュースとなりました。税制が改正された時は、新しい情報に素早く対応する必要があります。

 

 

最近は、税金に関する専門のサイトも増えており、欲しい情報を素早く知ることができます。また、税理士事務所の中には、無料で税の相談を行っている事務所も増えています。税金のことで迷った場合は、税の専門家に相談するという選択肢もあります。税務署でも、様々な相談を受け付けているので、活用している人は多いです。

 

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る