» 出費を抑える!給料管理のテクニックのメインビジュアル  » 出費を抑える!給料管理のテクニックのメインビジュアル

M life 記事

お金 2017.10.24

出費を抑える!給料管理のテクニック

<

 

お金を効率よく貯めるためには、給与を受け取る時点ですぐに仕分けをするなど管理を徹底する必要があります。収入を得る側から決められた口座に振り分けるなど、工夫をすることで効率よく貯蓄することが出来るメリットがあります。

 

給料をおろし目的別に分け、貯金は専用口座へ


給料日に何となくその時に必要な金額を引き出し、それ以降もなくなるたびに銀行で引き出すという人は少なくありません。しかし、残高に余裕があるからと言ってその方法を行っているとお金が貯まりにくくなるケースがあります。

節約しているつもりでも、無駄遣いに気づいていないこともありますし、必要な時に必要な分だけお金を引き出していたのでは何にいくら使ってトータルでいくらかかったのかが明確化されにくくなります。

給料がでたらまずは目的別にお金を分ける習慣をつけるのがポイントです。給料から毎月支払わなくてはならない固定費や食費、教育費や雑費などを用途別に分けることで無駄遣いを防ぐことが出来ますし、分けた金額以上には使えないようにしておけば、無駄な出費も防ぐことが出来ますしお金を使う時に冷静に判断できるようになります。

 

給料が入った時に貯蓄したい分は専用の口座に移してしまうのも重要です。貯蓄用の専用口座は基本的に出金はせず貯蓄専用の口座として管理するのがお金をスマートに貯める方法です。

 

お金の管理と言っても難しいことはなく、給料が出たら決められたお金を専用口座にうつすだけですし、金融機関のサービスで自動的に他の口座に決められた金額を振り分けて貯金してくれるサービスがありますので、お金の管理が苦手な方は利用すると良いでしょう。

 

使えるお金は一週間ごとに封筒分け


お金はあればあるだけ使ってしまう、お金がないと心配という方はまずは一週間で使う分のお金を封筒に分けてしまう方法が最適です。

 

これは一週間で使っても良い金額をあらかじめ封筒に入れており、その予算の中でやりくりする方法で、とてもシンプルですが予算内で計画的に出費する癖をつけることが出来る得策です。

 

毎週予定が違うので、出費は予測できないと考えている方は、初めの付きは少し余裕を持たせて分けておくと良いでしょう。その予算でクリアできたら次の月にはもう少し少ないお金を封筒に入れておき、その金額で生活できるように工夫をしましょう。

 

使えるお金を一週間ごとに管理するのは初めのうちは戸惑うことも多いかもしれません。又、州の最後のほうになると慣れないうちは少ないお金でどうやって過ごせばよいか不安になるケースもあるでしょう。

 

しかし、そこで工夫をすることでスムーズに貯金をすることが出来るようになりますし、貯蓄が苦手な方には最適の方法です。

給料を口座に入れっぱなしにしておくとなくなるたびに出金するため一週間にいくら使っているの変わりにくくなりますが、あらかじめ決められた金額しか入っていないのであればその予算内で生活する工夫が出来ますし、ゲームを攻略する感覚で行えば楽しみも増えます。食費の把握のため、食品の買い物を一度に済ませるのも一つの方法です。

 

一日ごとに使えるお金を意識することが大切


毎日を過ごす上でお金は欠かすことが出来ませんが、食事やショッピング、税金や公共料金などの支払いで出費を伴うケースは多々あります。

 

先述の一週間ごとの予算を封筒に入れておく方法は、ただ漠然とその中からお金を使っていると週の終わりになって足りなくなることも少なくありません。

 

そのために、一日ごとにいくら使うことが出来るのかを把握しておくのがポイントととなります。

例えば、給料から貯蓄分の金額を別で貯金して、家賃や光熱費などの固定費はクレジットカードで支払っている場合、一か月に使うことが出来るお金が16万円のケースでは、1週間ごとに使える封筒に入る金額は4万円になります。4万円を一週間で使うには1日当たり約5700円まで使うことが出来る計算になります。

この金額を意識して過ごすことで、ほとんど使わなかった日の次の日は少し出品が増えても心配する必要はありませんし、出費が続いた日の次の日はその金額を意識していれば自然と無駄遣いをしなくて済むようになります。

 

一日ごとに使うことが出来るお金を意識することで、一週間を計画的に過ごすことが出来るようになり、それが1か月の支出を大きく左右することになります。基本的には無駄を省きできるだけ必要のない出費を防ぐのを意識するのがお金を貯める近道で、あまりシビアにならなくても良いので意識だけはしておくと良いでしょう。

 

給料の管理をするテクニックとして欠かせないのが出費の削減です。出費を抑えるのが苦手な方にお勧めなのが封筒にあらかじめ一週間分の生活費を入れておき、その予算で生活する工夫をすることです。

 

初めのうちは少ない予算でやりくりするのが大変と感じますが、慣れてくるとお金が貯まる工夫をしていることが実感できるようになり、達成感も得られます。

 

収入を増やすことも重要ですが、まずは出品を減らして無駄遣いをしないことを心がけるための工夫をすることで、一層お金がたまりやすくなります。

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る