結婚式でお祝いのためにご祝儀を渡しますが、包み方は知っているようでルールを間違って把握している人もいます。お金にまつわることなので、きちんと正しいルールを知っておきたいところです。出すときの袱紗も含めて確認しておきましょう。

必ず新札を用意しましょう


まず、大前提としてご祝儀の万券は必ず新札を用意するようにしましょう。お祝いごとには新しいお札を入れるのがルールなのです。

新札はなかなか手元にないことが多いですが、銀行に行けば簡単に手に入れることが出来ます。両替のコーナーに行くと新札を指定してかえることができるので、そこでお金を下ろすついでに新札にかえておきましょう。

働いていると普段銀行があいている時間になかなか行けないこともあるので、結婚式直前になって新札がないと困ることもあります。そういうことがないように、あらかじめ新札を何枚か準備しておいて包むのがおすすめです。直前に慌てずに済みます。

なぜこんなに新札にこだわらないといけないのかというと、やはり結婚式は新しい門出をお祝いするものであり、お金を渡せばいいというものではありません。まだ誰も使っていない、新しい綺麗な状態のお札がお祝いにはふさわしいのです。

もし当日に新札がないと気付いた時にはコンビニのATMでお金を下ろす時にも新札が出てくる時があるのであきらめずにゲットするようにしましょう。ボロボロの使い古されたお札が入っていると、新郎新婦もちょっとだけ悲しいかもしれません。

また、ないからといって5000円札などを使うのもやめましょう。難しいことではないので、あらかじめ準備しておくのがおすすめです。

ご祝儀袋の包み方と表書きの注意点


ご祝儀袋の包み方は、その袋のパッケージに記載されていることが多いのでそれをきちんと見て包むようにしましょう。たまにご祝儀袋の上の部分と下の部分を間違えている場合がありますが、それも無礼にあたるのでチェックしておきましょう。

この包み方についてはご祝儀袋のデザインによってかなり異なるので、いつもこうしているからと適当にするのは危険です。

また、ご祝儀袋の中にはお金を入れる袋がもう一つ入っています。そこにはおもて面に住所、名前と裏面に何円包んであるかを記載します。自分がお祝いで入れるお金だからいくらかを書くのはちょっといやらしいのでは、と思うかもしれませんがいくら包んであるかを書くのは大切なルールです。

なぜかというと、ご祝儀どろぼうにとられてしまう可能性があるためです。そんなことあるの、と思うかもしれませんが実はまだご祝儀どろぼうはあることで、全部抜き取るのではなく一万円だけ、などちょっと抜き取るどろぼうは存在します。

そのため、自分はこれだけ包みましたよ、という証明のためにも金額はきちんと記載しておきましょう。また、その時には数字で書くのではなく三萬円、というように記載するようにしましょう。

このように、包み方と表書きにはちょっとしたルールがあるので包んだ後にルールを守れているか改めて確認しましょう。

ご祝儀袋を包む袱紗にもマナーがあります


また、ご祝儀袋を出す時には袱紗に包んで出すようにしましょう。袱紗がない場合には白の飾りのない絹などのハンカチに包んで出すのがルールです。

袱紗はその会の内容によって使う色が決まっており、結婚式などのお祝いの会には赤やピンクなどの赤系の色のものを使いましょう。青系はお葬式などで使われる色ですので、選ばないように注意してください。

あまりこのような機会に出ることはないので両方買うのはちょっとな、という人には紫色でしたらどちらでも使えるのでおすすめです。お祝いごとにも、お悔やみの場合でも使えます。

また、最近は袱紗にもいろいろなおしゃれなデザインのものが販売されています。例えばデニムの生地ででてきているものや、ラメが入った生地のもの、パールなどの飾りがついた華やかなものも売られています。

昔はほとんどデザインのない、シンプルなものが多かったのでかなり進化しています。せっかくの大切なお祝いのシーンなので、おしゃれで自分らしいものを持ちたいという人が増えているのでしょう。

これらのデザインは特にルールはないのですが、あまりにも派手すぎるものは避けるようにしましょう。キャラクターのものや色が派手すぎるものはちょっと子供っぽいので、ルールは特になくてもあまり結婚式などのシーンには適しませんので注意しましょう。

このように、ご祝儀袋にもいろいろなルールがありますが、難しいものはないのでしっかり守るようにしましょう。大切なのはルールそのものを守るというより、お祝いの気持ちを伝えるということです。

大切なお友達や親族などのお祝いごとなので、変な意味で目立たないように注意しましょう。最近はこのようなルールのあるシーンはかなり減っていますが、結婚式は新郎新婦の親族も出席して、ご高齢の方もたくさんいらっしゃるので昔ながらの決まりを気にする人も多いかもしれません。

新郎新婦のためにも、しっかり守れているかチェックしましょう。