マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 定期預金キャンペーン徹底比較!夏・冬ボーナスの預け先総まとめ!のメインビジュアル  » 定期預金キャンペーン徹底比較!夏・冬ボーナスの預け先総まとめ!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.3.30

定期預金キャンペーン徹底比較!夏・冬ボーナスの預け先総まとめ!

 

マイナス金利政策時代を生きるうえで、少しでも高金利の定期預金を利用したいという方は多いのではないでしょうか?ネット銀行を中心にさまざなな金融機関が高金利定期キャンペーンを実施しています。今回は各金融機関の定期預金キャンペーンを徹底比較します。夏・冬ボーナスの預け先候補を選択する際に参考になるので、ぜひ最後までお読みください。

 

ボーナスは預金派が多数!高金利定期キャンペーンを利用しよう!

 

もらってうれしいボーナスですが、冷静かつ堅実に貯金するという方が多いようです。貯金好きの方は預金通帳の残高を見てついつい笑みをこぼしてしまうでしょう。大事なお金を少しでも増やすために、高金利定期キャンペーンを積極的に利用しましょう。高金利のキャンペーンは期間限定で実施されていることが多いため、キャンペーンが集中する時期を知っておくことが大切です。新規口座開設で現金をプレゼントしてくれる魅力的なキャンペーンも存在します。ここでは、キャンペーンが打ち出される時期や現金プレゼントなどの特別なキャンペーンについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

狙い目は夏と冬のボーナス時期、6月と11月

定期預金を新しく始めるのに適した時期は6月と11月です。なぜなら、6月と11月は夏と冬のボーナス時期と重なるため、魅力的なキャンペーンを打ち出す金融機関が多いからです。この時期にさまざまなキャンペーンをチェックし、比較検討すると得することができるのです。

 

新規口座開設でさらに現金プレゼントも!

各証券会社・銀行は新規口座開設で数千円の現金をプレゼントするというキャンペーンを実施しています。各キャンペーンの概要を説明していきます。

 

<SBI証券で2000円>

SBI証券でつみたてNISAの新規口座を開設し、SBIハイブリッド預金に振替を行うことで、抽選で2000名の方に2000円の現金が当たります。2018年3月31日までに申込を完了させ、2018年4月30日までに振替を行うことがキャンペーンエントリーの条件です。

 

つみたてNISAは年間40万円までの投資を行い、それを最長20年間運用して得られた利益が非課税になるという制度です。コツコツ資産形成をしていきたいという方におすすめの制度なので、興味のある方はキャンペーン期間内で口座開設・振替をすると良いでしょう。

 

SBI証券は大手ネット証券会社として利用者数を伸ばしています。豊富な商品ラインナップが特徴で、投資信託などは2000本以上を取り揃えています。また、100円からの積立投資や毎日積立などの幅広いニーズに応えるサービスも魅力的です。キャンペーンをきっかけにさまざななサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

出典:つみたてNISAキャンペーン(SBI証券)

https://www.sbisec.co.jp/

 

<岡三オンライン証券で5000円>

岡三オンライン証券で新規口座開設・入金をすることで、現金5000円がプレゼントされます。2018月3月31日までにタイアップキャンペーンページから口座開設の申込を行い、2018年4月27日までに5万円以上入金することがキャンペーン応募の条件になります。

 

岡三オンライン証券はその豊富な商品ラインナップと独自の投資家向けレポートが特徴です。さらにパソコンでの取引用ツールはもちろんのこと、スマートフォンでの取引用ツールも充実しており、使いやすいという定評があります。さまざな情報を駆使して投資を成功させたい投資家の方、また新しく投資を始めたいという方はキャンペーン期間中の口座開設をおすすめします。

 

出典:タイアップキャンペーン(岡三オンライン証券)

https://www.okasan-online.co.jp/

 

<楽天銀行で3000円>

楽天銀行で新規口座を開設し、さらにさまざまなサービス利用、証券口座開設などの条件をすべて満たせば、最大で3000円の現金がプレゼントされます。まずは2018年3月31日までに新規口座開設を申し込むことから始めましょう。

 

楽天銀行は口座数600万を超える大手ネット銀行です。楽天グループが提供するサービスと相性がよく、ポイントが貯まるキャンペーンなども頻繁に実施されていることが人気の要因です。実店舗を持つ銀行よりも比較的金利が高いため、新たな預金先を探している方はキャンペーン期間中に利用開始すると良いでしょう。

 

出典:はじめてのご利用で最大3000円プレゼント!(楽天銀行)

https://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/rakuten/showtime/

 

 

<ソニー銀行で3000円>

ソニー生命のライフプランナーの案内からソニー銀行で新規口座開設し、30万円以上を預けることで3000円がプレゼントされます。ソニー生命のライフプランナーに保険の見直しを頼みたいという方はこのキャンペーンを利用すると良いでしょう。

 

ソニー銀行はソニーフィナンシャルグループの金融機関です。ソニー銀行の魅力は利用のしやすさでしょう。セブンイレブンとミニストップのATMなら何度利用しても出金手数料が無料です。さらに手数料無料で他行からソニー銀行に毎月一定額で入金できる「おまかせ入金サービス」があります。銀行を利用するうえで気になる手数料を負担せずに済むようにしてくれているので、中長期的に利用したいという方にとってはうれしいサービスだと言えるでしょう。

 

出典:ソニー銀行 口座開設|ソニー生命のライフプランナーからのご案内によりお申し込みいただくお客様へ(ソニー銀行)

https://o2o.moneykit.net/NBP000189G01.html

 

今、最も高金利の預け先は?定期預金キャンペーン比較!(3/1時点)

 

それでは、2018年3月1日現在実施されている定期預金の高金利キャンペーンを見ていきましょう。それぞれの利率や預入期間、キャンペーン期間、預入条件などの詳細な情報を掲載するので、商品を比較し、自分に合ったものを選択するようにしてください。

 

住信SBIネット銀行 円定期預金特別金利キャンペーン

住信SBIネット銀行が実施している円定期預金特別金利キャンペーンは通常税引き後0.01%である円定期預金の利率が税引き後0.15%になるというお得なキャンペーンです。預入期間は6ヶ月ものと1年ものがあり、最低1000円から預けることができます。キャンペーン期間は2017年12月4日から2018年3月4日の3ヶ月間ですが、このキャンペーンは年2回程度行われているので、今回の申込を逃した方も今後チェックをしていれば、利用できるかもしれません。新規口座開設が必要などの条件もなく、これまでに住友SBIネット銀行を利用していた方も参加できるキャンペーンです。お金を預けるため、ネット上の住信SBI銀行のキャンペーンページから申込を完了させ、その後コンビニ等にある提携ATMから入金する必要があります。

 

住信SBIネット銀行は大手ネット銀行であり、数多くの利用者がいます。ATMを使用する際の手数料は出金が月2回以上、振込は月1回以上が無料になります。SBI証券の証券口座との相性が良いハイブリッド預金を利用すれば、取引がスムーズになるだけではなく、普通預金の金利が上がるといううれしいサービスもあります。このキャンペーンを機会に継続的に利用したい金融機関だと言えるでしょう。

 

出典:円定期預金特別金利キャンペーン(住信SBIネット銀行)https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/1193196_1552

 

 

楽天銀行 預金残高2兆円突破記念キャンペーン

楽天銀行は全ての預金残高が2兆円を突破したことを記念して、通常税引き後0.015%である円定期預金の利率を税引き後0.095%にするというキャンペーンを打ち出しています。預入期間は6ヶ月で、最低預入金額は1000円です。キャンペーン期間は2018年2月20日〜2018年3月19日の1ヶ月間です。こちらのキャンペーンには特別な条件がなく、楽天銀行を初めて利用する方も今まで利用してきた方も参加できるキャンペーンです。キャンペーンに参加するためには、インターネットの楽天銀行のホームページからキャンペーンの申込をして、コンビニなどの提携ATMを使って入金を完了させましょう。

 

楽天銀行は楽天グループの金融機関です。実店舗を持たないネット銀行で、口座数はその中で群を抜いています。ネット証券大手の楽天証券と連動したサービスである「マネーブリッジ」を利用すれば、投資が簡単にできるようになるだけでなく、普通預金の金利が通常の約5倍になるのです。さらに楽天グループが提供するサービスで利用できる楽天スーパーポイントを入出金をすることでもらえるので、楽天市場でショッピングをする方や楽天トラベルを利用して旅行を楽しみたい方におすすめです。また、申込から利用できるまでが早く、すぐにネット銀行を利用したいという方にとっても良い金融機関だと言えます。

 

出典:預金残高2兆円突破キャンペーン(楽天銀行)
https://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/enteiki-180220.html

 

大和ネクスト銀行 特別金利キャンペーン

大和ネクスト銀行が打ち出している特別金利キャンペーンは、円定期預金の通常税引き後0.079%の利率が税引き後0.318%になるというものです。1年定期500万円コースと1年定期1000万円コースがあり、このいずれかを選択します。キャンペーン期間は2017年12月1日〜2018年3月30日の4ヶ月間です。

 

キャンペーンに参加するための条件は『2017年11月1日 (水) 以降、新たに大和証券の口座および大和ネクスト銀行の円預金口座の両方を開設された「ダイワ・コンサルティング」コースの個人のお客さま』(大和ネクスト銀行ホームページより引用)ということになっています。キャンペーンの定期預金の申込は大和ネクスト銀行の本店・支店で行います。インターネットからの申込はできないので、注意してください。

 

大和ネクスト銀行は大和証券グループの金融機関です。大和証券との連携サービスを利用すれば、円定期預金の金利を上乗せされるなど、個人投資家にとってうれしいサービスがあります。さらに証券会社から派生した銀行ならではの相談サービスもあります。株式などでの運用の相談だけでなく、お金の貯め方全般に関する問い合わせにも回答してくれるので、迷ったときや困ったときに頼れるのです。

 

出典:特別金利キャンペーン(大和ネクスト銀行)
http://www.bank-daiwa.co.jp/campaign/information/en_campaign_171201.html

 

 

じぶん銀行 1か月もの円定期預金

じぶん銀行は通常の利率が税引き後0.02%の1ヶ月もの円定期預金に特別利率が上乗せされ、税引き後0.39%になるというキャンペーンを打ち出しています。じぶん銀行の円定期預金は1円の預入から始めることができますが、利息が1円以上にならなければ切り捨てられるため、最低でも数千円を入れるようにしましょう。

 

キャンペーン期間は2018年2月19日〜2018年3月31日までです。このキャンペーンはじぶん銀行からキャンペーンの案内がメールで来た方のみ参加できるというものなので、注意が必要です。もしも、じぶん銀行から案内メールが届いていたら、スマートフォンやパソコンからログインし、円定期預金作成時に表示される「円定期預金特別金利キャンペーン(1ヶ月もの円定期預金)」を選択して申込を完了させてください。

 

じぶん銀行は「au」などでおなじみのKDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資で設立されたネット銀行です。じぶん銀行のスマートフォンアプリは使いやすいということで定評があり、2017年グッドデザイン賞を受賞しています。また、KDDIが出資しているということだけあり、auユーザー向けの特典が豊富です。

 

auウォレットのポイントが貯まる、住宅ローンやカードローンの優遇などが挙げられます。この機会に、サービスが利用しやすく、auユーザーにはうれしい特典があるじぶん銀行にお金を預けてみてはいかがでしょうか。

 

出典:1ヶ月もの円定期預金特別金利キャンペーン(じぶん銀行)http://www.jibunbank.co.jp/pc/landing/20180219_kinricpn_1m/

 

 

新生銀行 ハッピーバースデー円定期預金

新生銀行は誕生日を迎える利用者に日頃の感謝の気持ちをこめて、通常税引き後0.01%程度の円定期預金の利率を最大0.3984%に引き上げるキャンペーンを行っています。預入期間は3ヶ月で、預入金額は100万円以上3000万円以下です。。誕生日は人それぞれなので、キャンペーン期間は通念ということになります。

 

このキャンペーンは新規で利用を始める方も、以前から新生銀行を利用していた方も参加できます。キャンペーンの申込をするには誕生日前月の初日から誕生日月の末日の間に新生銀行の店頭で円定期預金を作成してください。また、誕生日を迎える満60歳以上の利用者限定でさらに高い金利が適用される特別プログラムも存在するため、該当する方はチェックしてみると良いでしょう。

 

新生銀行は他行に先駆けてネット銀行事業を始めた銀行で、コンビニATMの出金手数料が何回でも無料、2週間満期預金などの手軽でユーザーに優しいサービスが魅力です。また、入出金でTポイントが貯まる、新規口座開設でANAマイルが貯まるなど、新生銀行を利用するたびにさまざまなポイントが貯まるので、お得感を感じることができます。これらの他にも利用者を驚かせるユニークなサービスがたくさん存在するので、キャンペーン参加と同時に、新生銀行について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

 

出典:ハッピーバースデー円定期預金(新生銀行)http://www.shinseibank.com/service/birthday_ytd/

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?ネット銀行を中心に各金融機関がさまざまなキャンペーンを打ち出していることがわかりました。ボーナスを上手に増やすためにも積極的に参加するべきでしょう。現金プレゼントや高金利になる期間限定のキャンペーンだけでなく、ネット銀行には店舗を持つ銀行にはない魅力がたくさんあります。今後の人生で効率よくお金を貯めていくためにも、現在ネット銀行を利用していない方は普段使いの銀行として検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る