豊かな老後生活のために、公的年金を補う資産形成方法として注目されているiDeCo(イデコ)。これからはじめようと思っている方におすすめなのが、SBI証券のiDeCoです。

おすすめするポイントや商品ラインナップ、実際の加入手続きなどについてご説明しています。iDeCoの金融機関選びの参考にしていただきたいと思います。

iDeCoってなに?

そもそもiDeCoとはどのような制度なのでしょうか。ここでは、iDeCoはどんな資産運用を行うのか、なぜiDeCoが注目を浴びているのかという点に迫っていきます。

税制上の優遇措置がある

iDeCoとは、自分で拠出した掛金を自分で選んだ方法で引用し、掛け金と運用で得た利益を給付金とする私的年金の制度です。加入は任意ですが、確定拠出年金法に基づいて実施されているiDeCoには、掛金の拠出・運用・給付金の受け取りについて税制上の優遇措置があります。

掛け金が全額所得控除になる

まずイデコを活用して拠出した掛金は、その全額が所得控除になります。たとえば、月々5,000円の掛け金を拠出していたケースでは、年間6万円が所得控除となり、所得税・住民税を軽減させることができます。

出典:国民年金基金連合会
https://www.ideco-koushiki.jp/guide/

運用による利益が非課税

次に、実際にイデコで資産運用をする際にも非課税メリットがあります。通常、投資信託などで運用して利益が出た場合、20.315%の税金が課税されます。それがイデコであれば非課税となり、その分を再投資に回すことができます。

たとえば、1万円の利益が出たケースでは、約2,000円ほどの税金がかかり、手元には8,000円ほどしか残りません。そこでイデコを利用することで、その2,000円の税金分も含め、再投資される仕組みとなっています。

出典:国民年金基金連合会
https://www.ideco-koushiki.jp/guide/

受け取る際にも税制優遇措置

そして、イデコで積み立てた資産を受け取る際にも税制優遇があります。まず、イデコの積立資産を受け取る方法は、年金形式や一時金形式、もしくはその併用を選択することが可能です。

年金形式で受け取るケースでは、「公的年金等控除」の対象となります。公的年金等の合計収入が65歳未満だと70万円まで、65歳以上だと120万円までは非課税となります。

国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1600.htm

また、一時金形式のケースでは、「退職所得控除」の対象となり、具体的な計算方法は、以下の通りです。

勤続年数が20年以下  40万円 × 勤続年数(80万円未満の場合は、80万円)

勤続年数が20年超   800万円 + 70万円 ×(勤続年数 - 20年)

出典:国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1420.htm

iDeCoの対象者は?

以前は自営業者や企業年金がない会社のサラリーマンに加入が限定されていましたが、20171月の改正により、原則として20歳以上60歳未満の全ての人がiDeCoに加入できるようになりました。(企業型確定拠出年金加入者は企業型年金規約で個人型との同時加入を認めている場合に限ります。)

出典:iDeCoってなに? 制度の概要 |国民年金基金連合会
https://www.ideco-koushiki.jp/guide/

少子高齢化や平均寿命が長くなったことに伴い、現役世代が高齢者の年金を支えるこれまでの仕組みでは、ゆとりある老後生活を送るためにはやや不十分となってきています。

このような事態を背景に、より豊かな老後のために自分で年金を準備できるiDeCoの対象者は拡大されました。

金融機関によって商品ラインナップが異なる

iDeCoを取り扱っている金融機関は、銀行や証券会社・保険会社など非常に多くありますが、加入する際にはその中から一つを選ばなくてはなりません。金融機関によって運用商品の内容や数、サポート体制等のサービスや月々の手数料などが異なります。激しい集客競争のため各機関とも様々な特徴を打ち出していますが、その中から自分に合ったサービス等を選ぶことが大切です。

人気を集めるSBI証券のを紹介!

そのような現状で、多数の金融機関の中でも人気を集めているのがSBI証券のiDeCoです。選ばれるポイントである運用商品やコスト・サービス等の特徴や、実際に加入する際の流れなどについてご紹介していきます。

SBI証券のiDeCoの特徴

SBI証券のiDeCoの特徴としては次のようなものがあります。

・運用コストの安さ
・商品ラインナップが豊富
・『ひふみ年金』が積立てできる
・SBI-iDeCiロボで分析ができる

それぞれの詳細については後述しますが、これからiDeCoを始める人にもおすすめのポイントです。

運用商品のコストが低い!

SBI証券のiDeCoの運用商品には手数料が低いものが数多く用意されています。長期的にコストを抑えることで、運用でより多くの利益を得ることも可能になります。

商品ラインナップが全67本と豊富

国内外の株式や債券・その他の様々な投資対象を組み合わせたバランスファンドを中心に、多様な運用ニーズに対応できる商品が取り揃えられています。元本変動型の投資信託63本のほか、定期預金や年金保険など元本確保型の商品4本、計67本と商品ラインナップが豊富です(2018年5月現在)。

人気アクティブ投信『ひふみ投信』のイデコ版、『ひふみ年金』が積立てできる

「ひふみ投信」とは国内株式を主な投資対象とするアクティブファンドで、独特の運用スタイルで人気を集めている投資信託です。SBI証券のiDeCoでは、ひふみ投信のイデコ版である「ひふみ年金」で積み立てをすることができます。

SBI-iDeCoロボにより、投資スタイルやおすすめの運用商品を分析できる

「SBI-iDeCoロボ」とは、SBI証券のiDeCoの運用商品の中から、その人のニーズにあった商品を選ぶためのサポートツールです。選ぶ時点で最新評価の高い運用商品の中から、リスクの程度や運用スタイルなど投資する人の意向に合わせた商品を提案するというものです。特にiDeCoをこれから始める人や、投資経験が少ない人におすすめのツールです。

出典:iDeCoでの運用商品選びをサポート!「SBI-iDeCoロボ」|SBI証券https://www.sbisec.co.jp/ETGate/?OutSide=on&getFlg=on&_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&burl=search_dc&cat1=dc&cat2=info&dir=info&file=dc_info170531.html&_scpr=int_pr1%3d171016_401k_401k:rclm3_bn_01

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

SBI証券のiDeCoの手数料

iDeCoに加入するときに、手数料はチェックしておくべきことの一つです。SBI証券のiDeCoは2017年5月19日から料金体系が変わり、手数料の負担が少なくなりました。

 SBI証券のiDeCo加入時に支払う初期費用が無料

iDeCoに加入するとき、または企業型年金等から個人型へ年金資産を移換するときには手数料が発生します。

手数料には国民年金基金連合会に支払う分と、証券会社などの運営管理機関に支払う分がありますが、SBI証券は加入・移換時の手数料が無料です。したがって、国民年金基金連合会への2,777円のみが加入時・移換時の手数料となります。

積立期間中にかかる口座管理手数料が無料

iDeCo加入期間中(掛金を拠出している期間中)には「口座管理手数料」が毎月かかります。

SBI証券のiDeCoはこの口座管理手数料が無料なので、国民年金基金連合会に支払う103円と、事務委託先金融機関に支払う64円の合計167円のみが月々かかる口座管理手数料です。

毎月の積立を実施しない場合にかかる費用が無料

SBI証券のiDeCoは、運用指図者(掛金を拠出せず年金資産の運用のみを行う人)にかかる口座管理料も無料です。運用指図者の場合は、事務委託先金融機関に支払う64円のみが月々の口座管理料となります。

出典:SBI証券はiDeCoの手数料がみんな0円に!【5/19(金)から|SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/?OutSide=on&getFlg=on&_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&burl=search_dc&cat1=dc&cat2=info&dir=info&file=dc_info170516.html

 SBI証券の商品ラインナップ

SBI証券のiDeCoの運用商品の中で特徴的なものをいくつかご説明します。SBI証券のiDeCoの運用商品は購入手数料が無料となっていますが、ファンドによっては途中解約時にコスト(信託報酬留保額)がかかります。(数字は全て2018年5月現在のものです。)

信託報酬が最安なインデックスファンド

SBI証券のiDeCoのインデックスファンドは、信託報酬が0.1296%~0.54%と低コストです。さらに取り扱っているインデックスファンドは29本とラインナップも豊富です。他の運営管理機関と比較しても、信託報酬の低さとインデックスファンドの数の多さはトップクラスとなっています。

出典:投資信託(元本変動型)|SBI証券https://site0.sbisec.co.jp/marble/insurance/dc401k/search/dc401ksearch.do?

実績が最も高い、SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>

投資対象を国内の中小型株式に特化したアクティブファンドです。財務や業績が安定していて成長性が高い割安な株式を厳選して投資しています。信託報酬は1.62%とSBI証券の運用商品の中ではやや高めですが、1年のトータルリターンは最も高い37.45%となっています。解約時には0.3%の信託財産留保額がかかります。高めのリターンが期待できる一方でリスクとのバランスも悪くなく、比較的投資しやすいアクティブファンドとして人気があります。

出典:SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>|SBI証券

https://site0.sbisec.co.jp/marble/insurance/dc401k/detail/achievement.do?s_rflg=1&Param6=89311164&_scpr003=insurance:401ksearch:search_result

為替リスクが心配な場合

「日興-インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)」は、海外債権を投資対象とし、海外主要国の債権市場の値動きに合わせた運用を目指すインデックスファンドです。投資資産の大部分は北米と欧州の海外債権です。

外貨建て資産に対しては為替ヘッジ(為替変動リスクを抑える方法)が行われるため、比較的高金利な海外債権に低リスクで投資したいという人に向いています。年0.2808%という低い信託報酬も魅力です。信託財産留保額はかかりません。

インデックスファンドということもありリターンはそれほど大きくありませんが、リスクとのバランスを考慮した評価は高く、iDeCoのような長期運用に向いている商品の一つです。

出典:日興-インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)|SBI証券https://site0.sbisec.co.jp/marble/insurance/dc401k/detail/achievement.do?s_rflg=1&Param6=0231402C&_scpr003=insurance:401ksearch:search_result

選択が面倒なら「iFree8資産バランス」

「大和-iFree 8資産バランス」は、国内外の株式や債券・リートなど8つの資産に均等に分散投資する、バランス型のインデックスファンドです。1年間のトータルリターンは6.51%と、バランス型インデックスファンドの中では平均的ですが、投資スタイルの分かりやすさから人気があるファンドです。信託報酬が年0.2376%と低く、長期的にコストとリスクを抑えて資産を運用したい人や、どの運用商品を選んだら良いか分からないという人にも向いています。

出典:大和-iFree 8資産バランス|SBI証券https://site0.sbisec.co.jp/marble/insurance/dc401k/detail/achievement.do?s_rflg=1&Param6=0431X169&_scpr003=insurance:401ksearch:search_result

 

人気のひふみ投信!これを始めたくてSBI証券を選ぶ人も

ひふみ投信はレオス・キャピタルワークス株式会社が販売・運用を行っている投資信託であり、国内の成長企業の株式を中心にリスクを軽減しつつ着実なリターンを目指す人気のアクティブファンドです。SBI証券では「レオスーひふみ年金」という商品でiDeCoを積み立てることができます。

投資対象や投資スタイルはひふみ投信と変わりありませんが、iDeCoなら税制優遇が受けられるというメリットがあります。信託報酬は年0.8208%となっています。ひふみ年金を現在運用商品として取り扱っている運営管理機関は、SBI証券やイオン銀行など数社に限られています。(2018年5月現在)

出典:レオス-ひふみ年金|SBI証券

https://site0.sbisec.co.jp/marble/insurance/dc401k/detail/achievement.do?s_rflg=1&Param6=9C31116A&_scpr003=insurance:401ksearch:search_result

SBI証券でiDeCoを申し込みする方法

SBI証券でiDeCoを申し込み、掛け金を拠出・運用し、老齢給付金として受給するまでの流れは次のようになります。

資料請求し口座を開設する

iDeCoに初めて加入する場合は、SBI証券のホームページにてお客様情報等を入力し、加入申込書類一式を資料請求します。自営業や会社員・専業主婦など公的年金の加入状況によって必要な種類が異なります。資料請求が完了すると、登録Eメールアドレスに確認のメールが届きます。資料が手元に届いたら内容を確認し、必要書類を作成してSBI証券に返送します。

加入審査と新規加入手続きを行う

返送した書類がSBI証券に届くと、受領確認のメールが届きます。その後、国民年金基金連合会での加入資格等の確認や手続きが終了すると、通知書が登録住所に郵送されます。SBI証券からは、iDeCo加入者向けサイトの「IDおよびパスワードのお知らせ」が発送されます。

出典:新規加入/変更手続き|SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/?OutSide=on&getFlg=on&_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&burl=search_dc&cat1=dc&cat2=flow&dir=flow&file=dc_flow.html

掛け金を拠出する

掛金の拠出額は5,000円を下限とし、拠出限度額の範囲まで1,000単位で任意に決められます。掛金額は毎年1月から12月の間で1回のみ変更可能です。

公的年金の属性による拠出限度額はこちらからご覧いただけます。

確定拠出年金制度の概要 |厚生労働省→http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/kyoshutsu/gaiyou.html

掛け金を運用する

運用商品の選択はSBI証券のiDeCo加入者サイトから行います。

(1)掛金配分の設定・変更

運用商品は加入者が自ら選択し、運用商品ごとに1%単位で掛金の配分が可能です。

一定期間を経過しても掛金の配分がされなかった場合は、SBI証券指定の運用方法で資産が運用されることになります。「指定運用方法」といい、運用方法は元本保証型の1年ものの定期預金となります(2018年5月現在)。

(2)資産の預け替え(スイッチング)

「スイッチング」とは、保有している運用商品の全部または一部を売却し、売却で得た利益で他の運用商品を購入することをいいます。商品によっては解約手数料等がかかる場合があるので、売却前に確認することが大切です。

なお、(1)と(2)の両方を変更したい場合は、順次別に手続きする必要があります。

 60歳になったら給付金を受け取る

iDeCoで運用した資産は原則60歳から受給できるようになり、受給開始時期は60歳~70歳になるまでの間で自由に決めることができます。ただし60歳になった時点で、加入者や運用指図者であった期間の合算が10年未満の場合は、受給開始可能年齢が61歳~65歳まで段階的に引き上げられます。つまり60歳から受給を開始したい場合は、50歳までにiDeCoに加入する必要があります。

給付金は退職金のように一括で受け取るほか、年金として分割で受け取ることもできます。いずれの方法にも所得控除が適用されるという税制上のメリットがあります。ただし給付される毎に所定の手数料がかかるため、分割で受け取る場合は受給回数の設定を考慮することが大切です。

出典:掛金の拠出から受取開始までの流れ|SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/?OutSide=on&getFlg=on&_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&burl=search_dc&cat1=dc&cat2=guide&dir=guide&file=dc_guide_03.html#p01

まとめ

・2017年1月より、原則20歳以上60歳未満の全ての人がiDeCoに加入できるようになった

・運用商品、コスト、サービス等が自分にあっている金融機関を選ぶことが大切

・SBI証券のiDeCoは、運用商品のラインナップが豊富で手数料も低くおすすめ。

・運用商品に人気のアクティブファンド「ひふみ投信」がある

・「SBI-iDeCoロボ」が好みの運用スタイルにあった商品選びをサポート

・加入申し込みや運用商品の選択が加入者専用サイトで行える

・給付の受取開始は原則60歳から可能。一括受取りや年金方式の分割受給が選択できる

・原則通り60歳から受給開始するためには、50歳までにiDeCoに加入することが必要