» 少額・初心者向け!おすすめの資産運用方法をリスク・リターン別にご紹介!のメインビジュアル  » 少額・初心者向け!おすすめの資産運用方法をリスク・リターン別にご紹介!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.7.18

少額・初心者向け!おすすめの資産運用方法をリスク・リターン別にご紹介!

 

 

皆さんのなかには、もっと収入を増やして趣味の海外旅行に毎年行きたい、もしくは子どもの教育費の足しにしたいなどとの思いから、資産運用を始めようと考えている方いらっしゃると思います。

 

ただ、何から手をつけて良いか分からず、なかなか初めの一歩を踏み出せないでいる方もいることでしょう。そこで今回は、そんな投資初心者の方でも少額から始められるおすすめの資産運用方法をご紹介します。

 

仮想通貨やFXのようにハイリスク・リターンのものから、株式投資や投資信託などミドルリスク・リターンなどリスク・リターン別に投資商品をお伝えしますので、長時間かけてじっくり資産形成を図りたいなど、皆さんの投資イメージに合う商品に投資することを考えてみてください。 投資の基礎からじっくり準備して、しっかり資産を増やし、ご自身の思い、目的を成し遂げましょう。

 

貯金では勿体ない!お金を増やすなら資産運用がおすすめ!

 

 

まず始めに皆さんのなかには、資産運用はまだ行っていないものの、計画的に貯金をされている方も多いかと思われます。せっかく貯金ができているなら、それを元手に次は資産運用で効率的にお金を増やしていきましょう。

 

貯金したお金を現金で手元に置いておくと100万円はいつまで経っても100万円ですが、仮にインフレーションといって物価が上がった場合、いままで10,000円で買えていたものが11,000円を支払わないと買えないということも起きます。

 

インフレーションによって、モノの値段が上がると、お金の価値を下げてしまいます。そこで貯金の次は資産運用をして、着実に資産を増やしていく必要があるでしょう。

 

普通預金では金利が低くてお金が増えない

まずお金を預けるといって思い浮かぶのは、銀行の普通預金でしょう。ただし、2018年現在、普通預金をしているだけではお金はほとんど増えません。中央銀行である日本銀行が経済を支えるためマイナス金利を導入したことにより、銀行各行が普通預金の金利を引き下げたからです。

 

例えばメガバンクの一つ、三菱UFJ銀行の普通預金は年0.001%(2018年6月29日現在)です。つまり100万円預けても年間10円しか増えないことになります。普通預金で得た利益だけでは、子どもの教育資金や病気、海外留学など急な出費をまかなうことは難しいでしょう。そこで預金だけでなく、その一部でも資産運用して着実に資産を増やしていくことが大切です。

 

出典:三菱UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/ippan/kinri/yokin_kinri.html

 

資産運用のメリット

次に資産運用のメリットについて考えてみましょう。もちろん資産運用をしてお金が増えることがメリットの一つ

 

これは「不労所得」といって、自分の体を動かさず、お金が自ら働いて増えていくイメージです。つまり資産運用によって、皆さんが寝ている間にお金が増えている、ということも可能なのです。

 

資産運用のリスク

メリットを知る一方で、リスクを知ることも大切です。まず、資産運用によってお金が減ってしまう可能性もあります。そこで資産を短期間で増やしたい、もしくは少しずつでも着実に増やしていきたい、といったニーズに合った投資商品を選ぶ必要があります。

 

資産運用を始めるまでのおすすめのステップ

 

 

資産運用を始める前段階として投資をする上での準備が必要です。そこで資産運用を始めるまでのおすすめのステップをご紹介します。

 

まずは貯金(資産形成)から始めよう

既に実践されている方もいらっしゃるかと思いますが、まずは毎月、毎年しっかりと貯金をして資産形成を図ります。投資にはあくまで余裕資金を回すことが大切です。

 

日々の生活資金を回して、仮に資産が減ってしまった場合、経済的にも精神的にも大変です。そのためにまずはしっかりと貯金をして投資の元手を作りましょう。

 

貯金できない場合は「節約する」「収入を増やす」

なかなか貯金に回せない方は支出を減らせないか考えましょう。無駄に高い保険にいくつも加入していないか、余計な固定費の支出を続けていないかなどを確認しましょう

 

加えて、少しでも投資の元手となる収入を増やせないか検討しましょう。その際、毎月家計簿をつけると収支把握でき、どのくらいを貯金や資産運用に回せるか確認できるので、ぜひ実践してみてください。

 

金利の高い普通預金・定期預金でお金を貯める

貯金ができたら少しでも金利の高い普通預金・定期預金でお金を貯めましょう。最近はネット銀行など比較的高い金利の預金を提供している銀行もありますので、インターネットなどで調べてみてください。

 

おすすめの資産運用方法をリスク・リターン別にご紹介!

 

 

ここからはリスク・リターン別の資産運用方法をご紹介します。まず始めに、実際に投資を始めるにあたり、投資にはどういった商品があるのか確認しましょう。

 

皆さんのなかには、10年、20年と時間をかけて資産形成を図ろうと考えている方もいらっしゃるでしょうし、もっと短期間で資産を増やしたいと考える方もいらっしゃることでしょう。

 

そこで、個々人それぞれの目的やタイムスパンなどに合わせて最適な投資を行っていただけたらと思います。

 

ローリスク・ローリターンの資産運用方法

まずはローリスク・ローリターンの資産運用方法です。

 

銀行預金

銀行預金は銀行が破綻などしなければ、元本が目減りすることはありません。一方で金利は非常に低いため、ローリスク・ローリターンの代表格といえます。先ほどもお伝えしましたが、インターネットなどで検索して、少しでも金利の高い普通預金・定期預金でお金を貯めましょう。

 

個人向け国債

次に個人向け国債。国が発行している個人でも購入できる国債です。定期的に利子(2018年6月29日現在、固定金利5年物で0.05%、財務省HPより)が支払われます。満期になれば額面金額100円につき100円が償還され、投資した元手が目減りすることなく戻ってくるので安心できます。

 

銀行や証券会社などの金融機関で1万円から購入できます。そのため、銀行預金の一部で個人向け国債を購入し資産運用を図ることができます。

 

国内債券

そして政府や地方公共団体、企業などが発行する国内債券。個人向け国債同様、定期的に利子を受け取ることができ、満期に元本が償還されます。債券の発行体が国ではなく地方公共団体や企業のため、受け取れる金利などに多少差があります。

 

ミドルリスク・ミドルリターンの資産運用方法

次にミドルリスク・ミドルリターンの資産運用方法です。

 

株式投資

一般的に株式投資は、企業が発行する株式を売買することにより、その株価の値上がり、つまり「キャピタルゲイン」を狙ったり、毎年もらうことが期待できる配当金、つまり「インカムゲイン」を狙ったりする投資です。

 

株式投資は一日の間で売買を繰り返し行う短期的な投資もできますし、数年スパンでじっくり株価の上昇を待つ方法、配当金をもらい資産形成を図る方法もあります。なお株式は、100株からや1株からというように、会社によって最低限必要とされる売買単位がありますので、投資金額はそれぞれ確認する必要があります。

 

また、株式投資累投(るいとう)といって、毎月1万円など、一定の金額で株式を買い続けていく株式投資手法もあります。株式投資の初心者にとっては、少額から始められるので、手軽に投資をスタートできると言えるでしょう。

 

投資信託

投資信託は、投資家から集めたお金を運用のプロが株式や債券などで運用する商品です。そして運用により利益がでれば、投資家に分配される一方で、運用で損失がでたら元本が目減りすることになります。

 

運用をプロに任せられる点や、国内外の株式や債券、不動産などに分散投資をできる点がメリットでしょう。一方で、投資信託には持ち続けている間、「信託報酬」という管理費用がかかります。

 

投資信託での運用は長期間にわたりじっくり資産形成を図ることが多いため、この信託報酬を抑えることも大切になるでしょう。一般的に、純資産総額に対して年0.5~2%かかります。

 

外貨預金

次に外貨預金。こちらは日本円ではなく米ドルなど外国の通貨で預金することです。一般的に日本円で預金するより金利が高いことが多いです。

 

ただし、日々の為替相場によって元本が目減りすることもありますので注意が必要です。預金したときよりも円安になると円に換算した資産が増え、円高になると円換算の資産が減ることになります。

 

外国債券

外国債券は国内債券と違い、発行市場や発行体、通貨のいずれかが外国である債券のことです。元本の払い込みや利子の受け取り、償還金の受け取りが外貨である場合には、円に換える時に為替相場の変動の影響を受けます。

 

不動産投資

そして不動産投資です。こちらはマンションやアパートなどを購入し、その家賃収入を得たり、価格が上昇したときに売却し、その差額が利益となる投資です。FXや仮想通貨などと比較すると、基本的にはマンションやアパートの価格が急激に上昇することは考えづらく、長期間にわたる投資になると考えられます。

 

また、想定通りに借り手が見つからず家賃収入が思ったほど得られなかったり、不動産価格が投資金額より下落してしまうリスクもあります。

 

ハイリスク・ハイリターンの資産運用方法

ハイリスク・ハイリターンの資産運用方法は次の3つです。

 

FX

まずFXとはForeign Exchangeの略で、「外国為替証拠金取引」といいます。ドル円やユーロ円などを売買し、その価格の差益を狙う投資です。株式投資は取引時間が決まっていますが、FXは基本的に土日を除く24時間取引を行うことができます。

 

FXでは「レバレッジ」といって、少ない元手で大きな金額を取引できます。例えば10万円を預けて100万円分の取引をすることも可能です。

 

そして相場が予想通りに動けば、元手に対して高い割合で利益を得られる一方、予想通り動かなければ大きく損をします。

 

仮想通貨

仮想通貨投資とは、インターネット上に存在する電子的な通貨(ビットコインなど)で差益を狙う投資です。こちらは新しい投資対象のため、値動きが非常に激しいです。

 

そのため短期間で資産を大きく増やせる可能性もありますが、逆に資産が急激に減少してしまうこともあり得ますので、非常にハイリスク・ハイリターンの資産運用といえるでしょう。

 

先物取引

そして先物取引。こちらは株価指数やコモディティ商品などを将来の決められた日に、取引の時点で決められた価格で売買することを約束する取引です。

 

FX同様レバレッジを効かせることができるため、ハイリスク・ハイリターンの運用方法となります。

 

100万円から始める!初心者におすすめの資産運用方法

 

 

これまでリスク・リターン別に投資商品をご紹介してきましたが、ここからは更に一歩踏み込んで、投資元本100万円からはじめる初心者におすすめの資産運用方法をお伝えします。

 

元本保証の定期預金

まずは手堅く元本保証の定期預金です。いままで貯金しかしたことがない方が、急にFXや仮想通貨取引で資産を増やすことは、ハードルが高いかもしれません。そこで元本が保証された定期預金がおすすめです。

 

普通預金より金利が高い傾向にあります。特にネット銀行は定期的なキャンペーンも含め比較的高い金利を提供していることがありますので、ぜひインターネットで確認してみてください。

 

参考までに、オリックス銀行ではスーパー定期1年もので0.15%の金利がつきます(2018年6月15日現在)

出典:オリックス銀行
https://www.orixbank.co.jp/personal/deposit/edirect/

 

資産運用のプロに任せる投資信託

 

次に投資信託です。日本に限らず世界中の成長国の株式や債券などで運用したいものの、なかなか資産運用に時間と労力をかけられない方には、資産運用をプロに任せる投資信託がおすすめです。

 
投資信託は少額から投資ができるため、初心者にとって投資のハードルが低くなっています。元手が100万円あれば、リスク・リターン別に利益を追求する株式投資信託と安定成長の債券投資信託、不動産投資信託などに分散投資することが可能でしょう。

 

自分で運用するなら株、FX、仮想通貨

そしてご自身でじっくり腰を据えて資産運用することを考えている方には株やFX、仮想通貨がおすすめです。

 

これらの運用商品は先ほどお伝えした通り、ハイリスク・リターン商品です。元手100万円が短期間で倍になることもあり得ますが、逆に半減してしまうようなリスクもあります。

 

そこで、実際に投資する前にしっかりと準備をする必要があるでしょう。例えば、何十年にもわたって世界中の人々に読まれてきた名著、良書は一読するのも良いでしょう

 

また、証券会社や銀行などが定期的に行っている初心者向けの投資セミナーなどに参加するのも良いかと思います。証券会社などは既に沢山のセミナーを実施しており、投資初心者が知りたい点、もしくは分かりづらい点を把握していると思います。

 

そこでこのような投資セミナーに参加すれば、投資の基礎を網羅し効率的に学べると思います。そこで得た知識、気になった点を更にご自身で深堀して実際の投資に活かしていくのが良いでしょう。

 

そしてこれらの商品に投資する際は、最初からレバレッジを高くしすぎないこと、また予想通りに相場が動かない時にしっかり損失を確定(ロスカット)することが大切になります。

 

投資はギャンブルではありません。大切な元手100万円をしっかり増やしていくために、精緻に分析したうえで、適切に資金管理を行っていきましょう。

 

資産運用におすすめのロボアドバイザー

 

資産運用を行うにあたり、ご自身で一から調べて運用、管理を行うのは時間と労力を相当使います。そこでここからは、AI(人工知能)などの技術を駆使し、効率的に資産運用を手助けしてくれるロボアドバイザーをご紹介します。

 

WealthNavi(ウェルスナビ):資産運用を全自動で!

まずはWealthNavi(ウェルスナビ)。こちらはウェルスナビ(株)が提供するテクノロジーの力で、誰もが世界水準の資産運用をできるようにしたロボアドバイザーです。

 

ノーベル賞受賞者の提唱した理論に基づいた資産運用のプロセスをもとに、相場の動向に惑わされず、すべて自動で資産運用を行います。

 

出典:WealthNavi
https://www.wealthnavi.com/

 

THEO(テオ):3つの機能別ポートフォリオを作成!

THEO(テオ) で資産運用をはじめる時、まず、3つの機能ポートフォリオ(グロース、インカム、インフレヘッジ)の配分比率、資産運用方針を決定します。

 

そして、ポートフォリオのメンテナンスには手間がかかるものですが、THEO(テオ) に任せれば、自らの手で煩わしいメンテナンスをする必要がなくなり、「おまかせ運用」が可能となります。

 

また「THEO積立」サービスを利用すれば、毎月10,000円から国際分散投資を始めることができます。

 

出典:THEO(テオ)
https://theo.blue/

 

マネラップ:少額・低コストで資産運用を始められる!

マネラップは、ロボアドバイザーを活用し投資を運用のプロに任せる資産運用・管理(ラップ)サービスです。こちらは1,000円から資産運用を始めることができます。

 

おすすめの資産運用方法のまとめ

 

結びとなりますが、今回ご紹介しましたリスク・リターン別資産運用方法をもとにぜひ投資の一歩を踏み出してください。

 

「投資は習うより慣れよ」と言われます。皆さんも投資の知識をインプットしたら、いざ投資の実践を行ってください。

 

その際は、ぜひ今回ご紹介した資産運用方法やロボアドバイザーを活用し、効率的効果的に資産運用をしていきましょう。

 

監修:杉浦 詔子(ファイナンシャルプランナー)

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る