自分の年齢、収入だと世間的にはどれくらい貯金をしているものなのか?なかなか目安となる数字を掴めず困っている方も多いかもしれません。今回は世論調査を元に各年代、年収別、職業別の平均貯金額をご紹介していきます。記事内のデータをチェックして貯金目標の設定などに役立ててみてください。

年代別の平均貯金額について

最初に今回紹介するデータの概要を説明しておきます。世論調査を元に20代〜60代までの平均貯金額を一人暮らし(独身)、二人以上世帯(夫婦)ごとに紹介していきます。また、平均貯金額、と言いましたが正確には各属性の貯金額の平均値と中央値の両方をご紹介していきます。

出典:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成29年分)|知るぽると
https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/tanshin/2017/

出典:家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成29年分)|知るぽると
https://www.shiruporuto.jp/public/data/movie/yoron/futari/2017/

・平均値:全ての数値を足して、数値の個数で割った値

・中央値:数値を小さい方から並べたとき真ん中にくる値

貯金目標の設定などには中央値を参考にすることをオススメします。平均値は極端な値(同世代で極端に貯金が多い人、少ない人)の数値も考慮してしまうため、実際の「平均的な」値からは外れてしまう可能性があります。

中央値は「ちょうど真ん中の人の貯金額」知ることができるので、平均的な貯金額の参考としては中央値の方が参考にしやすいでしょう。なお、本記事では貯金以外の金融資産も含めて『貯金』と表記しますのでご注意ください。

20代の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:142万円

中央値:0万円

二人以上世帯(夫婦)

平均値:321万円

中央値:77万円


まずは20代の平均貯金額です。特徴的なのは一人暮らし世帯の中央値が0円になっていることでしょうか。やはり学生や就職直後の方も多く、貯金には手が回っていないも多いという状況が見て取れます。

一方で二人以上世帯になると中央値が77万円となっています。夫婦生活を始めると将来を見越しての貯金を始めたり、共働き世帯では働き手が増えることも影響しているかもしれません。この年代では平均値、中央値共に二人以上世帯の方が高くなっています。

30代の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:589万円

中央値:83万円

二人以上世帯(夫婦)

平均値:470万円

中央値:200万円

当然ですが30代になると20代よりも平均値、中央値共に上昇しています。この年代になると中央値の独身世帯でも100万円弱の貯蓄があることがわかります。依然として中央値は二人以上世帯の方が高くなっていますが、平均値では一人暮らし世帯が逆転しています。

理由としては一部の高所得者の影響と、順調にサラリーマンとしてキャリアを積んでいる場合は独身世帯の方が出費が少なく比較的貯蓄の多い世帯が増えてくることなどが考えられるでしょう。

40代の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:936万円

中央値:30万円

二人以上世帯(夫婦)

平均値:643万円

中央値:220万円

 

40代の貯金額を30代と比較してみると、独身世帯の平均値に比べて二人以上世帯の平均値の伸びが鈍いことに気がつきます。40代になると収入も増えてきますが、一方で住宅ローンや子供の教育費などもかさんでくる年代です。その辺りが影響して二人以上世帯では少し貯金額が伸び悩んでいるといったところでしょうか。

50代の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:1,342万円

中央値:130万円

二人以上世帯(夫婦)

平均値:1,113万円

中央値:400万円

世代が上がってくると中央値と平均値の金額差がかなり大きくなってきていることにお気づきでしょうか。年代が上がるほど上位と下位で貯金額の差が広がっていることが伺えます。二人世代は中央値で400万円ほどの貯金額がありますが、一人暮らしは平均値1,132万円に対して中央値が130万円とかなりの差があります。

60代の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:1,835万円

中央値:300万円

二人以上世帯(夫婦)

平均値:1,411万円

中央値:601万円

60代の独身世代では平均値が1,835万円となっておりかなり富裕層に引っ張られている印象です。中央値は独身世代で300万円、二人以上世帯で601万円となっていますが老後の生活も考慮するともう少し貯金しておきたいというのが本音の方も多いかもしれません。

年収別の平均貯金額について

続いて年収別の平均貯金額をご紹介していきます。こちらも一人暮らしと二人以上世帯に分けて年収別の貯金額をまとめました。平均値と中央値を表記しますがやはり参考にしやすいのは中央値でしょう。なお引き続き金融資産も含め『貯金』と表記しますのでご注意ください。

出典:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成29年調査結果|知るぽると
https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/tanshin/2017/

出典:家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成29年調査結果|知るぽると
https://www.shiruporuto.jp/public/data/movie/yoron/futari/2017/

年収300万円未満の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:513万円

中央値:0万円



二人以上世帯(夫婦)

平均値:887万円

中央値:153万円

やはり注目すべきは一人暮らし世帯の中央値が0万円となっているところです。この年収ゾーンはフリーター等の雇用形態の方も多く、なかなか貯金を持てない方も多いようです。一方で二人以上世帯の平均値は887万円となっており、コツコツと貯めていればこの年収帯でもしっかりと貯金ができているもいる様子が伺えます。

年収300〜500万円未満の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:789万円

中央値:154万円

二人以上世帯(夫婦)

平均値:1.027万円

中央値:400万円

やはり300万円未満の世帯と比べて全ての値が高くなっており、特に二人以上世帯の中央値がグッと大きくなっています。このくらいの年収になると正社員として働いている方も多くなり将来的な見通しを持ちやすいというのも貯金額に影響しているかもしれません。

年収500〜750万円未満の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:2,156万円

中央値:869万円

二人以上世帯(夫婦)

平均値:1,138万円

中央値:520万円

正社員の中でも役職付きだったり、それなりの規模の企業勤めだったりといったが多くなる年収帯です。一人暮らし、二人以上世帯両方で貯金が1000万円以上の世帯が20%を超えてくるようになり、かなり安定した資産状況になってきます。

年収750〜1,000万円未満の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:4,538万円

中央値:2,250万円

二人以上世帯(夫婦)

平均値:1,747万円

中央値:1,130万円

世間的に「高収入」と呼ばれることも多い年収帯。特に単身世帯ではかなりの貯金額となっています。一人暮らしだと貯金額3000万円以上の割合が43.6%となっておりかなり堅実に貯金をしているが多い印象です。

年収1,000〜1,200万円未満の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:721万円

中央値:120万円

二人以上世帯(夫婦)

平均値:2,464万円

中央値:1,700万円

二人以上世帯では年収750〜1,000万円未満よりも貯金額の平均値・中央値が高くなっています。しかし、意外なことに独身世帯ではむしろグッと貯金額の平均値・中央値が下がっています。

内訳を見てみると貯金なしの世帯が45.5%(年収750〜1,000万円未満の独身世帯では16.4%)と非常に高くなっていることが大きく影響しているようです。若くして高収入になり資産形成が進んでいない方や、年収に比例して浪費も多くなる方が多いことが考えられます。

年収1,200万円以上の貯金額の平均値・中央値

一人暮らし(独身)

平均値:16,021万円

中央値:4,750万円

二人以上世帯(夫婦)

平均値:4,634万円

中央値:2,670万円

富裕層、高収入層といっていいでしょう。年収1,000〜1,200万円未満と比べる独身世帯の貯金なしの比率が18.5%とグッと下がり、77.3%が3000万円以上の貯金ありとなっています。

職業別の平均貯金額ランキング【トップ5】

次に職業別の平均貯金額ランキングトップ5をご紹介していきます。

出典:ビジネスパーソンの貯蓄事情2012−職種別|DODA
https://doda.jp/guide/chotiku/2012/001.html

【1位】投資銀行業務…平均554万円

職種別平均貯金額ランキング1位は投資銀行業務で平均554万円となっています。激務で高収入のイメージの投資銀行業務ですが、やはりその収入の高さが貯金額にも反映されています。仕事柄資産形成についての知識が豊富ということも影響しているのかもしれません。

【2位】経営企画/事業企画…平均512万円

第2位は経営企画/事業企画で平均が512万円。経営の中枢に関わる部門であり、高収入の方も多い部署です。ヘッドハンティングなどで転職をし、年収をアップさせていく方もいます。

【3位】法務/知財…平均490万円

第3位は法務法務/知財で平均貯金額が490万円。法務や知的財産権は法律など専門知識が必要でその分待遇も高くなる傾向にあるようです。場合によっては社内弁護士といった形で弁護士資格を持った方が社員として活躍していることもあります。

【4位】人事…平均486万円

第4位は人事部門で平均貯金額は486万円。給与に関わる業務なども行う人事部門の方は自分自身の収入の管理もしっかりしているようです。

【5位】総務・庶務…477万円

第5位は総務・庶務部門で平均貯金額は477万円。2~5位は企画・事務系の職種が占めており、いわゆる管理系の部門の社員の方が貯金が高い傾向にあるようです。

働いている女性の貯金額の平均

働く女性の貯金に関するデータもご紹介しておきます。

出典:ラララとらばーゆ総研~働く女性500人の気になる!マネー事情 ~貯蓄編|とらばーゆ
https://toranet.jp/contents/trend/soken/935/


働く女性の総貯金額の平均について

働く女性の全体平均貯金額は292.9万円となっています。アルバイトやパートタイムでも200万円近く貯金しているが3割程度おり、かなり堅実に貯金している様子が伺えます。

 

働く女性の月間貯金額の平均について

また、働く女性の月間平均貯金額は4万円となっています。月々10万円以上貯金しているというも6.7%を占めています。総貯金額、月間貯金額いずれを見ても働く女性は比較的しっかり貯金に取り組んでいるの割合が多いと言えそうです。

ライフステージ別で参考にしたい平均貯金額

最後に「結婚」「子育て」「老後」という3つのライフステージ別に、参考にしたい平均貯金額をご紹介します。

結婚に向けての平均貯金額

結婚という人生の一大イベントには式の費用をはじめ何かとお金が必要です。新婚旅行、新居費用、家具etc…。実際世間では結婚までにどれくらいの貯金をしているものなのでしょうか。2015年の調査では男性の平均初婚年齢は31.1歳、女性は29.4歳となっています。この年代の平均貯金額を見てみると、

30〜39歳男性:613万円

30歳未満女性:139万円

となっています。平均ですので中央値よりは高く出ていると思いますが、物入りな結婚に向けての貯金額の参考としてみてください。

出典:【初婚年齢】https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai15/dl/kekka.pdf

出典:平成26年全国消費実態調査|総務省統計局
http://www.stat.go.jp/data/zensho/2014/index.html

子育てに向けての平均貯金額

結婚の次に待ち受けている大きなライフイベントと言えば出産・子育て。子育ては継続的に多くのお金がかかりますが、子供が産まれるまでにどのくらい貯金をしているものなのでしょうか。

残念ながら、子育てに焦点を当てた大規模な貯金額調査はありませんでした。代わりに子育ての中心世代となる30代の2人以上世帯の貯金額を再掲しておきます。

30代の二人以上世帯(夫婦)平均貯金額

平均値:470万円

中央値:200万円

やはり最低でも数百万の貯金は持っておきたいところです。なお出産から22歳まで子供を育てる場合の養育費は約1,640万円という試算もあります。

出典:【保存版】子育てにかかる費用のすべてを解説します|ベネッセ教育情報サイト
http://benesse.jp/kosodate/201509/20150910-2.html

老後に向けての平均貯金額

最後に老後の貯金についても述べておきます。退職して収入が年金のみになる前にしっかり貯金しておきたい、というのが正直なところですよね。実際の60代の貯金額は以下のようになっています。

60代の一人暮らし(独身)平均貯金額

平均値:1,835万円

中央値:300万円

60代の二人以上世帯(夫婦)平均貯金額

平均値:1,411万円

中央値:601万円

老後に必要な資金は諸説あり、何歳まで生きるか、どんなライフスタイルを選ぶのかにもよっても大きく変わってきます。なのでここにあげた貯金額は1つの目安とお考えください。

貯金額を増やすための方法

それではここからは、貯金額を増やすための具体的な方法として3つお伝えしていきます。

投資を行う

1つ目は投資を行うことです。投資といっても最初から仮想通貨やFXといったハイリスクハイリターンの金融商品に投資を行うのではなく、まずは少額で長期投資に適したイデコやつみたてNISAから始めてみるのが良いかと思います。しかも、イデコやつみたてNISAは運用益が非課税となるメリットもあり、投資初心者にとって大きな味方となってくれるとことでしょう。

なおイデコやつみたてNISAは元本が保証された金融商品ではないため、運用成績によっては元本が目減りすることもあります。まずは元本が保証された金融商品に投資を希望されているようであれば、例えば個人向け国債は元本保証は如何でしょうか。更に個人向け国債は、定期的に金利を受け取ることができるため、安定した運用を行いたい人におすすめの金融商品といえるでしょう。

先取り貯蓄を行う

2つ目は先取り貯蓄を行うことです。先取り貯蓄とは、給料などから入ってくる収入から、まず毎月の決めた貯金額を先に別口座に移すなどして先回りで貯蓄を行っていくことです。

そのため、既に貯蓄分のお金は確保してあり、収入から貯蓄を引いて余った範囲内で消費を行うことができます。先取り貯蓄を行うことで、毎月自由に使えるお金が今まで以上に減ることから、コツコツと節約を心掛ける意識も高まると思います。

固定費を見直す

そして3つ目が、固定費を見直すことです。まず家計の支出は固定費と変動費に分けられます。固定費とは毎月決まった額の支出がある費用のことで、住居費や通信費、保険代などが挙げられます。一方で、変動費とは毎月の利用頻度などに応じて金額が変わってくる費用を指します。例えば、食費や交際費、衣服代、レジャー代などが挙げられます。

そこで毎月決まった額の支出となる固定費を削減できれば、家計の費用を見直す効果はより大きなものとなるでしょう。一般的に家計の支出の中でも大きな割合を占める住宅費を例に挙げると、現在は依然低金利の水準であることから、住宅ローンの借り換えを行うことで、毎月の住宅関連費用を削減できる可能性があります。

また生命保険や医療保険、介護保険の保険料に関しても、特約部分が重複しているものがあるならば、そちらを外すことで保険料を引き下げることが可能でしょう。

貯金額の平均についてのまとめ

今回は様々な観点、分類から貯金額を調べてみました。平均より多いから大丈夫、少ないからまずい、と一概に言えるものではありませんが自分自身の貯金状況を考える上で参考になれば幸いです。