» 無理なく簡単にできる生活費の節約方法!支出を減らしてお金を貯めよう!のメインビジュアル  » 無理なく簡単にできる生活費の節約方法!支出を減らしてお金を貯めよう!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.8.7

無理なく簡単にできる生活費の節約方法!支出を減らしてお金を貯めよう!

 

節約といっても、いったい何をどうすればいいかわからない、という方も少なくありません。節約できる機会(チャンス)は、日頃の生活において多々あります。今回は、日々の生活におけるいろいろな節約術をご紹介いたします。参考にしていただき、これならできるというものからでも始めてみてください。

 

家賃の節約方法

 

家賃は、毎月の固定費としては、一番大きな金額といっても間違いではありません。1度決めたら、引っ越しする以外には金額を変えることがなかなかできませんので、慎重に部屋を決める必要があります。

 

家賃は収入に対して1/3〜1/4が理想

昔は、月の収入の1/3程度を目安に家賃を設定と言われていましたが、最近の傾向としては、給与が年々上がることが期待できなかったり、手当等が廃止になっていく傾向があります。また、インターネット料金や携帯電話料金などの出費も増えているため1/4ぐらいに抑えるのおすすめです。

 

立地や築年数など物件条件を見直す

家賃を理想の金額内で見つけるには、何かしら妥協しなくてはいけないものが出てくるかもしれません。道路一本渡るだけで家賃が変わったりもします。徒歩1分の距離は、日々の生活では大変かもしれませんが、計画した家賃に抑えることを考えると固定費を増やすほうが出費が増えるため負荷も大きくなります。

 

今の家賃が高ければ引っ越しを検討する

毎月の家計簿や出費を整理してみて生活に無理があるようでしたら、一番先に見直すのはやはり高額である家賃が良いでしょう。固定費というのはそれほど影響のある費用になりますので継続が厳しいと思った場合は引っ越しを検討してみてください。

 

賃貸契約の際に家賃の値引きを交渉する

家賃は値引きできないと思い込ずに、交渉してみてください。毎月の固定費ですから、500円でも1000円でもやはり安くなったほうが得です。交渉は、決して恥ずかしいことではありません。

 

食費の節約方法

 

食費は節約を意識しないと膨らんでしまう費用の1つになります。逆を言えば、コントロールがしやすい費用にもなりますので、下記節約方法と同時にご自身の食費について1度見直しをしてみてください。

 

外食を控えて自炊する

変動費の中で、一番の節約しやすいもの食費でしょう。外食回数を減らして、自炊することで大きな節約になります。1週間や1ヶ月を目安に外食する回数は決めるようにして、外食回数をコントロールしていくようにしましょう。

 

食材は冷凍保存する

お魚やお肉は一気に買って冷凍保存するようにしましょう。大きいものを買った場合は小分けにして冷凍保存しておくのがオススメです。

 

特売日を狙ってまとめ買いする

節約に効果的なのはやはりまとめ買いです。しかも、特売日を狙って買うようにしていけば一石二鳥になります。1週間分の食材を1度に買い出しできるようにしていけることが理想となります。献立を考えて必要な材料をメモして買い物に出かける。メモしていけば、必要なもの以外買わないので、先に買うものリストを作るのはオススメとなります。

 

かさ増しレシピで食費を節約する

かさ増しレシピに強い味方となるイソフラボンとタンパク質が豊富な「豆腐」、カリウム豊富な「もやし」、ビタミンCが豊富な「白菜」、不足しがちな栄養素ナトリウム、マグネシウム、カリウム、鉄など様々なミネラルを含んでいる「キノコ類」などを安く買えるときに利用して満足感を得ながら栄養素もきちんと取れるでしょう。

 

出典:農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_daizu_qa/

出典:食品成分データベース:文部科学省
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl

 

閉店間近のタイムセールの利用する

タイムセール利用しましょう。通常価格よりお買い得なのは間違いありませんので、利用しているお店のタイムセールの時間が、いつなのかチェックしておきましょう。その時間に合わせて買い物するようにしていけば節約につながります。

 

通信費の節約方法

 

昔とは違い、今は生活費においてインターネット費用、携帯費用というのが増えてきました。また、金額も比較的高いため毎月の費用としてはインパクトが大きいです。少しでも安くして費用を抑える方法をご紹介します。

 

スマホを格安SIMに乗り換える

毎月の使用料を減らす方法の1つとしては、格安SIMに乗り換える方法があります。どのような人に向いているかというと、通信費を安くしたい人や、2年契約というものに縛られたくない人、2台持ちを検討いている人や、データ通信などは基本自宅のwifiを利用している人、機種に特にこだわりがない人などが候補となります。いくつか複数当てはまるようでしたら検討してみることをオススメします。

 

パケットが少ない安いプランに変更する

ご自身の毎月のパケット使用料は、どのくらいか確認したことありますでしょうか。どのくらい使うかわからないから、とりあえず無制限にしているという人も少なくありません。いまは、パケット使用料が少ない人向けの定額プランも各携帯会社にて用意されているので、面倒とは思わずに毎月のパケット使用料を確認して契約を見直すことをオススメします。

 

固定回線を引かずポケットWi-Fiに一本化する

家のインターネット回線費用と毎月の携帯利用料と2つの契約をしていると別々に基本料など払っていることになります。ポケットwi-fiを持ち歩くよようにして、家でも外でもそれ1つでインターネット接続するようにすれば費用は抑えることが可能となります。

 

水道・光熱費の節約方法

 

 

日々の生活で一番接しているのは、水道・光熱費となります。必要不可欠なものではありますが、節約できる見込みがたくさんあるのも事実です。一部なりますが節約方法をご紹介します。

 

電気代の節約方法

 

冷蔵庫の電気代を節約

冷蔵庫の節約方法だけでも色々あります。まずは、温度設定です。冷蔵庫には温度設定ができるようになっていますが、夏は「中」、冬は「弱」に設定するようにしましょう。また、物を詰めすぎてしますと冷蔵庫内の冷気の流れが悪くなってしまい、冷蔵庫は冷蔵庫内を冷やそうと一生懸命動いてしまいます。

 

同じく、扉の開閉時間、開閉回数を減らすのも効果的です。冷蔵庫の中の温度を上げなければその分節約できることになります。知らない方が多いのが設置方法です。壁や棚などにくっつきすぎると、冷蔵庫からの放熱ができなくなり電気代がかかってしまいます。適切なスペースを空けることが、電気代の節約につながります。

 

照明器具の電気代を節約

照明でまだ白熱灯を使用しているものがある場合は節約のために早めに交換しましょう。蛍光ランプもしくはLEDにすることで電気代節約になります。

 

エアコンの電気代を節約

エアコンについてですが、節約のために弱運転を使用しているのであれば、それは間違いです。自動運転にして、設定温度までに上げる/下げるほうが効率的になります。また、こまめなスイッチのオンやオフも逆効果になります。もちろん、一般的に言われています、窓の断熱、フィルター掃除なども重要です。

 

テレビの電気代を節約

古いテレビ消費電力が高いので、節約という観点で考えた場合は、買い替えたほうがお得になることがあります。画面の明るさを調整できるテレビの場合は、明るくしたままですとやはり消費電力が高いので中間程度に落としたほうが節約につながります。また、音量も抑えることにより消費電力を抑えることが可能となります。

 

水道代の節約方法

 

節水用のシャワーヘッドを利用する

シャワーヘッドを交換するだけで節水につながります。節約できる量については、シャワーヘッドによって異なりますので、確認してから購入するようにしてください。道具を交換するだけで節約につながのでオススメの節約方法になります。

 

トイレで水を流す際は「大」「小」を使い分ける

「大」と「小」のレバーで流れる水の量は、メーカによって違いはあるものの、異なります。そのため、むやみに「大」ばかり使用するのを避けるようにして、小の場合は「小」レバーを使う習慣を身につけることをお勧めします。

 

料理・食器洗い時の水の使い方を見直す

蛇口タイプが13mm(一般蛇口)なのであれば、水道局が無料で配布している節水コマを取り付けることができます。節水効果も高いのでオススメの方法となります。それ以外ですと、シャワーと同様に節水用のヘッドに交換するのも意識せずに節水効果につながる方法の1つになります。

 

(参考)東京水道局
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/faq/qa-11.html

 

ガス代の節約方法

 

お風呂のガス代を節約

ご家庭によって仕組みは違うかもしれませんが、温度を少しだけ下げる、シャワー、湯舟などのお湯の使用量を減らす、追い炊きをできるだけ避けるなどで、ガス、電気両方の節約につながってきます。

 

キッチンのガス代を節約

料理の工程で必要となってくるガスですが、蓋や落し蓋などを利用し、熱を逃がさないことによって調理時間の短縮になるので節約にもなります。一つの鍋、フライパンなどで同時に調理したり、ゆで汁を利用してもう1品作るなど、時間も短縮できて節約となります。炎の強さは底からはみ出るほどの強さでは無駄になってしまうので中火などをうまく利用して料理するのもオススメです。

 

車・ガソリン代の節約方法

 

 

車は持っているだけでもお金がかかってしまいますが、必要な経費として仕方がない部分もあります。しかし、日々の車の運転方法をちょっと見直すだけでガソリン代が安くすみます。いくつかご紹介いたします。

 

発進時はゆっくりとアクセルを踏む

車を発進するときにアクセを踏みますが、ゆっくり踏んで発進させるのと、強めに踏んで急発進させるのではガソリンの使用量が違います。急発進は燃費にもよくありませんが、事故の危険性もありますので、ブレーキから足を離して一呼吸おいてアクセルをゆっくり踏んで発進するようにしましょう

 

加速・減速を少なくする


走行中一定の速度を保つよう心掛けてください。加速、減速を繰り返していると、燃費が悪くなってしまいます。加速、減速の繰り返しは、乗っている他の同乗者の乗り心地にも影響しますので、極力減らすようにしましょう。

 

アクセルオフを早める

アクセルを踏んでいるというのは、ガソリンを使用している状態にもなります。無駄にアクセスを踏んでいるとその分燃費も悪くなりますので、止まる場合、信号で止まりそうな場合は、早めにアクセルから足を離してゆっくりブレーキを踏んでいくようにしましょう。

 

燃費の良い車に買い替える

運転方法とはちょっと話が逸れてしまいますが、日々車を利用される方でしたら、車自体を見直すということも重要になってきます。車によって同じ距離を走るのに、必要なガソリンの量というのは異なります(燃費)。

 

排気量が大きければ、やはり燃費は悪いためガソリン代もかかります。今では、ハイブリットや電気自動車も出てきています。長期的にみたら車を買い替えるのが、一番の節約になることもありますので是非見直してみてください。

 

交際費の節約方法

 

交際相手とのデートや、友達との食事会、会社のメンバーでの飲み会など交際費も大きな負担になっています。しかし、交際自体は重要なことですので、交際は継続しながらも費用を節約する方法をご紹介します。

 

ディナーではなくランチにする

休日など外食を夜でなく昼行うことができるのであれば昼の時間を利用するのがオススメです。夜と食事の内容はあまり変わらなくても昼のほうが値段が安く済むことが多いので節約できます。

 

クーポンが利用できるお店を選ぶ

外食するときは、クーポンが利用できるお店を選択するのは賢い方法です。割引券、ドリンク無料券の他、金券ショップで売っている優待券や会社の福利厚生クーポンの利用などもあります。

 

宅飲みや自宅での食事会も!

交際相手とのデートや友人との食事会は、たまには家で集まって食事をしたり、飲んだりするの節約になります。みんなで楽しく作ってもいいですし、おいしいものを買って持ち込んでパーティでもいいでしょう工夫次第で外食するより安く楽しめます。DVDを見ながらなど、自宅ならではの楽しみもできるのもオススメです。

 

ご紹介した節約方法を実践してみてくださいね!

 

いろいろな節約方法をご紹介しました。まだまだ節約できるところは他にもあります。今回ご紹介した中で、これならできるというものがあれば、早速今日から実践するようにしてください。日々の節約の積み重ねがとても大事ですので、是非行動に移してみてください。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る