» Suica付きクレジットカードのメリットや選び方のポイントをご紹介!のメインビジュアル  » Suica付きクレジットカードのメリットや選び方のポイントをご紹介!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.9.11

Suica付きクレジットカードのメリットや選び方のポイントをご紹介!

 

「Suicaとクレジットカードを1枚にまとめたい」

 

このように考えたことはありませんか?実際クレジットカードとSuica、定期券1枚にまとめたら非常に便利です。

 

とはいえ、

・Suica付きのクレジットカードはどんな種類のがあるのかわからない
・他にどのようなメリットがあるのか

という疑問を持つ方も多いと思います。

 

そこでこの記事ではSuica付きのクレジットカードの選び方やポイントを重点的にご紹介します。

 

具体的には


・Suica付きのクレジットカードの概要
・Suica付きのクレジットカードのメリット
・Suica付きのクレジットカードの選び方

の順番で解説していきます。

 

自分にあったSuica付きのクレジットカードがわかるので、Suicaとクレジットカードを1枚にまとめたい方は参考にしてみてくださいね。

 

Suica付きクレジットカードとは

 

 

クレジットカードとSuicaの機能が1枚にまとめられているカードがSuica付きクレジットカードです。別のバージョンではPASUMOが付帯しているものが存在します。このカード1枚を持つだけで、クレジットカードとSuicaの両方の機能が1枚で使えるのが特徴です。

 

交通系電子マネーは非常に使い勝手がよく電車に乗る時はもちろんのこと、少額の買い物ならばSuicaでの支払いが最もすばやく買い物ができます。そのため、利用する人も多く現在では多くの場所で電子マネーが使用可能となっています

 

実際にカードが増えてくると管理も面倒になりますが、Suica付きのクレジットカードならば1枚でいろいろなお店での買い物対応可能になるため、非常に使い勝手がく便利なのが特徴す。

 

Suica付きクレジットカードのメリット

 

 

1枚で「定期券」「クレジットカード」2つの役割

Suica付きのカードのメリットは複数枚のカードを1枚にまとめられること。様々なサービスが登場した分カードも増えてしまい管理が面倒になりました。しかし、クレジットカードにまとめることで1枚でOK。

 

Suica付きのクレジットカード場合は電子マネーとしての役割だけではなく、定期券も一体化できます。これで通勤・通学時もこの1枚で全て問題なし、その上定期券購入でもポイントが加算されます。面倒な管理の手間も無くなり、ポイントもついてくるのがこのカードの特徴と言えるでしょう。

 

残高不足時に便利なオートチャージ機能

いつも定期券区間内で電車に乗っていると、定期区間外にでた時に残高が足りなくなってしまうことがあるかと思います。しかし、そのなときでもこのカードならば問題はありません。

 

クレジットカードには、オートチャージ機能が付いているため、残高が無くなりそうな場合には自動的にチャージをしてくれます。この機能があるので残高が足りなくなり改札が通過できないなんてストレスを抱えることはありません。

 

快適かつストレスフリーに買い物や電車にカード1枚で乗ることができます。まさに万能カードなのです。

 

オートチャージとSuica支払いでポイントが貯まる

クレジットカードを作る時に買い物での還元率を考慮して作る人も多いでしょう。通常のクレジットカードではSuicaを別に持ちつつチャージしないと使用できませんし、オートチャージも面倒な手順を取る必要があります。

 

しかし一体型のカードならば、オートチャージ時にポイントが付き、Suicaでの買い物、定期券購入でもポイントが付くため、ポイントをムダにすることもありません。当然通常のクレジットを使用した買い物でもポイントは付与されます。ポイントを確実かつ効果的に貯めたい方やSuicaを使うことが多いけれどチャージが面倒といった方におすすめの1枚です。

 

Suica付きクレジットカードの選び方のポイント

 

 

このような様々な特徴を持つSuica付きのクレジットカードですが、種類が何種類か存在しそれぞれの特徴やポイントの貯まり方などが異なります。ここではSuica付きのクレジットカードを選ぶ際のポイントを紹介していきます。

 

年会費が無料か有料か

まずは年会費がかかるかを確認しておきましょう。クレジットカードには年会費がかかるものと無料のものなどがあります。中には年1回でも使用すれば年会費が無料になるカードも存在します。

 

クレジットカードの年会費は無料のものが多くなってきていますが、Suica付きのカードは比較的年会費のかかるものが多いです。しかし年会費もポイントの加算対象になるため、年会費を支払ってもお得になることもあります。ポイントの還元率や特典を考慮して年会費無料のカードか有料のカードか上手に選択しましょう。

 

利用ポイントのSuica還元率

Suica付きクレジットカードは通常のカードでの買い物にもポイントは貯まりますが、そのポイントをSuicaに変換することができるものが多くあります。その還元率は各カードごとに異なるので選ぶ基準にしてみるといでしょう。

 

割引や各種特典内容

クレジットカードを選ぶ際に注目したいポイントとしてはやはり利便性だけではなく、そのカード独自の割引や特典も重要になってくるでしょう。

 

例えば、ビックカメラSuicaカードは名前の通りビックカメラでの特典がつくカードです。通常の還元率が他のカードよりも高いことに加えてSuica払いならば11.5%のポイント還元率を誇ります。

 

また、ANA VISA Suicaカードではチャージするごとにマイルが貯まりますし、大人の休日倶楽部ミドルカードではJR東日本、JR北海道での運賃が201キロ以上利用で5%OFFになるなどカード独自の特典が豊富です。自分自身の使い方や目的に合わせてカードを選ぶことが重要です。

 

旅行時に便利な付帯保険

旅行によく行く人で注目しておきたいのが付帯保険です。クレジットカードには保険がついており、自動付帯と利用付帯の2つに別れます。何かあったときのことを考えて保険がしっかり付いているかを確認することも重要なポイントです。

 

利用目的やライフスタイル別におすすめのSuica付きクレジットカード

 

Suica+クレジットカード機能のシンプル利用

 

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードはJR東日本が発行している一体型のクレジットカードです。ポイントの還元率は0.5%とそこまで高く貼りませんが、Suicaへのチャージは1.5%と高還元率でオートチャージ、定期券も1枚にまとめられます。

 

通勤用に非常にシンプルなクレジットカードと言えるでしょう。カード類を1枚にまとめたい方におすすめです。年会費は477円(税)となっており、比較的安い部類です。

 

国内保険・海外保険もついてきて、定期券購入でポイント3倍でそのままSuicaへのチャージでさらにポイントアップと通勤通学に電車を使う方にはおすすめしたい1枚です。

 

出典:「ビュー・スイカ」カード  
https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html

 

提携店舗での買い物がお得になるSuica付クレジットカード

 

ビックカメラSuicaカード

Suica付きのクレジットカードで一番の人気を誇るのが、ビックカメラSuicaカードです。人気の理由はなんと言っても特典の魅力でしょう。年会費は年1回の使用で無料になる上にビックカメラユーザーの場合はSuica払いでポイントの還元率が11.5%と他のカードでは出せない数字です。

 

もちろんSuicaへのチャージ、定期購入でポイント3倍とビュー・スイカカードと同様に、定期購入面でも優秀です。通常の還元率も1%と他のカードに比べても比較的高いので、ポイントがどんどん貯まるのが特徴です。

 

オートチャージにも対応しているため非常に便利ですが、残念ながら定期券と一体化は出来ないため、定期だけは別に購入する必要があります。

 

出典: ビックカメラSuicaカード
https://www.jreast.co.jp/card/first/bic/

 

ルミネカード

ルミネカードはこれまでのカードと同様にオートチャージ、Suicaチャージでポイント1.5%は当然のことながらルミでの買い物が常に5%割引になる特典が付いてきます。これは1年間を通じて5%OFFになるため、バーゲンでも5%割引です。

 

さらに年に数回は10%割引になるキャンペーンも開催しているため、ルミネでの買い物をする人は非常にお得なカードです。他にも定期一体型機能に年間100万円以上の買い物をした方には、プレミアムなイベントに抽選で招待されるなどの「スペシャルVIP」特典も存在。

 

このように特典満載のクレジットカードであり、年会費は初年度無料で2年目からは年会費953円(税抜)がかかります。ルミネを利用する頻度が多い人は持っていて損はないカードといえるでしょう。

 

出典:ルミネカード
https://www.jreast.co.jp/card/first/lumine.html

 

イオンSuicaカード

普段の買い物がイオンがメインでSuicaも一緒に付けたい人にはこちらのイオンSuicaカードがおすすめです。こちらのカードは年会費無料でイオンカードのサービスそのままで、Suicaのオートチャージも使えるため両方のカードのいいとこ取りをしたカードです。

 

オートチャージでストレスフリーで電車に乗ってイオンの割引で買い物をして、貯まっいたポイントSuicaにチャージなんて使い方もできますよ。

 

出典: イオンSuicaカード
http://www.aeon.co.jp/creditcard/lineup/aeonsuica.html

 

JREカード

atre(アトレ)等のJRE東日本グループの駅ビルでの買い物ならばJREカードがおすすめです。このカードはJRECARD優待店ならばポイントの還元率が3.5%になるカードであり、アトレでポイントの対象になるのは食品やレストラン、書店なども対象です。

 

他のデパートやショッピングセンター系列のクレジットカードでもこの還元率は中々ありません。年会費は477円(税抜)円ですが、年間で2万円も買い物をすれば相殺できるのでコスパのいい1枚です。

 

出典:JREカード
https://www.jreast.co.jp/card/first/jrecard.html

 

貯まったポイントをマイルに交換できるSuica付クレジットカード

 

JALカードSuica

JALカードSuicaはJR東日本とJALが提携して発行しているクレジットカードです。普通カード、CLUB-AカードCLUB-Aゴールドカードの3種類が存在し、年会費は初年度無料。

 

2年目以降は普通カードが税込み2,160円、CLUB-Aカードが10,800円、CLUB-Aゴールドカードは20,520円です。他のビューカードと比較すると比較的高いですが、このカード1枚で電車から飛行機までスイスイ通過できます。

 

マイルも貯めることができますがマイルの付与率は通常店で0.5%、特約店で1.0%です。ただし、年間3,240円のJALショッピングマイル・プレミアムに加入すると、マイル付与率は2倍になります。

 

このカードの欠点としては定期券一体型機能が付いていないこと、国際ブランドがJCBのみであることです。VISAやマスターカードが無いため海外では少々使いづらい面もあります。国内線によく乗る人にはおすすめです。

 

出典: JALカードSuica
https://www.jal.co.jp/jalcard/card/suica.html

 

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA SuicaカードはANAと三井住友カード、ビューカードが提携して発行しているカードです。前述のJALカードのANAバージョンです。年会費は2,160円とJALカードと同じですが、こちらは国際ブランドのVISAとなっています

 

ANA VISA Suicaカードは、カード利用で1,000円につきワールドポイントが1ポイントつきます。このポイントはANAマイルに交換することができ、交換レートが2つあります。

 

・10マイルコース:1,000円=1ポイント10マイル
・5マイルコース:1,000円=1ポイント5マイル

 

移行手数料は10マイルコースが6,480円、5マイルコースは無料です。ポイントは2年間有効なのでマイルを早めに貯めたい方は10マイルコースが良いでしょう。

 

出典: ANA VISA Suicaカード
https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/anasuica/index.jsp

 

JALカードSuica CLUB-Aカード

JALカードSuica CLUB-Aカードは、JALカードSuicaの上位カードに当たるカードです。ポイントの還元率が上昇するショッピングマイル・プレミアムに自動入会するため、一般店で1%、特約店で2%のポイントが付きます。

 

このカードの特典は新幹線のグリーン車のグリーン券がもらえたり、「ビューゴールドラウンジ」を利用できます。

 

出典: JALカードSuica CLUB-A
https://www.jal.co.jp/jalcard/card/club_a_gold.html

 

大人の休日倶楽部に入会できるSuica付クレジットカード

 

大人の休日倶楽部ミドルカード

大人の休日倶楽部ミドルカードは男性は50歳~64歳、女性は50歳~59歳の方が申込むことができるビューカードです。年会費は初年度無料、2年以降は税込2,575円です。年齢条件は厳格に定められています。

 

特典としては新幹線を含むJR東日本・JR北海道先を201キロ以上利用した場合、運賃が5%OFFになります。201キロは東京~熱海間などが割引対象区間です。なお、東海道線や山形新幹線は対象になりません。

 

他にも特典としてJR東日本やJR北海道のフリーエリアで広く自由に乗り降りできる「大人の休日倶楽部パス」を利用することが出来ます。また会員限定ツアーも魅力でしょう。

 

出典: 大人の休日倶楽部ミドルカード
https://www.jreast.co.jp/card/first/otokyumiddle.html

 

大人の休日倶楽部ジパングカード

大人の休日倶楽部ジパングカードは男性は65歳、女性が60歳以上の方が申し込めるカードです。年会費は個人会員の場合は、税込4,285円で夫婦会員の年会費は税込7,320円となっています。

 

ジパングカードは特典としては新幹線を含むJR東日本・JR北海道先を201キロ以上利用した場合運賃・料金が30%OFFになります。回数制限は無いので、電車での長距離移動が多い場合は非常にお得なカードです。

 

出典: 大人の休日倶楽部ジパングカード
https://www.jreast.co.jp/card/first/otokyu.html

 

Suica付きクレジットカードについてのまとめ

 

 

Suica一体型のクレジットカードは定期・Suica・クレジットカードを1枚にまとめる事ができる非常に便利でなクレジットカードです。カードによっては電車から飛行機まで1枚で乗れるものもあります。

 

様々なSuica一体型のクレジットカードがありますが、やはり自分のライフスタイルに合わせたクレジットカードを選ぶことが最適なカードを選ぶコツです。マイルを貯めたい方はANA VISA Suicaカード、ビックカメラで買い物をする方はビックカメラSuicaカードなど、是非とも自分にあったクレジットカードを探してみてくださいね。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る