» 金利とは?基本から豆知識までわかりやすく解説のメインビジュアル  » 金利とは?基本から豆知識までわかりやすく解説のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.9.13

金利とは?基本から豆知識までわかりやすく解説

 

 

「金利」という言葉をご存知でしょうか。耳にしたことはあるが、「金利」について説明するとなると、実際あまりよくわかっていない方も少なくありません。「金利」と「利息」の違いなど、今回は、「金利」について、わからない方にでも理解していただけるよう説明していきます。

 

金利の基本

 

 

金利と利息は意味が異なる

「金利」と「利息」・・・そして、「利子」など言葉がありますが、こちらの意味の違いはわかりますでしょうか。まずは、「利息」と「利子」について説明します。「利息」と「利子」については、意味はほとんど同じで、お金の貸し借りが発生したときの追加して支払うお金ということになります。

 

あなたが、お金を借りた場合、お金を貸してくれた人に対してお礼を払うかと思いますが、その「お礼」にあたります。ただ、「利息」も「利子」も意味は曖昧な状況です。お金を借りた方が、借りたお金に追加して支払う場合が「利子」で、お金を貸した方が、貸したお金に追加して受け取るのが「利息」と、どちらを中心にとらえるかで使い分けられることが多いです。

 

また、銀行お金を預けてもらえるのは「利息」、ゆうちょ銀行にお金を預けてもらえるのが「利子」と金融機関によっても呼び名が異なっているため、厳密には使い分けられていないという解釈できます。

 

では、「金利」と「利息」、「利子」とは何が違うのでしょうか。「金利」も「利息」、「利子」と同じような意味でつかわれることがあります。「銀行から預金金利をもらった」などという表現で使われたりします。しかし、「金利」という言葉には、「利息」、「利子」にはない使われ方をすることもあります。

 

それは、金利〇%という割合の説明表記になります。「利息」、「利子」では、%での表現を使うことはありません。つまり、「金利」のほうについては、「お金の利息(利子)」という実際の金額として使われる場合と、「お金の利率」として使われる場合の2つの意味があるとういことになります。

 

参照:じぶん銀行
https://www.jibunbank.co.jp/column/article/00118/

 

金利には単利と複利がある

「単利」と「複利」の意味および違いってわかりますか。似た様な言葉ではありますが、意味合いの差は大きく違います。このタイミングで、きちんと理解するようにしましょう。まず、「単利」、「複利」ですが、両方とも「利息」の計算方法を意味しています。

 

「単利」というのは、「元本」に対してのみ「利息」がつくことをいいます。また、「複利」というのは、「元本+利息(一定期間ごとに支払われる)」に対して「利息」がつきます。たとえば、「単利」については、年利が1%だった場合、100万円を預けていると1年間で1万円の利息がつきます。

 

そして、2年目も元本100万円に対して利息がつきますので利息は1万円となります。つまり2年間で2万円ということになります。一方、「複利」についてですが、年利1%だった場合、100万円を預けていると1年間での利息は1万円となります2年目の利息は、「元本100万円+1年目の利息1万円=101万円」に対して1%の利息がつくことになり10,100円となるので、2年間の利息の合計20,100円となります。これが長期になるとかなりの差が出てきます。

 

実質年率の意味

「実質年率」という言葉を聞いたことはありませんか。最近、テレビでもCMなどで見かける「カードローン」の返済でよく使用される言葉になります。「実質年率」とは、返済時に支払う利息分だけではなく、手数料や保証料、事務手数料なども含まれた合計の費用を「年率換算したもの」ということになります。

 

つまり、実質年率で計算されている場合は、返済金額以外に費用など支払必要はありませんし、請求されることもありません。(元本+年率+1年間の手数料)÷元本×100=実質年率(%)となります。

 

利息は日割りで計算する

1年間の利息というのは、元本×年利という計算で簡単に算出できます。たとえば、100万円を1年間年利18%で借りた場合は、利息は、100万円×18%=18万円ということになります。元本100万円+利息18万円=118万円が支払う合計の金額です。

 

実際には、借りてからぴったり1年後に返済するということはありませんので、日割りでの計算で算出することになります。元本×年利÷365×借入期間の日数=利用日数分の利息という計算です。

 

住宅ローン金利選びのポイント

 

人生において、一番おおきな借金となる可能性が高いのが「住宅ローン」になります。大きな金額を借りるうえでの金利というのは、毎月の支払金額にかなり影響してきます。金利を確認するうえでのポイントをいくつかご説明します。

 

店頭金利を確認する

「店頭金利」とは、各金融機関が設定して住宅ローンにおける基準となる金利となります。「基準金利」とも呼ばれます。金融機関が独自に決めた金利水準を公開しているので、各社で金利設定は様々です。この「店頭金利」の重要性についてですが、「店頭金利」というのは、例えばスーパーの商品で言うと「定価」に値するものになります。

 

実際は、この後説明する「優遇金利」や「適用金利」での契約になるかと考えらえますが、ローンなどの返済が滞り、優遇などが中止される場合もあり、その場合は店頭金利が適用されます。そのため、店頭金利も確認しておくことをおすすめします。

 

金利引き下げ幅を確認する

ほとんどの金融機関が、先ほど説明した「店頭金利(基準金利)」からディスカウントしています。「優遇金利」、「キャンペーン金利」、「金利引き下げ」などと呼ばれています。引き下げられる率を言っているのか、引き下げ後の率を言っているのか、間違えないよう次に説明する「適用金利」を確認するようにしましょう。

 

適用金利を確認する

「適用金利」とは、字のとおり、適用される金利ということになります。店頭金利 – 優遇金利 = 適用金利という式になります。式からもわかりますが、「適用金利」が同じでも、「店頭金利」も同じとは限りません。「優遇金利」がキャンペーンなのか、何年後にはどのように金利がわるのかなど、金融機関によって異なる場合がありますので、そこまで比較していくようにしましょう。

 

特約期間終了後の金利引き下げ幅を確認する

「優遇金利」には、一定期間のみ適用されるタイプと、全期間一律優遇タイプの2つがあります。一定期間のほうは、金利が低いうちに繰り上げ返済など短期間で積極的に返済予定を考えている方には向いています。

 

全期間一律タイプは、期間が長い分引き下げ幅が小さいといったデメリットはありますが、完済するまでにコンスタントに返済をしていきたい方や、返済期間が長い方はこちらがおすすめになります。一定期間の短期的な目先の金利に惹かれて、期間終了後の返済に苦しむこと考えらえますので、期間終了後の金利ついても確認したうえで契約するようにしましょう。

 

変動金利型の特徴

 

住宅ローンを契約するときに金利については、大きく「変動金利」と「固定金利」の2つに分かれます。まずは「変動金利」について説明します。

 

適用金利は半年毎に見直し

変動金利は、適用金利が、半年ごとに変動するものを言います。利用する場合、5年間は返済額が変わりません。しかし、その間も半年ごとに金利は見直され、元金部分と利息部分の割合が調整されています。

 

返済額は5年毎に見直し

以後5年ごとに返済額の見直しが発生します。再計算されことにより返済額が増加する場合については、それまでの返済額の25%増が上限と定められています。再計算された結果、返済額が減少した場合は、計算結果のまま減額された額とするのか、あるいは今までの返済額と同額にし、返済期間を短縮にするかを選択することが出来ます。

 

金利変動には要注意

金利については、いつどのぐらい上がるかは予測することは不可能です。そのため、金利上昇により、元本があまり減らずに利息だけが増えてしまう可能性もあります。繰り上げ返済に回したり、日頃からシミュレーションして余裕をもった返済計画を立てていくようにしましょう。

 

返済期間が短い方におすすめ

変動金利については、先行きの金利が不透明ということもあり、短期で返済可能な方におすすめなローンとなります。変動金利のメリットは、低い金利で借りられることです。低金利の期間は、その恩恵を受け元本や利子も効率よく返済していくことが可能です。金利が上昇しても返済期間が短かければ、対応することも可能です。

 

固定金利型(全期間)の特徴

 

「固定金利」には、全期間固定と一定期間固定の2種類に分かれます。各々の特徴を説明していきます。

 

適用金利は一定

一番の特徴は、返済期間の金利が、市場の状況がどう変化してもローン済まで一切変わりません。

 

返済額は一定

ローン済まで一定の金利となりますので、返済額も一定となります。返済計画を確実に立てられます。

 

金利変動を気にしなくて良い

固定金利の一番のメリットは、低金利の時に借り入れをした場合、全期間その金利が適用されることでしょう。金利が上昇しても、恐れることはありません。

 

安全志向の人におすすめ

金利を気にせずに、将来の人生設計を安心して行いたい方などにおすすめです。

 

固定金利型(一定期間)の特徴

 

一定期間の固定金利についての特徴は下記のとおりです。

 

適用金利は一定期間だけ固定される

一定期間が、金利上昇のリスクがありません。世の中の景気の変動に影響を受けずに金利が固定となります。

 

返済額は期間終了後に見直し

一定期間が終了した段階で、金利タイプ含め、返済額の見直しを行います。

 

期間終了時の金利がターニングポイント

一定期間が終了した段階で、再度見直しとなりますが、金利については、そのときの金利が採用されることになります。

 

全期間固定が嫌な人におすすめ

一定期間について、支出額を固定で計画的に管理したい人などにおすすめとなります。

 

ローンを検討する際のポイント

 

ローンはほとんどの金融機関からサービス提供されています。各金融機関のローンを比較検討する際のポイントについてご説明します。

 

金利は業者によって異なるため低金利の業者を探す

今回説明しています「金利」については、やはり低いに越したことありません。各金融機関によって「金利」はなりますので、「金利」の低いところを探しましょう。ただし、注意するのは条件(期間)などがどのようになっているかです。単純に金利の数値だけを比較するのではなく、実際に借りる金額、期間からどのくらいの利息が発生するのかを計算したうえで比較するようにしましょう。

 

上限金利に注目する

変動金利などの契約の場合は、どんなに金利が上昇してもそれ以上にならないなど上限金利が設定(記載)されています。その上限金利を確認し、比較するのをお勧めします。

 

返済期間を短くする

やはり返済期間が短いと長いでは、トータルで支払う「利息」金額は異なります。月々の支払金額を確認したうえで、可能な範囲で返済金額を短くするようにしましょう。また、お金に余裕があるときは繰り上げ返済をしてトータルの返済期間を短くするのもおすすめします。

 

豆知識

 

その他の「金利」のことに関する情報を、いくつかピックアップしてみました。知っておいて損になることはありませんので、ぜひご確認ください。

 

金利には借主の信用度が影響する

お金を貸す側の立場になってみればわかりますが、やはりお金を貸す以上、返していただく必要があります。返済能力が高い場合は、金利を低くしてもいいですが、返済能力が低いと判断された場合は、貸さないかもしくは金利が高くなります。返済能力の判断が「信用度」となります。年収や勤続年数、他からの借り入れなどの情報から厳密に審査され「信用度」が算出されます。

 

金利は経済的な影響で変動する

金利が安いと、各企業などは運転・設備資金を調達しやすい状況になります。そのため、経済は活性化され景気が上昇となり物価があがってきます。逆に金利が高くなると、資金調達が困難となるため、経済活動は抑制され、景気の過熱が下がり、物価への圧力が働いてきます。

 

参考:日本銀行
https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/seisaku/b28.htm/

 

法律で金利上限が定められている

元金によって3段階の上限金利が定められています。元金10万円未満までは、上限金利20%まで、元金10万円以上100万円未満までは、上限金利18.0%まで、元金100万円以上は、上限金利15.0%までとなっており、この金利を超える設定をした場合は、民事上無効となります。

 

参考:日本賃金業協会
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/4-1.html

 

過去のグレーゾーン金利は過払金請求の対象

2010年の法改正以前までは、利息制限法に定められている上限金利は超えているが、出資法に定める上限金利は満たない金利のことを「グレーゾーン金利」と呼ばれています。消費者金融などは、このグレーゾーン金利帯にて金銭の貸出を行っていました。2010年の法改正以前までは、消費者金融などは利息制限法をベースに運用していたため定められた利率を超える部分は無効とされています。この部分が過払い金対象となるということです。

 

参考:日本賃金業協会
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/4-1.html

 

まとめ

「金利」が絡んでくるときは、ほとんどが大きな金額での取引をするときになります。金利の計算方法、意味を知っている、知らないではだいぶ決断含め変わってくるかと考えられます。今回学んだキーワードが出てきたときは、いったん冷静に計算などしてみたりするのも良いでしょう。ぜひ、今後の人生において役立てるようにしてください。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る