» クレジットカードとデビットカードの違いは?使い分けのコツも解説のメインビジュアル  » クレジットカードとデビットカードの違いは?使い分けのコツも解説のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.10.16

クレジットカードとデビットカードの違いは?使い分けのコツも解説

 

 

クレジットカードはすでに広く普及して一人で複数枚のカードを持っていらっしゃる方もいますが、今盛んに銀行が宣伝しているものにデビットカードがあります。

 

クレジットカードと同じように全国のお店やネットショップでも使えるカードです。このデビットカードはクレジットカードとどのような違いがあり、どのような使い方ができるのかなどについてご説明します。

 

クレジットカードとデビットカードの違い

 

 

デビットカードとクレジットカードの違いから見ていくことにしましょう。

 

デビットカードは、一見クレジットカードとのその差はほとんどの方がわかりにくいのですが、実際には決済の仕方、審査の仕方などかなりの差があるのです。しかし、一般的にはあまり差が知られていないのが現状です。

 

そもそもデビットカードとは

そもそもデビットカードというのはどのようなカードなのでしょうか。

 

お店で買い物をした時に、クレジットカードはカード会社のクレジット残高に加算されてその残高に応じて毎月請求が来て銀行などから自動引き落としなどで決済されます。しかし、デビットカードの場合には買い物時点で銀行と回線で繋がって自分の銀行口座の預金から自動的に買い物をした金額が引き落とされ、決済される形になるのです。

 

すなわち、お店の決済端末からクレジットカード会社の回線を通じて情報は行きますが、同時に銀行とも接続されてクレジットカード会社には買い物情報は溜まらない形になっているのです。

 

デビットカードには必ずカード会社のマークが入っておりますが、あくまでもクレジットカード会社の仕組みを利用するだけで、決済自身は銀行が即時に行うことになります。

 

デビットカードの種類

ただ、デビットカードでも、2つの種類があります。クレジットカード会社の仕組みを使った国際ブランドのデビットカードと、もう1つはJデビットと呼ばれる国内で独自のネットワークを利用したデビットカードです。Jデビットの場合には、クレジットカード会社は通しません。

 

国際ブランドのデビットカードであれば、海外でもショッピングで使うことができ、しかも海外でATMから現地通貨を引き出すこともできるのです。銀行で外貨を両替する場合には手数料がかかってきますが、国際ブランドのデビットカードの場合には手数料はかかりません。

 

それに対してJデビットの場合には、国内でのJデビットの加盟店での買い物に限られますし、端末に暗証番号を入力してやる必要があります。Jデビットの場合には、ほとんどが7キャッシュカードと一体になっています。

 

クレジットとデビットの違い1.後払いか即時引落しか

クレジットカードとデビットカードの一番の違いは、買い物をした時に後払いになるか即時引き落としになるかどうかと言えます。

 

その点ではデビットカードはどちらかと言いますとクレジットカードよりもプリペイドカードに近いとも言えるのです。プリペイドカードは、引き落とされるのがカード自体にチャージされた金額からの引き落としになりますが、即時引き落としという点では同じです。

 

クレジットとデビットの違い2.発行時の審査の有無

さらにクレジットカードとデビットカードの大きな違いは、発行してもらう際に審査があるかどうかです。

 

クレジットカードの場合には、申し込まれた方の返済余力などの審査が行われますが、デビットカードは銀行に口座があれば、本人確認さえできれば発行してもらえます。

 

即時決済で、預金がなければ引き落としされず、利用そのものができませんから、発行側にもお店側にもリスクがないからです。早く言えば、自己破産をした人や長期延滞でクレジットカードが強制解約された方でも持つことができるのです。

 

但し、イオンカードやソニー銀行のVISAカードなどの立替が可能なサービス付きのデビットカードの場合には審査が行われる場合があります。

 

立替サービスは、銀行の口座に残高がないような場合に、発行銀行や提携カード会社が立替えるバックアップサービスを指します。銀行のシステムが停止している時間帯などにも立替えによって利用ができるもので、クレジットカード的な要素が加わっているために審査が必要になっているのです。

 

ただ、デビットカードにはこのようなサービスをしているところは少なく、ほとんどの銀行で審査なしで持つことができます。

 

クレジットとデビットの違い3.発行可能年齢

クレジットカードとデビットカードのもう1つの違いには、発行できる年齢が違うことです。クレジットカードの場合には、業界の自主規制で18歳以上の方に限られますが、デビットカードでは、おおむね15歳以上(中学生除く)の方であれば発行されます。

 

従って高校生も持つことができるのです。

 

利用可能店舗はほぼ同等

国際ブランド付きのデビットカードの場合には、クレジットカードと同等に、どこの店でも利用が可能です。海外も同様です。

 

但し、Jデビットの場合には、Jデビットの加盟店に限られ、国際ブランド付きのクレジットカードに比べますと、まだまだ利用は限られます。

 

クレジットカードとデビットカードどっちを使う?

 

 

クレジットカードとデビットカードで、どちらを使うべきか、或いはメリットがあるのかについて見てみます。クレジットカードもデビットカードもそれぞれに特徴があり、その特徴を生かす使い方を考える必要があるのです。

 

クレジットカードを選ぶメリット

クレジットカードは、毎月ご自宅に利用明細書が届きますので、何に使ったのかはすぐにわかるようになっています。その意味で、家計の管理などはし易いと言えます。それらも含めて、メリットを見てみます。

 

計画的な支払いができる

クレジットカードを利用する場合には、リボ払いを選択すれば、毎月の支払い額が一定額になります。従って、月々の収入の中で、クレジットカードを利用しない買い物や一括払いで使用できる金額が決まってくるため、計画的な支出管理ができるメリットがあるのです。

 

さらに、クレジットカードの場合には、必ず利用明細書が送られてきたり、インターネットサイトの会員サービスで見れるようになっており、何に使ったのかがわかり、管理し易いと言えます。

 

また、毎月定期的に支払う公共料金や電話料金などの収納代行もしてくれるため、それらの支出管理もしなくて済みます。

 

従って、家計簿などをつけられていて、何事も計画的に自己管理できる方の場合にはクレジットカードは使いやすいカードと言えるのです。

 

ポイントや保障などの付帯サービスが充実

クレジットカードの場合には、デビットカードに比べますと、ポイント制度で貯められる機会が多く、また、保険などの付帯サービスも充実しています。

 

デビットカードでもポイント制度がある場合もありますが、公共料金や携帯電話の支払いなどの定期的な自動引き落としには対応できませんし、ETCカードなどにも対応できないため、ポイントのつく機会が少ないのです。

 

デビットカードを選ぶメリット

デビットカードが有利に使える特徴としては、やはり即時引き落としであるために、銀行に預金がなければ買い物ができない点です。その他の特徴も含めてデビットカードのメリットを見てみます。

 

使いすぎを抑えたい

やはり、普段から衝動買いや浪費癖のある方の場合には、クレジットカードでは限度額に達するまで使ってしまうという欠点があり、後で返済に苦労するケースが多いのです。

 

しかし、デビットカードであれば、預金以上の買い物はできませんので、いくら欲しくても買えません。買い物でのカードの使いすぎにストップをかけられない方には適したカードということが言えるのです。

 

それによって、返済に苦しむこともありませんし、多重債務化するということもなくなります。

 

お金の管理がしやすい

給料の振込み口座でデビットカードを発行してもらえば、収入以上の支出ができませんので、お金の管理は自動的に行われることになります。

 

特に家計簿をつける必要もなく、お金の管理を見れるようにしたい方の場合は、スマホなどのアプリでデビットカードの支出管理をしてくれるものもあり、便利に利用できるのです。

 

その意味で、自分で家計簿などをつけて管理するのが苦手の方でもお金の管理ができるのです。

 

海外旅行で現地通貨の引き出しに便利

海外ブランドが付いたデビットカードの場合には、海外の買い物でも使用が可能であり、さらに現地のATMから現地通貨で自分の預金口座から引き出すことができます。クレジットカード同様に為替の両替手数料もいりません。

 

しかも、クレジットカードの場合には、借入の形になるために金利が発生しますが、デビットカードの場合には、自分のお金ですから金利は発生しません。現状のほとんど普通預金の金利が無いにも等しい状況では、預金金利発生の機会損失もないのです。

 

用途に応じて使い分けを

従って、クレジットカードにもデビットカードにも特徴やメリットがありますが、自分の性格を考えたり、使う目的を勘案して使うようにすれば便利に使えます。両方使う方法もあるのです。

 

ポイントを貯めたい、公共料金などの支払いは別々にされるよりはカードで一括で支払いたいという場合にはクレジットカードが適しています。また、海外旅行や海外出張が多いという場合や、衝動買いや浪費癖があるという場合にはデビットカードがおすすめです。

 

クレジットカードが使えてデビットカードが使えない場面は?

 

クレジットカードではできてデビットカードではできないという局面があります。

 

デビットカードは、即時引き落としになるため、ETCなどのように瞬時に利用可能かどうかの判断が必要になる場合には使用できないという局面があるのです。その他の面も含めて見てみることにします。

 

高速道路

高速道路のような有料道路では、現在では9割以上の方がETCカードを利用されており、そのほとんどがクレジットカード一体型になっています。しかし、デビットカードとの一体型はありません。

 

これは、ETCの場合には、車を料金所で止めることなく、瞬時に情報を読み取り、クレジットカード会社に送ってそのまま通過させる必要があるためです。銀行に情報を送って即時引き落としを行ってその結果を返送されてくるまで待つ余裕はないのです。

 

従って、同様の理由で、クレジットカードが利用停止になっていてもETCカードは高速道路の料金所を通ることができるのです。

 

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドの場合には、セルフの場合にはデビットカードが使えない場合が多いです。これは即時引き落としの判断ができないためですが、立替機能付きのデビットカードや口座残高が24時間判断できるネット銀行の場合には、スタンドなどでは使える場合もあります。

 

飛行機の機内販売

飛行機の機内販売の場合にも、銀行と繋がらないため、デビットカードが使えないケースがほとんどです。

 

月々の支払い

公共料金や定期的な支払が生じるケースでは、デビットカードは即時引き落としに馴染まないために使えません。従って、ゲームなどのネットサービスや保険会社などでは使えない場合が多いのです。

 

ただ、ネット銀行などのデビットカードでは対応している場合もありますので、申込みの段階で確認しておく必要があります。

 

まとめ

 

 

最近銀行などが力を入れているデビットカードについて、クレジットカードとの比較などからご説明しました。

 

基本的には、審査はなく、銀行に口座があれば発行してもらえ、口座からの即時引き落としになりますので、カードの使いすぎということもありません。

 

国際ブランド付きの場合には海外でも使え、現地ATMで自分の口座から現地通貨で引き出せるというメリットもあります。

 

但し、公共料金のように定期的に支払いの生じる場合には対応できないケースも多く、ポイントが貯まりにくいという面もあります。

 

自分の生活態度や利用する目的に応じて使い分けてください。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る