» クレジットカードを海外旅行に持っていくメリットは?付帯保険についても!のメインビジュアル  » クレジットカードを海外旅行に持っていくメリットは?付帯保険についても!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.10.19

クレジットカードを海外旅行に持っていくメリットは?付帯保険についても!

 

 

アベノミクスが始まってから、海外から日本に来られる方が増えるとともに、日本から海外旅行に行かれる方も増えています。

 

その海外旅行に欠かせないのがクレジットカードです。海外での買い物には不可欠ですし、海外ブランドのカードは身分証明書代わりにもなる便利なカードなのです。

 

この海外旅行に不可欠なクレジットカードのメリットや、付帯する保険などについてご説明します。

 

目次

クレジットカードを海外旅行に持っていくメリット

 

 

2017年には1千8百万人ほどの方が海外旅行などで海外に行かれています。そのほとんどの方は、クレジットカードを持って海外に行かれており、ショッピングなどに利用されているのです。

 

このクレジットカードを海外に持っていくことは、海外旅行もキャッシュレスの時代になっていることを示していますが、その背景には多くのメリットがあるのです。

 

【出典】統計情報白書 http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/in_out.html

 

旅行先で現金をあまり持ち歩かずに済む

海外旅行にクレジットカードを持っていくメリットとして一番大きいのは、治安に不安のある旅行先でお金を持ち歩かなくても良い点です。

 

米国などもテロなどが警戒されていますし、欧州なども移民や難民が押し寄せ、それぞれに治安の悪化が言われています。

 

従って、極力海外旅行に行く際には現金を持ち歩かなくても過ごせるようにクレジットカードが重宝されているのです。

 

日本円の外貨両替よりもお得になる場合が!

また、海外に行く際には、昔は日本円を現地通貨に両替していましたが、最近では、両替せずにキャッシュレスで、クレジットカードだけを持って海外に行かれる方も増えています。

 

クレジットカードを使って海外でもATMでキャッシングができるためです。しかも、現地通貨で出金することもできるのです。

 

銀行や空港での外貨への両替では手数料がかかってきますし、余った外貨を日本円に両替する際にも手数料がかかります。

 

しかし、クレジットカードの海外キャッシングであれば、両替手数料はかかりません。キャッシングの利息がかかりますが、一括払いの場合にはクレジットカードで現地出金をした方が安くすむ場合が多いのです。

 

そのため、キャッシュレスで海外に行かれる方が増えているのです。

 

海外旅行先で身分証明代わりになる

海外で使用できるのは、VISA、JCB、MASTERなどの海外ブランドのカードです。

 

これらの国際ブランドカードは海外のほとんどのショップでのショッピングで使えるだけでなく、国際ブランドカード自体の信用力が非常に高く、身分証明書代わりにもなるのです。

 

従って、海外ブランドのカードを持っていれば、安心して過ごすことができ、海外でトラブルにあう可能性も低くなります。

 

海外旅行傷害保険が利用できる

クレジットカードにはほとんどの場合に海外旅行傷害保険がついており、海外旅行中にケガや病気をしたり、トラブルにあった場合も保険を利用することができます。

 

従って、いろいろな面で海外にクレジットカードを持っていくことはメリットも大きく、安心なのです。

 

クレジットカードの海外利用で知っておきたい為替レートと手数料について

 

 

クレジットカードを持って海外に行かれる場合に注意しなければならないのが、為替レートと手数料です。

 

クレジットカードのショッピング機能を利用して買い物をする場合には、為替レートや海外ブランドの事務手数料を見ておく必要があるのです。

 

為替レート換算日について

クレジットカードのショッピング機能で海外で買い物をした場合、カードの請求は、日本円で換算し請求されます。この場合の請求の根拠となる為替レートの換算がいつの時点で行われるかが問題です。

 

クレジットカードの請求において適用される為替レートは、カードを利用したお店から利用データがクレジットカード会社の決済センターに到着した日付になります。

 

すなわち、請求を受けた日ではなく、商品を購入した日でもないのです。どちらかと言えば購入した日に近いと言えます。

 

従って、買い物をした日よりも請求を受けた時点で円高になっていたとしても、請求時の換算レートは買い物をした時点に近い為替レートになるのです。

 

各国際ブランドの事務手数料について

もう一つ気を付けなければならないのは、使用したクレジットカードの国際ブランド(VISA、MasterCard、JCB、American Expressなど)の事務手数料です。

 

海外で国際ブランドを利用して決済した場合の手数料は、国内で請求される手数料とは違っています。海外では国際ブランドでしか決済ができないことから、別に海外での利用に対する事務手数料が請求されることになるのです。

 

JCBの場合には1.6%程度の手数料がかかります。手数料率は国際ブランドで微妙に違っていますので確認しておくことが必要です。従って、一括払いなので手数料はかからないと思っていても、実際には国際ブランドの手数料が上乗せされて請求されてきます。

 

しかも、為替レートは利用店からの請求データが到着した日付の日本円の価格に事務手数料がかかることになりますので、思っていた以上の請求を受ける可能性もあり、注意しておく必要があるのです。

 

クレジットカードの海外旅行傷害保険について

 

海外旅行などで海外に行った時に一番怖いのはケガをしたり、病気になることです。そのような時に頼りになるのが海外旅行傷害保険です。

 

この海外旅行傷害保険について見てみます。

 

海外の医療費は高い

私たちは、国内でケガをしたり、病気で病院に行っても、かかる医療費用は健康保険によって2~3割で済みます。医療費そのものも国の基準が決まっており、特別な保険適用外の治療でない限りは高額な医療費を請求されることはありません。

 

しかし、海外では医療そのものが規制を受けず、医療費も自由で高い医療費を請求される可能性が高いのです。そのために、海外に行く場合には海外旅行傷害保険に加入していく必要があるのです。

 

海外旅行傷害保険とは

海外旅行傷害保険は、ほとんどの海外ブランドについているサービスで、海外でにケガをしたり、病気になった場合、さらに所持品の破損や盗難などに対して補償をしてくれる保険サービスです。

 

また、トラブルやアクシデントが発生した場合には24時間いつでも日本語で対応してくれますので、安心して旅行をすることができます。

 

ただ、クレジットカードのグレードによって補償額には差があります。

 

自動付帯と利用付帯の違い

クレジットカードに付いてくる海外旅行傷害保険には、自動付帯のものと条件付きの利用付帯のものがあります。

 

自動付帯の場合には、クレジットカードを持って海外旅行をする際には自動的に保険に入るもので、手続き、登録などは一切ありません。

 

それに対して、利用付帯の場合には、ツアー代金や出国する際には公共交通機関を利用してそれをクレジットカードで支払わなければ、海外旅行傷害保険の適用が受けられないというような利用条件がついてくるのです。

 

従って、海外旅行に行く前に持っていくクレジットカードの保険が自動付帯なのか、利用付帯なのかを確認して、なるべく自動付帯のカードを持っていかれることをおすすめします。

 

海外旅行用に新しくクレジットカードを作るならVISAカードがおすすめ!

 

 

これから海外旅行に行くのでクレジットカードを作るという場合におすすめなのは、VISAカードです。

 

なぜこのVISAカードのクレジットカードなのかについてご説明します。

 

海外旅行にVISAカードがおすすめの理由

海外旅行で最もポピュラーなクレジットカードはVISAカードです。その理由は、海外でクレジットカードが利用可能なお店の99%がVISAカードに対応しているからです。

 

年会費無料!海外旅行傷害保険付帯のおすすめVISAカード

基本的にVISAカードの年会費は無料であり、海外旅行傷害保険も自動付帯になっていますのでおすすめです。海外旅行に行く時に、必要なクレジットカードの特徴をすべて備えているのがVISAカードと言えます。

 

そのために利用者も一番多く、それ故に加盟店も多いのです。

 

エポスカード(VISA)

エポスのVISA付きクレジットカードは、流通大手の丸井グループが出しているカードですが、VISAの特徴はすべて付帯しています。丸井グループの店だけでなく、VISAに対応している全国のお店で使えますし、海外ではVISAカードとして使うことができます。しかも、年会費は永年無料で使えますので、お得です。

 

【参考】https://www.eposcard.co.jp/index.html

 

三井住友VISAクラシックカード

日本国内で一番VISAカードを発売しているのが三井住友カードであり、この三井住友VISAクレジットカードであれば、初年度の年会費は無料です。

 

次年度以降は年会費は1,500円プラス消費税で、比較的お得なカードです。また、WEB明細書を利用する場合には1,000円引きで実質500円+消費税とさらに安くなります。

 

海外ではVISAカードとして使え、身分証明書としても使えますし、自動付帯の保険もついており、ブランドカードとしては最適です。

 

【参考】https://www.smbc-card.com/nyukai/card/classic.jsp

 

年会費無料!海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードおすすめ一覧

 

 

クレジットカードの中で、年会費が無料でしかも海外旅行傷害保険が付帯しているおすすめのカードをいくつかご紹介します。

 

楽天カード

楽天カードは、テレビやインターネットでよく宣伝しているクレジットカードです。年会費はもちろん無料で、楽天市場で買い物をすることでポイントも貯められます。

 

カード審査もゆるく、誰でも持つことができるカードなのです。

 

この楽天カードには、VISA、JCB、MASTER AMEXの海外ブランドカードが付いており、それぞれに海外旅行傷害保険が付いています。

 

【参考】https://www.rakuten-card.co.jp/

 

エポスカード

すでにご紹介しましたエポスカードは、VISAだけでなく、AMEX、JCBなども付けることができます。年会費も無料です。

 

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISA クラシックカードもすでにご紹介していますが、WEB明細書を選択すれば、初年度の年会費無料で、次年度以降も500円と非常に安くて格の高いカードを持つことができますので、おすすめです。

 

セゾン・ブルー・アメリカン・エクスプレス・カード(※25歳まで無料)

セゾン・ブルー・アメリカン・エクスプレス・カードは、セゾンカードが発行しているクレジットカードで、初年度の年会費は無料で、25歳以下の方は翌年度以降も無料が継続します。

 

このカードも、海外で使えると共に海外旅行傷害保険も自動付帯になっており、若い人にはおすすめのクレジットカードです。

 

【参考】https://www.saisoncard.co.jp/amex/blue-cs/

 

 VIASO(ビアソ)カード

三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードが「VIASO カード」です。このカードには、国際ブランドはMASTER がついており、海外でも充分に使うことができるカードです。年会費は無料で、家族カードも無料で発行してもらえます。

 

海外旅行傷害保険が付いていますが、旅行代金などのカード払いによる条件が付いた利用付帯になっています。

 

【参考】http://www.cr.mufg.jp/apply/card/viaso/index.html

 

学生用ライフカード

クレジットカード会社のライフが発行している学生用のライフカードには国際ブランドとして、VISA、JCB、MASTER から選ぶことができます。年会費は学生時代だけでなく、卒業しても無料です。

 

海外旅行傷害保険は、学生時代には自動付帯で付いてきます。

 

【参考】http://www.lifecard.co.jp/card/credit/std/

 

海外旅行でクレジットカードの支払いをする際に注意したいこと

 

海外旅行の際にクレジットカードを持っていくメリットやお得なカードをご紹介しましたが、カードを利用して買い物をする場合の注意点についてもご説明します。

 

海外旅行で怖いのは、カードを盗まれて不正利用されたりする場合です。そのような場合や買い物そのものでも、事前に備えて注意しておくべきことがあるのです。

 

旅行前にクレジットカードの暗証番号を確認しておく

まず、海外旅行に持っていくクレジットカードの暗証番号をよく確認しておく必要があります。

 

サインではなく、暗証番号を入力する場合があり、その時に暗証番号を忘れてしまうと買い物ができません。日本国内では、サインのところが多く、暗証番号を入れる機会が少ないため、暗証番号を忘れている方も多いのです。

 

従って、暗証番号は渡航前にしっかりと確認して忘れないようにしてください。

 

支払いの際、サイン・暗証番号の入力は金額を確かめてから

支払いをする場合、サインをしたり、暗証番号を入力する際には金額をよく確認してから行なうようにしてください。カードを奥に持っていかれることもないようにしてください。

 

悪質なお店では、金額を一桁多くしたり、表示価格よりも高くレジを打つ場合もありますので注意が必要です。

 

帰国後に利用明細で不正利用・不正請求がないか確認する

帰国してクレジットカードで利用した利用明細が来たときには、すぐに不正利用や不正請求がないかを確認してください。フィッシング詐欺などは多く行われていますので、レシートをとっておいて請求の際の利用明細と付け合わせする必要があるのです。

 

不正利用や不正請求がある場合には、すぐにクレジットカード会社に連絡して補償申請を申し出ると共に、カードの利用停止をしてもらうようにしてください。利用停止をしませんと、さらに不正利用などをされることになります。

 

海外旅行で便利なクレジットカードの利用に関するまとめ

 

 

海外旅行などでは、クレジットカードを持っていくのが常識になっています。クレジットカードの海外旅行傷害保険も含めてその便利な点についてご説明すると共に、おすすめのカードのご紹介、使用に際しての注意点などについてもご説明しました。

 

クレジットカードを利用して、楽しい海外旅行をエンジョイしてください。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る