» メリットの多いクレジットカード、支払い方法変更や遅れは大丈夫?のメインビジュアル  » メリットの多いクレジットカード、支払い方法変更や遅れは大丈夫?のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.10.24

メリットの多いクレジットカード、支払い方法変更や遅れは大丈夫?

 

 

全国のお店やネットショップで気軽にショッピングができるクレジットカードには、その他にもポイントが貯まったり、キャッシングができるなどメリットがたくさんあります。

 

しかし、クレジットカードの利用は、お金を借りていることに違いはなく、支払日に引き落としができなかったということもあり得るのです。

 

そこで、クレジットカードのメリットと、支払遅れなどの場合に起こることや対処方法についてご説明します。

 

こんなに便利!クレジットカード支払いのメリット

 

クレジットカードは、日本では一人当たり約2.5枚所有されており、一家で5~6枚持っていることになります。それは、クレジットカードに大きなメリットがあるからに他なりません。

 

ポイントが貯まるという面もありますし、その場で支払をしなくてもよい、保険が付いている、クレヒスを蓄積できるので銀行などの信用が上がりやすいなどさまざまなメリットがあるのです。

 

使えば使うほどポイントが貯まる!

クレジットカードのメリットとして良く意識されているのが、ポイントが貯まるということです。クレジットカードを使って支払をするたびにポイントが付与されるのです。ポイントは特典や景品に充てることができ、さらに支払いにも充当できます。

 

従って、人気の高いクレジットカードは、このポイントの高還元率、すなわち、支払額に対して多くのポイントが貯まるものになっています。

 

支払いを後日にまわすことができる

クレジットカードの本来の目的は、キャッシュレスにあります。現金を持ち歩かなくても、買い物ができる点です。

 

すなわち、手元に現金がなくても支払を後日にまわして、欲しいものを買うことができるのです。今欲しいものを簡単に手に入れることができます。

 

各種保険がついてくる

クレジットカードには、各種の保険が付いています。盗難保険などが付いており、カードを盗まれて不正利用されたという場合には補償が受けられますし、海外旅行に行く際には、海外旅行傷害保険が自動付帯や利用付帯で付いてきますので、安心して旅行ができるのです。

 

なお、自動付帯は海外に持っていくだけで自動的に保険が付くもので、利用付帯というのはツアー代金などをカード決済した際に保険がついてくることを言います。

 

金融機関からの信用が上がる

金融機関やクレジットカードなどの審査では、既に借りているクレジット利用やローンの返済が遅れなくされている場合には、大きな信用力して見てくれます。

 

この返済の状況は、それぞれ利用している金融機関などの信用情報機関に登録されており、それをクレジットヒストリー(クレヒス)と呼んでいるのです。

 

但し、返済において延滞や遅延(短期延滞)がある場合には、逆にクレヒスに傷が付くと言って、金融機関からは要注意とされ、借入ができない場合もありますので、注意する必要があります。

 

家計簿など、管理がしやすい

クレジットカードは、毎月締め日と支払日が決まっており、前回締め日翌日からの利用状況が利用明細として請求と一緒に送られてきます。(クレジットカード会社によっては、ネットなどのサイトで見るようにしている場合もあります。)

 

従って、家計簿にその利用明細によってつけ忘れを訂正することもできますし、スマホなどではクレジットカードの利用額を反映させた家計簿アプリもありますので、毎月のお金の管理がしやすいというメリットもあるのです。

 

現金を持ち歩かなくていい

クレジットカードの一番のメリットは、キャッシュレスを実現できることにあります。現金を財布に入れていなくても、支払ができる点です。

 

各手数料がかからない

クレジットカードは、一括払いの場合には手数料がかかりません。締め日まで期間がある場合には、実質的には1ヵ月半から2ヵ月支払を無料で先送りできるのです。

 

カードローンなどでお金を引き出して購入した場合には、年利18%の利息がかかってしまいます。ただ、クレジットカードでも、リボ払いなどにすると手数料は年利15%程度かかってきますので、注意してください。

 

また、クレジットカードでは、それ以外でも盗難保険や海外旅行傷害保険が付いてきますが、それらも手数料はかかりません。

 

クレジットカードの支払いが遅れた時の対処方法

 

クレジットカードは多くのメリットがありますが、支払が遅れた場合にはクレヒスに傷がつき、他社での借入や新たなクレジットカードの申込みにおいて審査に通らない可能性があります。

 

そのために、残高不足などで引き落としができないようなことがないように注意しておく必要があります。しかし、注意していたとしても、実際に起こってしまった場合にはどう対処すればよいのでしょう。

 

このクレジットカードの支払が遅れた場合の対処法をご紹介します。

 

支払い遅れの対処法はカード会社によって異なる

クレジットカードの支払期日に銀行の引き落としができなかったり、銀行振込を忘れていたという場合には、すぐにカード会社に連絡する必要がありますが、それに対するカード会社の対応には差があります。

 

また、同じクレジットカード会社でも、自動引き落としをしている銀行によって対応が変わる場合もあるのです。

 

すなわち、再引き落としをしてくれる場合と、カード会社に直接返済額を振込むという形に分かれています。また、再引き落としでも時期が違っている場合もあります。

 

ケース1:数日後に再引き落とし

カード会社の対応で多いのは、再引き落としをするというものです。

 

ただ、この場合も、すぐに数日後や1週間後に再引き落としされる場合と、次回支払日に2可決分をまとめて引き落としされる場合があります。

 

基本的に、クレジットカード会社では、利用者の引き落とし情報を金融機関ごとに磁気テープにデータをまとめて送る場合や専用回線で電送する場合があります。

 

銀行側でも口座からの引き落としがされたかどうかのデータをまとめて同じく磁気テープか専用回線で電送する形になりますが、磁気テープなどの場合には、送り返されてくるまで最長1週間ほどかかる場合もあるのです。

 

そのため、電送の場合には、数日から1週間後に再引き落としはできますが、データが来るのが1週間もかかる合には、次回引き落とし日にまとめて引き落とすということもあるのです。

 

ケース2:カード会社に直接振り込む

カード会社によっては、再引き落としをせずに、カード会社の銀行口座に直接振込む必要のあるところもあります。

 

引き落としを何回もするためには、そのたびにデータを作成して送る必要があり、コストがかかるためです。また、そのような引き落とし回数が多くなることを銀行によっては断る場合もあるのです。

 

そのため、直接クレジットカード会社の口座に振込むよう言われるのです。この場合には、送金手数料も自分持ちになりますので、極力ネットバンキングやATMなどでコストの低い方法で行なうようにしてください。

 

支払いの遅れは通帳記帳で随時確認すること

自動引き落としの確認は必ず行なう必要があります。銀行によっては、引き落としが出来ない場合には連絡をくれるところもありますが、連絡のない場合も多いのです。

 

従って、早期に気がついて対処すれば、遅延にはなりますが、延滞登録にはならず、他社の審査などでも回数が少なければ、それほど問題になることはありません。

 

WEB明細でも確認が可能

支払日に自動引き落としがされたかどうかはWEB明細でも確認は可能です。但し、WEB明細に反映されるには、3日から1週間後になりますので、かなり時間が空くことになり、場合によっては延滞登録されてしまう恐れもあります。

 

従って、基本的には銀行の口座の通帳記帳などを早めに行なうことをおすすめします。

 

クレジットカードの支払い日に遅れたらどうなるの?

 

クレジットカードの支払日に銀行の口座残高が不足して落ちなかったために返済が遅れた場合にはどのような状況になるのかを見てみます。

 

すぐに対処した場合にはそれほどの影響はありませんが、延滞が続いた場合にはかなり厳しい状況が訪れるのです。詳しく見てみることにします。

 

クレジットヒストリーが落ちる

クレジットカードの返済状況は、逐次業界の指定信用情報機関に報告され、登録されます。ただ、遅れの状態によって状況は大きく変わります。

 

すなわち、遅れの直後に気づいてすぐにクレジットカード会社に連絡して入金したり、再引き落としされた場合には、短期の「遅延」として処理され、カードの利用や他社でのカード申込みには影響は出ません。

 

但し、何度も短期遅延があったり、遅延状態が長引いて信用情報機関に延滞登録をされた場合には、他社でのクレジットカード申込みや増枠には大きな影響が出て、審査に通らない場合もあります。

 

さらに、延滞状況が長引き、返済事故(長期延滞、自己破産など)になった場合には、どの金融機関に申込んでも審査には通りません。特に自己破産などの場合には、クレジットカード業界の信用情報機関であるCICでは5年間記録が残るため、その間はどこでも審査には通らないのです。

 

もちろん、車のローンや住宅ローンの審査でも審査に通ることはできません。

【参考】CIC:https://www.cic.co.jp/

 

引越し、転職などに悪影響を及ぼす?

基本的に信用情報機関の情報は、クレジットカードなどの審査や遅れた場合の督促に利用する以外には使うことはできません。従って、クレジットカードの申込みや借入の申込みの審査以外には影響は出ませんが、既存のカードはタイムラグはあるにしてもすべて利用停止になる可能性があります。

 

但し、それ以外の引越しの際の不動産会社などの審査や転職の際には情報は見ることができませんので、影響は出ません。

 

ただ、新しい住居に引っ越した場合、家賃をクレジットカード払いにすることが出来ない場合もありますので、注意しておく必要があります。

 

新しいクレジットカードが作れなくなる

クレジットカード業界の信用情報機関であるCICに延滞情報がある場合には、新しいクレジットカードの審査は通れなくなりますので、作ることはできません。

 

但し、たまたま一度だけ残高不足で遅れたがすぐに入金したという場合には、作ることはできます。

 

カード利用停止になる危険性もある

延滞期間が長引いた場合には、クレジットカードの利用停止になる可能性があります。但し、利用停止になるまでの期間は、クレジットカード会社によって違っており、早いところでは2週間程度でなるところがありますし、2ヶ月程度の期間がある場合もあります。

 

多くは1ヶ月程度で利用停止になります。いずれにしても、遅れた場合には早めに入金をするようにしてください。

 

利用額が高額で支払えない時は「支払い変更」で応急処置

 

知らない間に利用金額が膨らんで、一括払いが高額になって支払えないという場合があります。簡単に使うことができるだけに、高額商品を購入したり、利用回数が増えて利用金額が膨らんでしまうことはよくあるのです。

 

一括払いを選択している場合には、「支払い変更」という方法で応急処置をすることが可能です。

 

クレジットカードの支払い変更の種類

クレジットカードの支払い変更というのは、支払い方法を変えることで、支払日を他の月にスキップしたり、月々の支払額を少なくする方法です。

 

分割払い

支払い変更の方法の一つは、一括払いを分割払いにする方法です。翌月の支払額を下げることができます。クレジットカード会社に電話をして、変更してもらうか、カード会社によってはインターネットの公式サイトからもできます。

 

但し、分割払いにするためには、個々の買い物に対して分割払いにする必要があり、それぞれの金額によって分割回数が変わり、しかも手数料がかかることになります。また、それぞれの回数によって手数料率が変わってきます。

 

手間が多く、あまりおすすめはできませんが、一部の高額のものだけを分割払いに切り替えて次月の支払額を下げるという場合にはよいでしょう。

 

リボ払い

一括払いからリボ払いに変更する方法で、支払日の返済金額は一気に少なくなります。しかも締め日での残高に対して一回で処理することができます。

 

一括払いからリボ払いに変更する場合には、電話でできますが、たいていのクレジットカード会社はインターネットのサイトから行なうことができます。

 

手数料は年率15%程度になりますが、月々に返済は分割されるため、返済は楽にできます。

 

スキップ払い

スキップ払いは、分割払いやリボ払いにするのではなく、一括払いの支払月を選べる方法です。半年以内であれば、スキップは可能です。

 

今月は支払えないが、ボーナス月であれば支払が可能だという場合には良い選択になります。基本的には一括払いですので、手数料もかかってきません。これも、インターネットサイトや電話で変更ができます。

 

支払い変更は支払日の1週間前まで可能

支払方法の変更は支払日の1週間前までは可能です。基本的に、クレジットカード会社は、1週間前に引き落としデータを銀行に送る必要があり、送ってしまえば変更はできないのです。

 

従って、今月は返済できないと返済方法の変更をする場合には1週間前までに行なうようにしましょう。

 

支払い変更は“計画的に”が鉄則

支払い変更は、本来は計画的に行なうのが基本です。すなわち、普段は大きな買い物をしないので一括払いにしておいて、大きな買い物をした月に限り、リボ払いにするなどです。

 

計画性もなく、衝動買いをしていますと利用金額はすぐに利用限度額まで達してしまいます。そうなってから、リボ払いに切り替えても利用枠はあまり広がらず、他のクレジットカードに手を出して、多重債務に陥る可能性もあるのです。

 

クレジットカードは、計画的に家計管理をしながら利用するようにしましょう。

 

最後に

 

クレジットカードは、非常に便利に使えるカードであり、さまざまなメリットがあるため、生活に潤いを与えてくれます。しかし、クレジットカードの利用はあくまでも借入であり、返済が伴います。

 

返済が滞った場合には、クレジットカードが利用停止になったり、他社でのカード申込みもできなく可能性があるのです。従って、クレジットカードは計画的に使って、楽しい生活を送れるようにしてください。

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る