» 遺産相続はプロに頼ろう!弁護士に依頼するメリット・相場・注意点のメインビジュアル  » 遺産相続はプロに頼ろう!弁護士に依頼するメリット・相場・注意点のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.10.31

遺産相続はプロに頼ろう!弁護士に依頼するメリット・相場・注意点

 

遺産相続の手続きは、法的な資格を持っていない人でも実施することは可能です。しかし、相続人が多いときや相続人との関係が複雑なとき、相続すべき遺産が多岐にわたるときなどは、遺産相続の手続きも複雑になってしまい、素人が処理するにはなかなか難しくなります。そのようなときに頼れるのが弁護士です。遺産相続をプロの法律家に依頼するメリットと相場、注意すべき点をまとめました。

 

遺産相続を弁護士に依頼するメリットは?

 

 

遺産相続手続き自体は、法律関係の資格を保有していない人でも実施できます。自分ですれば無料なので、できれば自分たちだけで手続きをしてしまおうと考える方も多いでしょう。しかし、法律のプロである弁護士に遺産相続を依頼すると、やはりお金をかけただけの価値があります。特に、次の3つのメリットは、弁護士に依頼して良かったと思わせるに足るものでしょう。

 

弁護士という第三者の介入で話し合いがまとまる

遺産を相続する人同士は、何かしら関係があるものです。兄弟姉妹であったり、父親や母親であったり、従妹や叔父・叔母など少し血縁関係が遠い親戚も含んでいることがあります。普段は仲良く付き合っていても、金銭的な取り分が関わると、うまく話し合いが進まないこともあります。

 

しかし、弁護士という第三者が介入することで、遺産を公平に分割することができるようになります。弁護士自身は報酬をもらって遺産を分割しますが、遺産自体を受け取るわけではありませんので、すべての相続人が納得できる形で分割作業を進めていくのです。

 

法的根拠に基づいて主張できるので損をしない

弁護士は法律の専門家です。もちろん、遺産相続や分割作業も法的根拠に基づいて実施しますので、手続き後に損失が生じることはありません。法的に正当な範囲で主張できることはすべて主張しようと思うなら、法律の専門家である弁護士に任せるのが一番です。

 

むずかしい法的手続きや処理を任せられる

遺産相続自体は、法律家としての免許を持たなくても実施できる行為です。しかし、手続きは簡単とは言えず、例えば一筆の土地の名義を変更するだけでも、法定相続人すべての印鑑証明書や戸籍が必要になります。また、相続すべき財産が多いときは、手続きも増えます。相続手続きに慣れた弁護士に依頼して、手間をかけずに遺産相続を済ませましょう。

 

遺産相続で弁護士を選ぶときの注意点

 

弁護士は法律の専門家ですが、すべての弁護士が遺産相続の専門家というわけではありません。遺産相続を弁護士に依頼するときは、次の4つの基準で遺産相続に適した弁護士を選びましょう。

 

遺産相続問題の実績があるか?

優秀だと評判の高い弁護士であっても、遺産相続問題を扱ったことがない弁護士に遺産相続手続きを依頼するのはやめておきましょう。遺産相続には遺産相続ならではの手続きがあり、起こりがちなトラブルや解決すべきポイントも他の法律問題とは異なります。

 

できれば遺産相続問題を扱ったことがあるだけでなく、数多くの遺産問題を手掛けてきた実績のある弁護士に依頼したいものです。

 

相続税のことまで考慮して遺産分割を行ってくれるか?

相続する金額や不動産が多いときは、相続税がかかります。相続自体は満足できるものであっても、相続税が重くのしかかり、預金や不動産を手放さなくてはならない事態に追い込まれてしまうことがあります。目先の相続財産だけに左右されるのではなく相続税のことまで考慮して、もっとも納得できる形で遺産分割を行ってくれる弁護士を選ぶようにしましょう。

 

弁護士としての経験年数は?

相続問題を扱う際、故人の借金や、財産の調査や換価・処分、税金など、さまざまな相続以外の問題が派生することがあります。そのため、相続問題を取り扱う弁護士は、相続問題だけでなく法律関係の多岐にわたる経験が必要になります。弁護士としての経験が豊富で、相続問題以外の問題も幅広く取り扱ったことがある弁護士を選びましょう。

 

費用を明確に伝えてくれるか?

弁護士に仕事を依頼するときは、あらかじめ報酬に関して明確に取り決めておく必要があります。遺産分割自体は満足のいく結果になったとしても、弁護士報酬が高すぎるなら、「別の弁護士に頼めばよかった」という後悔が生じてしまう可能性があるでしょう。相続の満足度を高めるためにも、費用が明確で、納得できる適正価格を提示している弁護士を選ぶことが大切です。

 

弁護士にも合う合わないはある!ここをチェック

 

 

遺産相続問題を専門に手掛け、しかも評判の高い弁護士であっても、あなたに合うかどうかは別問題です。経歴だけを見て弁護士を即決してしまうのではなく、弁護士に正式に依頼する前に何度かコンタクトを取り、次の3つのポイントで本当に合う弁護士なのか決めるようにしてください。

 

対応や返信が早いか

遺産問題は特にスピードが必要な問題ではありませんが、できれば早めに解決したいですよね。依頼した内容に対してスピーディに対応してくれることはもちろん、メールで質問する際も、すぐに返信してほしいものです。何度か電話やメールでやり取りをし、そのような対応が見込める弁護士なのか見極めてください。

 

相談をきちんと聞いてくれるか

弁護士自身に「相続とは、かくあるべきものだ」という思い込みがあると、依頼者の主張や要望、相談をまともに取り合ってくれない可能性があります。相談をしたいのに会話が通じないのは、依頼者にとっては大きなストレスですよね。常に依頼者と親身に向き合ってくれる弁護士を選びましょう。

 

不利な情報も伝えてくれるか

遺産相続問題が、常に依頼者の希望通りに進むとは限りません。依頼者にとって不利な情報であっても正確に伝えてくれる弁護士を選びましょう。

 

まずは相談だけでも!弁護士相談の相場

 

弁護士ならどんなトラブルでも解決できるというわけでもありません。あなたにとって不利な状況になってしまい、後には引き返せないこともあるのです。取り返しがつかなくなってしまう前に、早めに弁護士に相談だけでもしておくことがおすすめです。「正式に弁護士に依頼するのはちょっと・・・」と考えている方も、まずは相談だけしてみてはいかがでしょうか。

 

法律相談

法律に関する相談は、30分で5,000~10,000円程度であることが一般的です。
市(区)役所の無料市(区)民相談や、公民館などの公的施設や保険会社などで、イベント的に無料で実施していることもあります。

 

ただし、無料の法律相談は、回数の制限があるのが一般的です。法律相談は、何度も相談を繰り返すと高額になってしまいますので、短時間に効率よく質問するためにも、聞きたい内容をあらかじめまとめてから弁護士事務所に行くようにしてください。

 

相続にかかる弁護士費用

 

 

弁護士に相談し、「やはり遺産相続手続きには弁護士の協力が必要だ」と判断したときは、正式に弁護士に手続きを依頼することになります。弁護士費用の相場を紹介しますので、ぜひ依頼する際の参考にしてください。

 

なお、弁護士を雇うときは、弁護士を依頼した人が弁護士費用を負担します。相続人すべてが弁護士費用を分割して支払うわけではありませんので、弁護士費用が高額になりそうなときは、かかった費用を相続人で分割するといった取り決めを弁護士に正式に依頼する前に話し合いで決定し、公正証書などの法的効力のある文書として作成しておくようにしましょう。

 

相談料

相談料は30分当たり5,000~10,000円が相場となります。何度も相談だけをするよりも正式に依頼する方が割安になることもありますので、手短に効率よく相談できるよう準備してから弁護士事務所に相談に出向きましょう。

 

着手金

着手金の金額は、遺産相続問題で扱う遺産の金額によって異なります。対象となる金額が300万円以下のときは対象となる金額の約8%、300万円~3,000万円のときは対象となる金額の約5%+α、3,000万円~3億円のときは対象となる金額の約3%+α、3億円超のときは対象となる金額の約2%+αが着手金の目安となります。

 

報酬金

相続問題が解決したときは、報酬金を支払います。依頼者が取得した財産が300万円以下の時は対象となる金額の約16%、300万円~3,000万円のときは対象となる金額の約10%+α、3,000万円~3億円のときは対象となる金額の約6%+α、3億円超のときは対象となる金額の約4%+αが報酬金の目安となります。

 

日当

遠方に住む親族の同意が必要になるときや遠方の裁判所に出頭するときは、弁護士に出張費用として日当を支払うこともあります。弁護士事務所によっては日当が着手金に含まれていることもありますので、契約時にかならず確認しましょう。

 

まとめ

 

相続は一時的な問題ですが、家族や親戚との付き合いは一生続きます。家族や親戚たちと良好な関係を保つためにも、できれば弁護士に依頼し、トラブルを未然に防ぎましょう。

 

監修者:佐藤 充裕(弁護士)

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る