» 【FP監修】貯金できない女性が参考にしたい支出の減らし方と3つのお金の貯め方のメインビジュアル  » 【FP監修】貯金できない女性が参考にしたい支出の減らし方と3つのお金の貯め方のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.11.12

【FP監修】貯金できない女性が参考にしたい支出の減らし方と3つのお金の貯め方

「今年こそは」と貯金目標を決めたものの、毎年貯金することを挫折してしまっている女性は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。老後の備えとしてなど、貯金をすることが必要と分かっていてもできないということもあるかもしれません。

 


そこで、今回はそんな貯金ができず悩める女性に参考にしてほしい支出の減らし方や3つのお金の貯め方などをご紹介します。

 

貯金できない理由は大きく2パターン

 

 

何度も貯金をしっかりしようと決意したものの、なかなか貯金ができない、もしくは続かないという女性はたくさんいらっしゃると思います。そこでまずは、貯金とはどういったもので、どのようにすれば貯金することができるか整理していきましょう。

 

貯金は「可処分所得(=収入非消費支出)」から「消費支出」を引いて残った金額から生まれます。

 

収入は皆さんが受取る給料やボーナスのこと。また非消費支出とは、食費や住居費など生活費(消費支出)以外の支出で、税金や社会保険料などが当たります。

 

上記の貯金の計算式からも分かるように、貯金ができない理由は、大きく分けて2つ。そもそも収入が少ない。あるいは、収入に比べて支出が多くて貯金ができない。このどちらかに分けられると思います。

 

収入が少ないから貯金できない

貯金ができない理由の1つ目である「収入が少ない」ことについて、改善策を考えていきましょう。

 

ごく当たり前のことから考えていきます。
一体なぜ、収入が少ないと貯金ができないのでしょうか。

 

1つは、頑張って節約して家計支出を減らしても限界があるということ。元々の収入が少なければ当然、可処分所得も少ないはず。生活費を差し引くと家計に余裕はなく、結果として貯金できないということに。まずは生活費以上の手取り収入になること、収入アップを目指すしか方法はありません!転職や起業、副業など収入を増やす方法を探っていきましょう。

 

例えば、インターネットが使えれば自宅でできる副業はどうでしょうか。
メルカリなどのフリマアプリを利用して、家庭の不用品を売る。書籍やDVD、フィギュアなど特定の分野に詳しい人であれば、せどりビジネスなどを副業とすることを考えてみても良いでしょう。ただし、公務員など原則として副業禁止の職業もしくは就業規則で副業禁止となっている会社に勤めている方は、副業をスタートする前に勤め先の就業規則をチェックすることをお忘れなく。

 

収入の幅を大きく変えたければ、転職や起業などキャリアチェンジを真剣に検討しても良いでしょう。起業といった大げさなことではないまでも、副業OKの会社なら、たとえばWEBデザイナーの仕事をしている人が、個人でWEB関連の仕事を受注することもできるのではないでしょうか。

 

あなたがこれまで培った知識や経験をフル活用することで収入アップが実現できれば、それだけ家計収支も改善します。ぜひ、一度ご自身の能力の棚卸をやってみてください。

 

支出が多いから貯金できない

次に貯金できない2つ目の理由、家計“支出が多く”て貯金できないケースについて考えていきましょう。

 

先ほどお伝えした貯金の計算式が示す通り、収入がいくら多くても支出が可処分所得以上に多ければ家計は赤字です。当然、貯金はできません。『平成28年民間給与実態統計調査(国税庁)』 によると、平均給与は男性521万円、女性280万円と男女間に大きな溝があり、男女の給与差はいまだに存在します。

 

この事実はとても重要です。給与水準を考えると、女性がしっかり貯金するためには、いかに支出を抑えられるかがポイントになるからです。

 

出典:平成28年分 民間給与実態統計調査|国税庁
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2016.htm#a-01

 

出典:国税庁
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2016.htm#a-01

 

貯金できない女性はお金の貯め方が間違っているかも!

 

 

貯金できない女性の中には、お金の貯め方がそもそも間違っている人もいます。ここからは、貯金できる女性と貯金できない女性の<お金の貯め方の違い>について解説していきます。

 

貯金できる女性のお金の貯め方

貯金できる女性は、貯金ありきでお金を貯めています。毎月の貯金額を設定し、優先的に貯金を確保した上で、余ったお金を支出にまわしています。

 

貯金できない女性のお金の貯め方

一方で、貯金できない女性は、毎月の貯金額を決めず、家計の余ったお金を貯金にまわそうと考えがちです。まず支出ありきとなっていることに注意してください。

 

貯金できないで悩んでいる女性はこんな支出に気を付けて!

 

 

ここからは、支出費目とその抑え方について考えていきます。自分が該当する項目があったら、まずその部分を節約できないか考えてみてください。

 

外食・交際費

会社の同僚や友人との食事会など、女性にとって外食・交際費はストレス発散、心の健康を保つためにも欠かせないもの。支出を抑えるのが難しいかもしれません

 

正社員として働く女性の1カ月の外食・交際費は平均で3.4万円というデータがあります()。

 

仕事のお付き合いでの外食はやむを得ないと思いますが、貯金できない人は、外食回数を減らし自炊を心掛けるだけで支出にも変化が生まれます。

 

ファッション代

女性の身だしなみに欠かせないファッション代。人によってファッションにかける費用はまちまちですが、バーゲンなどで浪費しがちな費目とも言えます。正社員として働く女性の1カ月のファッション代は平均で1.1万円()ですが、あなたの場合は?

 

貯金できない人にとってはファッション代も聖域ではありません。バーゲン品はシーズンごとに着だけといった衝動買いを防ぐマイルールの徹底など、支出内容の見直しが必須です。

 

化粧品代、美容・ボディ・ヘルスケア代

女性にとってコスメ・化粧品はいわば必要経費。正社員女性の1カ月の化粧品代は平均で4,000円、美容・ボディ・ヘルスケア代と合わせて月に8,000円程度とのこと()。あなたは月にどれくらいこれらの商品・サービスを買っていますか?

 

理美容費は個人差が大きく予算設定は難しいかもしれません。むしろ購入前にお試し品をお店でもらい試して後に購入する。最後まで使いきるなど、無駄を出さないことに重点を置いてみてはいかがでしょう。

 

)出典:とらばーゆ
https://toranet.jp/contents/money/know-how/780/

 

貯金できない女性は収入を増やすより支出を減らすことから始めよう!

 

 

すぐに収入を増やすことは難しい

すぐに収入を増やしていくことは難しいでしょう。日本の企業では、一般的に年齢とともに昇進などで給料が上がる傾向にあります。ただ、ポストは限られているため、誰もがトントン拍子に昇進するわけではなく、すぐに収入を増やすのとは難しいと言えます。

 

支出を減らすことは今日からできる!

家計支出を減らすことは、ご自身が努力すると決めればすぐ実行できます。早く始めればそれだけ早く効果が実感できます。今日から行動に移してみませんか。

 

先ほどお伝えした貯金の計算式の通り可処分所得から生まれてくるものであり、案外シンプルなんです。すぐに収入を増やすことは現実的には難しいことから、すぐに実践できる支出を減らすことからまずは始めましょう。

 

具体的な支出を減らす手順や取り組み方について、次項でご紹介していきます。

 

貯金できない女性が実行したい支出の減らし方

 

ここからは、支出を減らすために実践したい方法をいくつかご紹介します。

 

まずはレシートの保管から始めよう

食材や日用品購入の際にもらう買い物レシート。あなたは捨てていませんか?
レシートは買い物振り返りの際の大切なパートナーです。レシートの分析を続けることで、「あの時の買い物は無駄遣いだった」、「衝動買いだったかも」など、自分の意外な消費行動に気付くことが可能になります。

 

レシートは財布から定期的に抜き出し、買った時の状況を思い出して納得できる買い物だったかどうか、ぜひ一度振り返ってみてください。振り返りを継続していくことで自然に買い物の無駄が減り、支出に変化が現れると思います。

 

家計簿で毎月の支出項目と金額をチェック

当たり前かもしれませんが、貯金するためには基本的に毎月の家計が黒字でなければなりません。家計の現状把握のためにも、1日の支出をまとめて1項目としてでいいので、家計簿付けにチャレンジしてみましょう!

 

家計簿で毎月の家計収支を把握できれば、貯金するためにどれくらい収入があればいいか/支出を減らせばよいかの目安が立ちます。やみくもに節約するよりいいのではないでしょうか。最近はレシート撮影で簡単に家計簿作成を行える便利なスマホアプリも登場しています。手書きでもアプリでも使いやすい方を利用して、効率よく家計簿をつけていきましょう。

 

家計簿を付けるのはたいへんですが、家計収支が改善し貯金残高が増えていけば、モチベーションもアップします。

 

お財布には余分なお金を入れない

財布に余分なお金があると、「まだお金がある」安心感から余分なものまで買いたくなってしまうものです。必要以上にお財布にお金を入れないようにしましょう。

 

最初から必要最低限のお金しか持っていなければ、衝動買いしてしまうことも減ると思います。

 

貯金できない女性にオススメの3つのお金の貯め方

 

 

貯金できない女性におすすめのお金の貯め方として、先取り貯金をご紹介します。

 

先取り貯金とは、毎月の収入からまず貯金の目標額を取り分け、残りのお金で家計やりくりを行う貯金スタイルです。残りのお金を仮にすべて使ってしまったとしても貯金が確保されることから、貯金できない女性にうってつけです。

 

以下では、先取り貯金の預け先にふさわしい制度や金融商品を3つご紹介します。

 

1.会社の財形貯蓄制度を利用する(※)

財形貯蓄制度 を利用するためには、勤務先の企業や団体が、財形貯蓄制度を導入していることが前提となります。給与から天引きで積み立てでき、まさに先取り貯金にピッタリの制度です。

 

財形貯蓄制度のメリットは2つです。

 

まず銀行預金とは異なり、利息が非課税になる点。もう1つは、自動的に天引きされるため、使う前に貯金を確保できること。手元にお金があると浪費してしまいがちな方に特におすすめです。一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3種類があります。

 

一般財形貯蓄は、使用目的を限定せず自由に使えます。また、貯蓄開始から1年たてば、いつでも自由に払い出しすることができるため、ある程度の流動性もあります。

 

財形年金貯蓄ですが、60歳以降の年金として受け取ることを目的とした財形貯蓄です。財形住宅貯蓄とあわせ550万円まで利子等非課税となります(保険などの商品の場合は、払込額385万円までが非課税)。目的外の払い出しは課税されますのでご注意ください。

 

最後の財形住宅貯蓄は、マイホーム購入やリフォームなど住まいの資金作りのための制度です。こちらも目的外の払い出しには課税されますが、財形年金貯蓄とあわせて550万円まで利子等非課税に。

 

貯蓄の目的がはっきりしていないなら、まずは一般財形貯蓄からスタートしてはいかが?

 

ただし注意点もあります。
退職後2年以内に新しい勤務先で財形貯蓄を再開できない場合は、課税対象となってしまいます。転職を考えている人は、転職先に財形貯蓄制度があるか確認をお忘れなく!

 

)出典:独立行政法人 勤労者退職金共済機構
http://www.zaikei.taisyokukin.go.jp/service/save/index.php

 

2.積立定期預金を利用する

先取り貯蓄に向く金融商品はほかにもあります。

 

それが積立定期預金です(ベタですが)。積立定期預金は、毎月決められた日に、一定金額を普通預金から定期預金に積み立てていく金融商品。収入に合わせ貯蓄ペースや積立期間を自由にカスタマイズしやすく、普通預金とは切り離して資産管理ができる自在性も魅力です。そのため、年先までに○○円貯めたいといった目標がある方に特におすすめです。

 

積立定期預金には、期日指定定期預金と自由型・目的型定期預金の2種類があります。

 

期日指定定期預金は、預け入れ後1年間の据え置き期間がありますが、その後に希望する満期日を指定して引き出しができる定期預金のことです。利息は長く預ければより有利になる仕組みとなっています()。

 

)出典:知るぽると
https://www.shiruporuto.jp/public/house/loan/hyakka/part2/yochokin/yochokin013.html

 

自由型・目的型定期預金の方は、その名の通り、しっかりと目的や積立期間を定めず、コツコツと貯めていくタイプの定期預金です。

 

給与振込口座から、この積立定期預金に毎月積み立てていくように一度設定してしまえば毎月の資金移動がふようになるため、なかなか貯金ができない女性も自然とお金を貯めていくことができるでしょう。

 

3.老後に備えた積立サービスを利用する

豊かな老後を送るためには厚生年金や国民年金だけでは足りません。所得税率が高い人は、節税も兼ねて、個人型確定拠出年金 (iDeCo=イデコと呼びます)で老後資金準備をする方法もあります。

 

勤め先企業に掛金の運用を任せっきりの確定給付型年金ではなく、iDeCoでは、掛金を自ら拠出し、自己責任でその掛金を運用します。掛金の限度額はご職業によって異なりますが、専業主婦や公務員もiDeCoに加入できるようになり、間口が広がりました。

 

iDeCoの最大のメリットは、積立時、運用時、受取時の3つの段階で節税効果を得られること。 まず積立時には、掛け金の全額が所得控除の対象となり、所得税・住民税が節税できます。運用時には、定期預金の利子や投資信託などの運用で得られた譲渡益が非課税になります。

 

iDeCoは「年金」または「一時金」で受け取れますが、資産を引き出す際も、公的年金等控除、もしくは退職所得控除の対象となり、節税につながります。

 

注意点としては、積み立てた年金資産を受け取るのは原則60歳以降となることです。そのため、海外旅行費に充てたいからといって、途中で解約して資金を引き出すようなことはできません。

 

とはいえ、違った見方をすれば、iDeCoは原則60歳までお金を引き出せないため、貯金ができない女性でも着実に、計画的に老後資産を形成していくことができます。

 

出典:iDeCo公式サイト
https://www.ideco-koushiki.jp/

 

貯金できない女性は毎月「確実に」「コツコツと」を心がけよう!

 

支出の減らし方や、お金の貯め方3通りを紹介しました。

貯金ができない女性にとって、毎月の支出を減らすことと、貯金をするお金を確実に確保することの2点がとても重要になってきます。慣れるまで大変かもしれませんが、時間を味方につけて、これまでお伝えしてきたことを毎月確実に、コツコツ実践していくことを心掛けましょう。

 

監修者:海老原 政子(ファイナンシャルプランナー

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る