賃貸住宅を借りたとき、賃貸契約で一緒に契約するのが火災保険です。借りている家で自分が万が一火災を起こしてしまったら…と不安になり、ついつい不動産屋さんに言われた通りに加入している人もいるのではないでしょうか。

しかし、ここでちょっと考えてみましょう。そもそも勧められて入っている火災保険、その補償や保険料は自分に必要なものでしょうか。

今回は、賃貸住宅の火災保険について、契約の見直しや選び方についてのキホンをご紹介していきます。

賃貸の契約についてくる火災保険の役割

まず、そもそもの賃貸契約についてくる火災保険の役割について整理しておきましょう。火災保険に入る理由の最も大きな理由は、「家財に被害が出たときに補填するため」と「原状回復の義務を果たすため」です。

1つめの家財の被害については、みなさんの財産が、火災によって、損害を被ったときに、それを補填してくれる保険であり、その存在が重要なのはわかっていただけると思います。

そしてもう1つ、「原状回復の義務」についてです。基本的に賃貸借契約を結んだ場合には、退去するときに「原状回復の義務」が課せられています。例えば、火災によって、自身の家財ではなく、建物自体に被害を与えた場合に、原状回復するためには修繕費を準備しなくてはいけません。

そのときにも、自分で賄えない部分を補うための保険の存在が必要となるわけです。一般的な賃貸住宅入居者向けの保険では、火災保険・借家人賠償責任保険・個人賠償責任保険の3つがセットになっているものが、一般的です。

①火災保険

火災保険は、主に自分が所有する家電や家具などの家財が損害を受けたときに補償するものになります。どんな被害にあったときにでも補償されるのではなく、損害の原因が決められています。

例えば、

・ 火災、落雷、破裂・爆発

・ 風災・雹(ひょう)災・雪災

・建物の外部からの物体の落下、飛来、衝突もしくは倒壊

・給排水設備に生じた事故による漏水

・ 盗難によって生じた盗取、損傷または汚損

・通貨または預貯金証書の盗難

・持ち出し家財の損害

・水災

・不測かつ突発的な事故による破損・汚損

保険会社によって、多少異なるので確認が必要ですが、概ねこのような原因で被害にあったときに補償してもらえます。

出典:問51 どの種類の火災保険でも、補償される範囲は同じですか。|損害保険Q&A
http://soudanguide.sonpo.or.jp/home/q051.html

②借家人賠償責任保険

先程の火災保険は、自分の家財に被害が出た場合の補償でした。こちらは、家を貸してくれている大家さんのために入る保険になります。火事や爆発、漏水によって、借りている部屋に損害を与えてしまったときに、大家さんへの損害賠償責任を補償してくれる保険です。

ただし、保証される範囲は、自分が借りている部屋に限定されています。例えば、自分の部屋からの火事で隣や上下階の部屋に損害を与えたときの賠償については、補償されません。自分の部屋以外の被害に備えるには、次の「個人賠償責任保険」が必要になります。

出典: 問52 隣家からの「もらい火」で自宅が焼失した場合に、隣家へ損害賠償請求はできないのですか。|損害保険Q&A
http://soudanguide.sonpo.or.jp/home/q052.html

③個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は、日常の事故で他人に怪我をさせてしまったり、他人の家財を壊したりしてしまったときの損害賠償をするための保険になります。単独で加入できることもありますし、火災保険や傷害保険、自動車保険にセットで契約することもあります。

火事や水漏れで他の部屋に与えた損害について、補償金が支払われます。ただし、個人賠償責任保険では、自分が借りている部屋の損害賠償については補償してくれません。

ということは、賃貸住宅に住んで自分の家財以外の補償をしようとすると、「借家人賠償責任保険」と「個人賠償責任保険」の両方を契約しておく必要があります。※個人賠償責任保険は、賃貸住宅契約時以外で契約している場合があるので、すでに加入しているかどうかの確認をしておく必要があります。

出典: 問92 個人賠償責任保険は、どのような保険ですか。|損害保険Q&A
http://soudanguide.sonpo.or.jp/body/q092.html

重要なのは「②借家人賠償補償保険」

賃貸住宅に住むときには、上記3つの保険に加入するのがキホンです。自分の家財、大家さんへの補償、隣室への補償の3側面から、充実した補償をすることになります。さらにこの保険で特に重要であると言われているのが、「②借家人賠償補償保険」です。

もし、自分の部屋で火災を起こしたときに、借家人賠償補償保険に加入していないと、その損害賠償金を支払うことができない状態になることもありえます。賠償金が支払われないと、火災を出した本人だけでなく、家の持ち主である大家さんを含め、両方が経済的に圧迫を受けることになりかねないため、借家人賠償責任保険は特に重要な保険となるのです。

契約する賃貸住宅の火災保険料は自分で変更できる?

今回注目するのは火事などで失った家財を補償する火災保険です。不動産屋さんに勧められて入った人が多い火災保険、実際に見直しは可能でしょうか?

答えはYESです。

不動産会社から提示された火災保険料を見直そう!

変更するかしないかを考えるあたって、まずは皆さんの入っている火災保険料を見直すことから始めましょう。火災保険は、本来所有している家財によって、補償金額を決めるものです。みなさんが最初に不動産会社から提示されたプランの補償金額は持っている家財に見合ったものでしょうか。

一人暮らしで家財があまりないにもかかわらず、500万円の補償が付いているかもしれませんね。例えば、火事になり、家財を買い直すとして、どれくらいかかるのか。これを目安に補償金額の見直しをしてみましょう。補償金額が下がれば、火災保険料も安く抑えることができますね。

不動産会社が勧める火災保険は高く設定されている

見直しをしていると、不動産会社が勧めてくる火災保険が高いと思うことがあるでしょう。これは、不動産会社が損害保険会社の代理店になっており、契約成立によって、保険会社から紹介報酬をもらっているからなどの理由によって、高く設定されている場合があるからです。

また、代理店が故に、特定の損害保険しか紹介できないこともあり、これも見直しをする目的の1つになります。

火災保険は自由選択可能!

実際に見直しをしたところ、他によい保険があったとき、ちょっと頭をよぎるのが、本当に変更しても大丈夫ということ。モヤっとしている方に、補足でご説明しておきます。

保険会社の強制加入は「独占禁止法」で定められている

火災保険の加入について、保険会社や不動産会社が特定の保険に加入を強制することは、独占禁止法で禁止されています。そのため、火災保険は自由に選ぶことが可能であり、現在の契約を解約し、新しく契約することに問題はありません。

本来、不動産会社は契約時に、「火災保険は自由に選択できますよ」と説明しなくてはいけないのですが、実際の賃貸契約のときには、他の契約事項とまとめて説明され、火災保険を丁寧に説明してくれないことは少なくありません。

今回は勧められた火災保険で契約しましたが、次に引っ越しするときには、契約時に一度、「この火災保険に入らなくてはいけませんか?」と聞いてみてもいいかもしれません。

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

比較!賃貸住宅の火災保険はどこが安い?

それでは、実際に保険会社を探すときに、みなさんの目安になる情報をお伝えしておきます。

お勧め賃貸住宅の火災保険を比較!料金や補償内容もチェックしておこう

①日新火災

年間保険料:4,000円

基本保険金額:100万円(2,000万円まで設定可能、ただし保険料が上がります)

借家人賠償責:2,000万円

個人賠償責任:1億円

その他:

・被害事故法律相談費用等:30万円

・修理費用:300万円(1事故)

出典:お部屋を借りるときの保険|日新火災
https://direct.nisshinfire.co.jp/oheya/

②ジャパン少額短期保険

年間保険料:1万3,000円

基本保険金額:300万円

借家人賠償責:1,000万円

個人賠償責任:1,000万円

その他:

・基本保証額は1,000万円まで設定可能

・契約期間は2年間(途中解約可能)

・保険料は1年払いもできます。(7,600円)

出典:新すまいRoom保険A| ジャパン少額短期保険株式会社
https://www.japan-insurance.co.jp/dairiten/feature/

③ジェイアイ損害火災

年間保険料:6,000円

基本保険金額:185.9万円

借家人賠償責:2,000万円

個人賠償責任:2,000万円

その他:

・ 給排水管修理費用補償特約

・ドアロック交換費用補償特約

・加害事故法律相談費用補償特約

などの特約がセットできます。また、地震保険をつけることも可能です。

出典:くらし安心総合保険|ジェイアイ傷害火災保険株式会社
https://www.jihoken.co.jp/dm/kakaku/kurashi/index.html

上記の他にも、都民共済や全労済でも火災保険を扱っています。地域や建物の構造によって、月額の掛金が違う場合があるので、以下のサイトで掛金のシミュレーションをしておくと安心です。

・新型火災共済|都民共済
http://www.tomin-kyosai.or.jp/product/fire/table.html#anc02

・住まいる共済|全労済
https://www.zenrosai.coop/kyousai/kasai.html

【結論】不動産会社ではなく、自分で選んだほうがお得

お勧めの火災保険を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。不動産会社ではなく、自分で選んだほうが年間保険料って安いかも、と思った方もいるかと思います。こうした火災保険は他にもありますので、自分の家財にあった補償をしてくれる保険を探してみましょう。

火災保険の変更はいつでも可能!解約〜契約の流れ

では、最後に解約手続きをまとめておきます。難しいことはありませんので、1つずつ確認して行いましょう。

手順1:管理会社に解約の旨を伝える

まずは、解約する旨を管理している会社に伝えます。代理店、保険会社のコールセンターはもちろん、webサイトから解約手続きができます。契約期間の途中での解約でも大丈夫です。

賃貸物件ですと、代理店は不動産会社であることが多いです。保険証書や郵便物に連絡先や取り扱い代理店が記載されていますので、そちらで確認しておくと安心です。

解約の連絡を行ったあと、郵送で解約についての書類が送られてきますので、そちらに従って手続きを進めます。

手順2:解約手数料を用意する

契約内容によっては、途中解約に手数料が必要な場合がありますので、保険会社に確認をとっておきましょう。また、途中解約の場合には、残り期間分の保険料を支払っている場合には、支払った保険料が返還されます。

多くの方は、返金のことを知りません。非常にもったいないので、解約手続きのときには、しっかり保険会社や代理店に連絡しましょう。

手順3:自分にあった火災保険を選んで契約する

解約が無事済んだら、自分にあった火災保険の契約をしましょう。保険会社、代理店、電話や郵送、ネットなど加入方法はいくつかありますので、ご自身の都合のよい方法で契約しましょう。

最後に

「賃貸住宅の火災保険は自分で探したほうが安い?」いかがでしたでしょうか。

賃貸契約時の流れでなんとなく入った火災保険は、補償が手厚すぎたり、保険料が高かったりと、マイナスな面も含んでいます。自分に必要な補償はなんなのか、しっかりシミュレーションして、今よりお得な火災保険をぜひ見つけてみてください。

監修:小林 弘司(不動産コンサルタント)