お金が「貯まる人」と「貯まらない人」その差はどのようなものがあるのでしょうか?貯まる人と貯まらない人の差は様々な「習慣」にあります。お金が貯まる人が普段から心がけているちょっとした「習慣」と絶対にしない「習慣」をご紹介します。

 

お金持ちはこれをやっていた!習慣化したい5つのこと

お金持ちが習慣にしていることはどのようなことがあるのでしょうか。
実は、お金持ちはとても難しいことを習慣にしているわけではありません。具体的にお金持ちがしている習慣を身につけてお金が貯まる体質を身につけましょう。

 

早寝早起きをする

お金が貯まる人は必ずと言っていいほど早寝早起きの習慣が身についています。

 

昔から「早起きは3文の徳」と言われています。実はこの言葉は中国から伝わってきた言葉です。元々は「陽が昇る前に起きて農作業をすると一日分の働きができるほど効率がよい」という意味の農業用語でした。現代でも、早起きをすと集中力が続く朝のゴールデンタイムに仕事や勉強をすることができます。

 

3文は現在の価値で数十円程度ですが、早起きの価値はもっと高いと考えても良いでしょう。元々の起源である中国のことわざの方が早起きを正しく評価していると言えるでしょう。

 

また、早く起きるには「早く寝る」ことも大切。お金が貯まる人は睡眠時間を削って健康を害するような事はしません。早寝早起きをすることで、睡眠時間を確保しながら朝のゴールデンタイムを活用することが重要なのです。

 

朝は布団で少しでも寝ていたいという方も多いと思います。しかし、少し早起きして読書や勉強をする時間を確保するだけで人生では大きな差が開きますので、5分や10分でもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

財布に入れるカードを厳選する

お金が貯まる人は財布に入れるクレジットカードを厳選しています。カードに限らず、色々なものに中途半端に手を出すのはお金が貯まらない人の特徴でもあります。お金が貯まる人は価値の高いクレジットカードを厳選して利用し続けている特徴があります。不要なカードは整理することをオススメします。

 

身近な人間を大切にする

お金が貯まる人は必ず家族や恋人、会社の同僚、昔からの友人を大切にしています。仕事や生活は一人の力では絶対に上手くいきません。周りと連携するには同僚や上司との人間関係も大切です。

 

また、家族を大切にすることは身近な人のために仕事やを頑張る高いモチベーションにつながります。周囲の人を大切にできない人はお金も大切にできない傾向があります。

 

お金で時間を買うという感覚を持つ

お金が貯まる人は時間を短縮するために使うお金を惜しみません。ビジネス書の著者として有名な勝間和代さんは、著書の中で家事はなるべく家電に任せて自分の時間を作ることを奨めています。お金が貯まる人は時間の価値を重要に考えて、お金をかければ時間を短縮できるものには積極的にお金を使うようにしています。


更に時間の短縮によって生まれた時間を有効活用することで、更にお金を稼ぐことができるのです。普段からご自身がしている作業に無駄は無いか?お金を払えば代替できるものは無いか?を常に意識することが重要です。


うまく短縮できて生まれた時間は家族とゆっくりと過ごしたり、勉強等の自分を磨くことに使うと良いでしょう。

 

歴史や自伝を読む

お金が貯まる人やビジネスの世界で成功をしている人は必ず歴史や偉人の自伝から成功や失敗の秘訣を学んでいます。一人の人間が人生で経験できることには限りがあります。自分では経験できないことを学ぶことが出来るのが歴史や自伝です。

 

特に学ぶ必要があるのが「失敗」です。戦国時代の戦や第二次世界大戦の敗戦の歴史は一見現代のビジネスとは全く関係が無いようにも思えますが、失敗した側の敗因を紐解いて見ると「情報が不足していた」、「準備が不足していた」、「組織間の連携がうまくいっていなかった」等、現代に通じることばかりです。歴史や自伝から過去の人達が何をして何をどのように失敗したのかを学ぶことで現代でも自分の経験値として人生に活かすことができます。

 

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

やってしまいがち?お金持ちが絶対しない4つのこと


お金持ちやお金が貯まる人が絶対にしないことを学ぶことでお金持ちに近づくことができます。お金が貯まる人が絶対にしないこととその理由を見てみましょう。

 

衣食住はケチらない

お金が貯まる人は衣食住にはお金を惜しみません。何故衣食住にかけるお金を惜しまないのでしょうか。


「衣」とは普段着る服のことです。ビジネスやプライベートでも「見た目」は重要です。ビジネスの現場では信頼に足りる相手だと思われるためには見た目も重要です。同じ話をしたとしても、パリッと決まっているスーツを着ている人とヨレヨレのスーツを着ている人だったらどちらに仕事を任せたくなるでしょうか。

 

お金が貯まる人は信頼を得るには見た目も重要であることを知っていますので、「衣」にかけるお金は惜しみません。お金が貯まる人は必要なものにはしっかりお金を使う傾向があります。

 

②食

食べ物は健康な体を作る源です。お金持ちは健康な体が最も重要なことを知っています。その為、お金が貯まる人は健康な体の源となる食べ物にはお金を惜しみません。

③住

家は自分や家族の生活を守る大切な場所です。住みやすい家や立地は精神的な安定や時間の短縮につながります。住居は安定した生活を守る為に重要な要素となりますので、お金が貯まる人は住居にはお金を惜しみません。

エンタメ分野の本ばかり読まない

お金が貯まる人はエンタメ分野の本ばかりを読んで時間を浪費することはありません。歴史や自伝の本や自分の仕事に役立つビジネス書を読んで常に知識をアップデートしています。

SNSやネットゲームを長時間しない

SNSやネットゲームは時間をかけても何かを生み出したり自分の身になることはありません。お金が貯まる人は時間の大切さを知っているので価値の無いことに長時間使うことはありません。SNSやネットゲームは時間を決めておかないとついついやりすぎてしまうもの、時間を決めてダラダラと続けてしまわないようにしましょう。

流行の服を買わない

お金が貯まる人は流行りの服などすぐに使えなくなるようなものにはお金を払いません。「安物買いの銭失い」という言葉もありますが、本当に価値のあるものには高くてもお金を払い長く続ける方が結果的に節約につながります。特に高価なものを購入する際は一時の流行りものでは無いか、長く使えるかを考えて購入しましょう。

お金持ちに学ぶ!お金の貯まる考え方とは?


お金持ちは考え方にも違いがあります。お金が貯まる人とそうで無い人の考え方の違いとは何なのでしょうか。

ポジティブ

お金が貯まる人は常にポジティブな考えを持っています。ネガティブな考え方は仕事やプライベートを良い方向には導きません。

お金が貯まる人はそのことを知っているので、常に意識的にポジティブに考えるようにしています。ポジティブに考えるコツは起こった事象からチャンスとなる点を見つけることです。ポジティブに考えることで自分の失敗等で一見不利な状況に追い込まれた時に、チャンスと捉えて成果につなげることができます。逆境に強い事はビジネス社会で成功する=お金持ちになる必須要素です。

チャレンジ精神

チャレンジしない人に成功はありません。お金が貯まる人は常に新しいことにチャレンジをしています。


ただし、チャレンジと無謀な賭けは別物。お金が貯まる人は常にチャレンジし続けますが、同時に成功する可能性やリスクを常に考えたうえでチャレンジしています。慎重に検討を重ねた結果、大胆にチャレンジすることがお金持ちの特徴です。

周囲に対する感謝の気持ち

お金が貯まる人は周囲に対する感謝の気持ちを忘れません。ビジネスでも周囲の人を巻き込まずに成功することは不可能です。常に周囲に感謝することで周囲からの信頼も高まり、ビジネスも成功に近づきます。

高望みはしない

お金が貯まる人はむやみに高望みをすることはありません。何事に対しても身の丈にあったものを手に入れています。身の丈に合わない高望みをしてしまうと、無駄な浪費をしてしまったり、する必要が無い無謀なチャレンジをしてしまい失敗してしまうのです。

まとめ


お金持ちやお金が貯まる人がしている習慣をご紹介しました。お金が貯まる人が心がけていることは特別難しいことではありません。日々の生活の中でほんの少し努力や、考えて行動するだけで、長い人生では大きな差になってしまいます。ご自身ができることから少しずつでもお金持ちの習慣を真似してみてはいかがでしょうか。