普段のお買い物にはクレジットカードをよく使っているけど、「クレジットカードのランクについてはよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。今回はゴールドカードのさらに上級ランク「プラチナカード」についてご紹介します。

 

クレジットカード最高峰ランクの「プラチナカード」を持つことのメリットやオススメのプラチナカードを徹底解説します。

 

クレジットカードにおけるプラチナカードとは?

 

プラチナカードとはどのようなランクのカードなのでしょうか。どのようにすれば持つことができるカードなのでしょうか。プラチナカードの概要について解説します。

 

プラチナカードの基礎知識

プラチナカードとはクレジットカードのランクを指しています。プラチナカードは富裕層向けのサービスが多く付加されています。

 

プラチナカードのランクは何番目?

プラチナはシルバーに似た色なのでゴールドの方が上のランクだと勘違いしている方も多いようですが、プラチナ(白金)はゴールドよりも価値があり、プラチナの方が上のランクに位置づけられています。

 

プラチナカードよりランクが上のカードが存在する

ゴールドより上のランクのプラチナカードですが、プラチナカードがクレジットカードの最高ランクというわけではありません。クレジットカードの最高ランクは「ブラック」次いで、「プラチナ」、「ゴールド」と続きますので、「プラチナ」は2番目に高いランクのクレジットカードということになります。

 

プラチナカードの年会費はピンキリ

プラチナカードといっても、各社のプラチナカード年会費はピンキリです。
年間2万円〜10万円以上するものもあります。当然、値段が高いカードはサービスも多く充実していますので、プラチナカードを検討する場合は年会費とサービスの内容を比較した方がよいでしょう。

 

プラチナカードの種類は2つ!入手方法は?

 

プラチナカードの入手方法は大きく分けて2種類あります。それぞれのプラチナカードはどのように手に入れればよいのでしょうか。プラチナカードの入手方法についてご説明します。

 

一般申請タイプ

一つ目は一般申請タイプです。一般申請タイプのカードはどのように申し込みをすればよいのでしょうか。

 

自分でクレジットカード会社に申請して入手する

一般申請タイプは収入などの条件が整えばご自身で申請をして入手できるタイプのカードです。各社のHPを見て、資料を請求すれば申し込みをすることができます。

 

招待制のインビテーションタイプ

二つ目は招待制のインビテーションタイプです。
インビテーションタイプのカードを入手するにはどうすればよいのでしょうか。

 

クレジットカード会社から招待される

インビテーションタイプは、クレジットカード会社から招待を受けた人しか申し込みをする事ができません。インビテーションタイプのクレジットカードは一般申請タイプのカードに比べると年会費も高く、サービス内容も充実している傾向があります。

 

手に入れるならインビテーションタイプがおすすめ

プラチナカードを手に入れるならインビテーションタイプがオススメです。インビテーションタイプのプラチナカードは年間利用金額や年収の多いゴールド会員に送られるケースが多いようです。

 

プラチナカードのインビテーションが届く基準は各社異なりますが、まずはお気に入りのゴールドカードで数年間続けてたくさん使う事がプラチナカード取得の近道です。

 

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

プラチナカードに付帯する超豪華特典9つ

 

プラチナカードはどのようなサービスを受けられるのでしょうか。プラチナカードを代表する超豪華な9つの特典をご紹介します。

 

1:コンシェルジェサービス

コンシェルジュサービスとはレストランの予約をしてくれたり、調べ物をしてくれたりと秘書の役目を果たしてくれるサービスです。年会費の安い一般申請タイプのプラチナカードにはついていない事もあります。コンシェルジュサービスが目当てでプラチナカードを検討する場合は、申し込みをする前にコンシェルジュサービス付きのカードかどうかを確認しておいた方がよいでしょう。

 

2:ポイント制度の優遇

プラチナカードの中には一般カードやゴールドカードよりもポイントを優遇しているカードもあります。ポイントの優遇分だけで、プラチナカードの年会費を上回る事は難しいと思いますが、ポイント優遇制度がうれしい特典であることは間違いありません。誕生日月やご自身で指定した月に更にポイントが優遇されるものもあります。

 

3:ショッピング保険

プラチナカードで買い物をしたものがすぐに壊れたり、盗まれたりした場合に適用できる保険です。保険を適用できる商品には限りがありますが、安心してショッピングが楽しめるうれしいサービスです。

 

4:レストランの優待

一流レストランの優遇を受ける事ができることも、プラチナカードのうれしい特典です。2人以上で行けば一人分無料になるなどの特典があります。プラチナカードの申し込みを検討する場合は、お気に入りのレストランが対象になっているか確認してみましょう。

 

5:医療相談

プラチナカードを持つことで無料の医療相談も利用できます。忙しくて病院に行けない時に、電話で症状の相談をすることができます。

 

6:ホテルに優待価格で宿泊

特定のホテルに優待価格で宿泊することができます。提携しているホテルはカードによって異なります。ただし、優待価格はカード会社により異なります。誰でも利用できる予約サイトの優待価格の方が安い場合もありますので注意しましょう。

 

7:会員専門誌

会員専門誌はプラチナ会員に送付される情報誌です。会員専門誌の中身は宣伝も多いですが、読み物としては面白いものもあります。ジャンルは旅行情報やファッションなど多岐に渡ります。

 

8:ホテルのアップグレード

プラチナ会員限定でホテルのアップグレードにつながるケースもあります。おなじ値段でアップグレードしてくれますので、お得にホテルを利用することができます。

 

9:トラベル系サービス

トラベル系サービスのためにプラチナカードを保有する方も多い、人気のあるサービスです。具体的には旅行時の傷害保険や空港のラウンジ利用サービス、飛行機のアップグレードなどがあります。海外への旅行や出張が多い方にはオススメのサービスです。

 

徹底比較!プラチナカードおすすめランキングTOP5

 

ここまでプラチナカードの概要をご説明してきました。プラチナカードの中でオススメのカードはどのようなものでしょうか。プラチナカードのオススメランキングと各社のプラチナカードの特徴をご紹介します。

 

1位:MUFGカード・プラチナ・アメックス

オススメプラチナカードの1位は「MUFGカード・プラチナ・アメックス」です。
年会費2万円とプラチナカードの中では安価で、一般申請で持つことができるため、敷居の低いプラチナカードといえるでしょう。

 

手頃な値段ですが、プラチナカードの基本となるコンシェルジュサービスやトラベル系のサービスが充実しています。特にオススメのサービスは「プラチナ・グルメセレクション」というサービス。指定の高級レストランに2人以上で行くと一人分が無料になります。このカードを持つことで、お得に食事を楽しむことができます。

 

また、家族会員が一人まで無料になることも大きなメリット。家族で持つとさらにお得なカードです。ポイント優遇にはアニバーサリーポイントというプログラムによって指定した月のポイントが2倍になります。ご自身で指定ができるので、ボーナス月や家族の記念日等毎年多くお金を使う月に指定することができます。MUFGカード・プラチナ・アメックスは安価で上質なサービスを受けられる優等生タイプのカードです。

 

参考:http://www.cr.mufg.jp/amex/platinum/index.html

 

2位:ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードはカード自体が金属制になっており、上質感が最大の特徴となっています。お店で高級感溢れるカードを提示することで、ちょっとした優越感を味わうことができます。サービス面ではコンシェルジュやトラベル系のサービスはもちろん付加されていますが、特徴的なのは新生銀行の「新生プラチナ」ステージになれることです。

 

新生プラチナになると、金利の上乗せや振込手数料の無料化などのサービスがあります。海外への振込手数料も月1回まで無料になりますので、海外に送金することが多い方にはオススメのプラチナカードです。

 

参考(ラグジュアリーカード):http://www.luxurycard.co.jp

 

参考(新生銀行):https://sp.shinseibank.com/powerflex/relationship/

 

3位:アメックス・プラチナ

アメックス・プラチナは年会費13万円の超高級カードです。アメックス・プラチナは有名ホテルの上級会員になる資格などのトラベルサービスが充実しています。また家族会員も4名まで無料なので、家族みんなで入会してトラベルサービスなどをたくさん利用すれば、年会費13万円も決して高い金額ではありません。

 

またアメックス・プラチナの特徴はコンシェルジュサービスのレベルの高さと言われています。他のプラチナカードのコンシェルジュサービスも、もちろんお願いしたことはきっちりとこなしてくれますが、アメックス・プラチナのコンシェルジュはかゆい所に手が届くワンランク上のサービスを提供していると言われています。

 

コンシェルジュサービス目当てでプラチナカードを検討されている方にはオススメのカードです。

 

参考:https://www.americanexpress.com/jp/benefits/product/rcp-platinum/platinum-overview.html

 

4位:JCBプラチナ

JCBプラチナは24時間利用できるコンシェルジュサービスに加え2人以上で高級レストランに行くと一人分が無料になる「グルメ・ベネフィット」の他、「ダイニング30」というサービスが魅力です。

 

ダイニング30は高級レストラン以外にも対象となるレストランがあり、飲食費が30%引きになる嬉しいサービスです。他のカードのレストラン優待サービスは高級レストランのみが対象となっていることが多いですが、カジュアルなグルメを楽しみたい方にはオススメのプラチナカードです。

 

参考:https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/platinum/

 

5位:Orico Card THE PLATINUM

Orico Card THE PLATINUM」は年会費2万円とプラチナカードの中では比較的安価なカードです。コンシェルジュやトラベル系等の基本サービスに加え、指定のレストランを2名以上利用で1人分が無料になる「ダイニング BY 招待日和」が魅力です。また、ポイント還元率が高いのもこのカードの特徴です。

 

通常時で1%と高還元なのに加え誕生日月はさらに+1%、オリコモール利用でさらに+1%など、お得にポイントを貯めることができる点も魅力です。プラチナカードの基本サービスも利用しながらお得にポイントを貯めたいという方にはオススメのカードです。

 

最後に

 

プラチナカードについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。最近は一般申請タイプのものでもサービス内容が充実しているカードも多くなっています。年会費はかかりますが、旅行やグルメなどで特典を受けることができる方は決して高い費用ではありません。

 

更に上質なサービスを受けたいという方にはインビテーションタイプのカードがオススメです。インビテーションタイプはゴールドカードを数年使い続けないと招待が届かないケースもあります。

 

まずはお目当てのカード会社のゴールドカードを申し込むことを検討するとよいでしょう。プラチナカードは最高峰のサービスが受けられるカードです。プラチナカードで旅行やグルメをご家族や恋人、友人と楽しんでみてはいかがでしょうか。