普段何となく使っているクレジットカードには、有効期限があるのをご存知ですか?クレジットカードは一度作ったからと言って更新なしに永久に使えるわけではありません。場合によっては更新が行われず、有効期限をもって利用停止になる場合もあります。

知っていると役立つ、クレジットカードの更新に関する疑問、有効期限の確認方法、手続きについて解説します。

クレジットカードの更新とは


クレジットカードを作る時には、カード会社が定める会員規約に同意しなければいけません。会員規約にはカードの有効期限についても書かれています。『クレジットカードの更新』とは、有効期限が迫っているカードについて、再度審査を行い、契約を更新する事をいいます。

クレジットカードは有効期限に近づくと更新される

クレジットカードは有効期限が近付くと更新されます。有効期限が過ぎてしまうと、そのクレジットカードは無効になり、お店で利用することが出来ません。そのため、普段使っているクレジットカードの有効期限と更新されているかどうかをご自身でも把握しておいた方が良いでしょう。

クレジットカードの有効期限の見方と、更新がいつごろ行われるのか、必要な手続きはあるのかについて解説します。

クレジットカードの有効期限の見方

クレジットカードの有効期限の見方は非常に簡単です。クレジットカードの表面をチェックしてみましょう。MONTH/YEARと言うような文字があるはずです。

MONTH/YEAR という文字の下に10/19と言う数字が表示されていれば、

MONTH10 10

YEAR19 2019

といった意味になり、このカードの有効期限は201910月という事がわかります。和暦では無く、西暦で表示されていますので間違えないようにしましょう。

クレジットカードの更新はいつ頃行われる?

クレジットカードの更新、有効期限が過ぎた後に更新の審査が行われるとクレジットカードが使えない期間が発生して不便に感じるでしょう。そんな事態に利用者が陥らないように、クレジットカードの更新は有効期限の『1か月前~2か月前』に行われます。

更新が行われない場合は、『有効期限をもって終了する』と言った案内が来ますので、有効期限が切れる前は少し気にしておいた方が良いでしょう。有効期限に対する取り決めや、更新の時期については利用しているクレジットカードの会員規約(ホームページ等)に書かれていますので、確認してみてください。

クレジットカードの更新で必要な手続きは?

『手続きをしないとクレジットカードが使えなくなるの?』と不安に思う事はありません。クレジットカードの更新で特別な手続きは必要ないのです。カード会社の規約には、『有効期限の〇ヵ月前までに申出がなく、当社が引き続き会員として認める場合には、新カードと会員規約を送付します。』といった意味合いの記載がされています。

更新時期になったら、自動的にカード会社が審査をして、新しいカードが自宅に送られて来ます。転送不可の書留郵便で送られてきますので、引っ越しをされている方はカード会社の登録情報が旧住所になっていないか注意してください。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

クレジットカードに有効期限や更新が設けられている理由


カード会社は何故面倒な有効期限を設けているのでしょうか。有効期限を設けるのは、トラブル防止、不正防止、与信審査の3つの理由があります。クレジットカードに有効期限、更新が設けられている理由について解説します。

カードが老朽化することによるトラブルを防ぐため

クレジットカードは古く使っていると、汚れや傷がつき、正常な利用が出来なくなります。特にクレジットカード表面についている磁気を帯びたICチップ(金色の四角いチップ)は暗証番号を打ち込むときに情報識別で使われる大切な部分ですが、ICチップは経年劣化が激しく汚れやキズに弱いのです。

そのため、正常に利用できなくなる前に変更する意味合いで有効期限が定められています。

カードが不正利用されることを防ぐため

クレジットカードを更新すると、

万が一カード番号の情報が洩れていても、有効期限が変わる事により不正利用が出来なくなる

新しいクレジットカードはより『スキミング(クレジットカード情報を盗む犯罪)』などに強い最新のセキュリティカードに更新できる

といったメリットが発生します。

不正利用を防ぐ防犯機能強化の意味合いでもクレジットカードに有効期限を付けて、更新をしていく必要性があるのです。

更新時期に再審査を行い利用情報や信用情報を確認するため

前述したとおり、カード会社の規約には、『当社が引き続き会員として認める場合には、新カードと会員規約を送付します。』といった条項が定められています。引き続き会員と認められるには、カード会社の再審査を受けなければいけません。

再審査では利用情報や信用情報を再確認して、利用状態が悪い人を把握します。債務整理など行った人の情報も信用情報に出てくるので、定期的なチェックの意味合いで有効期限を設けているのです。

クレジットカードの利用状況によっては更新されない場合も!

クレジットカードに有効期限があり、有効期限前には更新(実質的な再審査)が行われる事は理解いただけたかと思います。再審査を行って、利用状況が悪いとカード会社に判断されると更新されない場合もあるのです。

クレジットカードが更新されないケースについて解説していきます。

利用期間中に支払いの遅延を何度も繰り返している

利用期間中にカード会社の支払が出来なくて、何度も遅延していると『いい加減な人』『支払いが厳しい人』と言った印象をカード会社は持ちます。この場合、利用限度額を減らされたり、最悪の場合、更新を断られたりする可能性もあるのです。

『別の会社(キャッシング等)は遅延しているけど、このクレジットカードは遅延していないから更新されるだろう』と甘い見通しを持つ人も中にはいますが、更新時には信用情報機関のチェックを行いますので他社の遅延状況も把握されてしまいます。

他社を含め、金融機関との取引を長期間(23か月以上)遅延している

債務整理を行って、債務の支払いが止まり、遅延状態になっている

長期の遅延は行っていないが、そのカード会社の返済を何度も遅延している

などをしている方は、カード更新を認められない可能性が高くなります。

会員規約で禁じられている利用方法や不正利用が確認された

『クレジットカードを使って、新幹線チケットを購入しチケットショップで売却して現金を手に入れる』などのいわゆる『クレジットカード現金化』はカード会社の会員規約で固く禁じられています。その様な行為を行った方、もしくは疑わしい決済を行ったとしてカード会社にマークされている方は、更新時にード会社から断られる場合もあるのです。

現金化以外にも、家族に貸したなどの不正利用をしたと確認された方は更新できない可能性があります。

引っ越し後にカード会社側での住所変更手続きを行っていない

更新される場合、クレジットカードは転送されない書留郵便で送られてきます。もし引越しをして、カード会社に住所変更手続きを行っていない場合は届きませんし、カード会社にも変更手続きを行っていない事が把握されます。

カード会社は住所変更手続きをしない顧客のカードの発行は行いませんので、新しいカードを手にする事が出来ません。

クレジットカードをまったく利用していない

クレジットカードを全く利用していないと、クレジットカード会社としては管理コストがかかるので更新をしない場合があります。更新してほしいのであれば、年数回くらいは何か買い物をして、使用実績を作るようにしましょう。

クレジットカードで公共料金を支払っている場合に必要な更新手続きは?

最近では公共料金もクレジットカードで支払う方が多くなっています。公共用金を支払っているクレジットカードが更新された時の手続きについて解説します。

公共料金は「洗い替え」が適用される

公共料金のクレジットカード支払いは、更新されるときに「洗い替え」が行われ、支払い契約が継続されます。「洗い替え」とはクレジットカード番号の更新の有無を、公共料金の収納事業者がカード会社に確認する事で、有効性チェックとも呼ばれます。

この手続きは公共料金の収納業者が行ってくれますので、特別手続きを行う必要はありません。

ネットショップなどがカード情報の更新が必要

楽天やアマゾンなどのネットショップでは、クレジットカード情報を記録し、次回の支払の際に新たに入力しなくてもいい仕組みを作っています。この情報はカード更新が行われると当然古くなってしまい、決済ができません。

次に買い物するときにエラーが発生しますので、新しいカード情報の入力を行い、更新するといいでしょう。

クレジットカードの更新についてのまとめ


クレジットカード更新について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

クレジットカードの有効期限と更新については、

有効期限が切れたクレジットカードの再審査を行い、新しく発行して貰う事

有効期限はクレジットカードの表面に書かれている

更新は有効期限の終わりが近づくと自動的に審査に入り、問題なければ更新される

クレジットカードの更新が設けられている理由は、カードの老朽化防止、不正防止、与信審査を行うため

利用状況によっては更新されない場合がある事も注意

公共料金の支払いに使っているクレジットカードは更新されても特段手続きは必要ない

ネットショップに記録されているカード情報は無効になるので更新しておく

といった事を抑えておくといいでしょう。

クレジットカードには必ず有効期限があります。普通に利用していれば通常再審査で落とされ更新されない事はありませんが、利用状況には普段から気を付けるようにしましょう。