超低金利時代の現代。貯金だけしていてもお金を増やすことはできません。積極的に投資をしてお金を増やしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、やみくもに投資を始めても、損失を被る可能性がありますよね。投資専門家の著作を読んで投資の知識を身につけてから、投資を始めることをおすすめします。投資の名著の中から22冊を厳選して紹介します。

目次

投資本は投資を学ぶのに最良なツール

「習うより慣れよ」と言いますが、投資に関してはこの格言は当てはまりません。お稽古ごととは異なり、投資は実際のお金(=資産)をかけて行いますので、慣れる前に多額の資産を失ってしまうことがあるからです。投資を始めるには、先達の意見を聞き、失敗をできるだけ回避するようにしましょう。

投資に興味を持ったなら新しく学ぶべき知識はいっぱい!

投資と一言でいっても、その分野は多岐にわたります。不動産経営も含む不動産投資もあれば、株式投資、FX投資などもあります。まずは、どのような投資をしたいのか、自分で分野を限定してから、その分野の知識を深めていきましょう。

学ぶべきことは沢山ありますので、1冊の本だけですべてを分かったような気になってしまうのではなく、何冊も読み多角的な視点から知識を深めていきましょう。

やはり纏まった知識を得るならプロが書いた本から学ぼう!

投資のプロも、投資を始めたときはアマチュアでした。そのため、多くの失敗を経て、成功する方法を見つけてきたのです。投資のプロが書いた本を読めば、彼らの失敗から多くを学ぶことができます。

つまり、千円前後を支払うだけで、何万円、何百万円といった損失を回避することができるかもしれません。

たくさんある投資本の中からおすすめをご紹介!

では、初心者から中級者・上級者まで満足できる内容が記された投資本を、紹介してまいります。いずれも優れた投資本ですが、どのような方におすすめなのか、ぜひ紹介文を参考に、ご自身に合った本を選んでください。

お金の基礎知識を身につける本

投資を始める前に、お金について知っておくことは大切です。どのような投資であれ、究極の目的は「お金を増やすこと」ですから、お金についての知識が不足していると、本来の目的を見失い、正しい投資判断ができなくなることもあるからです。

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則(著:トマス・J・スタンリー,ウィリアム・D・ダンコ )

ニューヨーク州立大学教授。億万長者の研究家でもある著者による億万長者の研究本。億万長者たちの年収だけでなく、消費行動について紹介。億万長者のライフスタイルを知ることで、お金の使い方を学ぶことができます。

私の財産告白 (実業之日本社文庫)(著:本多静六)

東京農林学校(現・東京大学農学部)教授の本田静六氏は、日本の公園の父とも呼ばれており、日比谷公園(東京都)や大沼公園(北海道)、臥竜公園(長野県)などの大規模公園の改修・開設に尽力した人物です。

給与の4分の1を天引きで貯蓄し、引退後は全額を寄付して質素な生活を送ったことでも知られています。彼のお金に対する考え方、生活態度を学ぶことで、本当の豊かさとはなにかということに気づかされるでしょう。

インデックス投資の基礎を学ぶ

株式相場に合わせた動きをするインデックスファンドに投資する「インデックス投資」。リスクを回避しつつも利益を追求する人には、人気の投資手法です。インデックス投資の基礎は、次の5つの本から学びましょう。

敗者のゲーム〈原著第6版〉(著:チャールズ・エリス )

元バンガード・グループの社外取締役であるチャールズ・エリス氏のベストセラー。出版されてからすでに30年も経っているにも関わらず、決して古くならない普遍的な教えが詰め込まれた一冊です。

投資には損失がつきものですが、損失をどのように捉えるかによって、投資全体の結果が変わってきます。すべての投資家が読むべき本と言えるでしょう。

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理(著:バートン・マルキール )

経済学博士のバートン・マルキール氏。投資に関する多数の本を執筆していますが、その中でも本著は、なぜインデックス投資を選ぶべきかについて、明快な理論で解説していることが特徴です。数学が苦手な方でもわかるように工夫されていますので、「投資本は難しい」と感じている方は、ぜひご覧ください。

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)(著:山崎 元,水瀬ケンイチ )

資産運用コンサルタントである山崎氏と個人投資家の水瀬氏の共著。実践を交えて分かりやすく解説されているので、ローコストでインデックス投資を行いたい方は必読です。

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)(著:橘 玲 )

作家であり投資家の橘玲氏の投資入門書。インデックス投資だけでなく不動産投資、株式の買い方などを詳しく実践的に解説しています。

お金は寝かせて増やしなさい(著:水瀬ケンイチ )

インデックス投資を15年以上実践した著者だからわかるインデックス投資の奥義解説書。投資の始め方だけでなく終わり方についても詳しく解説。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

株式投資を学ぶ

株式投資に興味がある方なら、株式投資専門の本を読んでおくべきです。数ある株式投資本の中から特におすすめの4冊を紹介します。

オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)(著:ウィリアム・J・オニール パンローリング )

アメリカで著名な投資家のオニール氏による、成長株の見つけ方指南書。本著では暴落の回避方も解説されていますので、リスク管理に興味がある方もぜひご一読ください。

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け(著:ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド )

ファンドマネージャーとして名高いリンチ氏が、株式投資で利益を得るためのノウハウを惜しげもなくすべて紹介しています。アドバイスが的確かつ普遍的ですので、時代を超えて知っておきたい知識が満載です。

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法(著:ベンジャミン グレアム,土光 篤洋,Benjamin Graham )

バリュー投資理論を考案したベンジャミン・グレアム氏。バリュー投資の手法を使って、割安株を見つける方法を、特に初心者に分かりやすいように解説しています。リスクを最小限に抑えて株式投資に挑戦したい方に、特におすすめの本と言えるでしょう。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術(著:メアリー・バフェット,デビッド・クラーク )

世界一有名な投資家といっても過言ではないウォーレン・バフェット氏の投資哲学を簡単にまとめた本。株式投資の最大のポイントでもある銘柄選択において、バフェット氏の流儀を学べます。

NISA・積立・確定拠出年金を学ぶ

非課税投資ができるNISAや積立投資、確定拠出型年金などに興味がある方は、それぞれの専門書を読んで勉強しておきたいですよね。4つの書籍を紹介しますので、気になる投資分野のものをお選びください。

一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門(著:竹川 美奈子 )

ファイナンシャルジャーナリストとして活躍する著者による、投資信託の入門書。「一番やさしい」と謳っているように、まったく投資をしたことがない超初心者でも投資信託の仕組みと実践方法を理解することができます。

積立投資のすべて (現代の錬金術師シリーズ)(著:星野 泰平 )

ドルコスト平均法研究家でもある著者による積立投資の解説本。少額から始められる積立投資を使って老後資金を準備したいと考えている方におすすめです。

税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門(著:竹川 美奈子 )

非課税投資のNISA。お得な制度であることは分かっていても、使いこなしていない人は大勢います。本著では、NISAの仕組みやNISAを使ってお得に投資する方法がまとめられています。

一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門(著:竹川 美奈子 )

投資と個人年金を組み合わせたiDeCo。節税効果もあるお得な年金ですが、NISAと同様、使いこなしている方は多くありません。本著では初心者向けに分かりやすく解説されていますので、老後資金を賢く貯めたいと考えている方はぜひご覧ください。

不動産投資を学ぶ

不動産投資は、初期投資が多いため、慎重に準備をしなくてはいけません。財産を賢く増やすためにも、かならず1冊は不動産投資関連の本を読んでおきましょう。

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人(著:重吉 勉)

日本財託グループ代表の著者による不動産投資指南本。主に都内の中古マンション投資について書かれていますので、都内で不動産投資を始めたい方におすすめです。

はじめての不動産投資(著:長谷川 高)

長谷川不動産経済者代表かつ投資家の著者による不動産投資入門書。基礎知識を多めに記しつつもプロの技法も紹介し、初心者だけでなく中級者も満足できる内容になっています。

不動産投資専門税理士が明かす 金持ち大家さんが買う物件 買わない物件(著:稲垣浩之)

税理士としての立場から大勢の大家さんに接してきた著者の経験に基づき、どのような物件を選ぶべきかを丁寧に解説しています。物件選びに迷ったときには、ぜひ参考にしてください。

家計管理を学ぶ

お金を増やすためには、投資も大切なことですが、家計管理も大切な問題です。家計管理の方法、また、家計から投資資金を捻出する方法を知りたい方は、ぜひ次の3冊を読んでみましょう。

貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからの とってもやさしいお金のふやし方(著:竹川美奈子 )

貯金がまったくない状態でも、老後資金を準備することは可能です。NISAやiDeCoなどの使い方も紹介しつつ、簡単に家計を改善する知恵がたくさん紹介されています。

平均寿命83歳! 貯金は足りる? 定年までにやるべき「お金」のこと―――年金200万円で20年を安心に生きる方法(著:深田 晶恵 )

ファイナンシャルプランナーとしての立場から、定年までに老後資金を準備するノウハウを豊富に紹介しています。住宅ローンを抱えたまま老後に突入してしまいそうな方や消費好きの方、ぜひご覧ください。

マイナス金利でも、お金はちゃんと増やせます。(著:大江 英樹 )

証券会社で資産運用を20年以上経験した筆者が、マイナス金利時代でもお金を増やす方法を紹介。誰にでも実践できるスタンダードな対策がメインですので、お金を増やす基礎を学びたい方におすすめです。

まとめ

投資本を読むだけではお金は増えません。一歩踏み出して、学んだことを実践することが大切です。理論が分かった上で投資に臨むなら、大きな損失を回避することも可能です。投資専門家の名著を読み、賢くお金を増やしていきましょう。