「株や投資信託をするならNISAで口座開設が良いらしい。でもNISAの始め方が分からない!」

NISAの名称は『少額投資非課税制度』です。

「少額の投資(年間120万円以下)であれば、利益にかかる税金を非課税にしますよ」という制度です。

NISAは、投資家の裾野を広げるために設けられており、一般の方が限られた金額で投資をするための制度です。どなたでも証券会社や銀行に口座を設けて行うことができます。このNISAを初めて行う方のために、投資のできる範囲や始め方をわかりやすく解説します。

今、NISAが注目されている理由とは

NISAは、2014年に広く一般の方にも気軽に投資ができるように設けられた制度です。このNISAが今、注目されています。それは、少額で開始できるだけでなく、税制面でいろいろな優遇が受けられることに注目が集まっているのです。

利益にかかる税金が非課税になる

通常、株式投資では、儲けが出た場合には利益の20.315%の税金がかかってきます。しかも、手数料もかかるため、せっかく利益が出ても手取りの利益はかなり少なくなってしまいます。

それに対して、NISAの場合には、限度はあるとしても、売却益が出ても税金がかかってこない(非課税)ため、税制上でかなり有利になっているのです。

非課税枠は最大600万円

NISAの非課税枠は年間で投資額120万円まで、最長の5年間で見ると投資額は最大600万円まで非課税となり、売却益が出てもそれに対する税金はかからないのです。

従って、NISAで口座を設けた場合には、年間投資額が120万円以内であれば、どれだけ利益が出ても税金がかかりません。すなわち、非課税枠の120万円でNISAの口座を運用して50万円の売却益が出たとしても、税金は一切かからないのです。

通常の口座の場合には、50万円の利益が出た場合には、

50万円×20.315%=101,575円

10万円以上の税金がかかるため、実際に手元に残る利益は40万円を切ってしまいます。一方、NISA口座で投資をすれば、この場合かかる税金は非課税になります。50万円の利益を出せば10万円分お得になるのです。

また、期間は5年間が対象になるため、

120万円×5年=600万円

最大600万円までの運用が非課税となるのです。

2014年から2023年までの限定期間

このNISAの税制面での優遇措置は、制度が始まった2014年から2023年までの期間限定になっています。すでに半分以上の期間が経過しており、早く始めないとその税制面での優遇措置は受けられないのです。(好評な制度のため、延長される可能性もありますが、今のところは決まっていません)

NISA利用者の3人に1人が女性

ちなみに楽天証券の調べによりますと、NISAの利用者の3人に1人は女性になっており、年代的にも20代から40代の方が3人に2人と若い方の利用が多くなっています。

すなわち、これまであまり投資というものに縁のなかった方が利用されていると言えるのです。

参考 https://www.rakuten-sec.co.jp/nisa/learn.html

NISAで投資が行える金融商品は?

NISAで投資のできる(購入できる)金融商品は、証券会社や銀行で取り扱っている金融投資商品はほとんどが購入可能です。その内容を見てみましょう。

株式投資

NISAで一番利用の多いのはこの株式投資です。自分で投資先を見つけて投資するだけに損失の可能性もありますが、それだけに値上がり益(キャピタルゲイン)によって利益が出る楽しみも大きいと言えます。

しかも、税制面の優遇が受けることができるのです。また、株式投資の魅力には、値上がり益だけでなく、配当金を受け取れる楽しみや株主優待による特典もあるのです。

現在の金融市場の金利はマイナス金利時代になっています。そのため、預金金利はほとんど望めない状況になっており、それに比べますと、株式の配当は預金利息と比べてかなり大きいと言えるのです。

また、株主優待については、近年、上場企業の意識が高まっており、意外と高価な商品やサービスなど、価値のあるものがあります。従って、NISAでは、預金に預けておくよりも楽しみが大きく人気となっている面もあるのです。

投資信託

NISAで行える投資信託には多くの種類があり、リスクの高いものから、安定した利回りを期待するものまで、さまざまあります。但し、直接投資信託をすれば、利益に対して税金がかかりますが、NISAを通して行えば、運用金額は限られますが、配当金などは無税になり、投資効率は高くなります。

投資信託は、専門のファンドマネージャーが投資をしますし、一定のリスクマネジメントも行われているため、初心者が個人で行うよりリスクは少なく、より利回りも確保できる可能性があるのです。

外国株式

NISAで投資する投資信託には、外国株式を購入するものもあります。外国株式の場合には、為替変動によって高い値上がり益を望める場合や、新興国株式では変動幅が大きく、大きなキャピタルゲインが期待できることもあるのです。

但し、不安定な新興国の場合には損失が生じる可能性も比較的高く、ハイリスクハイリターンとなります。従って、リスクヘッジがどの程度行われているか(投資比率など)を確認して投資する必要があります。

国内株式

国内株式を中心とした投資信託もNISAで購入できます。株式投資したいけれど、銘柄選びなどに自信がないという方にはよい投資商品と言えるでしょう。

但し、外国株式ほどの変動幅はありませんが、市場状況によっては損失が生じる可能性もあります。こちらも、リスクヘッジの方法(国債などのウエートなど)を確認しておく必要があります。

REIT(不動産投資信託)

REITは、不動産投資信託のことで、賃貸不動産などに投資してその家賃収入を配当として受け取るものです。株式投資の投資信託に比べますと、利回りは低くなるものの、確実性は高く、不動産そのものの値上がり益も望めます。長期で安定した投資を希望する方には向いています。

ETF

ETFというのは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などのように指数がある場合、その指数に連動して、運用ができるように、それらの指数に選ばれた銘柄を中心に投資する投資信託です。「Exchange Traded Funds」の略で、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場されています。

このEFTもNISAの口座で投資をすることができます。株価指数などは常に表示されているため、投資成績などが比較的わかりやすい商品です。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

NISA口座は銀行と証券会社のどちらを開設するべき?

NISAの口座は、証券会社だけではなく、銀行でも開設することができます。証券会社であれば、NISA の対象商品はすべてありますが、銀行の場合には投資信託商品に限られます。それらの違いをよく見極めた上で、自分にとってどこに開設すれば良いのかを考える必要があります。

銀行のNISAでは投資信託のみの扱い

銀行のNISA口座の場合は、投資できるのは投資信託のみになります。自分で株式の銘柄を選ぶ自信がない、いちいち銘柄を選ぶのは面倒だという場合には、銀行のNISA でも充分です。しかも、たいていの方は銀行口座を持っているので、申込みも簡単になり、資金移動もコストをかけずに移動できる場合が多いです。

証券会社では商品ラインナップが豊富

証券会社でNISAの口座を作れば、投資信託だけでなく、株式投資も可能になります。さらに、投資信託も銀行の場合は、取り扱っている投資信託会社が限られますが、証券会社では会社自身が投資信託商品を持っていたり、別会社で持っている場合もあり、商品のラインナップは豊富です。

いろいろと投資商品を選べるだけに、通常は証券会社で開設される方が多いと言えます。

銀行と証券会社、どちらを選ぶべき?

NISA の口座を設ける場合には、どちらが自分に向いているかを考える必要があります。ただ、基本的には、銀行でできるNISAの商品は証券会社でも取り扱っています。従って、特別な事情がない限りは、証券会社で開設される方が多いのです。

ローンを組むために銀行との付き合いをしておかないといけない場合や、資金を銀行から動かしたくないというような特別な理由があれば、銀行でのNISA口座が良いでしょう。しかし、通常は、証券会社でNISA口座を作るほうが、投資としての選択肢が大きく、投資に向いていると言えます。

証券会社によってラインナップは異なる

但し、NISA 口座を証券会社で開設するとしても、証券会社によって、投資できる商品ラインナップは異なります。すなわち、投資信託などは、証券会社の商品開発力や抱えているファンドマネージャーのレベル、育成状況で差が出てくるのです。

NISA口座は、一人一口座しか開設することはできないため、証券会社の選択はよく検討する必要があります。過去の投資信託商品の投資実績(特に利回り)などをよく比較するとともに、証券会社自身の信用力も見ておくほうが良いでしょう。

NISAで運用を行うまでの流れ

小口投資口座であるNISAを開設して、実際に運用を始めるまでの流れについて見てみることにします。口座開設における手続きには証券会社間で違いがあるため、ここでは一番人気になっているSBI証券を例に見てみましょう

SBI証券は、ネット証券であり、実店舗はなく、ネットからの申込みになります。

NISA口座を開設する

SBI証券でNISA口座を開設する場合、まずSBI証券のホームページから、NISAの申込みページに入ります。申込みページで、必要事項を入力することから始まるのです。必要事項を入力すれば、送信ボタンを押すことで完了です。次は必要書類の確認をしましょう。

本人確認書類の提出

そして申込みの際に必要になるのは、本人確認書類です。基本的に一人一口座となっているために、本人確認が重要です。

本人確認書類は、マイナンバーカードや運転免許証などになりますが、それを…

・WEB上での取り込み

・メールでの送信

・書面を郵送

という3つの方法から選択します。

WEBからの取り込みであれば、手間もかからず、最短2日で口座開設が可能です。書面の郵送の場合には最短でも7日かかってしまいます。従って、一日でも早く開設したい場合には、WEBがおすすめです。

ID・パスワードの受け取り

申込みを行い、本人確認書類を送りますと、SBI証券からNISA口座のID番号とパスワードがWEBで送られてきます。そのIDとパスワードで、自分の口座にアクセスしてみて、間違いないかを確認しましょう。

NISA口座に入金をする

NISA口座が確認できれば、次はいよいよお金を口座に入金します。120万円までは、非課税枠となるため、取り敢えずはそれ以内の金額の運用になります。入金の仕方には、

・SBI銀行の口座があればその口座から即事入金が可能

・銀行送金による入金

・SBI証券から送られてくるカードによってATMから入金

という3つの方法があります。SBI銀行に口座がある場合には、即事入金だけでなく、ポイントなどの総合的なグループでの特典も受けられます。

銘柄を選び取引を行う

口座にお金を入れれば、いよいよ投資商品の銘柄を選び、取引を開始できます。株式投資も投資信託も可能です。投資信託にもさまざまな銘柄がありますので、よく検討して、利回りとリスクのバランスを考えながら、商品や銘柄を選ぶ必要があります。

投資にはリスクがあり、あくまでも自己責任になりますので、よく検討してから投資してくださいその際には、「NISA預り」の項目にチェックしておきましょう。チェックをしませんと、一般口座として預かりになり、税制面での優遇措置が受けられなくなります。

通常NISAの他にも「つみたてNISA」「ジュニアNISA」がある

NISAには、通常の一般NISAだけではなく、「つみたてNISA」と「ジュニアNISA」があります。最後に、この「つみたてNISA」と「ジュニアNISA」について簡単にご紹介します。

つみたてNISAとは

つみたてNISAというのは、毎月少額の積立金を長期的に行って、その中から分散投資が行われる投資信託のような商品を購入することになります。少額での積立をしていくことを支援するための非課税制度なのです。期間は、通常のNISAよりも長期が可能で、20年間になります。

購入できる金額は、年間40万円までが非課税枠となりますので、月33,000円程度までの積立が可能です。

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAは、2016年度から導入された制度で、未成年者(19歳未満)が少額投資を非課税で行うための口座になります。年間80万円までの投資枠になり、株式投資や投資信託などの配当や譲渡益が非課税です。

非課税制度を活用して資産運用を始めよう

NISAは、もともと景気対策もあり、これまであまり資金運用として投資などをしてこなかった方を念頭に置いて、非課税枠の口座として設けられています。

現在では、市場金利はマイナス金利となっており、銀行などの預金金利はほとんど期待できなくなっています。そのため、これまでのように資金を銀行預金で運用することはできなくなっているのです。

従って、これまで投資というものを考えたことのなかった方向けに非課税で運用できる枠を設けたのがNISAなのです。このNISAの非課税制度を活用して、将来に向けて資産運用を始めてみるのも良いのではないでしょうか。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓