今度こそ貯蓄を増やそうと決意したものの、日々の生活のやり繰りに追われ、なかなかゆとりある家計を実践するのが難しいという方は多いのではないでしょうか。    

そこで今回は、収入を増やし費用を削減する手法として、知っておきたい家計のゆとりテクニックをご紹介します。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

家計のゆとりをつくるテクニック①

それでは、ここからは家計のゆとりをつくるテクニックのその①をご紹介します。どのテクニックも、その日から実践できるものばかりですので、ぜひ今日からでも行動に移してみてください。

まずは貯蓄額の目標を作る

ゆとりある家計とするために、漠然と貯蓄を増やしていくのではなく、まずは視覚的に訴えるような、しっかりとした貯蓄額の目標を定めましょう。そうすることで、目標とする貯蓄額を達成するためには、どのくらいの収入そして支出になるか目安となる金額を把握することができます。たとえば、目標とする毎月の貯蓄額を5万円とし、月々の収入が30万円であれば、支出を25万円以内に抑えるべく、どの部分も削減するかなどの工夫が生まれてきます。

給与天引きや財形貯蓄などで毎月の貯蓄を始める

具体的な貯蓄額が決まったら、次は給与天引きや財形貯蓄など、自動的に毎月の貯蓄を行う仕組みである「先取り貯蓄」を実践しましょう。毎月の給与から生活費を引いて、余った金額のうちから貯蓄をするのではなく、まずは一定の貯蓄額を別の口座に移すなどの工夫を施します

使途不明金を発見し貯蓄に回す

そして、家計簿などを見直しながら、毎月の支出のうち、「使途不明金」を見つけ出し、その金額を貯蓄に回すこともできるでしょう。そのためには、毎月の家計簿をしっかりつけ、後で見直しやすいようにシンプルな家計簿を作成するように心がけてください。最近では、無料でも優れた家計簿アプリが多数出ていますので、そちらを利用するのもよいかもしれません。

 

家計のゆとりをつくるテクニック

ここからは家計のゆとりをつくるテクニックのその②をお伝えします。

固定費の見直しをする

家計の収支は、「収入-支出」で構成されており、さらに支出は「固定費」と「変動費」に分類することができます。固定費とは毎日の生活において必要不可欠な一定金額の支出のことで、住宅費や通信費、保険料などが該当します。一方で変動費は、毎月の利用頻度によって支出金額が異なってくるもので、飲食代や衣服代、レジャー代などが挙げられます。

そこで、支出のなかでも大きな金額になりがちな固定費を見直すことができれば、その分貯蓄に回すお金を増やすことが期待できます。固定費を見直す具体的な方法としては、たとえば、固定費の代表格である住宅ローンや家賃といった住居費を削減することはもちろん、インターネットやスマートフォンを格安プランに乗り換えたり、定期的な支払いを伴うジムの会費やスマフォアプリをやめることなどが考えられます。

続けるためには無理な削減はしないこと

ただし、支出の見直しを図る際には、決して無理な削減はしないようにしましょう。同僚や親友、家族などとの外食が生活の楽しみであれば、それは削るべき項目とはいえません。貯蓄は長期的にコツコツと続けることで、まとまった金額になると考え、削れる費用はしっかりと削りつつも、無理のない範囲で貯蓄を実践してください。

削減可能な支出

ここからは、一般的に削減可能な支出項目を挙げていますので、ご自身のケースに該当するものがないか確認してみてください。

 

使っていないクレジットカードの年会費

まずは、使用していないクレジットカードに発生している年会費です。良く利用するお店などでポイントを貯めることができるクレジットカードに絞ることで、より効率的にポイントが貯められます。そのため、ご自身が保有するクレジットカードを全て確認し、使用していないカードで年会費の発生するものがあれば、すぐに退会手続きを行いましょう。

 

読んでいない定期購読の雑誌や新聞

次に、読んでいないにもかかわらず定期購読している雑誌や新聞です。自身が活用していないサービスに対し、お金を払うことは無駄と言わざるをえないため、すぐに解約手続きをしましょう。

 

携帯電話の使っていない付加サービスの料金

そして、見落としがちなのが携帯電話に付帯しているサービス料金です。一度、ご自身の携帯電話の料金明細を確認していただき、利用していない付加サービスによって、追加料金が課金されていないかチェックしてください。仮に数百円のものでも、長期的にみれば大きな金額になります。なお、ドコモやKDDIなどは格安プランの提供を始めており、携帯電話の基本料金プランも併せて見直しをすることで、数千円単位でコストの削減を期待できるかもしれません。

 

月に1~2度しか乗らない車の維持費

また、月に1~2度しか乗らないにもかかわらず、車を保有している際の維持費です。車のメンテナンス費や車検、保険などはもちろん、税金や駐車場を借りている場合は駐車料金も支払わなければなりません。ほとんどの車に乗る機会がないのであれば、必要な時だけレンタルしたりカーシェアリングを利用することで、これらの維持費を削減することができます。

 

やめたいけどやめられないたばこ

そして、なかなかやめることができないタバコも削減可能な支出として挙げられるでしょう。タバコが人体に及ぼす悪影響は知られていることであります。一念発起して「脱タバコ」をすることで、年間にすればある程度まとまった金額を貯蓄にまわせます。

 

家計のゆとりをつくるテクニック③

ここからは家計のゆとりをつくるテクニックのその③をご紹介します。

生命保険、損害保険の見直しをする

固定費の見直しの項目でもお伝えしましたが、生命保険や損害保険の見直しをすることで、大きな金額の支出を削減することが期待できます

保険の世界では、日進月歩、より優れた商品が開発されています。そこで、仮に同等の保険内容だったとしても、保険料がより安い商品に乗り換えることができるかもしれません。そのため、インターネットなどで、生命保険、損害保険それぞれ、同じ保障内容で保険料がいくらくらいのものがあるかチェックしてみてください。

また、生命保険や医療保険などのオプションが重複している部分があれば、どちらか一方を外すことで保険料を引き下げることができますので、ご自身が加入している保険それぞれの保障内容を確認してみましょう。

年末調整や確定申告で払い過ぎた税金を取り戻す

次に、年末調整や確定申告の際に、払いすぎた税金を取り戻しましょう

たとえば、企業に勤めていた方が退職し、その後再就職せずに確定申告の時期を迎えた場合には、税還付を受けられる可能性があります。また、サラリーマンの方の場合、企業が代わって年末調整の手続きを行ってくれますが、自営業者は自分自身で確定申告をすることで、払いすぎた税金を取り戻すことができます

加えて、ふるさと納税で寄付を行った方やイデコ(iDeCo)の掛け金を拠出している方、各種保険に加入されている方などは、忘れずに年末調整や確定申告をすることで節税に繋げることができます

資産運用する、複利で運用する

そして、ゆとりある家計とする際に、支出面にフォーカスするだけでなく、本業とは別に資産運用を実践し収入を拡大させることで、貯蓄にまわすお金を増やすこともできるでしょう。

特に投資初心者にとっては、始めからリスクが高い仮想通貨取引などを手掛けるのではなく、着実に資産を増やすことができる定期預金や個人向け国債への投資のほか、少しリスクをとって投資信託を購入することが挙げられます。

定期預金であれば、夏・冬のボーナス時期などに実施されるキャンペーンに合わせて、高金利を提供するネット銀行のサービスの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。個人向け国債も、国が発行主体のため、基本的に元本が保証されたうえに、一定の金利が上乗せされて資産運用を行うことができます。

投資信託を購入する際は、イデコ(iDeCo)やニーサ(NISA)など税制優遇措置が講じられた制度を活用することで、より効率的に資産形成を図ることができるでしょう

 

まとめ

最後となりますが、これまで知っておきたい家計のゆとりテクニックをご紹介してきました。
どのテクニックも、今日からでも実践できるテクニックばかりかと思います。より豊かな生活を送るためにも、収入を増やし支出を削減するこれらのテクニックを実践してみてください。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

【関連記事】

貯められる家計簿のつけ方!ズボラさんでも簡単に続けられる!

【税理士コラム】家計を見える化する!簡単に始められる家計簿管理方法をご紹介

自分に合ったお金管理アプリがみつかる!おすすめ家計簿アプリ7選