マイナンバー制度は、2016年(平成28年)1月から本格運用が開始されていますが、マイナンバー通知書のみ持っていてマイナンバーカードを所有していない方や、マイナンバーカードで取得できるマイナポイントについては知らない方も多いです。今回は、マイナンバーカードやマイナポイントについて解説します。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

マイナンバーカードとは?

マイナポイントを解説する前に、マイナンバーカードについて復習を兼ねて再確認しましょう。

マイナンバーカードの導入

マイナンバーカードは、マイナンバー制度の運用開始と同様2016年(平成28年)1月に交付が開始されています。

マイナンバーカードとはどんなもの?

マイナンバーカードは、本人の申請により交付されるもので、個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用することができます。カードの表面には「氏名」「住所」「生年月日」「性別」「顔写真」「電子証明書の有効期限の記載欄」「セキュリティコード」「サインパネル領域」「臓器提供意思表示欄」が記載され、「個人番号」は裏面に記載されています。

マイナンバーカードの使い方

マイナンバーカードを所有するメリットとしては、大きく6点あります。

 

①マイナンバーを証明する書類

個人番号を証明する書類としてマイナンバーカードが使用できます。個人番号は、就職、転職、出産育児、病気、年金受給、災害など多くの場面で提示が必要となります。

 

②各種行政手続きのオンライン申請等に利用

マイナポータルへのログインをはじめ、各種行政手続きのオンライン申請に利用できます

 

③本人確認の際の身分証明書

本人確認書類が必要な手続きの際、マイナンバーカードを本人確認書類として利用できます。個人番号の証明も必要な場合は、マイナンバーカード1枚で両方の証明することが可能です。

 

④各種民間のオンライン取引等に利用

オンラインバンキングなど、各種民間のオンライン取引に利用できます

 

⑤コンビニなどで各種証明書の取得

コンビニなどで住民票や印鑑登録証明書など、公的な証明書を取得する際に利用できます

 

⑥付加サービスを搭載した多目的カード

市区町村や国等が発行・提供しているサービスごとに必要だった複数のカードが、マイナンバーと一体化することができます(住んでいる市区町村により多少異なります)。

 

また、2021年(令和3年)3月から健康保険証として利用可能となる予定です。利用するには、マイナポータル(https://myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form)からの事前登録が必要です。

マイナンバーカードを健康保険証として利用可能になれば、就職や転職、引越しをしても保険証の切替えを待たずにカードで受診することが可能です。医療機関や薬局の職員にマイナンバーを見られることが不安かもしれませんが、窓口の職員などがマイナンバーを取り扱うことはなく、もしナンバーを見られたとしても他人があなたのマイナンバーを使って手続きをすること自体できない仕組みとなっています

新しく導入されるマイナポイントとは?

では、2020年に導入されるマイナポイントについて確認しましょう。

マイナポイントとは?

マイナポイントとは、決済事業者が付与するポイント等の総称です。マイナポイントは、キャッシュレス決済サービスを提供するキャッシュレス決済事業者を通じて付与します。付与を受けるにあたっては、マイキープラットフォーム上で普段利用している決済サービスを1つ選択すると、当該決済サービスの利用時に買い物等に利用できるポイントが付与されます。

マイナポイントの対象者は?

マイナポイントを取得できる対象者は、下記2つの条件を満たしている方になります。

・マイナンバーカードを取得している

・マイキーIDを設定した方(マイナポイントの予約登録)

マイキーID登録の仕方

マイキープラットフォームにログインするには、専用のアプリ・ソフトとJPKI利用者ソフトをダウンロードし、インストールします。ダウンロードの方法についてはマイナポイントのホームページ(https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/flow/mykey-get/)に記載されています。

また、手続きするには、「公的個人認証サービス対応のスマートフォン」もしくは「パソコン・公的個人認証サービス対応のICカードリーダライタ」が必要ですので準備しましょう。環境が準備できましたら、アプリ・ソフトを起動し、スマートフォンもしくはICカードリーダライタでマイナンバーカードを読み取ります。マイナンバーカードを読み取り、4桁の暗証番号(マイナンバーカードを受け取る際に設定した番号)を入力し認証がOKとなればマイナポイント予約完了です。予約完了と同時に、マイキーIDが自動で設定されます。

住んでいる自治体によっては、マイナポイントを予約(マイキーID設定)するコーナーを設置している場合もあります。また、まだマイナンバーカードを取得していな方については、取得方法について後述します。


ポイント還元制度について

2019年10月から始まっているポイント還元制度について整理します。

ポイント還元制度とは?

2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、需要平準化対策やキャッシュレス対応による生産性向上、消費者の利便性向上などを目的にキャッシュレス手段を使った際ポイント還元を支援する制度です。

ポイント還元の対象期間

キャッシュレス決済のポイント還元は期間限定で、2019年10月1日から2020年6月末までの対象店舗において、登録されたキャッシュレス決済で支払を行うと最大で5%のポイント還元を受けることができます

マイナポイントの仕組み

では、マイナポイントはどのような仕組みなのか確認していきます。

マイナポイントの仕組み

2020年9月~2021年3月末までにおいて、登録時に選択した決済サービスでチャージや買い物をすると、決済事業者からポイントが付与されます。

『JPKI』で本人確認

本人確認手段は、JPKI(公的個人認証サービス)が用いられます。公的個人認証サービスとは、オンラインで申請や届出といった行政手続きやインターネットサイトにログインする際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる手段です。

スマホ決済することでマイナポイントが付与

買い物をする際、キャッシュレス決済としてスマホなどで決済をすることでマイナポイントが25%(上限5000円分)付与されます。

既に導入されている「自治体ポイント」とは?

マイナポイントと合わせて、すでに運用が開始されている自治体ポイントについて解説します。

自治体ポイントとは?

自治体ポイントは、2017年9月から運用されています。普段使用しているクレジットカードのポイントや航空会社のマイレージなどを、自分の好きな「自治体ポイント」に交換や合算することができ、地域の商店などで日々の買い物やオンラインショッピングで全国の特産品をお得に購入することができます

自治体ポイントの貯め方

自治体ポイントのため方は、マイナポイントと同様、マイナンバーカードの取得とマイキーIDを取得する必要があります。そのあとに、各クレジットカードのポイントを自治体ポイントに交換します。交換方法については、各会社によって異なり自治体ポイントのホームページ(https://www.point-navi.soumu.go.jp/point-navi/)で確認することができます。

自治体ポイントの使い方

交換した自治体ポイントは、さまざまな使い方をすることが可能です。美術館、博物館、地域商店街、バスなどの公共交通機関など地域で使用する方法や、オンラインで地域の産物を購入したり、クラウドファンディングなど使用したり、観光振興(アンテナショップ含む)で使用することができます。

自治体ポイントを利用する際の注意点

自治体ポイントを利用する際の注意点は「有効期限」です。自治体ポイントに変換する際に、どこの自治体のポイントにするか決める必要があります。どこにするか決まっていない場合は、14日間保留することができ、期限が切れてしまった場合は、マイキーを利用するにあたり設定した基本自治体のポイントに変換されます。

変換された自治体ポイントは、交換成立から300日が有効期限で、期限が切れてしまった場合、失効となります。また、ポイントを使って購入できる商品があらかじめ特定されている「特別支援ポイント」については、発行日から100日が有効期限なので注意しましょう。

高還元が魅力的なマイナポイント、マイナンバーカードを準備しよう!

マイナンバーカードの取得方法について解説します。

マイナンバーカードの申請方法

マイナンバーカードの申請方法は、大きく3種類の方法で申請することが可能です。

 

①郵便

「個人番号カード交付申請書」に署名または記名・押印し、顔写真を貼付け、送付用封筒に入れて投函します。

 

②パソコンやスマートフォン

デジカメやスマートフォンで顔写真を撮影し保存します。「マイナンバーカード総合サイト(https://www.kojinbango-card.go.jp/)」にアクセスし、画面の指示に従い必要事項を入力し、顔写真を添付して送信します。

 

③証明用写真機

街中にある証明用写真機で申請することも可能です。タッチパネルから「個人番号カード申請」を選び、交付申請用のQRコードをバーコードリーダにかざし、画面の指示に従い必要事項を記入し、顔写真を撮影して送信します。対応している機種については、マイナンバーカード総合サイト(https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/)で確認するようにしましょう。

 

通知カードとは?

通知カードとは、マイナンバーを本人に伝えるための紙製のカードです。顔写真はなく、「氏名」「住所」「生年月日」「性別」「マイナンバー」などが記載されています。

マイナンバーカードの受け取り方

受け取る方法は、本人確認が必要なため住んでいる市区町村窓口に行く必要があります。申請してから約1か月後に交付通知書が送付されるので、交付通知書に記載されている交付場所に、交付通知書と通知カード、本人確認書類を持っていきましょう。

まとめ

マイナンバーカードとマイナポイントについて解説しました。マイナンバーカードは、いろいろな目的に利用でき、期間限定ではありますが還元率の高いポイントもあるので、まだ所有していない方はぜひこのタイミングにマイナンバーカードを取得しましょう。

 

監修者:若原 芳治(公認会計士・税理士)

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

【関連記事】

【FP監修】NISA口座が使えない!?それってマイナンバーの提出忘れかも!?