ファイナンシャル・プランナーの矢澤理惠です。これから皆さんから寄せられたお金に関するさまざまな悩みにお答えしていこうと思います。

今回の質問はメーカー勤務で正社員のE子さん(36歳)からです。

【Question】貯金と保険加入とiDeCoとどれを優先すればいいの?

都内で一人暮らしをしているE子さんは年収550万円、なかなかの高収入です。株式投資を100万円ほどしており、貯金は800万円あります。友人や金融機関から貯金とiDeCo、保険の加入などを進められていますがどれを優先すればいいのかわからず困っています、というお悩みでした。

【Answer】最優先は貯金!

実はこの質問の答えは単純なのです。最優先は「貯金をする!」

考えても見てください。何かあった時に備えて保険に加入しても、保険が使えない病気になったりしたら全くお金が下りてこない可能性があります。その点、定期預金などにしておいて途中でも期間内払い戻しをすれば、元本割れすることなく手元に必要なお金が用意できるので、結局貯金しておけばどんなことにも対処できる、という事になるわけです。

【Step 1】実は気持ちの問題が大きい

ただ、今回のE子さんはすでに800万円の貯金をお持ちです。何かあってもこのお金でなにかしらの対処はできそうですね。

それであれば次に考えるのは自分の気持ち又は考え方に添うことです。例えば何かあった時のためにと800万円の貯金を持っていても、病気などで貯金を崩していくのは嫌だな、と感じる人もいます。このような方は、将来の老後に備えてお金を貯めたいと思っているのでそれ以外の不意の出費で自分の貯蓄を崩すことに抵抗があると考えられます。そういうタイプの方であれば保険加入を考えても良いかもしれません。

この時、一人暮らしのE子さんは多額の死亡保険金を準備する必要はありません。もし死亡保険金を考えるのなら残された家族が困らない程度のお葬式や後片付け代として300万円程度あれば十分といえます。それより、自分が入院した時の医療保険やがん保険を考えればよいのではないでしょうか。

【Step 2】保険加入が必要か考える

病気に対する思いも人それぞれです。今まで全く病気やケガと縁が無くて、必要性を感じない方が無理をして加入することもないと思いますし、たとえ病気と縁が無くても、何か備えておきたい!と思うのであればご自身が考える目的に応じた保険加入を検討しましょう。

また、例えば筆者のように両親をがんで亡くしていると、がん保険に加入しておこうかな、と思ったりしますし、がん以外の病気で大変な思いをした人を見て自分も不安を感じたら医療保険を考えればいいと思います。

保険はあくまでも「こうなった時にこの保険金が出る」という限定された目的への備えなので、気持ち的にそれが必要と感じる方が加入しておけばよいのではないかと思います。

もちろん、すべてのリスクに備えたい方には、お金さえ出せばオールマイティ的に保険金が出るものもありますが、使うか使わないかわからないものにそれほど大きな保険料を払う必要があるかというと、疑問が残ります。

保険はあくまでも自分の気持ちの「安心」を確保するためにかけるものです。人それぞれ、安心を求める先は違っているので、自分の望む「安心」を選んでくださいね。

【Step 3】老後資金を考える

また、保険は特に必要性を感じないけど将来のために老後資金を準備したいというのであれば、ぜひiDeCo(個人型確定拠出年金)の活用をおすすめします。iDeCoを利用する最大のメリットは税制の優遇を最大限に受けられることにあります。

iDeCoのメリットは3つ

このように拠出時、運用中、受け取るときにそれぞれ税金の優遇措置が受けられるので、効率的な老後資金の準備ができるわけです。

確定拠出年金は基本的に自分で投資信託等の投資商品を選び60歳まで運用していく制度です。投資商品を選ぶ方法もある程度勉強して取り組んでもらいたいと思いますが、E子さんはすでに株式投資をしており、ある程度の知識がおありだと思いますので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

自分にとって必要なのは何かを考えて、優先順位をつけてください。医療保険は必要最小限であれば数千円で加入できます。老後資金は効率の良い制度を活用すると考えたら両立できるかもしれませんね。

老後資金を考えるには、自分の老後にどのくらいのお金が必要で、仕事を退職した後どのくらいの資金があれば大丈夫なのか、といったことを試算した上で、今の貯蓄額との差額をはじき出してそれを貯めるように実行していくことが必要です。そのあたりは、マネカツのセミナーでお伝えしていますので是非聞きに来ていただければと思います。

【矢澤先生のプロフィールはこちらから】
▶︎https://manekatsu.com/lecturers/yazawa.html

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓