ファイナンシャル・プランナーの矢澤理惠です。皆さんから寄せられたお金に関するさまざまな悩みにお答えするシリーズの第2弾は、正社員で経理を担当しているK子さん(33歳)からのご相談です。

【Question】結婚せずに一生独身で生きていくためには、どのくらいの貯金があればいいの?

三軒茶屋のマンション(家賃8万5千円)で一人暮らしをしているK子さんは年収600万円、節約が趣味というだけあって、33歳の若さで現在の貯金はすでに1,000万円! 素晴らしいですね。

そんなK子さんからの質問は、

というものでした。

K子さんは現在の貯蓄状態を見ても、とても堅実に暮らしていることがわかりますし、将来のことについても、この年齢できちんと最後まで見据えて考えようとしています。

それでは、実際にどのくらいの貯金が必要か考えてみましょう。

【Step1】現在の自分の生活費(支出)を把握する

ここでのポイントは趣味や旅行など、自分のやりたいことをきちんと盛り込むことです。

一般的に節約というと、生活費やいろいろなコストを切り詰めてストレスを感じる方が多い中、趣味が節約といえるK子さんはとても羨ましい趣味の持ち主といえます。

とはいえ、自分のやりたいことをすべて我慢してまで節約する必要はありません。
やりたいことや趣味をきちんと入れてマネープランを考えないと、ギスギスした生活になってしまいますから。

まずは【別表1】に1年間で使った自分の支出金額を書き出してみます。

毎月ほぼ決まっている1~6までの金額は、12倍して1年分を算出します。

交際費から下の支出は毎月コンスタントに出るものではないと思いますので、1年間でいくら使ったかざっくりとした金額で構いませんので書き込んで、最終欄に合計金額を記入してください。

これが年間の生活費(支出)です。

【Step2】一生で使う金額を予測する

毎月きちんと収入があるK子さんなので、仕事をしている間はお給料で暮らしていけますが、問題は仕事をリタイアした後の老後資金です。
金額の出し方はとても単純です。

・・・・・・
単純といいましたが、自分の寿命をご存知の方はなかなかいないと思いますので実際に考えると難しいですよね。

ですのでご自分が何歳まで生きたいかで考えてください。

ここでは日本女性の平均寿命で例を挙げてみます。
平均年齢は87歳、退職年齢は国として65歳に底上げしようとしていますのでここでは65歳とします。年間の生活費を300万円と仮定した場合

87歳 − 65歳 = 22年間

これに年間の生活費をかけると

22年 × 300万円 = 6,600万円 が必要金額と出てきます。

【Step3】年金金額を試算してみる

やっぱり、そんなに必要なの!?と思うのは早急です。

ここから公的年金を差し引くことができます。

公的年金は国民年金、厚生年金などの種類によりもらえる金額が違い、厚生年金に至っては個々のもらっているお給料によってかける金額や受給金額が変わります。

年金の受給金額は毎年誕生日の月に送られてくるねんきん定期便で「今のままの働き方であれば65歳からこのくらいの年金がもらえます」というお知らせが来ますので、これを参考にしてください。

ここでは年収600万円で働き続け、65歳で退職したとして受け取る年金額を200万と仮定して計算します。

22年 × 200万円 = 4,400万円

必要金額との差額は 2,200万円となりますね。

【Answer】K子さんの場合には、あと1,200万円あればOK!

K子さんはすでに1,000万円の貯金があるので65歳の退職までの32年間で1,200万円、1年間で約40万円をリタイア貯金しておけば良い、という目安ができました。

ただし、この算出額は健康で暮らしていることが大前提の設定なので、最低限の金額と考えておくほうが良いと思います。

この計算の考え方をお話しすると、退職したら今までのようにはお金を使わないのでは?と質問されることがありますが、それまで長年暮らしてきた生活を変えること、特に水準を下げることはなかなかできません。

ましてや、年を重ねると自分でできないことが増え、人にお金を払ってやってもらうことになるので支出は増えると考えておく方が無難です。

最後に

K子さんはまだ33歳、素敵なパートナーが見つかれば二人で生活していくことも十分考えられます。二人での生活は一人暮らしより割安になりますし、さらに楽しい生活も待っているかもしれませんので、視野に入れることも検討してみてくださいね。

今回は、一人で生きていくのに必要な金額の出し方をお伝えしましたが、これはあくまでも生涯健康に暮らした場合です。

今後も日本の高齢化が進み、高齢者施設への入居も高額化することが懸念されます。一人暮らしの場合、最終的に施設への入居を考えざるを得ない状況もでてきます。老後に施設に入ることを検討しているのであればさらに追加の費用も考慮する必要が出てきます。どこまで想定するかは、それぞれの考え方やどこまで対策したら安心できるか、という個々の気持ちによると思います。

マネカツセミナーではこのような心配にも対応するセミナーを開催していますのでぜひ、参考にしてください。

【矢澤先生のプロフィールはこちらから】
▶︎https://manekatsu.com/lecturers/yazawa.html

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓