» 【FP監修】年金手帳を紛失した場合は即日再交付できる?必要な書類と持ち物確認のメインビジュアル  » 【FP監修】年金手帳を紛失した場合は即日再交付できる?必要な書類と持ち物確認のメインビジュアル

M life 記事

老後 2018.11.21

【FP監修】年金手帳を紛失した場合は即日再交付できる?必要な書類と持ち物確認

 

年金手帳は、身分証明書にもなるほどの重要書類です。しかし、運転免許証や健康保険証と比べると使用する機会が少なく、どこにしまっておいたのか分からなくなってしまうこともありますよね。万が一、年金手帳を紛失したときは再交付ができるのかどうか、また、再交付の方法や再交付までの日数についてまとめました。

 

年金手帳とは?

 

 

未成年のときから公務員として勤務しているなどの特別な事情を除けば、20歳以上の方なら、必ず持っているはずの年金手帳。今すぐに出すことはできますか?「そもそも年金手帳って何?見覚えがないけど・・・」という方もいるかもしれませんね。

 

基礎年金番号が記載されているもの

年金手帳とは基礎年金番号が記された書類です。基礎年金番号とは、4桁の記号と6桁の数字からなる一連の番号で、すべての方が異なる番号を受け取ります。199612月までは年金の種類によって管理する番号が異なったのですが、19971月以降は、すべての年金が同一の基礎年金番号で管理されています。

 

20歳になると全員に発行されるもの

国民年金は、満20歳以上のすべての国民が加入する制度です。そのため、年金手帳も満20歳以上のすべての国民に発行され、住民票を登録している住所に発送されます。一方、厚生年金は、厚生年金制度に加入する職場に勤務することで加入する制度です。そのため、満20歳になってから就職すると、年金手帳を職場に提出して基礎年金番号を登録しなくてはなりません。

 

しかし、年金手帳が発行される前に公務員として仕事を始めた場合は、年金手帳が発行されずに基礎年金番号だけで年金登録が実施されます。公務員として働く限り年金手帳が必要になる状況にはなりませんが、民間企業に転職するときや退職するときには、基礎年金番号を使って年金登録してください。

 

会社に入社する際に提出を求められるもの

20歳になってから就職する場合は、すでに年金手帳が発行されているはずですから、入社時に提出が求められます。企業によっては年金手帳を社内で管理してくれることもありますが、反対に、年金手帳を提出させず基礎年金番号だけの登録を求められることもあります。

 

手帳の色は交付時期を示している

年金手帳の色は、発行された年によって異なります。19971月以降に発行された年金手帳は、加入する年金の種類に関わらず青色です。また、197411月以降199612月以前に発行された年金手帳は、加入する年金の種類に関わらずオレンジ色でした。

 

しかし、197410月以前は、国民年金加入者は薄茶色の手帳として、厚生年金は手帳ではなく証書として受け取りました。また、共済組合にしか加入したことがない人には、年金手帳ではなく基礎年金番号通知書が発行されます。年金手帳と同じく重要な書類ですので、大切に保管してください。

 

年金手帳を紛失した場合の再交付手続き

 

 

大切な年金手帳を紛失したときでも、年金に加入している資格は失われません。現在、すべての年金加入履歴は基礎年金番号を使って管理されていますので、年金手帳がなくても年金を受け取ることはできますし、今までに支払ってきた年金保険料が無駄になってしまうことはないのです。

 

申請先は年金の種類によって異なる

年金手帳を紛失したときは、年金の種類によって再交付申請先が異なります。主な申請先を以下に紹介します。

 

・国民年金に加入している方は、お住まいの市区町村役場に再交付を申請する。

・配偶者が厚生年金に加入し、国民年金第3号被保険者となっている方は、配偶者の勤務先を管轄する年金事務所に申請する。

・厚生年金に加入している方や船員保険に加入している方は、勤務先に連絡する。または、勤務先(事業所)を管轄する年金事務所に再交付を依頼する。年金事務所に直接依頼する方が、再交付までの日数が短くなる。

 

分からないときはねんきんダイヤルで問い合わせよう

複雑なケースなどは、お手元に基礎年金番号が記載されている資料(年金手帳など)を準備して、「ねんきんダイヤル」に電話してください。

 

・ねんきんダイヤル:0570-05-1165

  月曜日8301900、火曜~金曜日8301715、第二土曜日9301600

 

年金手帳の再交付に必要な持ち物

年金手帳を再交付するときには、年金手帳再交付申請書が必要になります。役場や年金事務所でも受け取ることができますが、自宅で記入してから申請をしたいという方は、日本年金機構の公式サイトからプリントアウトして記入しましょう。

 

また、書類には押印が必要ですので、印鑑(実印でなくても良い)と身分証明書を持っていきましょう。

 

参考:日本年金機構「年金手帳再交付申請書」

 

再交付にはどれくらいかかる?即日再交付は可能?

書類に不備がなければ、即日に年金手帳を再交付してもらうことは可能です。しかしながら、年金手帳の発行をしているのは年金事務所だけですので、市区町村役場や勤務先に再交付の申請をした場合は、1週間ほどかかってしまいます。

 

お急ぎの方は、印鑑と身分証明書、基礎年金番号が分かる書類を持って、管轄の年金事務所に出かけましょう。

 

年金手帳が複数冊あるときはどうしたらいい?

 

 

手元に年金手帳が複数冊あるときは、適当に1冊を選んでその他を破棄してはいけません。以下の方法で正しい1冊を選びましょう。

 

すべて青色の場合

青色の年金手帳が複数冊あり、しかもそれぞれの基礎年金番号が異なるときは、すべての年金手帳を持って勤務先もしくは年金事務所に出かけましょう。あなたの年金が2つ以上の番号で分散されて管理されている可能性があります。年金事務所で手続きをし、1つの基礎年金番号ですべての保険料をまとめて管理します。

 

青色とそれ以外の色の場合

青色の年金手帳とその他の色の年金手帳があるときは、基礎年金番号を確認してください。異なる番号が記載されているときは、勤務先もしくは年金事務所で年金保険料と基礎年金番号を統一する手続きをしましょう。すべての年金手帳の番号が同じときは、どれか1冊だけを保管し、他の年金手帳を破棄しても大丈夫です。

 

すべて青色以外の場合

すべての年金手帳が青色以外のときは、4桁の記号と6桁の数字でできた基礎年金番号が記載されているか確認してください。基礎年金番号がある場合は、基礎年金番号で年金保険料が記録されていますのでそのまま放置しても大丈夫です。基礎年金番号が見当たらないときは、年金事務所にすべての年金手帳を持っていきましょう。

 

まとめ

 

 

年金手帳がなくても、基礎年金番号があれば手続き等で困ることはありません。しかし、手元に無い状態というのも不安なものなので、基礎年金番号を管理するためにも年金手帳を発行しておく方が良いでしょう。再交付は早ければ即日でできますので、お近くの年金事務所に出かけて手続きをしてください。

 

監修者:高橋 政実(ファイナンシャルプランナー)

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る