マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 城ガールが唸る!日本の城・城跡を巡る旅行プランニングのメインビジュアル  » 城ガールが唸る!日本の城・城跡を巡る旅行プランニングのメインビジュアル

M life 記事

旅行 2017.7.26

城ガールが唸る!日本の城・城跡を巡る旅行プランニング

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

 

日本国内では、空前とも言える歴女や城ガールがブームとなっており、一人旅のプランに城巡りを加える女性が増えています。人気の城は、当時の天守や城郭を残す姫路城や松本城などの国宝の5城と重要文化財の7城の12城に加え、三名城の熊本城や大阪城、天空の城の竹田城跡などの城や城跡人気です。

 

 

世界遺産の兵庫・姫路城と周辺おすすめスポット


 

姫路城は、ユネスコの世界遺産にも登録されている日本の国宝であり、平成21年より始まった大改修が終了した事により白鷺城の異名に恥じぬ美しい城に生まれ変わっています。

 

 

姫路城は、南北朝時代初期の1346年に赤松貞範により築城されて以来、5重6階地下1階の天守閣を中心に羽柴秀吉や池田輝政など13氏48代にわたって城郭が渦巻き状に拡張及び改修された渦郭式平山城であり、大小の天守閣と渡櫓など8棟が国宝に指定されています。

 

 

姫路城は、天守、西の丸など城郭の主要部分の内曲輪と中堀に囲まれる中曲輪の大半が城跡として特別史跡に指定されています。

 

 

姫路城跡は、菱の門や播州皿屋敷で知られるお菊が悲運にも亡くなったお菊井戸、豊臣秀頼の正室千姫の暮らした西の丸の化粧櫓、漆喰の白壁に沿って階段が続き時代劇のオープニングにも使われている将軍坂、姫路城跡の南西に広がる約1万坪を有する日本庭園の好古園などがおすすめスポットです。

 

 

姫路城の周辺では、徳川家康の孫娘の千姫が建立したとされる恋愛成就のご利益があるとされる男山千姫天満宮やノイシュヴァンシュタイン城を模した太陽公園、写経や止観、宿坊が体験出来る書寫山圓教寺、酒蔵見学や食事が楽しめる灘菊酒蔵などがおすすめです。

 

 

姫路城周辺は、播磨灘で水揚げされた新鮮な魚介類を使った前どれ料理や姫路市北西部の太市地区の朝掘りのタケノコを使ったタケノコ料理、清流夢川で獲れる鮎を使った鮎料理、播磨灘で水揚げされる穴子を使った穴子料理を提供する飲食店も数多くあります。

 

 

圧巻の石垣!熊本・熊本城周辺おすすめスポット


 

 

熊本城は、1607年に加藤清正が丘陵地茶臼山に年単位の籠城が可能な城を目指して様々な工夫を凝らし築城された名城であり、天守閣前広場に大銀杏があった事から銀杏城とも呼ばれている城です。

 

 

熊本城跡は、宇土櫓や東竹之丸の櫓郡、不開門、長塀など13の棟が国の重要文化財の指定を受け、西南戦争で焼失した天守閣は1960年に外観復元がされています。

 

 

近年では、豊臣秀吉の忘れ形見の秀頼を迎え入れる為に建築されたとも言われる本丸御殿大広間の復元が完了し、先に復元された飯田丸五階櫓や南大手門、未申櫓、戌亥櫓、西出丸長塀と共に見所となっていますが、城の石垣が1番の見所と言われています。

 

 

熊本城の石垣は、安土桃山城の石垣を施工した事のより一躍有名となった穴太衆の穴太積や玉石積及び切石積の技術を結集した石垣であり、緩やかな勾配が上部に行くほど勾配が強くなり忍者さえも登れない武者返しが有名です。

 

 

熊本城跡周辺には、宮本武蔵の遺品や遺墨を展示及び収蔵している島田美術館や熊本藩主細川家の文化財を展示及び収蔵している熊本県立美術館、文豪森鴎外の阿部茶事談のモデル阿部一族の墓や枯山水庭園のある北岡自然公園、怪談で知られる小泉八雲熊本旧居などの観光スポットに加え、旧県営熊本城内プール跡地にオープンした桜の馬場城彩苑には郷土料理を楽しめる飲食店や当時の文化を体験できる施設、名物を販売する店舗が数多くあり、熊本工芸会館では肥後まりや熊本友禅などの体験も出来るので女性の一人旅プランにはおすすめです。

 

 

国宝!長野・松本城周辺おすすめスポット


 

松本城は、戦国時代に築城された日本最古の5重6階の天守閣として国宝に指定されている平城であり、黒漆塗りの下見板が城壁のほとんどの部分を覆っている事から烏城とも呼ばれている城です。

 

 

松本城は、現在も天守閣最上階まで一般公開がされ、天守閣最上階には1618年の神告以来二十六夜神が守護神として祀られていると共に天井が形成されていないので天守閣の屋根構造を見る事が出来ます。

 

 

松本城跡は、北アルプス借景と共に松本城が三重の水堀に映される景観や書院風造りに船底天井を組み入れた月見櫓の眺めに加え、石垣を登る敵に対応する為の石落としや鉄砲を発射する為の狭間、本丸御殿に続く格調高い黒門一の門、控塀と枡形が形成されている黒門ニの門、金箔瓦が使用されていた太鼓門枡形の一の門、二の丸御殿跡などが見所です。

 

 

松本城跡周辺には、印象的なガラスウォールの壁面と水玉の草間アートに圧倒される松本市美術館やアリーアメリカン様式の外壁が目を引く日本最古の西洋館とされる長野県宝松本市旧司祭館、アニメのオープニングにも登場する国の重要文化財の旧開智学校、全ての願いが叶うパワースポットとして有名な四柱神社などの観光スポットに加え、松本城跡の南総堀と女鳥羽川に続く江戸時代の街並みを再現した縄手通りや白壁と黒なまこの土蔵を利用した店舗が立ち並ぶ中町通りの散策は女性の一人旅プランにはおすすめです。

 

 

松本城周辺には、名物のそばやそばがき、郷土食山賊焼き、新名物信州サーモン、馬刺しなどを提供する飲食店も数多くあります。

 

 

日本には、25,000の城が全国に築城された記録がありますが、天守閣が現存する城跡は60あまりと限定されています。日本の城や城跡を巡る際には、天守閣を有する城跡の近隣の遺構のみの城跡を合わせて巡ると面白く、更に城や歴史に見識が深まります。

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る