マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » フランスに行ったら外せない!本場パリのオススメ美術館のメインビジュアル  » フランスに行ったら外せない!本場パリのオススメ美術館のメインビジュアル

M life 記事

旅行 2017.10.12

フランスに行ったら外せない!本場パリのオススメ美術館

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

フランスにあるパリというと、芸術の都とイメージされる方は多いです。実際、有名な画家の絵画を堪能することができる美術館が豊富に揃っています。そして、日本を始め世界各国から美術館めぐりの為に多くの方が訪れています。

 

 

“芸術”で多く世界中の人々を魅了している「パリ」


 

フランスにあるパリは、日本から毎年、多くの観光客が訪れる国として知られています。日本にはないお洒落な町並み、エッフェル塔、凱旋門などの観光名所、フランス料理などを思う存分、楽しむことができます。なかでもパリといえば、やはり、芸術の街というイメージを持っている方はたくさんいます。

 

 

実際、パリの街を歩いていると、建物の壁一面の絵画などストリートアートを満喫できます。道の片隅にさりげなく作品が施されているのですが、驚くほどクオリティが高いと評判です。パリの街にもマッチしているので、昨今では一気に世界中の観光客から注目を浴びています。今では美術館でストリートアートをテーマにした展覧会が開かれるほど定着しているのです。

 

 

また、芸術の都であるパリには、古今東西の芸術作品を堪能できる美術館が数多くあることでも有名です。たとえば、世界的に誰もが知っているルーヴル美術館、オルセー美術館、モネの睡蓮があることで有名なオランジュリー美術館などです。その他にも、ピカソ美術館など特定の芸術家の作品のみを集めた美術館もたくさんあるのです。

 

 

実際、世界各地から美術館めぐりのために、たくさんの人が毎年訪れているのです。パリでしか鑑賞できない作品もたくさんあるので、まさに芸術に興味のある方にとってたまらない場所といえます。

 

パリ旅行の最大の目的である“芸術”に触れる方法


 

美術館めぐりを最大の目的として、パリを訪れる観光客は多くいらっしゃいます。大小様々な美術館をできる限り、回りたいという観光客は珍しくないです。そういう方が効率よく芸術を堪能するには、パリ・ミュージアム・パスを利用することをおすすめします。

 

 

このパリ・ミュージアム・パスとは、ルーヴル美術館やベルサイユ宮殿など有名な美術館や建築物で利用できる共通フリーパスのことです。パリ市内と郊外の美術館や観光施設約60ケ所以上で使用することができます。フリーパスは2日券、4日券、6日券があり、それぞれ連続2日、4日、6日間の使用が可能です。

 

 

パリ・ミュージアム・パスを持っていると、それぞれの美術館で入場券を買う手間が省けるのでとても便利です。さらに、パスがある人専用の入口が別途設けられているので、待ち時間を大幅に短縮できます。実際、ルーヴル美術館など人気スポットの場合、チケット購入のために30分以上並ぶことはざらにあります。そんな時、かなりの時間短縮に役立つので、美術館めぐりの必需品と言えます。もちろん、美術館の再入場も可能です。

 

 

パリ・ミュージアム・パスの購入方法は、まず日本からインターネットで予約購入します。そして、パリ到着後、引換券と引換えにパリ観光局インフォメーションセンターで受け取ることが可能です。また、現地で購入する場合は、パリ市内のインフォメーション、シャルル・ド・ゴール空港内のインフォメーション、ルーヴル美術館地下売店で購入できます。

 

 

本場フランスに行ったら足を運ぶべき美術館はココ!


 

フランスには、大小合わせて膨大な美術館があります。中でも絶対にフランスに遊びに行ったら立ち寄るべきなのが、ルーヴル美術館です。こちらの美術館は、芸術品以外にも、美術館の建物がとにかく豪華な造りであることで有名です。

 

 

こちらの建物は12世紀にパリの要塞として建てられ、その後何代もの国王の手を経てナポレオン3世の時代に宮殿として完成しました。その後、1793年に美術館として公開されたという経緯があります。

 

 

ルーヴル美術館といえば、宮殿に囲まれた空間にあるガラスのピラミッドの飾りが有名です。ピラミッドは、昼になると太陽を反射して美しく輝き、夜はライトアップされて神秘的なムードを演出してくれます。中でも観光客からは、ガラスのピラミッドの先を掴んでいるように見える写真を撮ることができるスポットとして定着しています。

 

 

そんなルーヴル美術館には、現在、30万点を超える作品が所蔵されているといわれています。その数は膨大なものなので、1日かけても見終わることができないとも評されます。

 

 

彫刻、美術品、絵画など数多く保存・展示されていますが、特に有名なのがダ・ヴィンチの「モナ・リザ」、ドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」です。歴史や美術の教科書で紹介されている名作を、実際に見る事ができるので一度足を運んでみると良いです。

 

 

 

フランスの首都であるパリは、大小数多くの美術館、世界的に有名な芸術作品がたくさんあることで知られています。そのため、美術館めぐりをメインの目的として、世界各地からパリに観光客がたくさん集まっています。

 

 

教科書などで紹介されている名画、彫刻の数々を間近で鑑賞できるのは、アート好きにとってなによりの幸せです。現地では美術館めぐり専用のフリーパスも販売されているので、芸術をおおいに楽しめる環境が整っています。なので、芸術に興味のある方は、フランスのパリに行く機会があればぜひ美術館めぐりをしてみるといいです。

 

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る