鎌倉のパワースポットとしても名高い銭洗弁財天は、参拝するとお金が増える、金運がアップすると評判で常に多くの観光客が足を運ぶ神社です。銭洗弁財天の敷地内にある泉の水で小銭を洗うと何倍にも増えると言われています。

銭洗弁財天の銭洗信仰の始まりとは


銭洗弁財天は、正式名称、銭洗弁財天宇賀福神社とし、今でこそパワースポットではありますが、源頼朝が平安末期に鎌倉で災害が続き、貧困に苦しむ民の為に世の救済を願った場所として歴史に残っている場所です。

そして、巳年である1185年のある日頼朝が見た夢の中で、宇賀福伸がこの地に湧き出す水で神仏を供養せよ、さすれば天下泰平に治まる、というお告げを聞き、現在の銭洗弁財天に宇賀福伸を祀った事から始まりました。その後本当に世の中の混乱が治まったという話です。

そして、後に北条時頼が金銭をこの地の泉の水で洗い清め、自身も清め、行いを鎮めれば不浄の塵垢が落ち福銭が現るだろうと人々に伝え出し、一家繁栄を願いました。

そして現代でもその教えが残り、お金を泉で洗うとご利益があり、何倍にも増えるという信仰があるのです。特に巳の日では最もご利益があるとされ普段より賑わいを見せる事でも有名です。

元を辿れば、歴史的著名人でもある頼朝が宇賀福伸のお告げを聞いたことから始まったのですが、1000年以上前から鎌倉の地に社を構え多くの人々のご利益となってきました。

北条氏が後に人々に泉でお金を洗うとご利益があるよと伝えなければ今の銭洗信仰はあったかどうかは定かではありません。長い年月をかけて信仰を伝え続けた銭洗弁財天は、私たちには想像もつかないご利益とお金だけじゃない加護がありそうですね。

銭洗弁財天の正しい参拝の仕方


お金にまつわるパワースポットである銭洗弁財天では正しい参拝の仕方があります。

まず、社務所で線香、ざる、ろうそくを購入する所から始まります。そして、この三点にはそれぞれ意味があります。線香は身を清めるための物、ろうそくは闇を照らす光として奉納するのです。

そしてざるはお金を洗う為の物です。
大切な事は、銭洗弁財天がパワースポットであるのと同時に神様が祀られているという事を忘れないでください。

線香とろうそくは神様と繋がるように心を込めて灯します。ただお金を増やしたいからというよこしまな気持ちで灯すのであれば神様とは繋がれませんよ。頼朝と北条氏が大切に祀ってきた宇賀福伸様に真心を込めてご挨拶してください。

それが済んだら次は本社にて参拝を行います。この本社では宇賀神と弁財天が祀られている洞窟で、ここで湧き出る泉の水こそがまさに銭洗水です。お金を洗う方法は、ざるにお金を入れてひしゃくで3杯程のお水をかけて清めます。清めたお金はタオルやハンカチでふき取ってください。

これが銭洗弁財天正しい参拝方法ですが、お金を清めるだけではなく、心も清めてくれます。その為、心から参拝する気持ちが大切ですので、金運をアップさせるためには身を清める必要もありますからね。

ただ闇雲にお金を増やしたいって思っているだけではそれこそ金運の神様に見放されてしまいます。

銭洗弁財天で洗ったお金はどうすればよい?


銭洗弁財天では、そこで 湧き出るお水でお金を洗う事で増えるとされていますが、洗ったお金は本人次第で使うか取っておくか決めてください。

もし、取っておくのであれば財布の奥に大切にしまっておいて、ここぞ、という時だけに使うようにしてください。例えば宝くじを買うときとか。

そして、弁財天ではこんないわれもあります。洗ったお金はすぐに使って世の中に福を循環させた方が巡り巡って自分に福が返ってくると。その為、洗ったお金は大切にしまっておくよりも早く世の中に循環させる為に使った方がいい、という考えです。

それぞれ真逆の事なので、どちらが正しい選択かは本人次第でしょう。確かに、大切にしまっておくこともご利益がいつまでもありそうだし、早く循環させて福をまた巡らせるという事も納得です。

けど、一番は気持ちの問題です。遅かれ早かれ、ここぞ、という時に使う事で福を呼ぶのであれば使う時期はどちらでも良い、という事も考えられますよね。後は、半分使って半分大切にとっておく、という事もありです。

実際に銭洗弁財天に足を運んだ人の中には、参拝をして清めたお金を持ってから商売が上向きになった、昇給した、臨時収入が入ってきた、など、お金に関してのご利益があった人も実際に居ます。きっと、弁財天で清めたお金を大切に使ったからこそご利益があったのでしょう。

パワースポットというだけあって、洗ったお金を増やしてくれるだけではなく、心を清めてくれる事でもご利益がある銭洗弁財天宇賀福伸は、人々にとって平和や繁栄の象徴としても崇められてきた神社です。目には見えない神様との繋がりは真心を込めて参拝することによって福が訪れます。

しかし、欲張りすぎるのは禁物です。現状に満足しているのであればそれが永きに渡って続いていくように願う事も必要です。

お金にまつわるだけのパワースポットとしてではなく、心の安定を望める新たなパワースポットとしての役割をこれからも担ってくれる場所になってくれるはずです。