金銭感覚の違いは、人間関係をも左右する大きな要因です。

特に「先輩後輩」「上司部下」といった関係では、何かにつけて「奢る(おごる)」機会が多くあります。

ここで問題になるのは「いくらくらいまでなら良いのか」という感覚です。

後輩へ奢る金額が2,000~3,000円が相場

後輩に対して奢ることにどの程度の抵抗を感じるのかというと、人によって様々です。

社会人として、金銭的な余裕の大きい先輩が後輩におごりながら食事やコミュニケーションをとる機会は少なくありませんが、「仕事だから」という理由があるからこそ奢ることができると考えている人もたくさんいます。

要は「金銭感覚の違い」が奢りに対する抵抗を左右しているわけですが、「まったく奢りたくない」と考えている人もいれば、「自分に余裕がある限り奢ることに抵抗をあまり感じない」という人もいます。正に金銭感覚の違いが如実に表れている瞬間と言えるでしょう。

お金に余裕がある = 奢るではない

奢ることに対して何ら抵抗を感じないという人の場合、それこそ数万円もするディナーや飲み会を奢ることもあります。

当然、自分にそれだけ余裕があるからこその金銭感覚といえます。ただ、「お金持ちほどケチ」と言われることもあるように、必ずしも資産と比例しません。

後輩に対して奢ることができる人の金銭感覚を平均すると、おおよそ2,000~3,000円です。

この金額を高いと感じるのか安いと感じるのかは人それぞれですが、「少し贅沢なランチ」程度であれば奢っても良いと感じている方が多いようです。

奢る金額の許容範囲には男女差がある

ただ、「奢り」に関する感覚については男女で大きな違いがあると言えます。

たとえば、「男性は奢るもの、女性は奢られるもの」という感覚を持っている人は非常に多く、こと男女の関係においてであれば「1円たりとも奢りたくない」という女性も少なくないでしょう。

逆にいうと、女性に対して奢ることを是としない男性は少ないということにもなります。

男性は女性に奢るもの…?

実際に、男性は女性に対してそのほとんどを奢る関係性だったとしても不満を覚えづらいです。

「男性は女性に奢るもの」というそもそもの感覚を持っているからという理由も大きいですが、そういった感覚を身に付けないように気を付けようとしたとしても、環境がそういった感覚を持たざるを得ない状況になっている以上は致し方ないと言えるでしょう。

女性は年上男性に奢ることに抵抗がある…?

女性は、後輩ならば男性に対しても奢ることがそれほど苦にならないものの、同年代以上の男性に対して抵抗を感じることが多くなります。

当然、このような状況を招いている理由は「女性は奢られるもの」という認識がどこかにあるからですが、同時に持ち合わせている「母性本能」が働く関係性であれば、男性に対してでも奢ることができるわけです。

金額的にまとめると、男性の場合は基本的に際限はありません。これに対して女性の場合は、「必要性」に応じて変動します。

お互い気持ちよく過ごせるのがベスト

状況次第で奢る側とおごられる側の立場は容易に逆転します。先輩が奢る側になりやすい理由は「お金に余裕があることが多いから」であり、後輩は「お金に余裕がないことが多いから」おごられる側になりやすいに過ぎません。つまり、後輩でも金銭的に余裕がある人は先輩に対して奢ることもあり得るということです。

一般企業ではあまり見かけない関係性と言えるかもしれませんが、それは「年功序列」に近い体制が継続しているからです。長く勤務している人のほうが役職が高くなりやすく、それに応じて給料も良くなりやすい環境が日本企業の特徴です。ここ数年はベンチャー思考の企業が増えてきていて、完全実力主義で報酬が決まる環境も増えています。

分かりやすく例を挙げると、「芸能界」は完全実力主義です。テレビでも良く見聞きしますが、売れている後輩芸人が売れていない先輩芸人のお金の世話をしている関係は決して珍しくありません。年齢が上がるほど、つまり勤続年数が長くなるほど待遇が良くなる環境は芸能界にないので、「結果」が良い側が金銭的優位者として見られます。

ただし、副業などで経済的な余裕が大きい後輩が先輩におごろうとしても、一般的な社会の中では歓迎されません。場合によっては「馬鹿にしているのか」と怒られてしまうこともありますが、これは完全に「見栄」でしょう。それを含め、お互いがストレスなく付き合っていける関係性を強く意識することが大切です。

まとめ:後輩に奢る際は無理なく気持ち良い関係を

女性社会という限定的なくくりを採用すると、男女が共存している実社会や男性社会と比べると「暗黙のルール」がたくさんあります。

また、人間的なマウンティングが強い傾向のある女性だからこその特徴とも言えますが、「お互いの立ち位置を明確にすること」を意識するとおごることに対する金銭感覚が変化します。

  • 「先輩だから」
  • 「かっこ悪いから」
  • 「それが普通だから」

といった無意味な感性を捨て去り、互いに研鑽し合える関係性を構築することをしっかりと意識し、少しでも「消費」ではなく「投資」になるような結果が想像できれば、金額は気にならなくなる可能性があります。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像