お金にまつわる資格に、FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格があります。お金に関しての知識を幅広く学習できることから、毎年多くの受験者が集まる人気の資格です。

しかし、FPといっても様々な種類があり、どの資格を取得するべきか迷ってしまうかもしれません。

この記事では、人気のFP資格のなかでも「AFP」に焦点を当てて、取得方法やメリット、「FP2級」との違いについて解説していきます。

AFPとは

AFPとは

まず、AFPとは何かという点について解説していきます。

日本FP協会の運営する民間資格

AFPとは、日本FP協会が運営する民間資格のことを指します。

AFPは相談者からの相談に対し、適切なプランを提案できるスキルがあると判断された人物に与えられる資格です。

FP3級・2級・1級などの「FP技能士」が「国家資格」であるのに対し、AFPは「民間資格」であるという特徴があります。

資格取得のための試験はない

AFP 資格取得のための試験はない

AFPには、資格を取得するための「AFP試験」は存在しません。AFP資格の認定を受けるためには、「2級FP技能検定の合格」と「AFP認定研修の修了」の2つのクリアが必要となります。そのためAFP専用の試験は無くても、FP2級の試験への合格が必須です。

また、AFP資格を維持し続けるためには、認定後に定められる継続契約期間中に15単位以上の継続教育単位の取得が必要となります。

出典:日本FP協会「FPの資格と検定の種類」

CFPとの違い

AFPと同じく日本FP協会が運営している民間資格に「CFP」があります。

CFPはAFPの上位資格であり、国際的にも活躍できるFP資格の最高峰です。AFPとCFPの主な違いは「認定資格」と「認定後の必要単位数」です。

  AFP CFP
認定資格 ・2級FP技能検定に合格
・AFP認定研修の修了
・AFP認定を受けている
・CFP資格審査試験6科目に合格
・CFPエントリー研修の受講・修了
・通算で3年以上の実務経験
・登録申請
認定後の必要単位数 15単位以上 30単位以上

まずはAFP認定を受けることを目標とし、ファイナンシャルプランナーとして独立を目指す人はCFP認定も検討することをおすすめします。

出典:日本FP協会「CFP®認定者になるには」
出典:日本FP協会「AFP認定者になるには」

AFPとFP2級の違い

AFPとFP2級の違い

次に、AFPとFP2級の特徴の違いを解説していきます。

AFPは民間資格

AFPとFP2級は「国家資格」か「民間資格」かという点で大きく異なっています。FP2級、FP1級などの「FP技能士」は国家資格、AFP・CFPは民間資格です。

国家資格であるFP技能士は信用性が高いことが特徴です。一方で国際的に活躍できるCFP認定を受けるためには、民間資格であるAFPを受けることが必要となります。

まずは信用性が高いFP2級を取得し、海外での活躍や独立を目指す場合はAFPを経由してCFPを目指していくと良いでしょう。

難易度はFP2級とほぼ同程度

国家資格と民間資格という違いはあるものの、AFPとFP2級の難易度はほぼ同じレベルです。

なぜなら、2級FP技能検定に合格できれば、あとは認定研修を修了することでAFP認定を受けられるからです。

FP2級に合格できるレベルの人は、AFP認定研修を受けてAFPまで合わせて取得してしまうこともおすすめです。

資格の更新が必要

FP2級は資格を取得すると効力が一生継続して無くならないのに対して、AFPは定期的に資格の更新をする必要があります。

更新をするためには、資格の認定後に定められる約2年間の継続教育期間中に15単位以上の取得が必要となります。

必要単位数 15単位以上
必須科目 「FP実務と倫理」1単位以上
必要科目数 「FP実務と倫理」を含む3科目以上
科目 1. FP実務と倫理
2. 金融資産運用設計
3. 不動産運用設計
4. ライフプランニング・リタイアメントプランニング
5. リスクと保険
6. タックスプランニング
7. 相続・事業承継設計

資格を取得した後も学習を継続し、知識やスキルを磨いていける点がAFPの大きな特徴です。

出典:日本FP協会「1.資格更新要件の概要」

入会金や年会費がかかる

AFP認定を受ける場合は、日本FP協会の会員登録を行う必要があります。

会員は入会金や年会費、継続教育単位を取得するための費用などがかかります。FP2級は会員登録をする必要がないため、これらの費用がかからない点でAFPと異なっています。

これからAFP認定を受けようとする人は、今後かかってくる費用について把握しておきましょう。

入会金 10,000円
年会費 12,000円
継続教育単位の
取得費用
8,600円〜24,000円/2年

出典:日本FP協会「AFP資格登録手続き」
出典:日本FP協会「AFP資格継続教育単位取得のモデルケース」

AFP資格の取得方法

AFP資格の取得方法

AFP資格を取得する方法について解説していきます。

FP2級に合格とAFP認定研修の修了が必要

AFP認定者への道 FP2級に合格とAFP認定研修の修了が必要

AFPを取得するためのルートは大きく分けて3つあります。いずれのルートで取得するにしても「FP2級試験の合格」と「AFP認定研修の修了」の2つが必要です。

基本のルートは、AFP認定研修の基本課程を修了後に2級FP技能検定に合格することでAFP認定を受けられます。

2年以上の実務経験があれば2級FP技能検定を受けられるので、先にFP2級を取得したのちにAFP認定研修の技能士課程を終了することでAFP認定がされます。

FP3級に合格している場合は、AFP認定研修の基本課程を受講中に2級FP技能検定に合格して、認定研修を修了することでAFP認定を受けられます。

出典:日本FP協会「AFP認定者になるには」

AFP認定研修とは

AFP認定研修は、ファイナンシャルプランニングに必要な知識を体系的に学習できる日本FP協会認定の研修講座です。

研修には以下の4つの課程があります。

  • 基本課程(3級FP技能検定に合格していない人など)
  • 技能士課程(2級以上のFP技能検定に合格している人)
  • 3級課程(3級FP技能検定向け講座を修了した人)
  • 税理士課程(税理士や公認会計士登録をしている人)

それぞれの課程で以下の6つの専門分野について学習します。

  • 金融資産運用設計
  • 不動産運用設計
  • リスクと保険
  • 相続・事業承継設計
  • タックスプランニング
  • ライフプランニング・リタイアメントプランニング

上記の内容を学習した後、仕上げとして課題の基づいた提案書を作成すると、AFP認定研修が修了となります。

日本FP協会への登録が必要

「FP2級試験の合格」と「AFP認定研修の修了」の2つをクリアした後、日本FP協会への登録をすることでAFP認定者となります。登録には以下の要件を満たす必要があります。

  • AFP認定申請時に義務教育修了者及び義務教育修了者と同等以上の学力があるとみなされること
  • 日本FP協会が認定した認定教育機関での「AFP認定研修」を修了していること
  • 指定試験(2級ファイナンシャル・プランニング技能検定)に合格すること
  • AFP資格登録期限内に登録申請すること
  • 日本FP協会の定める定款や会員倫理規定等を順守することに同意すること

上記の要件を満たしたうえで郵送またはオンラインで登録手続きを進め、AFP認定が完了します。

出典:日本FP協会「AFP資格登録手続き」

AFPを取得するメリット

AFPを取得するメリット

AFP資格を取得するメリットを一つずつ紹介していきます。

お客様からの信頼につながる

FPの業務は、お客様の資産やライフプランなど重要な個人情報を扱います。そのため信頼されることが非常に重要となります。

AFPに認定されているということはFP2級合格者であることに加え、認定研修でFPに必要な専門知識を総合的に学習している証拠です。

さらに、資格を更新するために継続教育単位の取得を求められることから常に最新の知識を取り入れていることも信頼に繋がります。FP業務で重要な信頼感を示せる点がAFP認定の大きなメリットです。

FPに関する最新情報が得られる

AFP認定を受けるために日本FP協会に登録すると、毎月「FPジャーナル」という情報誌が送られてきます。

「FPジャーナル」は時事に基づいた情報や事例研究などの情報が豊富であるため、最新の情報を取り入れられます。

また、2年ごとに継続教育単位の取得が必要となるため、常に継続して学習をしなければなりません。最新の知識をインプットし続けられる点もAFP認定の魅力の一つです。

日本FP協会のセミナーに出席できる

日本FP協会に登録すると、日本FP協会が主催するセミナーに出席できるようになります。

セミナーは全国各地で定期的に開催されており、地域のFPと交流を深められます。同じAFP認定者同士のネットワークを形成でき、情報交換もできるようになります。

FP資格を取得しても、なかなか同じ資格を持っている人と知り合うことが困難であるケースが多いです。人脈を作って交流できることもAFPのメリットと言えるでしょう。

まとめ:AFP資格を活かすことができるなら取得する価値はあり

AFP資格を活かすことができるなら取得する価値はあり

AFPは日本FP協会が運営しており、難易度はFP2級と同程度の民間資格です。取得にはFP2級試験の合格とAFP認定研修の修了が必要です。

AFP認定を受けると「お客様からの信頼につながる」「最新情報が得られる」「日本FP協会主催のセミナーに出席できる」というメリットがあります。これらのメリットを現在の業務に活かせる人は資格を取得する価値が高いです。

今後FPとして活躍していきたい人には必須の資格とも言えるので、ぜひAFPの認定を目指していきましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像