働き方や生き方が多様化する現代、ここ最近「FIRE」が注目されています。

早期に仕事をリタイアするには多額の貯蓄が必要とされていました。しかし、資産運用の仕組みを活用することで現実的に「FIRE」を目指せるということで、30代、40代を中心に注目が集まっています。

この記事では「FIRE」の意味や、経済的自立を目指して早期リタイアする方法について解説します。

FIREとは

FIREとは

直訳すると「経済的自立と早期リタイア」

「FIRE(Financial Independence Retire Early)」とは「経済的に自立をし」「早い段階で仕事をリタイアする」という意味です。

これまでは定年退職するまで働き続けることが一般的でしたが、最近ではFIREという考え方の浸透により個人の働き方や生き方が多様化されつつあります。欧米を中心に広まったFIREは、まさに新しいライフスタイルの1つといえるでしょう。

なるべく早い段階から資産形成をしておくことでリタイア後に自由に時間を使ったり、趣味の時間を増やしたりと、理想の生活を送ることができます。

「FIRE」と「早期退職」の違い

「FIRE」と「早期退職」には資産の作り方や退職後の生活に大きな違いがあります。

早期退職は基本的に仕事を退職してから退職金や年金、貯金などを元手にしながら生活する方法です。お金を切り崩しながら生活をしなければならないため、使えるお金に制限がかかります。

一方でFIREは永続的な収入を得ながら自分の希望するライフスタイルを送ることを意味します。仕事を辞めた後も資産(元手)を減らさずに生活しながら家族との時間を過ごしたり、好きなことに時間を費やすことができるため、リタイア後も充実した日々を送ることができます。

FIREに必要な資産(投資元本)

FIREに必要な資産

FIREの目安は年間支出の25倍

FIREに必要な貯金額の目安は、年間支出の25倍といわれています。

例えば年間支出が240万円の場合、25倍の6,000万円の貯金額があればFIREの目安に達します。

年間支出・毎月の生活費は個人によってそれぞれ異なります。毎月生活に必要な金額を計算した上で、目安金額を把握・設定しましょう。

FIREは1億円あれば達成可能?

FIREは投資元本を1億円貯めれば可能といわれていますが、先程も述べたようにFIRE達成に必要な金額は個人によって異なります。あくまで目安としていわれることの多い金額が1億円です。

例えば住まいを地方に移して家賃を減らし、月々の支出が小さくなればFIREに必要な金額は低くなります。

逆に子供の数が多く教育費がかかったり、都心部の広い部屋に住み続けながらFIREを達成したいといった場合は結果的に1億円、もしくはそれ以上の金額が必要になる場合もあります。

FIREの4%ルール

FIREを実現する上で「4%ルール」という指標が大事になってきます。

4%ルールとは、生活費を投資元本の4%に抑えることで、運用益だけ(資産が目減りすることなく)で暮らすことが可能であるという指標です。

例えば毎月の生活費が20万円の場合、6,000万円の投資元本を4%で運用すると、年間で必要な生活費は240万円となるため、年間の生活費を賄うことができます。

4%は目安の数字であるため、自身の生活費と投資元本、実現可能な運用利回りを考慮しながら決めるのが良いでしょう。

FIREを実現するための5つのポイント

FIREを実現するための5つのポイント

1. FIRE後の生活費から必要貯蓄金額を定める

FIREを実現する1つ目のポイントは、FIRE後の生活に必要な金額を決める(算出する)ことです。

生活費によってFIREの目安となる必要金額が決まるため、毎月の生活にかかるお金を決めておくことが大切です。家族構成や子供の人数などによっても生活費は大きく異なります。

1週間や1ヶ月など一定期間の間に家計簿をつけながら生活してみることで、必要な金額をより明確化できるでしょう。

2. 余計な支出を減らす

FIREを実現する2つ目のポイントは余計な支出を減らすことです。

資産運用をするには、投資の元手となるお金を確保しなければなりません。元手のお金が少ないと投資効率が下がるため、資産を少しでも多く運用にまわすために無駄な支出を減らし、節約を心がけることが大事になってきます。

例えばスマホの通信キャリアを格安SIMに変えたり、入っている保険の内容を見直すだけでも年間数万円の節約になります。普段の生活はもちろん、まずは固定費から見直して無駄な支出を減らしていきましょう。

3. 本業の収入を増やす

FIREを実現する3つ目のポイントは本業の収入を増やすことです。

貯蓄率を上げるためには、仕事の収入を増やすことが大切です。資産を多く・早く集めることでFIREを実現するまでの期間も短くなります。

昇進したり収入の多い仕事に転職したりして、本業の収入を増やしましょう。

4. 副業する

FIREを実現する4つ目のポイントは副業することです。

副業をしてさらに多くの資産を集めることでFIRE達成をより早く目指すことができます。

特にストック型の副業を選ぶのがおすすめです。ブログやYouTubeなど、仕組み作りに時間はかかるものの、長い目で見れば不労型収入を得られる副業がおすすめです。

5. 投資をする

FIREを実現する5つ目のポイントは投資をすることです。

投資をする上で「複利効果」を活用することが大事になってきます。複利効果とは運用して出た儲けを再投資して投資元本を増やし、さらにお金を増やすことです。

投資では複利効果を使うことで資産を増やすスピードを早めることができます。無理のない範囲で早いうちから投資を始めるのがFIREへの近道です。

サイドFIRE(セミリタイア)とは

サイドFIRE(セミリタイア)とは

生活費の不足分を好きな仕事で補う

サイドFIRE(セミリタイア)とは、投資の収益だけで生活費が補えない場合に備えて好きな仕事やスモールビジネスをして収入を得ることです。

お金のためにフルタイムで労働をするのではなく、自分の好きな仕事で収入を得ていくのがサイドFIREの特徴です。

サイドFIREとはいえ資産にある程度の余裕がある状態のため、お金のために働くということに縛られることなく自由な働き方を選択することが可能です。

出典:未来想像WEBマガジン「早期リタイアを実現できる“FIRE”とは。その現実的な実践方法「サイドFIRE」を紹介」

FIREの半分程度から始められる

サイドFIREはFIREに比べて実現ハードルが低く、用意すべき資産はFIREの半分程度といわれています。

例えば、年間の生活費が300万円の状態でFIREを目指す場合、投資収益だけで暮らしていくには25倍の7,500万円が目安として必要となります。

一方で、同じように年間300万円の生活費が必要なケースでも、副収入が年間180万円あると、残りの生活費120万円に対して25倍の3,000万円が投資元本としてあればサイドFIREを実現できます。つまり、好きな仕事や副業からの収入が年間180万円あれば、投資元本3,000万円で資産を減らすことなく生活費の不足分を補うことが可能(サイドFIRE)となります。

副収入が多ければ多いほど、サイドFIREに必要な投資元本は少なくなります。

まとめ:FIREを実現して自由なライフスタイルを送ろう

FIREを実現して自由なライフスタイルを送ろう  

今回はFIREの意味や、経済的自立をして早期リタイアを目指す方法について解説しました。

これまでは定年退職まで働き続け、退職してから老後を過ごすライフスタイルが主流とされていました。FIREは早い段階で経済的自立を確立し、労働年数を減らして自由なライフスタイルを送りたい方におすすめの考え方です。

実現するのは大変ですが、生き方や働き方が多様化する今、FIREのような生活スタイルを目標とする人はこれからさらに増えていくでしょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像