「みんなの銀行」は、国内初のデジタルバンクとして2021年5月にサービス提供が開始されました。スマホと本人確認書類があれば24時間いつでも口座開設ができ、キャッシュカードなしでATMから入出金が可能など、便利な機能が多く注目の新サービスです。

この記事では、「みんなの銀行」の特徴やお得なサブスク機能、1,000円がもらえるお友達紹介キャンペーンについても掲載しています。「みんなの銀行」が気になっている方、実際どんな使い方ができるのか調べている方は参考にしてください。

【〜8/15まで】「キャッシュレス体験キャンペーン」が実施中

みんなの銀行の「キャッシュレス体験キャンペーン」が実施中

みんなの銀行では、現在アプリの10万ダウンロードを記念して「キャッシュレス体験キャンペーン」を実施中です。

期間は2021年7月16日(金)〜 8月15日(日)まで。Apple PayかGoogle Payに登録した「みんなの銀行デビットカード」を使用した方に、利用金額の20%(合計1,000円)がキャッシュバックされるというものになっています

紹介キャンペーンと併用すれば最大2,000円分がお得になるため、ぜひこの機会にみんなの銀行の口座を開設してみてください。

キャッシュレス体験キャンペーンの詳細

みんなの銀行とは

国内初のデジタルバンク

2021年5月28日、株式会社ふくおかフィナンシャルグループが国内初のデジタルバンクとして「みんなの銀行」のサービス提供を開始しました。デジタルバンクとは実店舗を持たず、デジタル上でサービスを行う銀行です。

「みんなの銀行」は、スマホやSNSに慣れ親しんだ「デジタルネイティブ世代」をターゲットとしています。キャッシュカードや通帳は発行されず、スマホで全てが完結する新しい銀行の形態です。

みんなの銀行の機能一覧

名称 機能の詳細
ウォレット 普段使いのお金を入れておく普通預金口座
ボックス 目的に応じてお金を管理・貯金できる仮想の口座
レコード 他の銀行口座やクレジットカード、電子マネーの収支を一元管理できる
マネーフォワード MEマネーツリーのような家計簿機能
デビットカード Apple PayやGoogle Payでタッチ決済もできるデビット機能
カバー 最大50,000円まで支払いを立て替えてくれる機能
※返却期限はなく無利子

「みんなの銀行」では、普通預金のことを「ウォレット」と呼びます。そのほか、「ボックス」と呼ばれるお金を目的に応じて仕分けられる仮想の口座、他金融機関と連携することでお金の移動履歴を一括で把握できる「レコード」、支払いと同時に口座から引き落としができる「デビットカード」、自動的に立て替えを行ってくれる「カバー」と呼ばれる便利な機能があります。

デジタルバンクとネット銀行の違い

ネット銀行はデジタルバンクと同様に実店舗を持たず、スマホやパソコンから口座開設や預金、振込が行えます。

一見似たように思える2つのサービスですが、既存の銀行システムをベースとして作られたネット銀行に対して、デジタルバンクはシステム設計の時点でスマホ利用に特化して作られています。そのため、デジタルバンクは今のニーズにあった新機能の開発がしやすくなっています。

国内初のデジタルバンクである「みんなの銀行」は、この先さらに利便性が高まっていくことが期待できる新サービスです。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像

みんなの銀行の特徴

スマホでいつでも口座開設できる

みんなの銀行は、スマホと本人確認書類があればいつでも口座開設ができます。

口座開設の手順

  1. 口座開設の方法
  2. アプリをダウンロードする
  3. お客様情報を入力する
  4. 表示されたカメラ画面の黄色い枠にご自身の顔を写し、下の枠に手に持った本人確認書類を写す
  5. 指示に従って手に持った本人確認書類を回転させ厚みのチェックをする
  6. メールで確認完了の連絡が届く
  7. パスワード、ATM暗証番号などを設定する
  8. 口座開設完了

店舗への来店や書類の郵送を待つ必要がないため、短時間で口座開設ができる手軽さが特徴です。

キャッシュカードなしでATM入出金(ウォレット)

「みんなの銀行」は、キャッシュカードが発行されません。セブン銀行ATMと連携しているため、スマホのみでATM入出金ができます。

ATM入出金方法

  1. セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」をタップ
  2. 「みんなの銀行」アプリにログインする
  3. ウォレットのメニューから「ATM入出金」を選択する
  4. アプリの「入金」or「出金」を選択する
  5. 起動したカメラでATMに表示されたQRコードを読み取る
  6. アプリに表示された企業番号をATMに入力する
  7. 以降はATMの指示に従い、出金の場合は暗証番号を入力する
  8. 出金額を入力する
  9. お金と明細票を受け取って取引完了

入金は手数料が無料、出金は通常1回110円『税込』がかかります。月額600円『税込』のサブスクサービスに加入すると「月に15回までは無料」、その後は1回につき110円『税込』がかかります。そのほか、手数料に関しては下記のページを確認してください。

出典:みんなの銀行「金利・手数料」

残高確認や銀行振込もスマホから24時間対応可能

「みんなの銀行」では、残高確認や振込もスマホからいつでも簡単に行えます。振込手数料は1回200円『税込』で、24時間365日いつでも対応可能になっています。わざわざ銀行のウェブサイトから手続きをする必要がないため、これまで以上に気軽に振込ができます。

最大20個のボックスに分けて貯蓄管理ができる(ボックス)

最大20個のボックスに分けて貯蓄管理ができる(ボックス)

「みんなの銀行」では、アプリ内にボックスと呼ばれる仮想の口座を最大20個まで作成できます。作成したボックスにはそれぞれ「旅行代」や「テレビ購入費」といったタイトルと目標金額、目標日が設定できます。

実際貯金する際はウォレットからドラッグ&ドロップで簡単に好きなタイミングで好きな金額を移動でき、いつでも元に戻すことができます。自動積立も選択でき、日次・週次・月次・年次で設定したスケジュールでウォレットから自動的にお金を移動してくれます。。

これまでうまく貯金ができなかったという方も、ボックスを使えばコツコツ貯金していくことができるかも知れません。

他金融機関との連携で、お金の出入りを一目で把握できる(レコード)

みんなの銀行のレコード機能

「みんなの銀行」には、他金融機関と連携することで、お金の出入りを一目で把握できるレコードと呼ばれる機能があります。レコードを利用すれば、他銀行の口座や電子マネー、クレジットカードの残高や明細が簡単に把握できます。

オンラインショッピングで使い過ぎていないか、電子マネーはいくら残っているのかが「みんなの銀行」アプリ1つで確認できるため、無駄遣いの防止に繋がります。

連携先データの明細には、タグやメモをつけて整理することができます。「#仕事」や「#旅行」といったタグをつけて、一覧表示すれば簡単にご自身のお金の動きが把握できるのでおすすめです。

バーチャルデビットカードの発行(デビットカード)

みんなの銀行のデビットカード機能

「みんなの銀行」で口座を開設すると、銀行口座と同時に自動で年会費・発行手数料・更新手数料無料のJCBデビットカードが発行されます。実物のカードではなくバーチャルのデビットカードが発行されるので、。Apple PayやGoogle Payに登録して、お店の端末にスマホをかざすだけで簡単に支払いができます。

デビットカードを利用するとウォレットから即座に代金が引き落とされます。クレジットカードのようにあとから請求が来るわけではないため、使いすぎてしまうこともありません。利用限度額の設定もできるので、こちらでも使い過ぎを防止することができます。

また、デビットカードのカード番号を使えば、JCBのクレジットカードが使える世界中のオンラインストアで買い物が可能です。さらに、支払い金額の0.2%がキャッシュバックされます。あとで紹介するプレミアムサービスに登録すると、キャッシュバック率がアップするのでおすすめです。

月額600円『税込』のサブスクサービスを使えばさらに便利に

みんなの銀行のプレミアムサービス(サブスク)

「みんなの銀行」には、月額600円『税込』で利用できる便利なプレミアムサービスがあります。プレミアムサービスへのアップグレードから1年間は無料で利用が可能です。以下で、プレミアムサービス加入のメリット4つを紹介します。

振込・ATM手数料の優遇

プレミアムサービスに加入すると、他銀行の口座への振込手数料が月10回まで、ATM出金手数料が月15回まで無料で利用できます。回数を超えた分からは振込手数料1回200円『税込』、ATM出金手数料1回110円『税込』がかかります。振込や出金の回数が多い方は、プレミアムサービスへの加入をおすすめします。

デビットカードのキャッシュバック率が1%にアップ

プレミアムサービスに加入すると、通常は0.2%のデビットカードのキャッシュバック率が1%にアップします。デビットカードを使って買い物をすることが多い方は、プレミアムサービスに加入するとさらにお得になります。

連携した金融機関データの一括更新

プレミアムサービスに加入すると、レコード機能によって連携している他銀行の口座や、電子マネーの利用状況を好きなタイミングでタイムリーに更新できるようになります。

通常は、前回アップデートから7日経過する場合に更新されるので、小まめにお金の管理をしたいという方におすすめです。(更新可否・更新頻度は各金融機関によって異なる場合があります)。

最大50,000円を無利子で立て替え(カバー)

カバー機能の概要

プレミアムサービスの無料追加オプションである「カバー」を契約していると、支払い時に口座の残高が足りない場合、自動的に無利子で最大50,000円まで立て替えをしてくれます。

例)支払額が5,000円、口座残高が1,000円の場合、不足金額の4,000円を「みんなの銀行」が自動で立て替えてくれます。

カードローンやキャッシングと違って、立て替えられた4,000円に利息はかかりません。
急な出費や支払いが発生した時に、面倒な手続きの必要がなくスムーズに支払いが完了します。

返済期限は決まっていない

カバーで立て替えられたお金には毎月決まった返済日はありません。ウォレットに入金があると、カバーで立て替えられた金額が自動で返済されます。ボックスにお金がある場合は、ウォレットへお金を移動すれば簡単に返済が完了します。

お友達紹介キャンペーンで1,000円がもらえる

月額600円のサブスクサービスを使えばさらに便利に

お友達に「みんなの銀行」を紹介して口座を開設してもらうと、紹介した人、紹介された人の両方に現金1,000円が必ずプレゼントされます。最大300人まで紹介が可能です。

お友達紹介キャンペーン利用方法

  1. お友達紹介ページに表示された「紹介コード」をLINE・Twitterなどからお友達に送信する
  2. 紹介された人が「みんなの銀行」で口座を開設する
  3. 紹介された人が初回ログイン時に紹介コードを入力する
  4. 紹介された人が紹介コードを入力した最短翌日に、紹介した人と紹介された人それぞれが1,000円ずつもらえる

キャンペーンでプレゼントされた1,000円は「みんなの銀行」の貯蓄預金口座(Saving)に入金されます。貯蓄預金口座(Saving)は普通預金口座(ウォレット)と当時に開設される貯蓄預金口座です。ATMから出金、またはデビットカードで利用する際は、ウォレットに移してください。

まとめ:「みんなの銀行」で支払いも貯蓄もスマホで一括管理

「みんなの銀行」では、口座開設から貯蓄の管理、ATMでの入出金や支払いもスマホから簡単に行えます。キャッシュレス化が進み支払いがスムーズになった現代では、お金の管理も「みんなの銀行」でスマートに行うことをおすすめします。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像