マイナンバーカードとは、マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付きの身分証明書です。マイナンバーカードがあれば1枚で本人確認ができ、行政手続きをスマホ使って行えるなど様々なメリットがあります。

この記事では、マイナンバーカードを作るメリットや作り方、受け取り時の注意点、申請に必要な持ち物などを解説します。

目次

全て表示

マイナンバーカードの作り方(申請方法)

マイナンバーカードの申請は、郵送の他、スマホやパソコンからでも行えます。
以下で、マイナンバーカード申請方法をご紹介します。

スマホによるマイナンバーカード申請方法

スマホを使えば自宅で気軽に申請ができます。短時間で申請が完了するので、時間がない方にはスマホからの申請がおすすめです。

  1. スマホで顔写真を撮影する or 6ヶ月以内に撮影した顔写真を用意する
  2. スマホでマイナンバーカード交付申請書に記載されている「オンライン申請QRコード」を読み取る
  3. 表示される申請用サイトで申請書ID(半角数字23桁)やメールアドレスを登録
  4. 登録したメールアドレスに送られてきた申請者専用サイトで顔写真を登録、必要事項の入力を行い申請完了

パソコンによるマイナンバーカード申請方法

パソコンからも申請が可能です。スマホよりも画面が大きく操作もしやすいため、お持ちの方はパソコンからの申請がおすすめです。

  1.  6ヶ月以内に撮影した顔写真のデータを用意する
  2.  申請者用サイトで申請書ID(半角数字23桁)やメールアドレスを登録
  3.  登録したメールアドレスに送られてきた申請者専用サイトで顔写真登録、必要事項の入力を行い申請完了

出典:地方公共団体情報システム機構「パソコンによる申請方法」

郵便によるマイナンバーカード申請方法

スマホやパソコンからの申請が難しい方は、郵送での申請も可能です。必要事項を記入した申請書と顔写真を返信用封筒に入れて郵送しましょう。

  1.  6ヶ月以内に撮影した顔写真を用意する
  2.  マイナンバーカード交付申請書に必要事項を記入する
  3.  返信用封筒にマイナンバーカード交付申請書と顔写真を同封して郵送する

返信用封筒がない場合は下記をダウンロードして使用してください。

出典:地方公共団体情報システム機構「交付申請書 送付用封筒材料」

証明写真機からのマイナンバーカード申請方法

駅やコンビニ横などに設置されている証明写真機からも簡単にマイナンバーカードを申請することができます。

  1.  証明写真機のタッチパネルから「個人番号カード申請」を選択する
  2.  撮影料金を投入し、証明写真機のバーコードリーダーに交付申請書に記載されている「オンライン申請QRコード」をかざす
  3.  案内に従い必要事項の入力を行う
  4.  顔写真を撮影し送信して申請完了

役所でのマイナンバーカード申請方法

ご自身でマイナンバーカードの申請が難しい場合は、事前に予約をすればお住まいの市区町村役所で申請を行うことができます。

  1.  事前に役所に連絡してマイナンバーカード申請支援の予約をする
  2.  予約した日時に本人確認書類を持参して役所に行く
  3.  その場で顔写真を撮影する
  4.  パソコン(職員操作)で申請に必要な情報を入力して申請完了

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像

マイナンバーカードを作る8つのメリット

1.マイナンバー(個人番号)を証明する書類として使用可能

マイナンバーの確認には住民票の発行が必要となりますが、マイナンバーカードを作成すればいつでも自分のマイナンバーを確認できます。

会社に入社(転職)する際や各種税金の手続き、銀行口座や証券口座を開設する際にも必要になりますので、手元ですぐにマイナンバーを確認できるのは何かと便利です。

2.本人確認書類として使用可能

マイナンバーカードには、マイナンバーの他に名前や住所、生年月日などに加え顔写真も記載されています。

金融機関での口座開設やパスポート発行など、本人確認が必要となる様々な場面においてマイナンバーカード1枚で完結します。

3.各種行政手続きのオンライン申請に使用可能

マイナンバーカードは、各種行政手続きのオンライン申請に利用することが可能です。

マイナンバーカードの取得後、税務署の「e-Tax」に登録すれば、スマホやパソコンから確定申告ができるようになります。さらに、政府が運営するオンラインサービス「マイナポータル」に登録すれば、介護や子育てなどに関する行政サービスの申請や届出をオンラインで行うことができます。

4.各種民間のオンライン取引に使用可能

マイナンバーカードに搭載された「電子証明書」を利用することで、オンラインバンキングや住宅ローンの契約など各種民間のオンライン取引で本人確認を行うことが可能です。

5.様々なサービスを搭載した多目的カード

市区町村によっては、マイナンバーカードを印鑑登録証や図書館カードとして利用することができます。マイナンバーカードを社員証として活用する企業もあり、その利便性は今後増々高まっていくと思われます。

6.コンビニで住民票や印鑑証明書などの取得が可能

コンビニ交付サービスを提供している市区町村であれば、マイナンバーカードを使ってコンビニで住民票や印鑑証明書などの取得が可能です。

以下のページで、コンビニ交付サービスを提供している市区町村の確認が行えます。

出典:地方公共団体情報システム機構「コンビニ交付」

7.マイナンバーカード発行に手数料はかからない

マイナンバーカードの申請・発行には手数料がかかりません。

再交付の場合、マイナンバーカードの有効期限(発行日から10回目の誕生日まで)の満了や、マイナンバーカードの追記欄に余白がなくなったなど、再発行がやむを得ないと認められる場合は無料で再交付することができます

その他、紛失や破損の場合は、有料での再交付(マイナンバーカードの再交付:800円、電子証明書発行:200円)となります。

8.(新規受付は終了)マイナポイントが貰える

2021年4月30日までにマイナンバーカードの申請を行った方は「マイナポイント」を取得することができます。

マイナポイントは2021年9月末までにスマホやパソコンから申し込みを行い、自身がよく利用するキャッシュレス決済サービスとマイナンバーカードを紐付けることで、最大5,000円分のポイントが付与されるキャンペーンです。

獲得したマイナポイントは、紐付けたキャッシュレス決済サービスのポイントとして利用できます。5,000円分のポイント付与は大変お得なキャンペーンです。マイナンバーカードを取得された方は、2021年9月までにマイナポイント付与の条件を満たしましょう。

出典:マイナポイント事業「マイナポイントとは?

マイナンバーカードの受け取り方と持ち物

マイナンバーカードは郵送では送られてこず、ご自身で役所まで受け取りに行く必要があります。申請から1ヶ月前後で役所よりマイナンバーカード交付通知書が届きますので、記載された受け取り期限内に受け取り日時の予約を行いましょう。

受け取りには「本人確認書類」「通知カード」「(持っていれば)住民基本台帳カード」が必要になるので持参しましょう。また、マイナンバーカードを受け取る際に暗証番号を設定することになります。事前に決めておくと受け取りがスムーズになるため、予め準備して控えておきましょう。

マイナンバーカードの受け取り方法

  1.  マイナンバーカード交付通知書(はがき)を受け取る
  2.  交付通知書に記載された期限内に受け取り日時の予約を行う
  3.  受け取り予約日に交付場所へ行き、手続きを行う
  4.  通知カード、または住民基本台帳カードを返納する
  5.  マイナンバーカードの暗証番号設定を行う

マイナンバーカード受け取りに必要な持ち物

マイナンバーカードを受け取る際に必要となる持ち物をご紹介します。

  • マイナンバーカード交付通知書 (はがき)
  • 本人確認書類
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • マイナンバー通知カード (2020年5月以前に交付を受けている方)

※マイナンバー通知カードはマイナンバーカード交付時に返納します。紛失した場合、紛失届の提出が必要となるので注意してください。

マイナンバーカードはいつ受け取れる?

マイナンバーカード交付申請書に不備がなければ、申請後約1ヶ月程でマイナンバーカードが発行されます。

その後、各市区町村でマイナンバーカード交付のための作業が行われ、マイナンバーカード交付通知書(はがき)が自宅に郵送されます。マイナンバーカード交付通知書に記載された受け取り期限内に受け取り日時の予約を行い、交付場所に向かえばマイナンバーカードを受け取ることができます。

マイナンバーカード受け取り時の注意点

マイナンバーカード受け取りの際には以下の点に注意しましょう。

マイナンバーカード申請中に転出した場合は転入先で再申請が必要

マイナンバーカードの申請中に転出した場合、マイナンバーカードの受け取りができなくなるので注意しましょう。もし引っ越しを控えている方は、引っ越し終えてからから転入先の市区町村でマイナンバーカードの申請を行うことをおすすめします。既にマイナンバーカードを持っている方は、転入手続きの際にマイナンバーカードの更新を一緒に行うことができます。

受け取り期限を過ぎた場合は再申請が必要

マイナンバーカード交付通知書に記載されている受け取り期限を過ぎた場合でも、お住いの市区町村で約3ヶ月程度は保管されます。期限が過ぎてしまった場合は、一度お住いの市区町村に確認してみましょう。

保管期間まで過ぎてしまうと安全性確保のため、マイナンバーカードは処分されてしまうので注意しましょう。もし保管期間が過ぎてしまった場合は、再度マイナンバーカードの申請が必要となります。

再申請のリスクを避けるためにも、マイナンバーカード交付通知書に記載されている期限内に受け取りに行くようにしましょう。

通知カードは返納する

マイナンバー通知カードは、マイナンバーカード受け取り時に返納します。マイナンバー通知カードを紛失した場合、警察に遺失届を提出したり、お住いの市区町村へ届け出を出す必要があります。非常に手間なので、通知カードはマイナンバーカード発行まで大事に保管しておくようにしましょう。

マイナンバーカード交付申請書を紛失した場合の対処法

マイナンバーカード交付申請書を紛失した場合の対処法をご紹介します。

申請書IDがわかる場合

マイナンバーカード交付申請書の右上に記載されている申請書IDがわかる場合は、Webサイト上でマイナンバーカードの申請を行うことができます。

下記サイトにて「1.スマートフォンによるマイナンバーカード申請方法」または「2.パソコンによるマイナンバーカード申請方法」をご参考の上、マイナンバーカードの申請を行ってください。

出典:パソコンによる申請方法ーマイナンバーカード総合サイト

マイナンバーがわかる場合

住民票や通知カードなどでマイナンバーがわかる場合は、以下にある手書き用のマイナンバーカード交付申請書にマイナンバー他、必要事項を記入して顔写真と一緒に郵送すれば申請が可能です。

出典:地方公共団体情報システム機構「個人番号カード交付申請書 兼 電子証明書発行/更新申請書」

出典:地方公共団体情報システム機構「交付申請書 送付用封筒材料」

申請書ID・マイナンバーのどちらもわからない場合

申請書ID・マイナンバーのどちらも分からない場合、手続きをすることでマイナンバーカード交付申請書を再発行することができます。

交付申請書再発行に関する手続き方法は、お住まいの市区町村によって異なります。直接、市区町村役所の窓口に行ってマイナンバーカード交付申請書の再発行の請求を行う場合もあれば、郵送で請求できる市区町村もあります。

詳細はお住まいの市区町村役所にお問い合わせください。

まとめ:マイナンバーカードは簡単に申請可能で利便性も高い

マイナンバーカードはスマホやパソコンで簡単に申請が可能です。マイナンバーカードがあれば、本人確認の際に書類を揃える手間を省けたり、オンラインで行政の手続きを行えるなど様々なメリットがあります。

マイナンバーカードの作成には、年齢制限や手数料もないので、まだマイナンバーカードを取得していないという方は是非この機会に申請をしてみましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像